• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

質量モル濃度の定義

問題を解いてて、ふと今になって気づいたのですが、 どうも定義を勘違いしてるみたいなんです。 問題; 尿素(CO(NH2)2)を不純物として含むナフタレンの融点が79.1℃のとき、 ナフタレンの純度は何%か。 ただし、純粋なナフタレンの凝固点は80.5℃、モル凝固点降下は6.9とする。 有効数字2桁で答えよ。 ナフタレンの質量を100gとすると、 (80.5-79.1)=6.9×w/60×1000/100 w=1.21 すなわちナフタレン100gに対して不純物(尿素)1.21gが含まれている。 求める純度=100/100+1.21=99%  (答) ところで、 質量モル濃度mol/kg=w/M[mol/l]×1000/W[kg] なのですが、 ある本は、 溶媒Wgに溶質wg(分子量M)が溶けていると、溶質の物質量はw/M[mol]だから、 これを 「溶媒1kgあたりに換算すると」 質量モル濃度mが求められる。 また別の参考書は、 分子量Mの非電解質wgを溶媒Wgに溶かした溶液のモル濃度 とありました。 今まで先の定義を参考に問題を解いてたのですが、 「溶媒1kgあたりに換算すると」 とあったので、 質量モル濃度とは 「先に求めた溶質のモル濃度を、今度は溶媒1kgあたりに換算すると いくらになるのかが求まる」 つまり、 「1kgあたり何molの溶質が含まれているかわかる」 ということだと思ってたのですが、違うのでしょうか? この問題の解答を読んでてわからなくなってしまいました。 解答の、 ナフタレン100gに対して不純物(尿素)1.21gが含まれている。 という部分を、 「100g??1kgに含まれてるんじゃなくって?」と思うのです。 あと、ナフタレンの質量はどうして勝手に100gと仮定してもよいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2509
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

> どうも定義を勘違いしてるみたいなんです。  いや,Love1001 さんがお考えの定義で良いですよ。「1kgあたり何molの溶質が含まれているかわかる」であってます。  一応,手元の「化学辞典」(東京化学同人)や他の教科書を見てみましたが,「質量モル濃度=重量モル濃度」の定義は『溶媒 1000 g 中に溶けている溶質の量(モル)』です。 > 「100g??1kgに含まれてるんじゃなくって?」 > と思うのです。 > あと、ナフタレンの質量はどうして勝手に100gと > 仮定してもよいのでしょうか?  そうですね。定義から考えると疑問に思うのが普通です。私はむしろ定義に基づいて考える方が応用も利くし理解しやすいと思うんですが・・・。これは後で述べるとして,まずは回答です。  「何故 100 g なのか?」や「勝手に 100 g と仮定していいのか?」については,先の方が回答されている通りでしょう。言えば,受験用のテクニックですね。では,適当な仮定を置かずにやるとどうなるか,やってみましょう。ナフタレンの質量を W [g] として,回答と同じ式を立てます。   (80.5-79.1) = 6.9×(w/60)×(1000/W)  これを解くと,w = 0.0121×W [g] になります。これはナフタレン W [g] に混ざっている不純物(尿素)の量ですから,ナフタレンの純度は次の様になります。  純度 = [W/(0.0121W+W)]×100 = 98.80・・・= 99 [%]  いかがですか,最初に置いたナフタレンの質量 W は純度を出す段階で消えてしまいますね。ですので,いくらでも良い訳です。  そのため,純度などの%(百分率,百当たりいくらか)表示の場合は 100 と置く事が多いだけです。ですので,1000 [g] 当たりいくらかを考える質量モル濃度の場合では,お書きの 1 [kg] = 1000 [g] と置く方が自然だと思います。 > ナフタレン1kgのときも、100gのときどちらのときでも、 > 不純物は1.21g含まれているということですか?  そうではありません。お書きの様に,『ナフタレンの質量を100gとすると、(80.5-79.1)=6.9×w/60×1000/100 w=1.21』です。ナフタレン 1 kg に対してであれば, (80.5-79.1) = 6.9×(w/60)×(1000/1000) を解く事になりますから,w = 12.1 と求まります。  さて,最後に,先に書いた定義にしたがって自然に考える解法をお示ししておきます。 > ナフタレンの純度は何%か。  求めるナフタレンの純度を x (%) として,凝固点降下の式を書きます。質量モル濃度が必要になりますが,定義からナフタレン 1000 [g] に含まれている不純物(尿素)のモル数で求めます。  ナフタレンの純度が x (%) ですから,不純物は (100-x) (%) ですね。そして,x (%) が 1000 [g] ですから,(100-x) (%) は 1000×[(100-x)/x] [g] になります。したがって,不純物(尿素)は 1000×[(100-x)/x]/60 [mol] です。これは,ナフタレン(溶媒)1000 [g] に溶けている不純物(尿素)のモル数ですから,質量モル濃度です。これから,次式が得られます。   (80.5-79.1) = 6.9×[1000×[(100-x)/x]]/60  これを解けば,ナフタレンの純度 x = 98.79・・・ = 99 (%) と求まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございます。 とてもわかりやすかったです。 改めて定義について確認できましたので、安心しました。 教えて頂いたことを忘れぬよう、さらに問題にあたり、これからもがんばります。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • unyo12
  • ベストアンサー率58% (47/81)

【状況】 溶媒W[g]に溶質w[g](分子量M[g/mol])が溶けている。 <ある本>「溶媒1kgあたりに換算する」  →質量モル濃度m[mol/kg]=(w/M)[mol]×{1/(W/1000)}[/kg] <別の参考書>「そのまま」 →質量モル濃度m[mol/g]=(w/M)[mol]×(1/W)[/g]  つまりLove1001さんは、ある本は「溶媒1kgあたり」、別の参考書は「溶媒1gあたり」の溶質の物質量を質量モル濃度としているのでどちらが正しいのか悩んでいるのですね。どちらも   「質量モル濃度=溶質の物質量/溶媒の質量」 は満たしているので質量モル濃度と言えますが、私は、SI単位がkg基準で成り立っていることから「溶媒1kgあたり」が正式な質量モル濃度の定義だと思います(参考URL参照)。 [mol/kg]と[mol/g]の違いは、「モル濃度」の[mol/L]と[mol/mL]の違いと同じですね。どちらを使うにせよ、1000倍や1/1000倍すれば済む話なので、しっかりと単位を示しておくことが重要です。  計算に用いるナフタレンの質量についてですが、これは何[g]にしても何[kg]にしても正しく計算できれば結果は同じになります。100[g]としているのはおそらく、 [%]で表示される値を扱う計算の定石として「全体を100とする法(仮)」を用いる習慣があるためではないでしょうか。  「全体を100とする法(仮)」は例えば、成分A,B,Cそれぞれ23%、56%、21%から成る原料があったとすると、その原料100[g]を使用したと仮定すれば、原料中の各成分の割合[wt%]がそのまま質量[g]となるので計算しやすい、というものです。  しかし今回のように質量モル濃度関連の計算をする場合は、100[g]とすることにあまり意味はないかも知れません。むしろ1.00[kg]として計算すれば (80.5-79.1)=6.9×w/60 となって計算が楽になるので、こちらの方がより状況に即していると思います。

参考URL:
http://www.ceramic.or.jp/ihensyuj/toukou_j/hyou4.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございます。 ナフタレンの質量を100gとすると、 (80.5-79.1)=6.9×w/60×1000/100 w=1.21 すなわちナフタレン100gに対して不純物(尿素)1.21gが含まれている。 この部分は ナフタレンの質量を100gとすると、 (80.5-79.1)=6.9×w/60×1000/100 w=1.21 すなわちナフタレン1kgに対して不純物(尿素)1.21gが含まれている。 としてもよいということでしょうか? ナフタレン1kgのときも、100gのときどちらのときでも、不純物は1.21g含まれているということですか? ナフタレンの質量は異なるのに、不純物の質量が同じというのが、どうもよくわかりません。

関連するQ&A

  • 溶解度と質量モル濃度

    溶解度は溶媒が水のときg/水100gで表され、質量モル濃度はmol/kgで表されます。質量モル濃度は溶媒1kgに溶けている溶質の物質量とのことなので、水が溶媒で溶液の密度が1.00g/mLとみなせるとき、溶解度をaとすると  a[g/水100g]×(10/10)=10a[g/水1kg] さらに、溶質の分子量をMとおいて  10a[g/水1kg]÷M[g]=10a/M[mol/水1kg] というように溶解度をmol/kgで表すことができると考えるのは間違ってないでしょうか。不安なので質問させてもらいました。

  • モル濃度と質量モル濃度

    モル濃度で求めた物質量(xmol/l)が、質量モル濃度で用いることができるのは、 どうしてなのでしょうか? 1l中の溶質の物質量が1kg中の溶質の物質量に換算できるのが不思議です。

  • 質量モル濃度について

    とある問題集に「質量モル濃度は1kg中の溶媒中の質量のモル数で表され、温度によって変化しない」 とありました。これはどのように考えたらよいのでしょうか?他に「体積モル濃度は1リットルの溶液中の溶質のモル数で表され、温度によって変化する」というのは気体の状態方程式等を利用するとイメージが沸くのですが、質量モル濃度は温度によって変化する気がしてなりません。

  • 質量モル濃度

    8%のブドウ糖水溶液の質量モル濃度を求めよ。 【溶質の物質量(mol)/溶媒の質量(kg)】 という式があるんですが、この場合どうやって当てはめるんでしょうか。

  • 質量モル濃度から容量モル濃度への変換

    質量モル濃度Mb(mol/kg)を容量モル濃度Cb(mol/l)に変換せよという問題です。 与えられている文字は求める質量モル濃度Mb、容量モル濃度Cb、更に溶媒aの分子量Ma、溶質bの分子量Mb、溶液の密度ρ(g/cm^-3)です。 Cb=1000nb(mol)/V なので、このnbとVをどうやって与えられた文字だけで表すのかが分かりません。 よろしくお願いします。

  • 溶質の重量濃度

    化学工学の本に下のように書いてあったのですが、良く意味がわかりません。 濃度の項目での記載なのですが、溶解度の事?っと思うのですが、これが重量濃度なのですか? 溶質/溶液が重量濃度だと思っていたのですが、100gの溶媒中の溶質の重量が重量濃度?? だれかわかる方いましたら教えてください。 あと同じ項目内に成分の重量濃度=(成分の重量数)g/1Lの溶液、重量モル濃度=溶質のモル数/1kgの溶媒、容量モル濃度=溶質のモル数/1Lの溶液とも記載があるのですが 分母の量は全て決まっている物なのですか?重量モル濃度と言えば分母は1kgとか、そこらへんも教えて頂けると助かります よろしくお願いします。 溶質の重量濃度=(溶質の重量数)g             ---------------               100gの溶媒 

  • 溶解度と質量%濃度の使い分けが出来ません

    参考書で、質量%濃度の説明が 100g中の溶質の質量を表していて、式は 溶質量/溶液量×100 ・100g中の溶質の質量=溶質量ではないのですか? 溶解度の説明が 溶解度をSとすると 溶質量/溶液量=S/100+Sとありますが ・飽和溶液の溶質量はSという事ですか? 具体的な問題だと、例えば 80℃のCuSo4の飽和水溶液100gを35℃まで冷却すると CuSo4の結晶が何g析出するか  CuSo4の80℃での溶解度56 35℃での溶解度27.8 という問題で、解説に 80℃の飽和水溶液100g中に含まれるCuSo4質量は 56/(100+56)×100=35.9 ・なぜ含まれる質量が56じゃないのですか? ・分母で、100に56を足してますが 飽和水溶液100というのは、溶媒+溶質ではないのですか? 結晶をxgとすると 35.9-x/100=27.8/127.8 というのも分かりません 問題集の説明を何回読んでも 溶解度と質量%濃度の使い方が分かりません、、、 全く要領を得てないので、上手く質問できなくてごめんなさい なにか理解のためのヒントをいただけないでしょうか

  • 質量%濃度計算の問題で

    質量%濃度を出す問題で 問)食酢20mlに水を加え100mlとし、その10mlとNaOH(0.12mo/l)で適定すると12.5ml要した という大問題があり 小問題1>食酢の酢酸モル濃度を求めよ に対しては計算して食酢のモル濃度は0.75mol/lと出ました。 小問題2>この食酢中の酢酸の質量%濃度を求めよ だたし食酢の密度は1.0g/cm3である という問で 先ず食酢20ml中の酢酸は0.75×20/1000から0.015mol 酢酸=60より 0.015×60=0.9g(溶質の質量) 次に水溶液の質量を求める必要がありますがこの場合の求め方が判りません。 質量ですから上と同じ次元のgで出す必要があるので水溶液のgを出したいのですが この20mlの食酢の密度が1.0g/cm3なので 1L=1000ml=1000cm3から20ml=20cm3とし 1.0×20=20gという値が計算できます。 ここから先が疑問で この水溶液×密度という計算で出てくる値は 水溶液の質量(溶媒+溶質)なのか それとも溶媒の質量なのでしょうか .....溶質を含んだ上での水溶液の質量だとは思うんですが自信がありません。 この線で計算すると 食酢の質量%濃度は0.9/20×100=4.5%となりますが・・・

  • モル濃度の求め方。その2

    参考書の解法とどちらがいいのか教えて下さい。 私は参考書の解法はややこしいなぁ、と思うのですがどうなのでしょう? [問] 40%硫酸の密度は1.30g/mlである。 この硫酸のモル濃度を求めよ。 [改訂版・私の解法] 1.30g/mlより1300g/l H2SO4:1.0×2+32+16×4=98(分子量の計算です) 1300×0.4(40%のことです)÷98mol/lより 5.306・・・mol/l≒5.31mol/l [参考書の解法] 40%硫酸100gの中に含まれる硫酸は40g(*) 体積=溶液の質量÷密度より 100÷1.30=76.923・・・≒76.92(ml) 40÷98(mol)/76.92÷1000(l) =5.306・・・≒5.31(mol/l) 参考書の解法は上のような形式です。 でも最終的には有効数字3桁で答えなければならないために 途中式の段階で四捨五入して4桁目まで求めますよね。 その時の誤差というものは解答には影響ないのでしょうか? たまたまこの問題では答えが等しくなったというだけではないのですか? それと化学の先生は(*)の式で溶液の100gという値は 勝手においてやればいい、とおっしゃっていました。 確かに40%を分数に直せば約分で消えてしまいますが 溶質・溶媒の値がこの問題のように与えられていない場合でも 勝手に100gとおいていいのですか? かなりいろんなことを聞いてしまいました。 分かりやすく教えていただければ幸いです。 (出来れば高2レベルで・・・) なんだか化学って奥深いですね。。。 この問題を解いてしみじみ感じました。 だから化学って好きですvv

  • 溶解度とは?

    溶解度とは? Wikipediaに溶解度の説明として「飽和溶液の濃度である」という記述がありますが、これは正しいのでしょうか。濃度は「(溶質の質量/溶液の質量)×100」ですから「(固体の場合)溶媒100gに溶ける溶質の質量(g)」という定義と食い違う気がします。 それからもうひとつ質問です。固体の「溶解度」と書けば一般に「溶媒100gに溶ける溶質の質量(g)」と認識されるものでしょうか。正式な文書などで溶解度の但し書きは必要になるでしょうか。