• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

腰痛になりやすいのですが、スクワットやデッドリフトはしない方が無難でしょうか?

こちらの掲示板の質問回答はとても充実していて、 筋力トレーニングをしている私にとってはとても参考になります。 この度、 はじめてこの掲示板に投稿させていただきますが、 どうぞよろしくお願い致します。 私は現在週に3回ジムに通っており、 全身をトレーニングするようにしています。 これまではベンチプレス、デッドリフト、スクワットを中心に、 補助種目を加えてやっておりましたが、 元々腰痛持ちの体質?がありまして、 デッドリフトとスクワットを1週間に1度ずつやってしまうと、 起立筋の回復がおいつかず、常に腰痛に悩まされるということになってしまったので、デッドリフトをメニューからはずしました。 よって、スクワットにより起立筋(腰)と脚全体を鍛える形になっておりまして、デッドリフトを外した分、ベントローやラットプルダウンで広背筋及び後肩を鍛えるようにしています。 しかし、こうのメニューにしてもスクワットをすると、 どうしても腰痛になってしまいます。 起立筋が筋肉痛で腰痛になっているとは思うのですが、 腰に不安がある状態でベントローをやるのも、 精神的にも肉体的にも不安です。 こちらの掲示板のいろいろな問答集を読ませて頂いたのですが、 高重量でデッドリフトやスクワットをされていた方で、 ギクッとやってしまって、それ以来スクワットをすると軽い重量でも 腰が痛くなってしまうという回答がけっこうありました。 私のジムの周りの人でも、 腰を一度悪くしてしまい、スクワットができなくなってしまった人がいます。その人はレッグプレス、エクステンション、カール等で脚を鍛えているようでした。 私は趣味で筋力トレーニングをしているだけで、 スポーツも特にしておりませんし、アスリートになるつもりもありません。目標としては年をとっても”動ける親父”になりたいと思っています。 そこで、お聞きしたのすが、特別な目標やスポーツをやっている人でない限り、やはり腰痛持ちがデッドリフトやスクワットをするのはリスクが大きいのでやめておいて、他のベントローやフロントランジにしておいた方がよいのでしょうか? それともデッドリフトやスクワットは、他の種目では得られない程の効果があるので、リスクを承知の上でもやった方がよいのかお聞きしたいです。 長文になりましたが、ご回答の方よろしくお願い致します。

noname#103659
noname#103659

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数15773
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

筋トレについて根本的な誤解をされているようなので追記します。 >ですが、やはりパーシャルですとごまかしてるみたいで、 悔しいです(^^;)  体を鍛えるためトレーニングと競技としてのデッドリフトやスクワットとは目的がまったく違います。 競技というのは「困難さ」を求めるものです。 人間が一番力を発揮できるのは、デッドリフトにしてもスクワットにしても「パーシャルレンジ」での挙上です。 フルレンジのスクワットやデッドリフトなどというのは困難だからこそテクニックがあり、競技として成り立つのです。 あくまでも限界重量の「フルレンジストリクト」にこだわるのなら、この先さらに怪我に悩まされることになると断言します。 そのあたりの疑問が解けないのなら私が紹介したサイトで一度質問されることがよろしいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

パワーファクタートレーニングの大岡理論というものを知りました。 たしかにパーシャルでも充分効果的なようです。 ちょっとスクワットはパーシャルかハーフ程度で 一番自分で力がだしやすい範囲でやっていきたいと思います。 これなら腰痛にもなりにくそうです。 ただパーシャルのスクワットだとお尻やハムが鍛えられにくいですが、 私の場合スモウデッドをやるので問題解決です。 参考になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • デッドリフトVSベントオーバーローでどちらがよいと思われますか?

    最近、メニューのデッドリフトをベントオーバーローに変更しようと思っています。 デッドリフトは、主動筋である起立筋でバシバシ効きますね。 ただ腰を痛めてしまう方も多い種目ですし、 スクワットでも起立筋をつかうので、 腰の負担が高くなってしまいます。 ベントオーバーローは、デッドリフトほどこう重量は扱えませんが、 広背筋をはじめとして、起立筋、大円筋など、 こちらも背中全体に効かせることができます。 こう考えた場合、デッドリフトとベントオーバーローは どちらを行うのがよいのでしょうか? 私としては、腰の負担や、メニューへの入れやすさを考えて ベントオーバーローがいいのではないかと考えています。 みなさまはいかがでしょうか?

  • 腰のために、デッドリフトをやめてスクワットだけにしようと思います。

    趣味でウエイトトレーニングをして、2年ほどになりますが、 トレーニングメニューについて試行錯誤しながらやっています。 現在のトレーニングは下記のようなものです。 月)大胸筋/背中/腹筋 ベンチプレス (スミス)インクラインベンチプレス デッドリフト ラットプルダウン ペッグデック(後) アブベンチ 火)握力/リスト グリップ リストカール リバースカール 水)休息日 木)肩/三頭筋/二頭筋 ショルダープレス サイドレイズ フレンチプレス ケーブルプレスダウン ハンマーカール オルタネイトダンベルカール 金)休息日 土)脚/腹筋 スクワット レッグエクステンション レッグカール ダンベルカーフレイズ アブベンチ 日)休息日 現在はこのメニューですが、 月曜のデッドリフトもしてしまうと、 スクワットの起立筋の消耗がまだ残っている感じで、 オーバーワークが続いています。 おそらくこのまま続けても故障につながると思っています。 そこで、デッドリフトはやめてしまって、 ベントローに変えようと思います。 1つ思ったのですが、 スクワットとデッドリフトって、動き的にけっこう似てませんか? バーを方の上においているか、 地面においているかの違いで、 多少の前傾の違いや、ひざの曲がりの違いはありますが、 けっこう使う筋肉も似ていますよね。 すると、この2種目のうちどちらをとるかとなると、 やはりスクワットでしょうか。三土手選手もスクワットがもっとも全身を使うとおっしゃっていました。 デッドリフトをベントローに変えてみるのですが、 ベントローといっても、あまり腰に負担はかけたくないので、 上体は地面と平行ではなく、45度くらいのものにしようと思っています。 もしご意見ありましたら聞かせてください。

  • デッドリフトとスクワットの重量の上げ方

    50代でウエイトトレーニングを楽しんでいます。 正月が明けてから、思い立ってデッドリフトとスクワットの重量を上げました。 具体的には、これまで80kg×6~8回を2~3セットだったデッドリフトで、知り合いのおっちゃんにリストラップを借りて90kg×3回、100kg×2回にチャレンジしました。 「重い…」とズッシリきましたが、腹圧をしっかり意識して、特に故障もありませんでした。 スクワットも、 ワイドスタンス30~90kg×10~15回だったものを、100と110kgでハーフ気味にチャレンジしましたが、同じくちゃんと腹圧を意識し、問題なく10レップ余裕すらありました。 デッドリフトとスクワットについては、多くの肉漢さんたちが、「腰痛めた…」という経験を語られているので、慎重すぎたような気がします。 そこで質問です! 腰の故障経験がある肉漢様たちが、もしも、これからデッドリフトやスクワットをトレーニングに入れるなら、これだけはやらない! とか、こんな感じで重量をアップさせてゆけば故障が避けられるのでは?ということを教えていただけると嬉しいです。 ベンチもトレーナーに補助についてもらって、100kgをラックからはずして持ってみました。 確かに重い。。 でも、ど~~にもならないことはない! ような気がした正月明けでした。(嬉)

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

#4です。 お礼メールを拝見して、僕が感じたことを書いてみようと思います。 >スクワットとデッドリフトって、使用する筋肉が似ていますよね。 僕は使う筋肉は全く違うと考えていますし、全く違った効果を狙う種目であると「意識」しています。 フルスクワットの場合、大臀筋・ハムストリングスそして脊柱起立筋を中心とする「体幹の下部」。 デッドリフトは、はっきりいって「どこを鍛えているのか良く分らないという感覚が本音だけれども・笑」大臀筋・ハムストリングス・脊柱起立筋と「体幹の上部」。 もっとも、ハーフスクワットを高重量で行えば、別の意味で「体幹の上部」の強さが必要な気もしますが。 ウエイトの扱い方も変えています。 僕は、デッッドリフトはフルレンジしかやりません。 そして、1回ずつ仕切り直します。 バーベルを地面から引き上げて、トップから降ろすときは腹圧と脊柱起立筋で背骨を守りながらネガティブは効かさない。 一度降ろしたら、バーから手を離し、呼吸を整えて腹圧をかけ直してまたフルレンジで引き上げる。 重い重量を「挙げる」ことが全てです。 フルスクワットは、背中のアーチを意識しながら、ネガティブも十分に効かせて、立ち上がるときにはグイッと少し早めに挙げます。 >だから私の場合オーバーワークになってしまうのではないかと思いました。 ●休養を十分開ける ●辛いときは、デドリフトを1サイクルとばす という対応をしています。 スクワットやデッドは中7~10日くらいでも構わないような気がします。 僕は既に50代半ばで、40代までで一生分働いてしまった感覚で仕事にちょっと飽きたハーフリタイア・オヤジ(笑)、65kg、ウエイトトレを楽しみ始めてせいぜい3年くらいのヘタレトレーニーなので、デッドもスクワットも、めったに100kg以上は扱いません。 それでも、100kgのバーベルをフルレンジで1回ずつ持ち上げると、「あ~~~男の労働をした…」みたいな気分になるし、フルスクワットで大臀筋の筋肉痛を感じたり、100kg超のハーフスクワットをすると、「エジプトのピラミッッド建設労働の充実感」みたいなハイな感覚が楽しめます♪ 10RMとか筋肥大というのではなく、 ●デッドは重いバーベルを一発ずつ! ●フルスクワットはキング・オブ・トレーニング 実は、重労働的全身トレーニングという感覚で行えば良いような気がします。 「記録」にこだわるのはベンチプレスにしておいて、スクワットとデッドは全身労働の体のキシミみたいな感覚を楽しんだ方が、イイ体になれるような気が僕はしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

十分に休養をとるということが大切なのですね。 スクワットもパーシャルレンジでも四頭筋よりにはなってしまいますが、効果的なようですので、スクワットもやっていきたいと思います! ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.4

50代男性。 ウエイトトレーニングを楽しんでいます。 僕も以前はデッドリフトで腰を痛めるのが怖くて、トレーニングに取り入れていませんでした。 また、スクワットもフルスクワットは行っていませんでした。 しかし、かって腰を痛めた経験があるトレーニングの先輩達の反省も含んだ話を聞いたり読んだりしている中で、きちんと注意すれば、決して大きな危険はなく、とても大きな効果があることを理解して、今現在はトレーニングに取り入れています。 僕が注意しているポイントの中で特に大事なことは、 ●教科書的な下背部のアーチや筋肉の収縮だけでなく、「腹圧を高める」意識をしっかり持つことで、腰を守る ●ベンチプレスと違って「追い込むという意識を捨てる」 の2点です。 具体的には、フルスクワットであれば、10~12RMの重量でも1セット8回で止めます。追い込みません。 デッドリフトの場合は、感覚的に5RM位と思われる重い重量を3回とか、10RMを6回とかでセットを組みます。 例えば、スクワットであれば、 ●ワイドスタンス・フルスクワット 75kg×8回 3sets ●パラレルフィート・ハーフスクワット 75kg×10回 3sets ●フロントランジ 37.5kg×5回 3sets デッドリフトなら、 ●デッドリフト 80kg×6回、100kg×3回、90kg×5回 2sets ●チンニング グリップを変えて2sets ●ラットプル 3sets ●シュラッグ 3sets こんな感じで無理のない、デッドでは追い込まないトレニングメニューを組みます。それでも体幹をしっかりと鍛える効果はあります。 「今日は調子が悪いな…」と感じたら途中で止めます。 スクワットで危険を感じる日は、レッグカールやレッグエクステンション、ブルガリアンスクワットといった体幹に負担が少ない種目に切り替えます。 フルスクワットとデッドリフトって、やはり、体幹を強くするという意味で「トレーニングの王様」なんだと思います。 10RM目一杯で筋肥大、という感覚でなく取り組むの種目なのだと思いますよ♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に参考になるご意見ありがとうございます。 あれからメニューの方を再度考えてみたのですが、 おっしゃるとおり、デッドリフトやスクワットは体幹を鍛える種目としてはすばらしいものがあり、あまりはずしたくないと思いました。 ベンチプレスでも体幹は使うと思いますが、 やはり重たいものをスタンディングで持ち上げるという動作はもっとも基本となるものですよね。 そこで考えてみたのですが、 スクワットとデッドリフトって、使用する筋肉が似ていますよね。 だから私の場合オーバーワークになってしまうのではないかと思いました。 そこで、ワイドスタンスで行うスモウデッドというもの1つで、 背中全体、お尻、足(内転勤)を鍛えようと思います。四頭やハムは別種目でやってみます。 このようなメニューを考えました。 スモウデッド→フロントランジ→レッグエクステンション→レッグカール→カーフレイズ 以上のようなメニューです。これをした後、中1日あけて、 ベンチプレス、ケーブルロー、ラットプルダウン という風にベントローのように起立筋をあまりつかわずともできる背筋のトレーニングをいれました。 ご回答を参考にこのような感じに思いつきましたが、 いかがでしょうか?

  • 回答No.3

腰を痛めてるのでしたらデッドリフトはやらない方が良いと思いますよ。更に悪化すると思いますので。 フリーウェイトのトレーニングの故障の原因は負荷の掛け方とフォームにありますのでその辺を考えてトレーニングすると良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

デッドリフトはやらないほうがいいのですか。 一応脚と起立筋のトレをかねて スモウデッドをやってみようと思っています。

  • 回答No.2

>結論からいうと別にフルレンジのスクワットやデッドリフトを行わなくても良い→種目を変えても問題ない ということではなく、パーシャルのスクワットやデッドリフトであれば充分やる価値はある、ということです。 ただ、確かに背中の筋肉を鍛える種目をやると脊柱起立筋に負担がかかりますし、そのために、筋トレ目的であればあえてデッドリフトはしない、と人もおられるようです。参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そういうことですか。 ですが、やはりパーシャルですとごまかしてるみたいで、 悔しいです(^^;) たしかにボディビルダーでもデッドリフトを全くしない人もいるみたいですね。

  • 回答No.1

デッドリフトで腰痛になっているとおっしゃっていますが、本来デッドリフトは脊柱起立筋を鍛え、腰痛を軽減させる効果があります。 ただし、フルレンジストリクトにこだわらなければ、という条件付きです。もしかして、スクワットもデッドリフトも思いっきりフルレンジでやってませんか?あなたのおっしゃるとおり我々は競技者ではないんですからベンチプレスもスクワットもデッドリフトもフルレンジでやる必要はありません。一番力が出るパーシャルレンジでやるべきです。 詳しくは下記のサイトで質問していただければ解決すると思います。

参考URL:
http://reaction-resistance.com/TANREN-HP/soudanshitu.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 フルレンジにすると、やはり腰に負担はかかりやすいということですね。 パーシャルでやればたしかに腰に負担はかかりにくいです。 結論からいうと別にフルレンジのスクワットやデッドリフトを行わなくても良い→種目を変えても問題ない ということですね。 あれからずっとメニューを考えていたのですが、 スモウデッドというものを取り入れようと思います。 これなら状態がかなり立つので腰が痛くなりにくいですし、 起立筋及び大殿筋が鍛えられそうです。 そして、四頭やハムはエクステンション、カールで鍛える。 そうすれば脚と起立筋が同時に鍛えられますし、 腰の負担も軽減できそうです。 それに加え、別の日にベントローやラットプルダウンをすれば、 背中全体も問題なく鍛えられる! っと思ったのですが、いかがでしょうか?

関連するQ&A

  • 腰痛にスクワットがいいと聞きましたが

    ある本やネットで、腰痛(治療および予防)にスクワットがいいと聞いたのですが、スクワットは主に脚を鍛えるものだと思うのですが、なぜ腰痛に良いのでしょうか。ちなみに、フルスクワットではなく、腰に負担がない程度の浅いスクワットだと思います。 http://www.asyura2.com/09/health15/msg/166.html

  • デッドリフトはやる必要ありますか?

    筋トレ歴約1年半の男性です。 デッドリフトを最近始めたのですが、腰を痛めやすいということでしたので始める前にトレーナーにフォームをチェックしてもらいストレッチもやりましたが45KGの重さで腰痛を起こしました。激痛ではありませんが2~3日違和感がありました。その後痛みが引いたので重量を落として25KGにしても(軽い)腰痛が起こります。 質問ですが、趣味としての筋トレのデッドリフトは必要ですか?背中のマシン(エクステンション)では不十分でしょうか?ちなみにマシンでは腰痛になったことはありません。

  • デッドリフトについて

    何度となく教えていただいている50代のウエイトトレーニング初心者です。 筋肥大を中心に考えたトレーニングの場合、デッドリフトをしなくとも(故障などで出来ないことも多いようですが)、他の種目でカバーできるという意見をこれまでも伺っています。 しかし、何らかの競技のためのトレーニングという意味でウエイトトレーニングを考えた場合、デッドリフトとクリーンは大きなウエイトを占めているように思います。 また、ウィダートレーニングバイブル巻末の競技別のトレーニング例を見ると、他の種目に比べて、デドリフトのレップ数が目立って少ないことに気がつきます。 これは感覚的にも、様々な競技で、デッドリフトについては爆発的な高重量を要求していると言うことなのでしょうか? 当面、筋肥大トレーニング中心と考えている僕ですが、最近になって徐々にクリーンといった統合種目を加えるにつれ、このままデッドリフト無しでいいのだろうか?という疑問があります。 現在の三分割の中で、デッドリフトを入れるとなれば、脚の日に回復の具合を考慮しながら月1回程度入れるあたりから始めるのか? そもそも、三分割の中でデッドリフトを入れることが無理なのか? なんとも、トレーニング開始の最初に戻ってしまったような疑問ですが、アイデアをいただければ嬉しいです。

  • ウエイトトレーニングでスクワットをするときの足の力の入れ方を教えていただきたいです。

    ウエイトトレーニング歴1年程ですが、 楽しんでジムに通っています。 お聞きしたいことがあるのですが、 これまでベンチプレス、デッドリフトはやってきたのですが、 下半身の種目が嫌いでさけてとおってきました。 (レッグエクステンションは割と好きでやっておりました) しかしジムが変わったこともあり、 最近パワーラックでのスクワットをするようになりました。 まず正しいフォームをトレーナーの方に教えてもらい、 60kg以下のまだ余裕のある重量で、 フォームを確認しながらゆっくりとやっている段階です。 家でもフォームを確認しながら、自重でスクワットをしてみるのですが、 どうもひざが内に入るというか、真っすぐおりてあがってこないんです。。。どうしえもぐらついてしまいます。 そこで、ネットでいろいろと情報収集しまして、 踵でけるようにするということを知り、やってみたところうまくぐらつかず動くことができました。 気づいたことは、スクワットは下げる前から足の裏に力を入れた感じにすると脚が安定するのではないかと思います。 そこで、今度は脚の裏の踵の力の入れ方について考えてみたのですが、 単純に踵で床を蹴るといっても、「真っすぐ」「ひねる」などいろいろな蹴り方があると思うのですが、一番やりやすかったのが、「ひねる」というやり方です。 これは右足で説明しますと、踵側を反時計回りに踏み込むようなかたちで、その踏み込みの力が親指に伝わり脚全体が安定するような感じです。 考えてみたのですが、陸上競技なんかで人間が走るときというのは踵から付き、その後地面を蹴るときは足首を内側にひねるような形になりますよね。ですので、スクワットの時も走るときと同じように、内側にひねるようなイメージで床を蹴ればいいのではないかと思っております。 素人考えでスクワットでの床の蹴り方を考えただけですので、 間違っているところも多々あるとは思いますが、 お詳しい方何かアドバイス等ありましたら、おしえてください。

  • フルスクワットとデッドリフトやベントオーバーローの組み合わせについて

    ホームジムトレーニーとして、 ウエイトトレーニングを2年ほどやっております。 スポーツジムに通っていたこともありますが、 経済的な理由から家でトレーニングしています(^^;) トレーニングは好きなのでいろいろと研究しながら、 自分なりに勉強しながらやっています。 質問の件なのですが、 現在週6でルーティンを組んでトレーニングを行っております。 具体的にいうと、 月/胸・背 火/腕・首・腹 水/肩 木/柔道 金/胸・背 土/脚・首・腹 日/完全休養 というようなルーティンでやっています。 ずっと週2,3回でやっていたのですが、それだとやる気にムラがでてしまったので、毎日やるようにしてから自分に合っているなと感じています。 そこで、ご質問の件なのですが、 月/胸・背のときにベントオーバーローやデッドリフト 金/胸・背のときはチンニングをメインとした上背部 で背中をトレーニングしていますが、 土/脚・首・腹のときにフルスクワットをしています。 土曜日にフルスクワットをすると、このとき起立筋もけっこう刺激されるので、月曜のベントオーバーローやデッドリフトのときにまだ疲労感が残っていて全力を出し切れません。 なぜ2年間ウエイトをしていて今頃このような質問が生まれたのかというと、実は脚のトレーニングが嫌いで、ずっとスクワットをやっていなかったのです(^^;) しかし久しぶりにやってみると、意外に力の入れ具合がわかってきていて、他のトレーニングをがんばっていたので、やっとスクワットもできる身体になったのかなと喜んでいたりします。 だから脚が猛烈に弱いのです。しかしフルスクワットはキングオブトレーニングといいますし、脚が強くなればベンチやデッドも強くなると聞いたので、やはりやらなくてはと思い自重からはじめてバーだけから少しずつがんばっています。あげるときもさげるときもストリクトです。 フルスクワットとデッドリフトやベントオーバーローイングは、 起立筋がかぶってきて疲労感がたまりやすそうですが、 みなさんはどのようにルーティンを組まれているのでしょうか? 私が今考えているのは、 やはり腰は一番気を使った方がいいかなと思うので、 フルスクワットの方を採用し、デッドリフト→トップサイド、ベントオーバーロー→頭をベンチにつけてサポート(水平ベント) このようにすれば、起立筋の疲労もカバーできるのでは!?と考えております。 私と同じようなご経験者の方もいらっしゃるかと思い、 質問させていただきました。 よろしければご感想をお聞かせくださいm(_ _)m

  • 真剣にジムで肉体改造をするのですが、目標設定で悩んでいます。

    私は1年程ジムに通っているのですが、 本格的なジムにいって、真剣に肉体改造をしたいと考えています。 そこで、やはりやるからには適正な目標をたてなければと思っています。 私は今体重66kgなのですが、70kgを超えないように 筋肉質な体にしようと思っています。 今のところ種目別目標重量は ベンチプレス100kg デッドリフト140kg スクワット100kg を考えています。 現在、ベンチプレス90kg デッドリフト120kg は挙るので、目標設定としては可能な範囲かなと思い、 想像しやすいのですが、 今、通っているジムにスクワット台がなくて、 自分がどの程度できるのかがわかっていなくて、 目標設定に四苦八苦しております。 ベンチプレスが体重の1.5倍が一般の人の限界と表現されることがありますが、スクワットは体重の何倍くらいに目標設定しておくのが妥当なのでしょうか? 初心者で申し訳ないのですが、 ご教授の程よろしくお願い致します。

  • スクワットの停滞を脱出したい

    トレ歴2年強、26歳男です。 スミスマシンでスクワットを1年半ほどやっていますが、この半年ずっとフルスクワットの挙上重量が増えずに停滞しています。 半年前が絶好調で130kg×5、140kg×2がベストでした。 しかし今は・・・120kgでも重い!130kgは調子が良い日じゃないと一発も挙がりません。 トレ内容は 1:スクワット(メイン種目)   60kg×15   90kg×10   110kg×8   120kg×4   130kg(調子次第で125)   調子次第で最後のをもう1セット    2:レッグEXとシーテッドレッグカール(補助種目)   10reps×1セット   8reps×1セット   6reps×1セット   3:たまにカーフや内腿を鍛える 1と2を同じ日にやっています、別日に分けても特に変化はなかったので。 週に1~2回程度のトレですし、脚のトレに限って言えば少なくとも1週間以上は回復に当てています。栄養・睡眠にも気を使っているのでオーバートレーニングも考えにくい状況ですし、今までの経験からいって休みすぎということもありません。 ジムのトレーナーにフォームを見てもらってもおかしいとこは特にないそうです。 補助種目は爪先の角度を変えることで筋肉への刺激を変化させています。 一月ほどスクワットを止めて補助種目だけをやってたこともありますが、スクワットに戻ると駄目。 脚の目標はフルスクワットで体重の3倍(200kg)を挙げることなので悩んでいます。 ネット上でスクワットのフォームやらに詳しいとこはあらかた読んでいますが、停滞は打破できず。 自分にあったトレ方法を色々やって試そうと思ってます。低重量で高回数とか、スティッキングポイント強化にボトムで数秒停めるとか。 色々試す前にスクワット経験者のアドバイスをお願いします。

  • ウエイトトレーニングのスクワットについてのささやかな疑問です。

    ウエイトトレーニングのスクワットについてのささやかな疑問です。 趣味でウエイトトレーニングをしております。 ウエイトトレーニング種目についていろいろと考えるのが好きで、 たまに質問させていただいております。 最近疑問が1つでてきまして、スクワットという動きについてです。 人間の身体は自然と走る、飛ぶ、登る、押す、持ち上げるなで、 全身の筋肉を使っていますね。 ベンチプレスなら押す動作、デッドリフトなら引く動作、 この2つは日常の動きとして理解しやすいのですが、 スクワットって普通の日常の動きとしてないと思うのです。 人間も猿だと思っているので、 猿の日常を考えてみると、登ったり、走ったり、物を投げたり、 全身の筋肉を使っています。 しかし肩にものをかついで屈伸をする動作ってないと思いませんか? もちろん子供を背負ってはしますが、 自重以下です。 ということは、ウエイトトレーニング種目の中で、 自重よりはるかに重いバーベルを担いでするスクワットというのは、 人間の身体の機能として不自然な動きではないかと思うのです。 だからフォームの習得が難しく、例え正しいフォームを習得したベテランでも、 ひざや腰を痛めて後遺症が残る場合があるのではないかと思うのです。 では脚の力を人間の身体の構造的に自然な動きで鍛えることはできないのか? といわれると、物を両手に持って走る動きが自然な動きではないかと思います。 例えばダンベルランジなどがそうです。 以上のような理由から、スクワットはやはり人間の身体の構造的に少し無理があり、 高度なテクニックが必要な種目であるのではないでしょうか? 以上が私の考えた理論なのですが、 何か感想をお持ちになった方おられましたら、ご意見をお聞かせ願いたいと思います。

  • スクワット中に腰が足より先に限界・・・

    いつもお世話になっております。 現在主に、ベンチ・デッド・スクワット・腹筋をしております。 強度は10レップ×3セットです。 スクワット中なんですが、3セット目から足にはまだ余力があるのに腰が先に限界を迎えます。しっかり足を追い込みたいのですが・・・ ジムには行けず(田舎なので)マシントレはできないので、 自宅でバーベルを使用しています。 腰を鍛える為にはデッド以外にはベントロー等をした方がいいでしょうか?

  • 腰痛になってしまいました

    今日脚のトレーニングをしました。少し腰がダルク調子もよくない状態でした(怪我をしてるわけでなく疲労がたまってる感じです)「少し腰かったるいけど頑張って脚やるか」と思いスクワットをアップを2セットし、本番を開始したら腰に「キュン」という感じで痛みが走りました。で、スクワットを急遽止めレッグプレスにメニューを変更してやりました。で今の状態は、腰がジンジンする感じがし、かつ曲げると少し痛いのです。これは、腰の怪我だと思うのですが何が考えれれるでしょうか? また、明日からのトレーニングはやるつもりですが、痛みがなくなるまでしないほうがいいでしょうか? この状態で背中のトレーニングをする場合、どんなメニューがいいですか?あと、やってはいけない種目は何でしょうか?

専門家に質問してみよう