• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

信号対雑音比について

繰り返し刺激による反応波形を白色雑音の中から検出するために100回の加算平均処理を行った場合、信号対雑音比(S/N)の改善度ってどうなるんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2793
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

ymmasayanさん、白色雑音(ホワイトノイズ)だからこそ ルート(1/100)=1/10 の定義が成立します。 (特定の周波数帯の場合はその周波数のBRFを作成します) ですから SNは1/10=20dB改善されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

直接的な解答は出来ませんが参考までに。 一般に、ガウス分布(正規分布)の誤差(標準偏差)を持つものをN個加算した時、本体はN倍になり、誤差(標準偏差)はNの平方根倍になるそうです。 これを、強引に当てはめると、誤差の影響は1/10に改善されることになりますが。白色雑音をこう扱っていいかどうか自信は全く有りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 白色雑音(ガウス性)のプログラム

     信号処理を勉強している者です。 ガウス乱数を用いた白色雑音のプログラムを教えてください。 プログラムはある本に載っていたのですが、平均と標準偏差の設定ができません。  よろしくお願いします。

  • 白色雑音をオシロスコープで観測しているのですが・・・。

    大学の卒業論文で、白色雑音をオシロスコープで観測する作業を 行っているところなのですが、波形のどの部分に白色雑音が出ているか いまいちよく分からないので困っています。 それと、今使っているオシロスコープが「スペクトラムアナライザ」という ものなのですが、普通使われるオシロスコープと、どのように違うものなので しょうか?また、今回の白色雑音とどのような関係があるのですか? もし知っていることがあれば何でも結構なので、ぜひ教えてください。 宜しくお願いします。

  • 白色雑音について

    今、大学で視覚情報処理について研究しています。 今後は視覚と聴覚の相関関係についても研究したいと思っています。 そこで、聴覚に与える情報として「白色雑音」を考えています。いろいろ調べたとこ「白色雑音」の特徴などはわかったのですが、実際に研究するときにどうやって「白色雑音」を被験者に与えるか悩んでします。 聴覚の研究をされている方でノイズ(雑音)について調べている方、どうやって白色雑音を作成しているのですか? できれば、計算機(パソコン)で作成したいです。 どうかお願いします。

  • パルス波形の雑音について

    パルス波形(ガウシアンパルス)に対してAWGNの雑音を乗せて通信したいと考えています。 その際、電力の定義によってSNの式が変わってくると思います。 通常、SNを定義する際というのはパルス波形の電力をどうやって定義するものでしょうか? パルス電力については 1、1パルス分の電力和(電力は振幅の二乗) 2、1パルス分の平均電力 3、1パルスのサンプルごとの瞬時電力 のどれかだと感じています。雑音はrmsで計算すればいいと思うのですが。。

  • 極細低雑音同軸ケーブル

    初めて質問いたします。よろしくお願いいたします。 極細(直径1mm程度以下)の低雑音同軸ケーブルを扱っているメーカーや代理店は無いでしょうか。低温(液体ヘリウム温度)からの信号検出に使います。超高真空で使えるとなおうれしいです。

  • 信号処理 SN(S/N)比の問題

    「ある信号を観測するとき,観測される信号y(t)は,次式に示すように,真の信号s(t)に,平均0,分散σ^2の定常な不規則雑音n(t)が加わったものとして表されるものとする。 y(t) = s(t)+ n(t) このとき,この信号をm回観測して算術平均を求めると,その期待される平均と分散は,s(t), σ, mを用いて,それぞれ(ア),(イ)と表される。このことから,振幅比でSN比を定義した場合,m回の観測の算術平均を求めることにより,1回のみの観測に比べて,SN比が (ウ)倍になることが期待でき,一定の雑音除去効果が得られることになる」 自分なりに出した答えが↓です.  解答:自分はs(t)は定数として扱いました s(t),n(t)の算術平均は  ・(1/m)*(Σs(t)) = s(t)  ・(1/m)*(Σn(t)) = 0  ∴(ア) = s(t) + 0 = s(t) s(t),n(t)の算術平均の分散は  ・var[(1/m)*(Σs(t))] = (1/m)^2 * Σvar[s(t)] = 0  ・var[(1/m)*(Σn(t))] = (1/m)^2 * Σvar[n(t)] = σ^2 / m 今s(t),n(t)は独立なので,y(t)の分散は上の二つの和になる  ∴(イ) = 0 + σ^2 / m = σ^2 / m SN比 = (真の信号の分散値) / (雑音の分散値)より  ・一回の観測時のSN比(m=1) = 0 / σ^2 = 0  ・m回の観測時のSN比 = 0 / (σ^2/m) = 0  となり(ウ)を求めることが出来ません.(;^^  「s(t)の算術平均値,分散値」を求めるところが怪しい気がしますが・・・よく分かりませんでした.    どなたか詳しい方がいらっしゃればお願いします.

  • 同調回路で選択された信号の原振との位相差について

    お世話になります。 現在、同調回路を用いた磁性体の検出回路を検討中です。 コイルとコンデンサの並列回路で構成された同調回路にて、共振周波数でインピーダンスが最大となり、入力された交流信号はLC側では減衰し、同調信号として検出側へ流れると理解しています。 コイルへ磁性体を接近させると検出側の電圧波形は原振の位相からずれて検出されます。 また、この位相差は共振周波数からのずれ量で異なります。 この位相差を利用して検出を考えていますが、検出側の電圧波形は振幅でなくなぜ位相差となって現れるのでしょうか。 いろいろ調べましたがどうにも理解できません。 ご教授お願いします。

  • 入力信号の統合に関して・・・

    加算の意味がわかりません。 私が調べた本には‘電子信号の整理による情報処理を統合と呼んでいる。これらの統合の中心になるのは加算(加重)である。’としか説明されていなくて、よく意味がわかりませんでした。 どなたか 加算の意味を教えてください。

  • 加算平均をしないとどうなるのか

    現在卒業論文で脳波(P300)を扱っており、これまでは加算平均をして最終的に波形を出していましたが、これでは時間がかかりすぎるので、加算平均行わず単発で波形を取った場合はどうなるかと考えました。 しかし調べても資料が見つからず困っています。 単発で脳波を計った事のある方、もしくは加算平均する場合と比較してどうなるのかをご存知の方がいらっしゃったら教えて頂けないでしょうか。

  • 2つのアナログ信号が一致してるか検出する方法

    ADCでデータa[n],b[n]を取り込み、「取り込んだ信号が一定以上になってから一定期間」の2つの信号が同じか違うかを比較したいです。 ただし、まったく同じ信号ではないためa[n]-b[n]だと0にはなりません。(ノイズや測定誤差) また、a[n]とb[n]は多少位相がずれているため、位相を合わせる作業も必要です。(これは現在何とかやってますが、完全に一致はしませんので、それでも比較できる方法があれば・・・) 今現在は積分して誤差1割まで許容してますが、似た波形でも1割以上の誤差になることも結構あり、困っています。(特に小さい波形の場合は一致する確立が低い) また、積分では面積が似ているかどうかを判断しているだけなので、やりたいことと少し違うかな?と思ってます。 このように波形の形状を比較する場合は普通はどのような処理をするのでしょうか? 人間が波形を見て波形を比較し、似ているか似ていないかを比較するのはいったいどのような原理なのか分かればいいのですが。 よろしくお願いします。