• ベストアンサー
  • 困ってます

スマートフォンアプリの特許取得できますでしょうか?

ソフトウエアの特許取得は難しいと聞きます。 このような場合、特許を申請しても取得は厳しいでしょうか? マインドマップのような、ビジネスや生活面等での問題を解決する為のアプリです。 問題解決の手法としては際立った独創性は無いものの その効果は高くマインドマップやKJ法などと引けを取らないのではと思っています。 現在同じ発想にたって問題を解決するようなソフトウエアは存在していません。 ですが、プログラム部分には複雑な構造や独自の概念等は一切ありません プログラム自体シンプルなものなので簡単に真似たアプリができてしまいます。 開発期間も1日でできるようなボリュームです。 そこで普通にリリースしても直ぐにコピーされそうなので、 その保護として特許取得を考えています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1108
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

その問題解決手法それ自体は、特許の対象ではありません。 その問題解決手法を実現するプログラムであって、ハードウェア資源の有効活用を図るための一定の自然法則の利用があり、かつ、その利用方法が新規なものであれば、特許の対象となります。 言い換えれば、プログラムレベルで異なるロジックで同じ問題解決手法を提供する他のソフトには、特許の効力は及びません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

問題解決手法は特許の対象にならないのですね。 知りませんでした。 プログラムレベルでは何の目新しいアルゴリズム等もありませんので 特許でのアイデア類似コピーを防ぐのは諦めるしかないようですね。

関連するQ&A

  • 問題解決手法にてマインドマップは有効か?

    とある問題の解決するために、「マインドマップ」の使用を検討しているのですが、問題解決に有効でしょうか? マインドマップは中心に主題を書き、そこから放射状に線と文字を書いていく手法ですが、 普通のノート術よりも絵や色を多用するため、アイデアを出しやすくなったり、記憶力が上がったりするメリットがあるといわれておりますが、この手法には問題解決には有効なんでしょうか? 具体例として、「ある美容室の売り上げが落ちている」という問題をマインドマップにて解決策を探るというのは、ある意味有効性があるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 「脳力」を高める方法を教えて下さい

    頭をよくする方法を教えてください。問題の解決能力、発想力、理解力、独創力、専門知識、技術の習得力など広義ないみで「脳力」を高める方法、習慣、プログラムなどがあれば教えてください。

  • 私の回答を添削ください

    昨日、質問させていただき勉強させていただいた者です。 非常に有意義であったので、今回も添削いただければと存じます。 感情とは決して非合理的で押さえつけるべき心の働きなのではなく、ある状況や問題を解決するために長い進化の歴史の中で自然が用意した「知的な」システムである。従来、感情とは知に対抗するものであり、また制御し抑制すべきものと考えられてきた。しかし、本来感情は生物が環境の問題を適切に解決する目的で備えているものである。(1)【この観点】に従うならば満場は生物的な知性の基礎をなすものであり、我々が「知」と呼んでいるものはむしろ大きな知性の特殊事例として進化してきたものと考えられる。そこでは知は感情という大きな集合に中に含まれるものとして捉えられるであろう。仮にその補集合のみを感情と呼ぶならそれはまさしく「知」中心主義に他ならず、知的なもののみが問題解決を行っているとの錯覚につながるだろう。そうではなく、まず問題解決システムがあり、その中に「知」が存在するのである。  もちろん、感情という問題解決のプログラムは自動的であるがゆえに、うまく働かないこともある。進化の歴史の中で繰り返し出会う状況、問題をいわば類型化し対処の手続きを束にしてまとめたものが「感情」だからである。しかし、問題や状況がいつも同じであるとは限らない。ここに異なっていることもあるだろう。そんなとき、類型的問題解決システムが勝手に作動してしまい、意識的な思考によって決定した出来事を覆そうとすることが起こる。  感情システムはいったん動き出すと自動的にここを支配し、意識的なコントロールは離れてしまう。すべてをコントロールしたいという観点からすれば、できれば感情に登場して欲しくないということになる。また、あるいは逆に身体や感情を称揚し、知的決定をあえて無視しようとする立場も数多くある。たとえば、感情的判断にウソはない。感情こそが認識の基礎である。これからの時代は知ではなく感情だなどの考えである。たしかに今までの心理学は人間の知的な能力に偏って研究が行われてきたかもしれない。だから、感情に目を向けよう、そのこと自体に私は反対ではない。しかし、学習などの知的な能力を感情に対立するネガとして捉えるならば、(2)【その発想】も結局のところ知を中心においた発想から一歩も外には出ていないと言うべきだろう。 本当に考えなければならないのは問題解決システムとしての感情であり、問題解決システムとしての知である。この観点からすれば、感情も知も生命体が懸命に生きていこうとする中で編み出した「知恵」として捉えられる。我々は知的で意識的な問題解決プログラムが発するシグナルと感情や身体による問題解決プログラムが発するシグナルを公平かつ敏感に感じ取り、心というシステムを合理的で全体的なシステムとして考えていく必要があるだろう。 (1)【この観点】にあてはまるのはA~Cのどれか。すべて答えよ。 {私の回答:Cのみ}   A 感情は制御し抑制すべき心の働きである   B 感情は知に対抗するもので非合理的である    C 感情は問題を適切に解決するためのシステムである (2)【その発想】がさすものはA~Eのどれか。最も適するものを1つ選べ。{私の回答:B}   A 知を中心においた発想   B 感情に目を向けようという発想   C 感情的判断にウソはないという発想   D すべてをコントロールしたいという発想   E 感情には登場して欲しくないという発想 (3)「知」について文中で述べられているのはA~Cのどれか。すべて答えよ。{私の回答:BとC}   A 問題解決システムそのものを指す   B 感情という大きな集合の中に含まれる   C より大きな知性の特殊事例として進化してきた (4)「感情」について文中で述べられているのはA~Cのどれか。すべて答えよ。{私の回答:Bのみ}   A 個々に異なった問題や状況にもうまく機能する   B 問題を解決しようと自動的に動くプログラムである   C 状況や問題を類型化し、対処の手続きをまとめたものである (5) 筆者の意見として文中で述べられているのはA~Cのどれか。すべて答えよ。{私の回答:Cのみ}   A 知を中心においた発想から離れるべきである   B 知的能力を感情に対立するネガとして捉えるべきである   C 心というシステムを合理的で全体的なシステムとして考えていくべきである。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

マインドマップやKJ法が何か分からないので、 何とも言えないのですが、 心理ゲーム、占いの類いのソフトウェアは、 日本特許法の保護対象になりません。 米国特許法の保護対象は、日本と異なっており、 保護対象とされるソフトウェアの範囲は日本より広いです。 場合によっては、米国特許法の保護対象になるかもしれません。 特許は国ごとに成立するので、その国の領域内で有効です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 米国特許法についても調査検討を始めました。

  • 回答No.1
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

アプリは特許ではなく、著作権になります。これは申請して認可を得るものではなく、すべての作品が著作権法によって護られています。従って特許を得ることはできないのですが、その必要もないということです。ソフトウェアの著作権に関しての留意事項については下記文献が参考になるでしょう。

参考URL:
http://www.kjpaa.jp/public/pu_01studies/pdf/software_contract1.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 資料のリンクも大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 表計算ソフトの利用方法

    表計算ソフトの活用方法で、新規性がある場合、特許取得の可能性は ありますか?例えばエクセルではVBAという言語プログラムを備えて いますが、そのプログラムを利用してアプリケーションソフトを開発し した場合において、表計算ソフトで活用する特定のそして特定の条件、 環境での手法と考えてください。これは新規性がある場合は、発明の 対象になりますか?

  • WebアプリでのPDF出力

    WebアプリでのPDF出力するプログラムがあり、メモリを多く消費するということで 改修の検討がされています。よくわからないのですがPDFを出力するにあたって メモリを節約するような出力の手法はあるのでしょうか。 PDFの作成自体は外部のプログラムで行っており、InputStreamを取得して ByteBuffer??とか~bufferなどというたぐいのクラスを使用して OutputStreamに書き出しています(処理内容がうろ覚えのあやふやですみません)。

    • ベストアンサー
    • Java
  • スマートフォンアプリ

    ギャラクシーs2 プリインストールアプリの フォトエディターを間違ってアンイスートルしてしまったのですが同じ物をインストールすることが出来ますか? 出来るとしたら方法を教えて下さい

  • スマートフォンアプリ

    お世話になります。 最近スマートフォンに変えたのですが なかなか使いこなせない状態です。 まず携帯でよく使うのがメールなんですが、なかなかキーボードの操作が難しい。 スライドさせたつもりでも違う文字がでていたり・・・ 携帯のように押して文字をだすにも手ごたえがなく反応しなかったりで・・・ メール一個送るのにも結構時間がかかっています。 パソコンのキーボードのように全文字がでるようなアプリはないものでしょうか。 まぁ・・・長く使えばなれてくるよっと廻りには言われてはいますが・・・ あと、初心者でこのアプリはいれておいたらいいよ♪というお勧めがあったら教えてください

  • スマートフォンアプリについて

    スマートフォン(iPhone)はWi-Fiが通っていない環境でも例えばskypeやLINEや斎藤さんや電車検索アプリ…etc は使用可能なのですか?

  • 特許取得について

    インターネットビジネスをやっておりまして、ユニークなコミュニティ運営システムをもっているのですが特許が取れるものなのかどうか調べております。アメリカのpriceline.comなどは技術というよりもほとんどアイディアだけで特許を取得したことが有名ですが、日本ではそのような事例はあるのでしょうか?また、インターネット系に強い特許申請を代行して頂ける弁護士さんなどいらっしゃればご紹介いただけませんでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

  • 特許取得する為には?

    特許関連に詳しい方色々な説明や特許取得する為の手続きや知識をお教え下さい。本題なのですが、私は本業職では、電気工事職をしてますが、業界内では景気低迷将来的に有望なわけでもないので…一獲千金を狙い、色々な角度視野を広げ、発明や発想でお金を稼ぎ、特許商品を開発し、今の生活の起死回生を狙いたいと思い、只今模索している状態です。そこで皆様に特許所得の事を聞いて見たいと考えてます。 私が考えている発案は、通信と広告分野を融合化した内容なのですが、商品や作品が有るわけでもなく、資本がない為に…そのようなシステムが出来てはなく、現状では企画構想段階に留まってます。また、今の私の発案内容は、ここでは伏せて置かなければならないのですが、少しだけ話して見ますと、今現在は、通信事業大手三社とも広告収益を兼ねての本業に、まだまだ開拓余地が有るはずなのに、どこの企業も、手をつけてない部分が有りますね。そこの部分に私は目を付け、通信事業会社の最先端技術で、もっともっと収益が出せるようなシステムを構築し、私の知恵を買って貰いたいのですが…ちなみにその私の案は商品など作ってませんが、企画、設計、構図、具体的なシステム案だけでも特許取得は出来るのか?申請する事は可能なのか?そして費用がどの位掛かるのか知りたいのです。宜しくお願いします。

  • 特許取得について

    よく主婦の知恵で開発された商品がありますが、商品開発から特許取得までの簡単な流れをしりたいのですが。 やはりアイデアをまずは自分で形にする必要があるのでしょうか。

  • 特許を取得したいのですが

    特許を取得したいのですが 発案のみをもってます あくまで発案のみです この発案の手伝い、聞いてくださる企業等は知りませんか?

  • 特許の取得について

    現在服飾関係の会社に勤めております。 既製品を扱っているのですが先日アイデアが浮かびこれまでの既製品とは違う新しい商品を考えました。 (これまでの既製品に比べ利便性に長けるものです) そこでインターネットで既に開発されていないか調べてみたところ調べる限りでは未だ開発されていないようでした。 そこでこの上記のアイテムを作ったもので特許取得したいと考えているのですが、 実際に特許を取得されていないか確認する方法や、 特許の取得に必要な料金、手続き等もわかりません。 自分で調べてはみたのですが難しい言葉を陳列されており理解に至らなかったので、 どなたかわかりやすく教えていただければと思い質問させていただきました。 以前テレビで主婦さん達が沢山アイデアを生み出し特許を取得、 それを100円均一などで陳列していたのを拝見したことがあるのですが、 そんなに簡単に特許取得から開発、商品化できるようなものなのでしょうか? 質問ばかりで大変おこがましいとは思いますが、 よろしくお願い致します。