• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

定義と定理の違い

定義と定理の違いがわかりません。 学校の図形の授業で定理は「証明しなくてはいけなくて、それに当てはまっていても必ずしもその図形ではない。図形の性質を述べたもの」と習いました。 定義は、定まっていて、その図形の必要条件、その図形の約束事」と習いました。 ・・・・二等辺三角形を例にして: 二等辺三角形の定理→底角はそれぞれ等しい               頂角の二等分線は、底辺を垂直に二等分する 二等辺三角形の定義→二つの辺が等しい 二等辺三角形の「二つの辺が等しい」はわかります。これに当てはまっている三角形は必ず二等辺三角形ですよね。 でも、定理のほうに「底角はぞれぞれ等しい」と書いてありますが、それに当てはまっている三角形は必ず二等辺三角形ですよね?それに当てはまっていても二等辺三角形ではない三角形なんてないですよね?これは定義のはずなのに、なぜ定理にされているんですか?? もう意味わかりません。こうなると定義も定理も一緒じゃないんですか? 教えてください、お願いします。

noname#175571
noname#175571

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3175
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>もう意味わかりません。こうなると定義も定理も一緒じゃないんですか? この感覚は正しいです. 名前なんかはある意味どうでもいいんだけど, 最初のうちはとりあえず 「定義とはこういうもの」「定理とはこういうもの」という 前提がないとややこしいのです. けど,ある程度の技量があると この説明が逆に混乱を招きます. ちょうどあなたのように. 定義ってのは, 証明の土台になるようなもので いわば言葉の説明です. 二等辺三角形であるとは 三辺のうち二辺の長さが等しいものをいう. これが二等辺三角形の一般的な「定義」です. 一方,いろいろな議論を経て 二等辺三角形であれば その底角が等しい という性質が導かれます.これは「定理」です. #ここで「底角」という言葉がでていますが #別のところで「三角形の底角」という言葉の「定義」がなされていることにも注意. さらに議論をすれば 底角が等しい三角形は二等辺三角形である という「定理」が導かれます. ここで,あなたの疑問が出てくるんですね. 二等辺三角形というものを 底角が等しい三角形であると定義してもいいじゃないか! その通りです. 三角形を考えたとき 「二つの辺が等しい」と「二つの角が等しい」というのは どっちも本質的に同じことなのです. つまり (1)三角形において二つの辺が等しい (2)三角形において二つの角が等しい としたときに 「(1)を満たす三角形を二等辺三角形という」 と二等辺三角形を定義した場合は (2)は「定理」になります. 一方,「(2)を満たす三角形を二等辺三角形という」 とと二等辺三角形を定義した場合は (1)は「定理」になります. まあ「二等辺」という名前があるので 普通は(1)を定義にしますが 論理的にはどっちを定義にしてもかまいません. #しかし,学校教育ではみょうなローカルルールがあるので #教師でもここら辺のことを理解してない人はいますので #注意してください そしてどっちを定義にしても 「(1)であれば(2)が成り立ち,(2)であれば(1)が成り立つ」 というのは「定理」になります. こういうことは結構たくさんあります. ある事柄を定義して,いろいろ議論していくと 別の性質を使っても同じことがいえるということです. こういう場合はどっちを定義にしてもいいのです. どれを定義に採用するかは流派みたいなもんです. ただしいつでも「定義」と同じ意味をなしえる 「定理」があるとは限りません. 「定義」ってのは議論の前提となるもので 「定理」ってのは定義をもとに議論の結果求められた 有用な結果のことというくらいです. なお, >学校の図形の授業で定理は「証明しなくてはいけなくて、それに当てはまっていても必ずしもその図形ではない。図形の性質を述べたもの」と習いました。 これはあなたの感覚が正しくて 授業で習ったというこの「定理の定義」は誤りです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました♪理解できました

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#175206
noname#175206

>これは定義のはずなのに、なぜ定理にされているんですか??  あるものについて、AとBという性質があるとします。  どちらかを定義とすれば、もう一方は定義としなくても、証明できてしまうということは、よくあります。  Aを定義とすれば、Bは証明できる。Bを定義とすれば、Aは証明できる。でも、AなしにBは証明できず、BなしにAは証明できない。  A、Bは互いに重複する部分があるけど、両方無しでも元のあるものが言い表せない。  このとき、A、B両方を定義とはしないのです。  定義(数学以外の理学では原理と言うことが多い)は少ない方がいい、というのは理論における習慣です。  そのほうが、理論が使いやすいことが多いと言う、経験的な知恵です。 >もう意味わかりません。こうなると定義も定理も一緒じゃないんですか?  二等辺三角形で、2辺の長さが等しいのを定義とするか、2角の角度が等しいとするか、どちらかを定義とすれば、他方は証明できます。  ユークリッド幾何学では、二等辺三角形の定義に2辺の長さが等しいことを定義として、採用したわけです。  それに、理屈上の理由はありません。2角が等しいでも良かった。ただ、どちらかを選ばないといけないので、やむを得ず、2辺の長さが等しいほうを定義に採用したのです。  そうして、ユークリッド幾何学という理論を作ったわけです。理屈はなく、約束事だということです。ですから、そこに理屈を求めても、何もありません。  まあ、市長選挙で全く互角の2人の候補の一方が、投票の結果、落選したようなものです。落選した方に実力が無かったわけではなく、市長は単に1人で良かったから、やむを得ず、もう1人は落選したというようなことです。  落選した人を支持していた人もいたでしょう。しかし、投票結果を重んじて、当選した人を市長と認めたわけです。心中では、落選した人でも同じようにやれる、と思いながらも、でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました♪理解できました♪

  • 回答No.2

定義・・・証明とか抜きにして定めたもの。 定理・・・定義によって導き出された(証明された)真なる命題 だと思います。 二等辺三角形の定義は”二つの辺が等しい”ということだけですから、 言い換えれば二つの辺が等しい三角形を二等辺三角形というと定めるということです。 この定義によって、”底角はそれぞれ等しい””頂角の二等分線は、底辺を垂直に二等分する”といった定理が導かれます。 定義→定理という構図なのではと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!理解できました♪

  • 回答No.1

「二等辺三角形」ですので、2つの変が等しい長さであることが絶対条件です。 三角形の内、2つの辺の長さが等しいため、低角が等しくなります。 仮に、「二等底角三角形」とかいう名前だったら、「2つの底角は等しい」が定義になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!理解できました♪

関連するQ&A

  • 二等辺三角形の性質(定理)の逆についてです。

    二等辺三角形の性質(定理)である「二等辺三角形の頂角の二等分線は底辺を垂直に2等分する。」がありますが、逆に「二等辺三角形の底辺を垂直に2等分した線分は頂角を二等分する。」っていえますか?

  • 図形の証明

    ある図形を証明する時、 その図形の定義が成り立った場合はもちろん、 その図形であると言えますよね。 これは、定義でなく、定理であっても証明可能なのでしょうか? 具体的な例としては、 2辺が等しい三角形(定義)ならば二等辺三角形であるといえますが、 2角(底角)が等しい三角形(定理)は二等辺三角形といえるのでしょうか? ということです。 自分の頭の中では、 ある図形の定義が成り立てば、その図形が成り立ち、 その図形が成り立てば、定理が成り立つと言った具合なのですが・・・・

  • 三角形が二等辺三角形であることの証明

    ある三角形が二等辺三角形であることを証明する時、 「二辺が等しい」「二つの内角が等しい」以外に 「頂角の二等分線が底辺と垂直に交わる」というのを条件とすることはできますか?

  • 「平行四辺形の性質」の3番目

    平行四辺形の性質の3番目は  2本の対角線は互いに他を二等分する ですが、今年の教科書では  2本の対角線はそれぞれの中点で交わる となりました。  難解そうな表現が変わるのはいいことのように思いますが、これはこの教科書だけでしょうか。教えてください。  ちなみに、学図です。 ps だったら  二等辺三角形の頂角の二等分線は、底辺を垂直に二等分する よりも  二等辺三角形の頂角の二等分線は、底辺の垂直二等分線である にすればいいのに・・・

  • 台形の定義、定理

    台形の定義と定理を教えて下さい。 あと三角形の定義、定理についても 定義 三辺が同じ 定理 三角が同じ 逆でもいいですよね? 一体昔の人は三角形を何と定義したんですか? やっぱり辺から?でも三 ゛角゛ 形だから角?

  • 中学2年図形の証明についての質問です。定義、定理、仮定の違いとは…

    非常に初歩的な質問ですみません。 今の私の解釈では・・・ 【仮定】 ・問題文に出てきた事象。 ・結論にはなり得ない。 【定義】 ・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。 ・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。 【定理】 ・以前証明してはっきりした特徴。 ・結論になり得る? 習った内容をすっかり忘れてしまい、結論になり得るのはてっきり「定義」のみかと思って問題集の証明を解いていたのですが、どうやら模範解答を読むと定理も結論にしていいようで… つまりは・・・ ・定義と定理の違いはさほどなく、両方とも図形の特徴(性質)である。 ・よって、定義のみならず定理も丸覚えせねばならない。 ということになるのでしょうか? 図形の性質については小学校でも触れているので、定義と定理にさほど違いが無ければ、とりあえず特徴を片っ端から思い出して証明を解けばいい話なのでちょっと気が楽になっていいなあと思っているのですが・・・如何でしょうか?

  • 正弦定理・余弦定理

    三角形の頂点A,B,Cについて 2sinA=cosB・sinCが成立するとき、三角形ABCが二等辺三角形となることがあるか。という問題なんですけど、辺BC,CA,ABの長さをa,b,cとすると、正弦定理で左辺=a/R,正弦定理と余弦定理で右辺=(c^2+a^2-b^2)/2ca・c/2R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、a/R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、c^2=3a^2+b^2となるところまではわかるんですけど、この後どうすれば良いのかわかりません。

  • 小学校で習う図形について

     三角形,四角形,正方形,長方形,ひし形,平行四辺形,台形,正三角形,二等辺三角形,直角三角形,円は,小学校の算数ではどのように定義されているのでしょうか。  三角形は,「三つの辺に囲まれた図形」なんて小学校では言いませんよね…。  それから,算数では,二等辺三角形,平行四辺形,円などの図形のどんな性質を調べるのでしょうか。  ご存知のところだけでもいいので,教えて下さい。困ってます!

  • 角度が求められません(再投稿)

    角度が求められません(再投稿) 以下の図(見づらくてすみません。数字は度数を表しています)において,xの角度を求めたいのですが、求めることができません。 アドバイスお願いします。 ※三角形ABCは頂角Aが20度の二等辺三角形  三角形BCDは頂角Bが80度の二等辺三角形  三角形EABは頂角Bが140度の二等辺三角形 ということがわかります。

  • 三角形の形状

    『三角形ABCにおいて、等式sinA=2cosBsinCが成り立つとき、この三角形はどのような形をしているか。』という問題がありました。 正弦定理と余弦定理から辺の関係に直し、 a^2=c^2+a^2-b^2 b^2=c^2 よって、b=c まではできたのですが、これ以上先に進めませんでした。 解答を見たら、この時点で“b=cの二等辺三角形”と最終的な答えにしていました。僕はa=b=cの正三角形の場合もあるだろうから、“b=cの二等辺三角形”は最終解答にはできないと考えていました。正三角形が二等辺三角形に含まれるのはわかりますが、この問題では三角形の形状を訊いているわけですから、a=b=cなのかa≠b=cなのかははっきり区別すべきではないでしょうか? 宜しくお願いします。