• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

吉野家が苦戦するのはなぜ?

  • 質問No.7252533
  • 閲覧数628
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 76% (2288/3006)

すきや や松屋が吉野家狙い撃ち的 低価格キャンペーン(今はキャンペーンでhなく通常価格化していますが)をしていますね。
にも関わらず、売上、利益もまずまずです。

ところが吉野家は他よりも2-3割高い価格で頑張っていますね。
しかし、赤字もしくはカツカツです。

牛肉をアメリカ(だったか、何しろ日本人向け?だったかおいしい物)に拘って比較的高いのを使用しているのは知っていますが、原材料のそれも肉だけの差額だと牛丼の2-3割の差にはならないですよね。 店舗も同じ感じで店員教育が高い、とも思えません。

この差はどこから来ているのでしょうか?
やはり材料の肉の差だけなのでしょうか?(それで価格が高い、消費者離れ、売上低、利益でない?)

根本的に他(すきや、松屋他)と違うところがあるのでしょうか?

この業界に詳しい方お願いします。
(吉野家 ファンです)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 20% (160/776)

肉や味の個人的な評価は、吉野家>松屋>すきやだと思ってます。
松屋は、セットメニューでお得感・栄養バランス感を出して、低価格キャンペーンをしてても結局はセットメニューを頼む人の方が多く、客単価を上げる工夫がある。すきやは、家族利用をターゲットに子供用のミニサイズ・ドライブスルー・ファミリー向けの座席を設けるなどで、今日は牛丼でいいかみたいな家族ニーズで利用してもらいやすい内容になっていて、こちらも一度に売れる金額は多くなる工夫がある。吉野家は味と肉で勝負の一本堅気。メニューは増えてるけど、家族とか団体で吉野家に行こうとは思わないし、吉野家で席に着くと「並み」って言いたくなる雰囲気だし、毎日牛丼は食べないからなぁ。。。営業戦略の差ではないかと思います。
お礼コメント
apiapi_2006

お礼率 76% (2288/3006)

なるほど、客単価の違い(売上、利益の向上)ですか!

牛丼だけの勝負なら吉野家の勝ちかもしれませんが、牛丼戦争と言いながらも、それは客寄せ口実(イイ宣伝になる)で、実は 他のチェーン店はそれ以外で商売しているのですね。

吉野家は牛丼でしか勝負できない(しない)ので 売上・利益で苦しいのですね。
 →他のチェーン店は牛丼以外で固定費を賄って、牛丼は宣伝品くらいの扱いなのかもしれませんね。
  なのでキャンペーンを何度も打つし、相当安い。(原価に近いかも)
吉野家も一部「そば」などにも展開していますが、、、はっきり言って わざわざ食べに行くソバでもないですし、、。(そば通でうす) 

ようやく 謎が解けました! ありがとうございました。

吉野家が 新たな方向性を見つけて再起してくれる事を期待しています。
 
投稿日時:2012/01/19 08:56

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
その肉の差が、2、3割なんです
お礼コメント
apiapi_2006

お礼率 76% (2288/3006)

肉代でどんぶり価格が2-3割上がるということは2倍以上(3倍かも)の価格の肉を使っているくらいになりますが、そんなに差がある肉なんでしょうか?
投稿日時:2012/01/19 08:45
  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (1521/7226)

前置き:私的な見解になります。

私も吉野家が好きです。

考えられるのは、アメリカ産牛肉にこだわっている。

牛丼のサイズに、特盛り、大盛り、普通、の3種類しかない。
=>他業者ならば、メガ盛り~ミニまでで6種類程度のサイズがある。
これが、利用者にとって、多様性があります。

例えば、親子4~5人で訪問した場合、体の大きさや食欲により、サイズが細かく変更できる。

あと、チーズ乗せなどの別バージョンがあるので、飽きたら、違うメニューに変更できる。

それと、他店では、牛丼以外のバリエーションが豊富なので、牛丼以外のメニューが楽しめる。

吉野家も近年、メニューがバラエティ豊かになったが、意外と「郊外店」とも言える人里離れた場所に点在しているのも原因だと思う。(利便性が低い)

意外に出店した地域のリサーチに問題があると思われる。


最後に、吉野屋は過去に出汁の味を変えて倒産したことがあるのと、BSE問題で大打撃を受けた、痛手が経営陣に躊躇する思考を与えているのかもしれない。

「すきや」は明らかに、「打倒!吉野屋」という目標があると思う、その証拠に出汁の味付けがよく似ている。
お礼コメント
apiapi_2006

お礼率 76% (2288/3006)

メニューの種類・数が少ないということは
  在庫や材料の購入単価は下がりますね。
客数が少なく、店の売上が少ない&回転率が悪いということは
  固定費・人件費率が高い

ということですね。
やはり他のチェーンと比べて 固定費が経営を圧迫しているのでしょうか!

ありがとうございます。      


   
投稿日時:2012/01/19 08:43
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ