• 締切済み
  • 暇なときにでも

原子力発電所:燃料プールの耐震基準について

今回の福島第一原発事故を機に、 炉心溶融の危険性はもちろんですが、最も危惧すべきは燃料プール倒壊であると私は考えています。 「首都圏3000万人避難」という想定は、余震による燃料プールの倒壊を意図していたということから。 原発事故を機にリラッキングの申請が保安院に却下されたことからも類推されます。 日本の原発の耐震基準は、フランスの耐震基準より遥に厳しいと考えていますが、それは燃料プールの耐震基準も含めてでしょうか? お詳しい方がいらっしゃれば、ご教授いただければと思います。 よろしくお願いします。

noname#159886
noname#159886

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数314
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

 日本の原子力発電所の耐震設計の指針では、「使用済燃料を貯蔵するための施設」は重要度分類上「Sクラス」(最も重要度の高いクラス)となっています。 ↓:参考「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」 http://www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/1/si004.pdf  フランスに比べて、日本の耐震基準は格段に厳しいでしょうから、その中で最も厳しい分類で設計されていれば、フランスの同じ施設に比べて厳しい条件で設計されていると言ってよいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご教授ありがとうございます。 重要度分類で、「使用済燃料を貯蔵するための施設」がSクラスとなっていることは判断できますが、「使用済燃料を冷却するための施設」はBクラスとなっています。 冷却するための施設って何を指すのでしょうか? 重ねてのご質問で恐縮ですが、ご回答いただけると助かります。

関連するQ&A

  • 原子力発電所の存続での安全論に付いて

    東電福島第一原発事故は津波と言う想定外の天災が事故の原因と言っていますが、実はそうでなく津波を想定せず事故対策を怠った人災ではないでしょうか。 地下にある送水ポンプのモーターや配電盤が津波により被害を受けることを何故想定しなかったのでしょうか。日本では過去に何回も大津波災害を受けていますし、100年に一度、1000年に一度でも明日来るかも知れない津波を想定しなかったのは人災なのです。 そもそも原子力発電所が安全だと言う前提自体が間違いなのです。 二酸化炭素の環境問題から原子力発電所が見直される風潮であったのが、今回の東電福島第一原発事故で国際的に原子力発電所の存在がおかしくなりました。 この罪過は地球自体の存続に関わる非常に大きい問題だと東京電力は大いに反省してもらいたいものです。 原子力発電所が安全でないと言う前提から立ち上げて、事故が起きれば周辺住民に大きな影響を与える事を想定し、事故が起きないようにするという事と並行的に事故の被害を最小にする想定が必要なのです。 環境論や資源枯渇問題から原子力発電所が日本人や世界の人たちには、電力はあらゆる産業や生活に必要なものには違いないのですから、電力源を原子力発電所に頼ざるを得ず、他に有効な発電源がない今日、推進論者は原子力発電所の安全を基準にするのでなく、原子力発電所は安全でないから、事故が起きればどう対処するか、如何すれば被害者を極力少なくするかを、前提にして推進すべきと考えるのですが、如何でしょうか。

  • 耐震基準 2度揺れは基準外?

    熊本県を中心とした大地震の報道を見聞きする中で、ひとつ気になる話があり、アドバイスいただければと思います。 今回の地震の特徴は、大きな一発目の後に、もう一度、大きな二発目が来ました。 この二発目の時に倒壊した家屋が印象的でした。 ニュース番組で、実験用の建物を1回揺らし、さらにもう1回揺らすと、耐震基準内の揺れでも、2回来たら耐えられない、といった内容でした。 今回は、震度6強が2回でしたっけ?(数値うろおぼえですみません。) ある家屋が、 耐震性能「6強に耐えます。」と、基準クリヤしていたとします。 ニュース番組での趣旨から言いますと、「6強が2回来たら厳しいです」 ですね。 基準の補償外のようなエクスキューズと考えます。 ここまでは理屈としてはわかりますし、形あるものとは実際そうなのでしょう。 この条件で契約するかどうかは、個々に考えて決めれば良いでしょう。 本題は、契約の話ではありません、 質問本題です。 「2回きたら厳しい」 「2回きたら倒れる」 このような趣旨、理屈ですと、つまり、 建物が完成してから「どのくらいの揺れ」が「何回来た」かを足していくということになりますか?本当の性能を割り出すには。 震度3や、震度4などは、6強よりは軽いけど、十分揺れています。 でも、3や4をその都度足していきませんし、(1や2ならなおさら) 「こないだ震度4来たから、100%の性能発揮するために、補修しますね」なんて話はききません。 耐震性能を謳っている建物は、3や4が来たあと、保守点検などにくるのでしょうか? そして、先述のエクスキューズ「2回きたら厳しい」「2回きたら倒れる」の応用として、【震度4が過去●●回ほど来てますから、6強基準クリヤ家屋であっても、今回の震度6強は、一発目で倒れても仕方ないでしょう。】みたいな理屈になりますか? ■ 話がややこしくなりましたのでまとめます。 震度6強が二回きたら無理。 ↑ これを理解(承諾)したとして、 じゃあ、震度1~震度6弱などの、「6強よりは小さい地震」は、何回来ていいの? という疑問です。

  • 浮上型原子力発電所はできませんか?

    現在の原子力発電所は地上建築物か型が主流ですが、電源立地の公民館、体育館まで作らなくてはならず、また幾ら金をばら撒いても反対されるイデオロギー論争的様相を示してきており、発電の化石燃料依存が緩和しません。 軍事大国が原子力空母を建造していることから思いついたのですが、日本の造船技術と原子力発電所設計技術を融合して、1ギガワット程度の加圧型の商用原子力発電所を浮上型で建造することはできるでしょうか? 造船所で浮上型原子力発電所を建造し、それを東京湾など電力消費地近傍の海上、または河川上に曳航し、その場に錨をおろし(固定し)発電をします。消費地の近くで送電損失が最小ですし、海上、河川上は個人の使用権が及ばないために立地問題が軽減するメリットがあります。 それ以外のメリットとして、 1.造船所での繰り返し生産で、建造費に占める設計費の低下が可能。 2.炉心冷却に必要な水を海水からの濾過水で調達可能。 3.水中浮揚型なので耐震性が高い。 4.炉心溶融事故に際しても周辺水の潜熱で冷却可能。 5.廃炉の際には造船所に曳き戻してから集中処理。 6.途上国に輸出する場合でも、国内雇用が最大限活用される。 など、など、いくつでもあげられます。 炉心隔壁内部だけを作成し、原子炉周年の建屋で実施されている制御・管理などは遠隔で集中監視・集中制御するようにするとよいですね。途上国に輸出したり、ODA供与して世界のCO2削減に貢献しながら、その国が核ミサイルを日本に照準してきた場合には、電力供給を一時的に中止するなどの抑止力になもなるでしょう。 今までの加圧水型の原子力発電所が陸上に建設されてきた理由、そして、今後海上浮揚型原子力発電所が建造される可能性に関して、科学的見地でのアドバイスをいただけれたら幸いです。

  • 回答No.1

>日本の原発の耐震基準は、フランスの耐震基準より遥に厳しいと考えていますが、それは燃料プールの耐震基準も含めてでしょうか? この文章の意味がわかりません。 フランスは、そもそも地震が起きるような土地ですか??? アルプスやピレネーなら地震はありうるけれど、フランスは、地震自体があるのかという問題。 よって、フランスの場合、耐震基準そのものが存在しないと思われます・ で、存在したとして。耐震基準の評価の場合、○○年に1回の確率、として評価するのが普通と思うが..... その意味で、 日本の場合: 一般的な橋梁など:地域によるが、おおむね200gal相当 原発本体:地域によるが、おおむね900gal~8000gal相当 外国の場合: フランスなど地震が無い国:0gal相当??? よって、地震力(≒ガルで比較すれば日本の勝。○年確率という確率評価なら、どんなに頑丈に作ってもフランスの勝。 たとえ、フランス:壁厚50センチ  日本:壁厚5メートル  としても、地震に対する確評価ならフランスの勝ちかも。 耐震基準で評価するということはそういういことで、壁厚50センチ  日本:壁厚5メートルであるなら、 人為ミスに対する抵抗力なら壁厚5メートルが有利に決まっています。 あくまで、壁厚50センチで人為的ミスに耐えられるかどうか問題におなります。(まあ、たえられる厚さには設定しているるはず。) ※50センチという厚さそのものは、例として適当に書いているだけなので、数値を本気にしないでください。 ただ、こういった評価アリなら、 フランス(地震無し):10000000年に1回の地震でも大丈夫。 日本(地震が大有り):200年に1回しか、事実上対応できない。 という結論(人為ミスに対する抵抗力を無視) もありうるわけで、それでいいかどういかは、質問者の価値観次第。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 原子力発電での放射性物質の在処は基本的に炉心だけ?

    1.使用済み燃料プールを除くと炉心のペレットの中だけに放射性物質はあるのでしょうか? 2.使用済み燃料以外に排出される放射性物質はあるのですか? あるとしたらどのような経緯・経路で排出されるのですか? たとえば一次冷却水が放射線を浴びて放射性物質化して、さらに微小な漏れが生ずるとか? 3.今回の福島原発事故で撒き散らされた放射性物質の出どころは何処ですか? やはり炉心から? 以上三つの質問についてご回答お願いします。

  • 原子炉外に使用済み燃料、共用プールにあと6400本

    使用済み燃料、共用プールにあと6400本 「東京電力福島第一原発には、6基ある原子炉建屋の使用済み燃料プールとは別に、約6400本もの使用済み燃料を貯蔵した共用プールがあり、津波で冷却装置が故障したまま、水温や水位の変化を把握できなくなっていることが、17日わかった。  すでに数年以上かけて冷却されているため、ただちに爆発する危険は少ないとみられるが、政府と東電でつくる福島原発事故対策統合本部は、共用プールへの対応も迫られている。  共用プールは、4号機の西約50メートルの建物内にあり、縦29メートル、横12メートル、深さ11メートル。使用済み燃料を6840本収容できる。現在、1~6号機の原子炉建屋のプールに保管されている燃料集合体の1・4倍にあたる6375本が貯蔵されている。  東電によると、10日までは水温が30度に保たれていたが、11日の地震後、水温や水位も測定できなくなった。プールへの給水は自動的に行われているとみられるが、その水から熱をとるための冷却システムは故障しており、十分な冷却はできていないとみられる。爆発事故を起こした3号機、4号機に近いため周囲の放射線量が多く、状況を把握できていないという。」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000021-yom-sci これに水を入れるのは比較的簡単な筈なのに、どうしてしないのか? 巨大プールなので毎日数百トンは入れないと冷却できない筈。

  • 原子力発電所の燃料はあと何年分有るでしょうか

    火力・石炭・LNGなどは、おおよその目安としてあと何年で掘り尽くされるかという情報がありますが(割と不正確でコロコロ変わってますが)、原子力発電に関しては見かけません。 ウラン235はあと何年分有るのでしょうか。特に話題になっていないと言う事は数千年とかかなり持つのでしょうか。 使用済みの燃料をMOX燃料として使えばさらに持つと思いますが、このあたりも計算するとなると、、難しそうです。 高速増殖炉があれば別なのかもしれませんが、今のところ実現困難のようなので、これは考慮しない場合でどれくらい燃料が掘れる範囲にあるのか分かれば幸いです。 石炭や石油、LNGは無くなるから発電に使うべきできないという人が居たので、原子力発電所もけっこう数少ない燃料を使っていたのでは、と思ったのですが、具体的に何年分くらいあるのかについて調べても分かりませんでした。

  • 炉心溶融に至った場合の被害程度は?

    福島原発事故に対する質問です。炉心溶融に至った場合、放射能漏れの影響範囲とその度合い(健康被害)はどの程度と見積もられるのでしょうか。

  • 既存ホテルの耐震強度

    耐震偽装で営業停止のホテルがでていますが、 逆に言うと、他のホテルでは、今のレベルで想定している地震に耐えるということを意味しているのでしょうか。 古いホテルと耐震偽装の新しいホテル、古い方が危ないような気がしますが、どうなんでしょう。 耐震基準が変わった、ということがあったとしても、今の耐震基準をクリアできないホテルがあるとしたなら、客を収容することは許されるのか、万が一、中規模の地震で特定の建物だけが倒壊したら、それはやむを得ないことなのか、どうなんでしょう。 コストから無理な話なのかもしれませんが。

  • 福島原発事故について

    福島原発事故を中学生にわかるようになるべく詳しく、易しく説明していただきたいです。 正直、震災が起こったから津波で起こったのかな・・としか考えていません; 1.どのようにして事故が起きたのか 2.炉心溶融・メルトダウン・水素爆発 って何? 3.事故の影響 4.その他事故について関連のあること 回答お待ちしています。 よろしくお願いします(._.)

  • 震度6強が来たら

    刑務所等、特別に強化された施設以外どんな家屋でも倒壊する可能性はありますか? ちなみに家は3階建ての築14年のマンションです 何か自分の家の耐震基準を調べる方法はないんでしょうか?

  • 耐震基準

    東海地震が近づいていることもあって 自分が住んでいるアパートの耐振性を聞こうと思っています。 耐震基準について色々教えてください。 また、耐振性をどのように調べたらいいのでしょうか?

  • これって自腹?

    ふと思ったのですが家の周りに電柱があります。耐震住宅を建てても地震で電柱が倒れてきて家を破損、倒壊した場合天災ということで自腹修理なのでしょうか?どこかの家が倒壊して電柱を倒した場合電線が引っ張られて倒れてきた場合も自腹で修理なのでしょうか?又、電柱の耐震基準など設定されているのでしょうか?無知なため、知識として教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 外部電源の喪失は大津波によらない 東電の資料から

    【原発問題】外部電源の喪失は大津波によらない? 東電の資料から共産党吉井氏が追及 外部電源喪失 地震が原因 吉井議員追及に保安院認める  日本共産党の吉井英勝議員は27日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1 原発の外部電源が失われ、炉心溶融が引き起こされたと追及しました。経済産業省原子力安全・保安院 の寺坂信昭院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認めました。  東京電力の清水正孝社長は「事故原因は未曽有の大津波だ」(13日の記者会見)とのべています。吉井氏は、 東電が示した資料から、夜の森線の受電鉄塔1基が倒壊して全電源喪失・炉心溶融に至ったことを暴露。 「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源 喪失に至らなかったはずだ」と指摘しました。  これに対し原子力安全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域に あった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました。海江田万里経産相は 「外部電力の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました。 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-30/2011043004_04_0.html はぁ!? 今まで想定外の津波だったから電源喪失メルトダウンも仕方なかったみたいな感じだったけど 実は津波じゃなくて地震だったならこれって想定内なんじゃないの? なんでまた今まで本当のことを発表せず隠蔽しようとしてたのかな?

専門家に質問してみよう