• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

質量モル濃度について

とある問題集に「質量モル濃度は1kg中の溶媒中の質量のモル数で表され、温度によって変化しない」 とありました。これはどのように考えたらよいのでしょうか?他に「体積モル濃度は1リットルの溶液中の溶質のモル数で表され、温度によって変化する」というのは気体の状態方程式等を利用するとイメージが沸くのですが、質量モル濃度は温度によって変化する気がしてなりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1092
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

1kgの溶媒は温度が何度であっても体積は変化しても、質量は1kgですから変化はしません。 例えば1kgの溶媒が0度で1Lで100度で2Lだっとしましょう。 そこで1モルの溶質を0度のその溶媒1Lに溶かします。 その後その溶液を100度まで加熱します。 このときの体積モル濃度、質量モル濃度の場合でそれぞれをあらわすと 体積モル濃度の場合  0度 1モルの溶質が1Lの溶媒に溶けているので 1モル/L  100度 1モルの溶質が2Lの溶媒にとけているので 0.5モル/L と溶液の温度が変化すると濃度も変化してしまいます。 ところが質量モル濃度の場合  0度 1モルの溶質が1L(1kg)の溶媒に溶けているので 1モル/kg  100度 1モルの溶質が2L(1kg)の溶媒に溶けているので 1モル/kg と温度が変化しても濃度は変化していませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Mandhelingさん。はじめまして。丁寧な回答有難うございます。 大変参考になりました。 質量が体積が増えても変わらない事がよくわかりました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

質量モル濃度は分母が溶媒で、 体積モル濃度は分母が溶液ですね。 これもややこしいので間違えないようにしましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はじめまして。yukimin387さん。大変参考になりました。 有難うございました。

  • 回答No.3
  • warren
  • ベストアンサー率29% (7/24)

 warrennです。勘違いしていました。Mandhelingさんの言うとおりです。飽和濃度と勘違いしていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はじめまして。warrenさん。大変参考になりました。 有難うございました。

  • 回答No.1
  • warren
  • ベストアンサー率29% (7/24)

あなたの言うとおり、質量モル濃度は温度によって変化します。例、20℃の水1kgに溶けるNaClの量は、50℃の水1kgに溶けるNaClの量は異なります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 質量モル濃度の定義

    問題を解いてて、ふと今になって気づいたのですが、 どうも定義を勘違いしてるみたいなんです。 問題; 尿素(CO(NH2)2)を不純物として含むナフタレンの融点が79.1℃のとき、 ナフタレンの純度は何%か。 ただし、純粋なナフタレンの凝固点は80.5℃、モル凝固点降下は6.9とする。 有効数字2桁で答えよ。 ナフタレンの質量を100gとすると、 (80.5-79.1)=6.9×w/60×1000/100 w=1.21 すなわちナフタレン100gに対して不純物(尿素)1.21gが含まれている。 求める純度=100/100+1.21=99%  (答) ところで、 質量モル濃度mol/kg=w/M[mol/l]×1000/W[kg] なのですが、 ある本は、 溶媒Wgに溶質wg(分子量M)が溶けていると、溶質の物質量はw/M[mol]だから、 これを 「溶媒1kgあたりに換算すると」 質量モル濃度mが求められる。 また別の参考書は、 分子量Mの非電解質wgを溶媒Wgに溶かした溶液のモル濃度 とありました。 今まで先の定義を参考に問題を解いてたのですが、 「溶媒1kgあたりに換算すると」 とあったので、 質量モル濃度とは 「先に求めた溶質のモル濃度を、今度は溶媒1kgあたりに換算すると いくらになるのかが求まる」 つまり、 「1kgあたり何molの溶質が含まれているかわかる」 ということだと思ってたのですが、違うのでしょうか? この問題の解答を読んでてわからなくなってしまいました。 解答の、 ナフタレン100gに対して不純物(尿素)1.21gが含まれている。 という部分を、 「100g??1kgに含まれてるんじゃなくって?」と思うのです。 あと、ナフタレンの質量はどうして勝手に100gと仮定してもよいのでしょうか?

  • モル濃度と質量モル濃度

    高校1年の範囲です。 なぜモル濃度を求めるとき、分母は溶液の体積であり、 質量モル濃度を求めるとき、分母は溶媒の質量なのでしょうか。 溶媒の体積とか、溶液の質量とかではだめなのですか?

  • 溶解度と質量モル濃度

    溶解度は溶媒が水のときg/水100gで表され、質量モル濃度はmol/kgで表されます。質量モル濃度は溶媒1kgに溶けている溶質の物質量とのことなので、水が溶媒で溶液の密度が1.00g/mLとみなせるとき、溶解度をaとすると  a[g/水100g]×(10/10)=10a[g/水1kg] さらに、溶質の分子量をMとおいて  10a[g/水1kg]÷M[g]=10a/M[mol/水1kg] というように溶解度をmol/kgで表すことができると考えるのは間違ってないでしょうか。不安なので質問させてもらいました。

  • モル濃度と質量モル濃度

    モル濃度で求めた物質量(xmol/l)が、質量モル濃度で用いることができるのは、 どうしてなのでしょうか? 1l中の溶質の物質量が1kg中の溶質の物質量に換算できるのが不思議です。

  • 質量モル濃度

    8%のブドウ糖水溶液の質量モル濃度を求めよ。 【溶質の物質量(mol)/溶媒の質量(kg)】 という式があるんですが、この場合どうやって当てはめるんでしょうか。

  • 質量モル濃度から容量モル濃度への変換

    質量モル濃度Mb(mol/kg)を容量モル濃度Cb(mol/l)に変換せよという問題です。 与えられている文字は求める質量モル濃度Mb、容量モル濃度Cb、更に溶媒aの分子量Ma、溶質bの分子量Mb、溶液の密度ρ(g/cm^-3)です。 Cb=1000nb(mol)/V なので、このnbとVをどうやって与えられた文字だけで表すのかが分かりません。 よろしくお願いします。

  • 高校化学IIの範囲から

    化学IIの分野を習いたてです。まだ知識がなじんでいないので以下のような疑問を持っています。 1.ボイル・シャルルの法則や気体の状態方程式ではどうして絶対温度を使うのでしょうか?(セルシウス温度だと式の分母がゼロになってしまう、と言われればそれまでですが・・・) 2.化学では体積モル濃度の計算をよく使うと思うのですが、モル沸点上昇などの計算ではどうして質量モル濃度を使うのでしょうか?(参考書に沸点上昇度は質量モル濃度に比例とありました)体積モル濃度に統一はできないのでしょうか? 以上宜しくお願いします。

  • 化学 モル濃度は溶液意外にも定義される?

    高校化学で、化学平衡の法則で、モル濃度を用いた式が出てくると思いますが、そこでモル濃度とは何かを教科書で調べると、溶液の溶質の物質量/溶液の体積としか記述されておらず、気体同士の反応などでは、溶液ではないのにモル濃度はどうやって定義されているのか全く書かれていませんでした。今まで、なんとなく、気体の物質量/気体の体積がモル濃度として問題にあたってきましたが、溶液に限定した定義ではなく、すべての場合にあてはまるもっと根本的なモル濃度の定義が知りたいです。モル濃度とはそもそも定義は何なのか?気体や、固体に対してモル濃度という場合どういう風に定義されるのか?教えてください。よろしくお願いします。

  • モル濃度の計算問題について

    モルの計算が全く分からなくて困っています。 まずこの問題。 問.質量パーセント濃度が21,0%の希硫酸があり、その密度は1,20g/㎤である。 この希硫酸のモル濃度を求めよ。 答え:2.57mol/L  となっているのですが、これの求め方がまったくわかりません。 密度とか濃度をどのようにして、溶質の物質量(mol)/溶液の体積(L) に直すのでしょうか。 教えてください。お願いします テストがもうすぐなので・・・。

  • 溶質の重量濃度

    化学工学の本に下のように書いてあったのですが、良く意味がわかりません。 濃度の項目での記載なのですが、溶解度の事?っと思うのですが、これが重量濃度なのですか? 溶質/溶液が重量濃度だと思っていたのですが、100gの溶媒中の溶質の重量が重量濃度?? だれかわかる方いましたら教えてください。 あと同じ項目内に成分の重量濃度=(成分の重量数)g/1Lの溶液、重量モル濃度=溶質のモル数/1kgの溶媒、容量モル濃度=溶質のモル数/1Lの溶液とも記載があるのですが 分母の量は全て決まっている物なのですか?重量モル濃度と言えば分母は1kgとか、そこらへんも教えて頂けると助かります よろしくお願いします。 溶質の重量濃度=(溶質の重量数)g             ---------------               100gの溶媒