• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

パンチ力には背筋って本当でしょうか?

パンチがいかに有効に効くかには 1.純粋なパンチ力自体の強さ 2.相手のどの部位に当たるか 3.相手の疲労度や打撃の蓄積 4.相手に見えているかなどのタイミング などなど多くの要素がからむと思いますが、ここでは純粋に1.のパンチ力それ自体に限定して考えてください。 またパンチ力には筋力だけの問題でなく、フォームや腰の回転、踏み込み、フォロースルーの際の押し込みや、後ろ足によるバネなど多くが関係しますが、ここでは別論としてお考えください。 今回は上半身の筋力単体での議論に限定させてください。 さて本題ですが、巷間よくみる意見で、 「パンチ力は実は胸や腕の筋力よりも背筋力なんだ」という意見をよく目にします。 背筋というものはもちろん多くの筋群の総称ではあると思うのですが、解剖学やボディービルディングなどの特化した議論でもなければ、一般のスポーツ分野では起立筋(主にデッドリフトの主要筋)と、広背筋(チンニングやプルの動作に使う主要筋)を指すと思います。 ところで以前から疑問に感じるのですが、起立筋は主にデッドリフトのように上半身をのけぞらせるような作用の筋肉です。また広背筋は主に腕を下方向や後方向に引き付ける作用の筋肉です。 それなのにどうして 「パンチ力は胸や腕よりも背筋」というようなことが、ときに専門家からさえも聞かれるのでしょうか。 背筋が腕を押し出す動作であるパンチ力にどうして背筋が主要筋肉であるとされるのでしょうか。 私は規定体重内にギリギリ絞り込むボクシングという競技の特性上、ボクサーの多くがその体脂肪率の低さから、広背筋が目立って浮き上がって見えることから、あたかもパンチ力の強い人間は広背筋が強いという「迷信」が生まれてしまった気がするのですが・・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5220
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

>パンチ力は実は胸や腕の筋力よりも背筋力なんだ ↑そこ(背筋~後背筋)を見ると「強いパンチを打つかどうかが分かる」と言う方が正しいです。 筋肉による力の伝達などは質問者様、下の回答者様の意見でほぼ間違いはないです。ただ、伸ばして縮める運動のためある程度のスピードは腕でつけれますが、相手を倒すほどのパンチの威力自体を生むのは下半身ですので上半身はあまり関係が無いです。 では、なぜパンチ力=背中なのか・・・「伝わった力は物体を捉えると返ってくる」のです。その返って来る力を受け止めるのが最終的には後背筋~背中にかけての筋肉なのです。勿論腕~肩にかけても負担は掛りますが、しっかりとしたフォームで打ち込んだ場合、腕~肩よりも背中が痛くなりますのでこの筋肉が発達していると間違いなく強いパンチを打つ人と判断できうる証拠となるのです。 返って来るパンチの威力は競技によりアドレナリン効果なども手伝い瞬間的にすごい負担がかかるため筋トレで鍛えるより遥に筋肉が歪に変化します。なのでトレーニングとは全く違う付き方となり分かる人には簡単に見分けが付くのです。 個人差は勿論ありますがトレーニングで付けた筋肉の場合はほぼ均等に筋肉が付くのであまり歪には感じません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

その力を「出す」という視点からでなく、それを「受け止める」という視点から広背筋が重要だというご意見ですね。 なるほど説得力のあるお説だと思います。 参考になりました。ありがとうございました

関連するQ&A

  • パンチ力の源は背筋?

    こう断言するのは、ド素人ではないでしょうか? こう言う回答が多くて目を疑いました。 そもそも引く筋肉で、どうパンチに作用するのだろう。 でも確かに必要なのは分かります。 ですが、自分は脚力がパワーの源だと思ってます。 言うなら"パンチ力の源は脚”ではないでしょうか? そして全身の筋力が必要です。 てか、どういう根拠で背筋になったんだろ。

  • デッドリフト(ワイドスタンス)で動員される筋群はこれであっているでしょうか?

    ウエイトトレーニングを趣味で続けているのですが、 背中のトレーニングの中にデッドリフトを入れています。 今は、ワイドスタンスのスモウデッドです。 お聞きしたいのですが、 スモウデッドにて動員される筋肉は、 股関節(大腿骨関節)の伸展を中心とした全身の種目 という認識を持っているのですが、 あえてあげるとすればどのような筋群があるのでしょうか? 自分の認識では効く順番でいうと、 脊柱起立筋、臀筋群、ハムストリングス、僧坊筋、大腿四頭筋 かなと思っています。 ここで疑問が広背筋にはあまり効いていないのでは? ということです。 私は別にケーブルロー、ラットプルダウンをやっているのですが、 この2つは広背筋が主動筋です。 ですので、ケーブルローの後にラットプルダウンをやっても、 ケーブルローで追い込んでいるので、使用重量はかなり落ちます。 しかし広背筋を追い込んだ後に、デッドリフトをやっても、 疲れ以外は使用重量にはあまり影響がないように感じます。 自分で考えてみたのですが、 デッドリフトって腕はあくまでもバーをもつ手段でしかなく、 積極的には腕の筋肉はつかいません。前腕は別として。 腕を曲げたりはしませんよね。 よってバーを胸に引き上げるという動作はしないので、 広背筋にはあまり効かないのではないかと思っています。 そのかわり、腕を保持するため、僧坊筋には効くのではないか。 と思っています。 結論としては、 持論ですが、デッドリフトは広背筋には効かない。 しかし補助として少しは使われている。 よって、広背筋は別の種目でしっかりと鍛えた方がよい。 ということになったのですが、 この私の認識で間違っているところがあれば アドバイスいただきたいと思います。 よろしくおねがいいたします。

  • デッドリフト

    最近、デッドリフトを始めたのですが 脊柱起立筋だけでなく広背筋も筋肉痛になってしまいます。 これはフォームが間違っているということですよね? 間違っているとすれば、どのようにすれば改善できますか? フルレンジ、ナロースタンスで15-20回できる重さで やっています。 回答よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • aokisika
  • ベストアンサー率57% (1042/1811)

かなりややこしい話をします。 右手のパンチを右方向へ向けて撃つ場合、肘関節を縮めて肘が下へ下がった状態からからパンチを打ち出します。 このとき、筋肉の働きは、上腕部を上に持ち上げると同時に、肘を伸ばす、という二つの動きを組み合わせて動かします。肘を伸ばすのは肘の外側から上腕部の背側にある筋肉の働きですが、腕を持ち上げるのは上腕骨と首の後ろについている筋肉の働きによります。ですから、首を支えにして右腕を引っ張り上げているのです。 右肩から首にかけて、肩甲骨の上のあたりに左手を当てて右パンチを出してみると、首へつながる筋肉が動いているのがわかります。 さて、物理学の力学の法則によれば、作用には反作用が伴います。首の右後部の筋肉が腕を上へ持ち上げるので、その反作用として首が右後下方へ引かれます。つまり首が右後ろへ傾く力が働きます。さらに右腕の重さを支えなければならないため、背骨全体が右へ湾曲します。 これを防ぐためには首を左前方へ引っ張ると同時に、背骨を左へ引っ張らなければなりません。ところが首を左前方へ引っ張るような働きをする筋肉はありません。咬む筋肉が首を前方へ傾ける作用があります。さらに首の左後ろの筋肉は首を左やや後方へ引っ張る作用があります。この2つの筋肉を組み合わせることで首を前左方へ引っ張っているのです。左手のひらを首の左後ろへ当てて右のパンチを出すと、首の中の方で筋肉が動いているのを感じることができます。つまり、右のパンチを出すときに首の左の筋肉を使っているのです。 ところが、首を左へ引く筋肉というのは、左腕を引っ張り上げる筋肉とつながっています、そのため首を左へ引こうとすると左腕が上へあがってしまいます。これを防いでいるのが左腕を下へ下げる広背筋の左側なのです。 結局、左の広背筋が左腕を下へ引っ張り下げて左腕を安定させ、これを支えにして首を左に引っ張ることで首を安定させ、そしてこの安定した首を支えにして右のパンチが繰り出されるのです。ですから、右のパンチを強く打つためには左の広背筋の力が必要なのです。 実際にはこれだけでなく、多くの筋肉が複雑に関連して動いています。また、No.3の回答者がおっしゃるように、広背筋は強い力を出すための前提にすぎません。これさえ鍛えれば強いパンチが出せる、というものではありませんが、これが弱いと強くて安定したパンチは出せないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一つの動作、それも単関節の動作でなく、多関節の動作では多くの筋肉が連動するのは当然の理屈です。 ですからパンチに胸や肩の筋肉「だけ」が必要とは私も思っていません。ですからあなたのおっしゃるお話はとても勉強になりました。 ただ今回の質問は主作用する筋肉の件なので、もう少し考えてみます ありがとうございました

  • 回答No.3
  • gadovoa
  • ベストアンサー率28% (835/2910)

なるほど、面白い質問ですね。 ボクサー時代「パンチは背中で打て」「パンチは肩で打て」とよく言われました。 これは背中の筋肉でうつのではなく、背中を意識して打てということなんです。 意識しない素人のパンチは腕力だけの軽いものなんです。 知っての通り強いパンチの要因は「質量×瞬間最大スピード」 (バギという漫画では確か握力という数字も入ってたと思います)ですが、 これを理想的に出すには腕の質量と筋力だけでは当りが軽く、 素人女性が打つときによく出すパラパラパンチになってしまいます。 だからパンチの威力を出すためには、誰かに背中を押してもらうような感じで肩ごと 前にださなければなりません。 だからしいて言えば「パンチは背中を意識せよ」が正しいと思います。 そのことは背中の筋肉を鍛えればパンチが強くなるということではありません。 意識の問題とフォームの問題ですから。 だからあなたの言った通りなんです。 ではどうしてそのような迷信が生まれたのか。 筋肉というのは表裏一体で、片方だけ鍛えればよいという物ではありません。 押す力に対して引く力もある程度同等でなければ筋肉の負担が違ってきます。 またボクシングで腹筋を鍛える光景を見たことがあると思いますが、 同じく背筋も鍛えなければ体内にある内蔵が背筋の方に移動していまうので、 内臓を正しい位置に常在させるために背筋を鍛えるのは有効な他、 鍛えることによってダメージの抜け方も違ってきます。 そして何よりボクシングの場合パンチはコンビネーションなのです。 一撃必殺(古いですが)を謳う空手とは違い、 連続動作を行なう場合、一行程のスピードを上げるには 前に押し出す大胸筋や二頭筋をベンチやダンベルで鍛えるだけでなく、 背筋や三頭筋を鍛えることが、勝敗の差がつき難くなった場合(一定以上のレベルに達した場合)、 勝利を勝ち取るための要素の一つになりえるのです。 上記の通りパンチの威力もスピードも背筋ではないですが、 背筋が大事なことはお解かりだと思います。 改めて質問文を読み返しましたが、 >専門家が「パンチ力は胸や腕よりも背筋」 と本当に言っているのでしょうか?素人発言としか思えません。 聞いたことがないだけかもしれませんが。 もしかしたらトップレベルの選手が 上記のような背筋の重要性を話したことが 勘違いされたのかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、そういう流れで出てきた理論かもしれないな、と説得力のあるお説だと思います。 ちなみに握力の件ですが、ある人のお話だと、握力の強弱によってふにゃっとした物(拳)が当たるのと、固いもの(握力の強い拳)がガツンと当たるのでは衝撃力が違ってくるって話しらしいですね。 ご意見参考になりました

  • 回答No.2

お邪魔します。合気柔術系総合です。 野球のバッティングや、テニスのストローク、 こういったものでも、最後に物を言うのは「後背筋」ですよ。 何故かは、No.1さんも書かれていますとおり。  後は少し追加で、ひねりが入ります。 ホントはキックもそうですよ^^; (=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=) 総合は、全体のバランスが取れないといけないから、あんまり意識しすぎてもいけないけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

最後に物を言うという具体的な意味が分かりづらいのですが・・・ 「結局最後はスタミナ勝負」とか、「結局背筋や腹筋のような体幹部の強さが決めて」みたいな理屈であって、パンチ力プロパーの議論とはかけ離れている気がします。 ご回答いただきありがとうございました

  • 回答No.1
  • 3838104
  • ベストアンサー率22% (60/262)

筋肉って裏表があって、 裏が縮むと表が伸びるようになってるんだよね。 パンチを打つ時って一番大きく伸び縮みするとこって やっぱり背中の後背筋でしょ? 一番伸び縮みするって事は一番そこの筋肉を使うって事、 つまり、そこが最も重要な筋肉って事になるんだよね。 パンチ力はスピード×体重×握力。 ボクサーは重さが制限されているから 無駄な筋肉は付けずに効率的に体系を作り上げているんだよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 大きく伸びちぢみって意味ではたしかに広背筋は動きますが、これはたとえばベンチプレスのように胸筋の運動でも広背筋や肩甲骨が大きく動くって意味と同様で、負荷が大きくかかるかどうかは別問題ではないのでしょうか?

関連するQ&A

  • デッドリフトVSベントオーバーローでどちらがよいと思われますか?

    最近、メニューのデッドリフトをベントオーバーローに変更しようと思っています。 デッドリフトは、主動筋である起立筋でバシバシ効きますね。 ただ腰を痛めてしまう方も多い種目ですし、 スクワットでも起立筋をつかうので、 腰の負担が高くなってしまいます。 ベントオーバーローは、デッドリフトほどこう重量は扱えませんが、 広背筋をはじめとして、起立筋、大円筋など、 こちらも背中全体に効かせることができます。 こう考えた場合、デッドリフトとベントオーバーローは どちらを行うのがよいのでしょうか? 私としては、腰の負担や、メニューへの入れやすさを考えて ベントオーバーローがいいのではないかと考えています。 みなさまはいかがでしょうか?

  • 背筋のエクササイズ

    逆三角形の上半身を目指しエクササイズに励んでいるものです。 背筋はダンベルを使ったリアレイズをやっているのですが 今一うまく鍛えられていません。 胸には結構筋肉がついてきて、バランスが悪くなってきたので、 特に背筋を鍛えたいんです。 ボディービルダーの方々は、前から見ても分かるくらい 脇の下の後ろのあたりの背筋がとても発達しているようですが、 この辺の筋肉を特に鍛えるお勧めのエクササイズがあれば 教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。

  • 背中を鍛える筋トレ

    背中を鍛えるお薦めの筋トレを教えてくださいm(_ _)m 同じ刺激ばかりだと筋肉の成長に効率的じゃないらしいので種類を増やしたいです! やってるのは毎晩のチンニングとレスラーブリッジと時々のシーテッド・ケーブル・ロウぐらいです。 知ってるのは広背筋のダンベルプルオーバー(やったことない)とベント・オーバー・ローイング(上手くできない) 脊柱起立筋のグッド・モーニングとデッドリフト(どちらもしたことない)です。

  • 広背筋のトレーニングを探してます。ネットで探しまし

    広背筋のトレーニングを探してます。ネットで探しました。 https://smartlog.jp/34851 https://vokka.jp/12558 これってラットプルダウン、バックエクステンション、デッドリフト、懸垂、とか紹介されてますが、既にやってます。 とある肩の怪我で病院通院してるんですが、ベンチプレスなどの体の前ばっか鍛えてるらしく、肩が前傾しているそうです。そのため、肩が怪我しやすい状態になってると理学療法士から言われました。 そのため、広背筋とか僧帽筋とか背中の筋肉を鍛えて肩が前傾しているのを後ろに元の正しい姿勢にする必要があるそうです。 そんで、話戻しますが、背中を鍛えるトレーニングを探したら既にやってるトレーニングばかりでした。これどうすればいいですか? 既に背中を鍛えるトレーニングをしている中で、背中を鍛えるトレーニングを探すとなると別メニューを探すしかないと思います。 それはなんですか?ベンチプレスで肩を前傾してしまった体型を背中鍛えて後ろに型の位置を戻すためのトレーニングです。どんなものがありますか? ひょっとしたら、既にやってるトレーニングをフォームを変えて背中に負荷がかかるようにすべきなのかもしれません。そうすると、背中って疲れたりしないですよね?先にバーベルとか持ってる腕の方が疲れてしまうと思います。 詳しい方教えてください。

  • 効率的な背筋の仕方

     高一の男子です。  部活をやめて、なんだかんだ一年経ちます。。運動という運動はあまりしていません。サッカーのクラブに入ることを決心して毎夜筋トレをしています。 筋トレの内容としては ・ツイストサイクリング〔一般で言う腹筋です。詳しく言うと足を浮か   30×3       し上体を起こしながら腰を少し回転させる〕 ・スクワット20×3 ・い~とまきまき♪みたいにくるくる腕を回す1分×3                          です。 ここからが本題なのですが・・・・ 最近気付き始めたですが、僕は背筋がないですw 友達と比べてわかりました。腹筋は結構あるのですが、背筋がない・・・・これはとても悪い事だと聞いています。背筋と腹筋はバランスが大切だとかで。。  そこで背筋を鍛えようとして、すごい一般的にやられてる背筋を筋トレのメニューに加えたのですが、やってみると背筋が痛いというより、抑えるために使ってる膝や、圧迫されてる肺がとても痛いです。。 もともとこの背筋の筋トレ方法が嫌いで背筋は鍛えてませんでした。〔なかなか効果が出てこなかったのも嫌いな一つの理由です〕   そこで皆様に聞きたいのは効率的な背筋のトレーニングの仕方です。 手軽でかつ筋肉がつくという、ありきたりなリクエストを一応しておきますが、絶対というわけではありませんw もう一つお聞きしたいには僧帽筋と広背筋の違いです。この質問には詳しく教えていただきたいです。場所の違いや働きの違いなど・・・・ 質問の仕方が少々失礼になってしまいましたが、色々教えて下さい^^ お願いします(@^▽゜@)ゞ

  • 胸筋、背筋に効くトレーニング器具

    胸筋、背筋に効く器具はありますか? 筋肉を盛り上がらせたいのですが、ボクサーみたいな感じで。 お店の店員さんに聞いたらベンチなどが必要、金をかけなきゃ。エキスパンダとかじゃだめって言われました。 もし器具がないのであれば部屋が狭く伸び伸びできないのですが腕立てなどを膝を立ててやるのダメでしょうか?筋力がないっていうのもありますが・・・。男なら膝を立てるなって思うかもしれませんが! また布団など柔らかい所でやるとダメなのですか? 肉体改造を始めたばかりですがアドバイスがあれば よろしくお願いします! いつかは筋肉が盛り上がるのが目標です。

  • 姿勢が良くなる筋トレ背中の真ん中を鍛える筋トレとは

    背筋が良くなる筋トレを探してます。図のマークしてある所を鍛えると姿勢が良くなると考えています。 猫背です。デッドリフトやバックプレスやラットプルダウンなどの筋トレしてますが、どうも背中に負荷がかかっていないようです。 デッドリフトなら腰とか脚の腿裏ハムストリングに負荷がかかっているようです。やり方が悪いのかもしれません。持ち上げた後に、背筋伸ばしたりすると、背中にも負荷を効かせる事ができるのでしょうか、、このトレーニングでは無駄でしょうか、、 バックプレスとかラットプルダウンとか広背筋であって肩とか目的の所に利かせているようではないです。 背中の丁度真ん中あたりを鍛えるトレーニング?ここを鍛えたら筋肉痛でピンと張って背筋が良くなる、姿勢が良くなると考えています。間違ってますか? とりあえず姿勢が良くなる方法が意識とか変動する虚なものでなく、確実に筋肉鍛える事で良くしたいです。場合によっては、せなかの筋肉だけじゃないかもしれません。詳しい方教えてください

  • フィットネスバイク使用時の上半身の挙動

    漕いでいる時に、お腹周りを効果的に動かすには上半身はどのような挙動をしたらよいでしょうか? 腕や胸より上ではなく、お腹周りの脂肪や筋肉に作用するようにしたいです よろしくお願いします。

  • 筋トレの分割法について

    はじめまして、最近、スポーツジムに通い始めて、7年ぶりくらいにウエイトトレーニングを行っています。  トレーニングを分割法にして、上半身と下半身に分けて行っていますが、上半身にラットプルや、ロウイングなどをいれて、下半身にデッドリフトを行っていますが、背筋を毎日鍛えることになってしまい、これで良いのか悩んでいます。 また、上半身は、胸、肩、背、腕、と鍛える箇所が多くて困っています。 あと、腹筋は、毎日鍛えています(以前、読んだ本に腹筋は毎日鍛えても大丈夫と書かれていたので)が、これも、休みを与えた方がいいのでしょうか? トレーニングのの頻度は、週4~5回です。 まとまりのない文章ですみませんが、よろしくお願いします。

  • 腰痛になりやすいのですが、スクワットやデッドリフトはしない方が無難でしょうか?

    こちらの掲示板の質問回答はとても充実していて、 筋力トレーニングをしている私にとってはとても参考になります。 この度、 はじめてこの掲示板に投稿させていただきますが、 どうぞよろしくお願い致します。 私は現在週に3回ジムに通っており、 全身をトレーニングするようにしています。 これまではベンチプレス、デッドリフト、スクワットを中心に、 補助種目を加えてやっておりましたが、 元々腰痛持ちの体質?がありまして、 デッドリフトとスクワットを1週間に1度ずつやってしまうと、 起立筋の回復がおいつかず、常に腰痛に悩まされるということになってしまったので、デッドリフトをメニューからはずしました。 よって、スクワットにより起立筋(腰)と脚全体を鍛える形になっておりまして、デッドリフトを外した分、ベントローやラットプルダウンで広背筋及び後肩を鍛えるようにしています。 しかし、こうのメニューにしてもスクワットをすると、 どうしても腰痛になってしまいます。 起立筋が筋肉痛で腰痛になっているとは思うのですが、 腰に不安がある状態でベントローをやるのも、 精神的にも肉体的にも不安です。 こちらの掲示板のいろいろな問答集を読ませて頂いたのですが、 高重量でデッドリフトやスクワットをされていた方で、 ギクッとやってしまって、それ以来スクワットをすると軽い重量でも 腰が痛くなってしまうという回答がけっこうありました。 私のジムの周りの人でも、 腰を一度悪くしてしまい、スクワットができなくなってしまった人がいます。その人はレッグプレス、エクステンション、カール等で脚を鍛えているようでした。 私は趣味で筋力トレーニングをしているだけで、 スポーツも特にしておりませんし、アスリートになるつもりもありません。目標としては年をとっても”動ける親父”になりたいと思っています。 そこで、お聞きしたのすが、特別な目標やスポーツをやっている人でない限り、やはり腰痛持ちがデッドリフトやスクワットをするのはリスクが大きいのでやめておいて、他のベントローやフロントランジにしておいた方がよいのでしょうか? それともデッドリフトやスクワットは、他の種目では得られない程の効果があるので、リスクを承知の上でもやった方がよいのかお聞きしたいです。 長文になりましたが、ご回答の方よろしくお願い致します。