• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

時間外労働の上限は?

こんにちは。y_sと申します。 時間外労働についてお尋ねいたします。 勤務が多忙で時間外労働を申請したところ、週16時間を超えてはならないと いわれました。その後、いろいろなHPを見ても16時間という制限は 見当たりません。このような制限は本当にあるのでしょうか? また、休日出勤の時間は時間外労働の時間に含まれるのでしょうか? ちなみに職種は製造業の技術職です。 お分かりになる方、ぜひお教えください。

  • y_s
  • お礼率90% (10/11)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数252
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • jj3desu
  • ベストアンサー率34% (291/849)

時間外と休日に付いては、いわゆる36協定(サブロク協定)と言うものがあります。(労働基準法 第36条) ここで、時間外労働の上限が決められています。 http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~roudou/bunyaindex.htm ・15H/1週間 ・45H/1ヶ月 ・360H/1年 (もう少し細かく分かれていますが取り敢えずPOINTだけ) 会社に労働組合がある場合は、労働協定として、もう少し厳しい制限があるところが多く、それを超える場合はペナルティー(時短・代休等)が発生します。 また休日労働に付いては36条の規定を遵守した内容で、予め労働基準局に協定届を届ける必要があります。 世の中にはある程度のサービス残業は必要悪として存在しているのも事実ですが、限度を超えるようなものであれば、会社と残業にならないような改善を検討されるのが本当は一番良いと思います。会社に誠意が無く、健康面等に心配があれば労働基準局に相談する事も一つの方法です。(但しその場合は会社にいずらくなる可能性がありますので、まずは話し合いによる改善がいいのですが) 下記のQ&Aも参照下さい。

参考URL:
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~roudou/bunyaindex.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました。 おっしゃるとおり、サービス残業は確かに必要悪として存在していると思います。 会社に誠意がまるっきりないとは思いませんが、人を人として考えていない 部分は、感じます。役職が上の人ほどその傾向は強いです。 これはうちの会社だけではないと思います。 ..すみません、愚痴になってしまいました。。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

法律上は#4の方がおっしゃるとおりです。 原則として1年間で360時間を越えることはできません。 ただ、労使協定などで変形時間労働制を採用していて、 ある一定期間ではそれなりの労働時間になりながらも 時間外労働にならないこともあるかもしれません。 休日の出勤ですが、出勤するかわりに別の日に休日をとる、 いわゆる「休日の振替」をした場合は休日出勤(時間外労働)にはあたりませんが、 そういう場合を除いては時間外労働になります。 あまりにサービス残業、あるいは残業そのものがあまりに多い場合、 労働基準監督署に申告することもできます。 法律上は「申告することを理由に不利益な取り扱いをしてはならない」とありますが、 現実にはやはり会社にいづらくなる可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 いまのところ、労働基準監督所への申告までは考えていません。 ”我慢しよう”と思ってしまうのがサラリーマンの悲しいところです。。。 我慢できるうちの話ですが。。

  • 回答No.3
  • momas
  • ベストアンサー率41% (133/319)

ありません それは、あなたの会社の人件費の予算を人員で割った数値です あなたの会社がかってにきめた制限時間です 仕事量が増えたので、これを超えて時間外労働をしたとしても手当は出ません 手当てを要求しても 「時間外労働をしてくれとはたのんでいない。この仕事を期限までにやってくれと言っているんだ」とか 「君の能力を疑う」と言われるだけです 明らかに労働基準法違反ですが、暗黙の不文律として大昔から存在しています これは明文化された規則より、はるかな拘束力を持ちます つまり、経営者は16時間までの時間外手当は出すが、それ以上はダタ働きをしろ。といっているのです。 とか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに労働基準法に違反しているような状況はあると思います。 裁量労働制が増えるのは、人件費の面だけでなく、法律対策もあるのか、 と疑いたくなりますね。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

労働基準法では、参考URLのとおり三十二条で基本的に時間外労働は認めず、 時間外労働について三十六条で取り決めていますが、ご覧のとおり、 組合との取り決めと官庁への届け出によって「出来る」としています。 組合の強い所なんかでは、官庁へ届けた範囲内でも更に組合で制限を設け、 それを超える場合は製造部が組合に許可をもらわないとダメと言う所も有ります。

参考URL:
http://www.jca.apc.org/nojukusha/general/law/roukihou/ch4.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 うちの組合が強いかどうかわかりませんが、 官庁への届けがどういうものなのか、ちょっと興味があります。 機会があれば組合に確認してみたいと思います。

  • 回答No.1
  • kohji
  • ベストアンサー率28% (140/483)

第36条(時間外及び休日の労働) 使用者は、当該事業上に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、第32条から第32条の5まで若しくは第40条の労働時間(以下この条において「労働時間」という。)又は前条の休日(以下この条において「休日」という。)に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによって労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。ただし、坑内労働その他命令で定める健康上特に有害な業務の延長は、1日ついて2時間を超えてはならない。 (2) 労働大臣は、労働時間の延長を適正なものとするため、前項の協定で定める労働時間の延長の限度その他の必要な事項について、労働者の福祉、時間外労働の動向その他の事情を考慮して基準を定めることができる。 (3) 第1項の協定をする使用者及び労働組合又は労働者の過半数を代表する者は、当該協定で労働時間の延長を定めるに当たり、当該協定の内容が前項の基準に適合したものとなるようにしなければならない。 (4) 行政官庁は、第2項の基準に関し、第1項の協定をする使用者及び労働組合又は労働者の過半数を代表する者に対し、必要な助言及び指導を行うことができる 要するに、会社側と労働組合との協定によって決められる物なので、法律によっての制限はありません。

参考URL:
http://homepage1.nifty.com/f_page/work/law/rouki/rouki_ho.htm#040

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 勉強になりました。

関連するQ&A

  • 時間外労働について

    時間外労働(休日出勤含む)の規制について御回答お願いします。私の勤務先は一般製造業で労働組合はありませんが、36協定(1年間の変形労働時間制)を締結し労働基準監督署に提出してます。 質問ですが、私の職場は仕事量の山谷が激しく、また作業内容もある程度専門分野がからむため繁忙期には残業、休日出勤が多くなります。他部門の応援も専門知識の関係上あまり見込めません。昨年までは月平均で60時間~70時間ありましたが、監督署からの通達が厳しくなったらしく会社から時間規制がかかるようになりました。もちろんサービス残業は一切無く、すべて割り増しの手当が付与されるので昨今の不景気を考えるとむしろ歓迎です。従業員が納得して希望してる場合でも規制の枠内でしか残業できないのでしょうか?また規制枠内の超過時間とはどれくらいなのでしょうか?(1週、1ヶ月、1年)長くなってすいませんがよろしくお願いします。

  • 週40時間以下の勤務なら、休日出勤も時間外労働とみなされない?

    週40時間以下の勤務なら、休日出勤も時間外労働とみなされない? 時間外労働は月40時間までと36協定で締結しています。 弊社は9:00-18:00休憩1時間の勤務時間で、 週5日出勤(土日休み)になっています。 今回、会社カレンダーで夏季連休が10日間ありました。 そのうち、土日が2回合計4日ありました。 土日4日間はお休みしましたが、残りの月火水木金月曜日の 6日間全て休日出勤をしました(6日*8時間=48時間)。 上司より、労働基準法の時間外労働の計算方法は、 週40時間越える労働にかかってくるものであり、 会社カレンダーが休日としても、週40時間を越えない 休日出勤の場合は、36協定上の時間外労働時間に 含まれないから48時間やろうと、時間外は0なので、 OKと言っていましたが、本当でしょうか? ※1日8時間を越えない、週40時間を越えない場合は、  時間外労働にはならず、法律違反にならないかと言う点です。  (上記のように月48時間休日出勤しても、時間外労働は   0時間で合ってますでしょうか?) ※休出手当はついています。

  • みなし労働 時間外労働 について

    みなし労働 及び 時間外労働について質問です。 現在、労働の条件としては以下のようになります。 ■就業時間 9:30~18:30(休憩1時間含む) ■みなし労働採用(みなし9時間労働) ■年俸制(基準内年俸64%+基準外年俸36%) 職種はWEBサイト制作で、ディレクション業務を行っています。 おかしいな~と思っている以下の点が、正当なのかどうか教えてください。 ■みなし労働時間で9時間となっており、一日で何時間働こうが9時間と計算されるようです。 時間外として計算されるのは深夜残業した分のみと説明されました。 ■休日に出勤しても、その休日を平日に振替休暇を取るため、 休日出勤分の時間外労働は計算されない。 ■給与の○○%は時間外労働分を含むという、やり方は妥当なのか。 時間外労働に対する考え方が上記のような感じなので、徹夜、深夜残業 などが多発し残業が190時間を超えた月でも、規則にある36%を超えて いなかったようで、追加の残業代が出されませんでした。 このような労務状況なのですが、突っ込みどころどれほどのものでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 時間外労働の労働基準について

    民間の学校機関に勤務しています。 時間外労働が月100時間以上、休日出勤も含めますと、優に一ヶ月は出勤し続けています。 職場側は、「繁忙期(1日4時間超過)と閑散期(定時)で出勤形態が異なるので問題はない」といいます。 知人からは、「100時間を超える労働をする場合は、特定検診を受けたり、相当の報酬を支払う必要がある」と聞きましたがいかがでしょうか。また、労働基準に問題はないでしょうか。

  • 週48時間労働なら、8時間は時間外労働手当が必要?

    週48時間労働なら、8時間は時間外労働手当が必要? 会社カレンダーで、1月と2月に土曜出勤日があります。 就業時間は9:00-18:00で昼休憩が1時間あります。 通常、月から金曜日までで週40時間の勤務となります。 土曜出勤のある週は6日勤務なので、48時間勤務となります。 この場合、法定週労働時間40時間を越えるため、8時間は 時間外労働になるのではないでしょうか?

  • 時間外労働について

    前にも質問したのですが、休日出勤や時間外労働の分を明細もないボーナスという形で毎月の給料にはつけずに出すことは違法ではないんでしょうか?その後、交渉はしてみたものの毎月付けて欲しいなら日給月給にするといわれました。一時は残業代や休日出勤はついていた時期もあったので、なんか納得がいかず、うまくごまかされているようで腹が立つんです。確かに景気がいいわけではないので理解はしているつもりですが、働いた妥当な給料はもらうのが当然だと思うんです。月給ではどういう風に時間外や休日出勤などの計算をするのか教えてください。今は出勤と帰宅時間をメモにとっています。旦那はもめるからやめてくれといいますが、家計のこともあるのでぜひよい意見を聞かせてください。お願いします。

  • 時間外労働の賃金について

    普段は月~金曜日で1日7時間半働いています。 日曜日に会社のイベントに参加するように 言われました。 7時半~18時半までの10時間労働になりそうです。 時間外労働は通常の賃金の2割5分増しだと思うのですが、10時間働くときはどうなるのでしょうか? 休日出勤はあるのですが、今まで休日に10時間働いた ことがなかったので、疑問におもって質問しました。 尚、休日出勤の代休はありません。 よろしくお願いします。

  • 代出は時間外労働となるか?

    代出は時間外労働となるか? 時間外労働は月40時間までと36協定で締結しています。 そのため、残業が40時間を越えないように管理しています。 弊社は9:00-18:00休憩1時間の勤務時間で、 週5日出勤(土日休み)になっています。 残業を40時間ギリギリ一杯まで行なって、まだやることが ある場合は、土曜や日曜に代出して作業を行います。 代休が当月内に取れれば良いのですが、ほとんど 翌月以降に代休を取ることになります。 この場合、時間外労働は40時間で大丈夫なのか、 40時間プラス当月内に代休が取れなかった日の時間 になっていて、労働基準法違反となっているのか どちらでしょうか?

  • 時間外労働の計算がわかりません

    所定労働時間が、1日が9時~18時、週が月曜から金曜までで土日が休み。(製造業) そして、今は少し忙しいので週末にだけ夜間も生産をしています。 こういう状況のもとでの時間外労働の考え方ですが。 たとえば一週間の勤務状況が、 月曜 9時~18時 火曜 8時~18時 水曜 9時~19時 木曜 9時~22時 金曜 9時~18時  このように一週間のうちに残業があったりなかったり。 金曜 21時~土曜17時 というとき、この、金曜 21時~土曜17時 についてですが、 21時~22時 普通残業(×1.25) 22時~翌朝5時 深夜勤務(×1.5) 翌朝5時~夕方5時 普通残業勤務(×1.25) だとういうのはわかったのですが、 それにこの場合、土曜は所定労働としては休日になりますが、 週によっては土曜は所定の出勤日の時もあります。 このときの計算は・・・ 21時~22時 普通残業(×1.25) 22時~翌朝5時 深夜勤務(×1.5) 翌朝5時~翌朝9時 普通残業勤務(×1.25) 以上の内に 一時間は休憩 朝9時~夕方5時 通常勤務扱い 夕方6時までの一時間は、早退? こう考えてよいのでしょうか? また、金曜の日中は通常勤務をしていて、とぎれて9時から勤務となっていますが、 これが 日付変わって夜中の12時から勤務するなら、翌日土曜は所定休日なので 休日勤務(×1.35)となりますか? お時間のある方、よければご指導下さい。 よろしくお願いします。

  • 時間外労働について

    休日における出勤についてお聞きしたいと思います。 1日8時間、1週間で40時間を超えた場合は時間外労働になるのはわかったのですが、下記の場合はどうでしょうか? 1カ月31日の中で日曜日を除いて3日祝日があり、実際に出勤する日は完全週休2日の為、20日間。 この時、20日出勤する人と、祝日も入れて23日出勤する人で同じ月給になってしまうのはおかしくないでしょうか? 代休というシステムが取れない会社の場合、この祝日は時間外労働として賃金は発生しないのでしょうか? 労働基準法からすると20日で通常支払われている額がもらえるのはサービスみたいなものになるような気がしてしまいます。 また、失業保険の受取条件の中にある直近3か月がそれぞれ45時間以上というのもやはりカレンダーで祝日となっていても結局週40時間を超えなければ時間外とならないことになるのでしょうか。 いくつか質問させていただきましたが、回答を宜しくお願い致します。