• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

デッドリフトについて

何度となく教えていただいている50代のウエイトトレーニング初心者です。 筋肥大を中心に考えたトレーニングの場合、デッドリフトをしなくとも(故障などで出来ないことも多いようですが)、他の種目でカバーできるという意見をこれまでも伺っています。 しかし、何らかの競技のためのトレーニングという意味でウエイトトレーニングを考えた場合、デッドリフトとクリーンは大きなウエイトを占めているように思います。 また、ウィダートレーニングバイブル巻末の競技別のトレーニング例を見ると、他の種目に比べて、デドリフトのレップ数が目立って少ないことに気がつきます。 これは感覚的にも、様々な競技で、デッドリフトについては爆発的な高重量を要求していると言うことなのでしょうか? 当面、筋肥大トレーニング中心と考えている僕ですが、最近になって徐々にクリーンといった統合種目を加えるにつれ、このままデッドリフト無しでいいのだろうか?という疑問があります。 現在の三分割の中で、デッドリフトを入れるとなれば、脚の日に回復の具合を考慮しながら月1回程度入れるあたりから始めるのか? そもそも、三分割の中でデッドリフトを入れることが無理なのか? なんとも、トレーニング開始の最初に戻ってしまったような疑問ですが、アイデアをいただければ嬉しいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数3274
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9
  • oneH
  • ベストアンサー率44% (150/339)

こんにちは。ビクターマルチネスは、良いです(^^) > ◎デッドリフト60kg×2sets → ベントロー3sets → シュラッグ → シーテッドロー45kgで追い込み → アームカール > ◎ラットプル25kg×25回 → チンニング・リバースGチンニング(各1set) → デッドリフト60kg×2sets → シュラッグ → ラットプル39kgで追い込み → アームカール > 少し種目が多いかな?とも思うのですが、どのように思われますか? いえ良いと思います。むしろ少ないかな、なんて思ったり… > チンニングは僕にとっては、いっぱいいっぱいの種目なので、その前にデッドを持ってくるのは、いかにもきつそうです。 それでもデッドはフォームが固まるまでは最初に持ってきた方がいいかもしれません。最初に持ってきてもチニングには影響はないと思いますよ。 ところで、背中→シュラッグ→背中で、集中力は途切れませんか?私の場合、鉄は熱いうちに打てというか、背中を一気に行ってから次にシュラッグを行う方が好きです。 この流れで充実してトレーニングできるようでしたらこれで良いと思います。 デッドはどのフォームでやるにしろ、脊柱起立筋の存在を強烈に意識することになります。知らない間に背骨の両側が盛り上っているかもしれません(^^; http://www.exrx.net/Muscles/ErectorSpinae.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

トレーニングの順番って悩みます。 デッドとチンニングでは使う筋肉はまるでちがいますが、先にデッドを持ってくるとすると、それなりのインターバルが必要なように感じます。 僕は、元気そうにしていますが、回復の遅いジジイなんです♪

関連するQ&A

  • デッドリフトのトレーニング方法及び、重量の挙げていき方をおしえてください。

    趣味ウエイトとレーニーで2年程ウエイトトレーニングをジムでしています。身長170cm体重65kgです。 ここ2ヶ月程スモウスタイルのデッドリフトをしています。 私は主に、大殿、ハム、起立筋、僧坊の背中側、三角筋後部のトレーニングとして行っていています。 昨日のデッドリフトでは、 60kg×6 80kg×6 100kg×6(連続で) 100kg×6(休み休み) 80kg×12 60kg×12 このようなメニューでした。 デッドリフトは限界まで追い込まず、 6~8回の低レップで行うようにしていますが、 現在のメニューではメインの100kgは2セットしかありません。 デッドリフトのトレーニングとして、 このメニューは妥当でしょうか? よろしければアドバイスください!

  • 筋出力向上トレーニングの怪

     最近ここをみるようになって、勉強させてもらっています。  タイトル通り、筋出力向上トレについての疑問です。  私は筋出力を上げるためには、3RM以下の高重量でトレーニングするべきという書き込み、情報を目にしますし、納得しています。しかし、筋出力を極限にまで高めるべき階級性競技であるパワーリフターの多くが6~8レップでトレーニングするというのもよく目にします。サイクルトレーニングにおけるレップ数の設定も8レップ程度というものが多いです。このトレーニングですと筋肥大(条件が整っていればですが)、つまり体重増が避けられないのでは?、と思います。また、体重増を伴わないで、このくらいのレップ数でトレーニングすることの意味が私にはわかりません。体重増できない、したくない、つまり肥大できるような余剰カロリーを取っていないんだから、3RM以下でなんでやんないの?と思ってしまいます。  これに対する私の解釈としましては、 ・いくら階級性、体重別競技者とはいえ、体脂肪率が極限にまで低いものはいないから、ある程度筋肥大させて体重を増加させても、そっからうまい減量で体脂肪を落とし、体重制限内に収めていくということ(でもこれじゃあ体脂肪率を極限まで落として体重リミットぎりぎりの選手は次回から階級を上げないといけませんよね・・・)  か、 ・肥大に伴う筋力向上によって以前より重いものを扱えるようになり、脳?神経系?がそれを記憶し、減量による筋萎縮を経ても以前よりは重い重量を扱えるようになる  ということのどちらかなのかな?と全くわからないなりに解釈しています。じゃ無きゃみんな3RMとかの重いんやったほうがいいんじゃねーの?って思います。  有識者の方々はどうお考え、もしくは明確な答えをお持ちなのでしょうか。お教えください。

  • デッドリフト(ワイドスタンス)で動員される筋群はこれであっているでしょうか?

    ウエイトトレーニングを趣味で続けているのですが、 背中のトレーニングの中にデッドリフトを入れています。 今は、ワイドスタンスのスモウデッドです。 お聞きしたいのですが、 スモウデッドにて動員される筋肉は、 股関節(大腿骨関節)の伸展を中心とした全身の種目 という認識を持っているのですが、 あえてあげるとすればどのような筋群があるのでしょうか? 自分の認識では効く順番でいうと、 脊柱起立筋、臀筋群、ハムストリングス、僧坊筋、大腿四頭筋 かなと思っています。 ここで疑問が広背筋にはあまり効いていないのでは? ということです。 私は別にケーブルロー、ラットプルダウンをやっているのですが、 この2つは広背筋が主動筋です。 ですので、ケーブルローの後にラットプルダウンをやっても、 ケーブルローで追い込んでいるので、使用重量はかなり落ちます。 しかし広背筋を追い込んだ後に、デッドリフトをやっても、 疲れ以外は使用重量にはあまり影響がないように感じます。 自分で考えてみたのですが、 デッドリフトって腕はあくまでもバーをもつ手段でしかなく、 積極的には腕の筋肉はつかいません。前腕は別として。 腕を曲げたりはしませんよね。 よってバーを胸に引き上げるという動作はしないので、 広背筋にはあまり効かないのではないかと思っています。 そのかわり、腕を保持するため、僧坊筋には効くのではないか。 と思っています。 結論としては、 持論ですが、デッドリフトは広背筋には効かない。 しかし補助として少しは使われている。 よって、広背筋は別の種目でしっかりと鍛えた方がよい。 ということになったのですが、 この私の認識で間違っているところがあれば アドバイスいただきたいと思います。 よろしくおねがいいたします。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10
  • 316
  • ベストアンサー率56% (45/79)

こんばんは。 セオリーでは背中の種目の途中にシュラッグを挟むより、一通り背中が終わってから最後にシュラッグの方が良いと思います。 あくまでも自分の考えでは筋肥大目的ならばデッドとチンニングは同じ広背筋を狙う種目という括りかなと。 悩んだ時は隔週でチンニングを先にする日とデッドを先にする日で交互にやってしまうのが良いですよ。 もしくはデッドとベントローを隔週で交換するとか。 >bcaa10gxさん クルマも好きですが316はBMではなくもう一つの趣味のプロレスから取りました。 これからもトレがんばります、ありがとうございます♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おはようございます。 ■セオリーでは背中の種目の途中にシュラッグを挟むより、一通り背中が終わってから最後にシュラッグの方が良いと思います。 その通りだと思います。 ただ、僕にとってシュラッグは新しい種目であり、研究中なので、リバースビハインドにしたりフロントにしたり、ウエイトを変えて回数を多くしたり、様々なことを試す必要があるので、ある程度フレッシュな状態で行っています。 今のところ、スミスマシンで、リバースビハインドで若干重めの重量で、フロントでウエイトを軽くして回数を稼ぐというのが、どういうわけかしっくりきています。 でも、まだまだいろいろためしたいです。 デッドについても、どのくらいの重量までやるかで、位置づけが変わるはずなので、とりあえずは軽い重量でメインとしてではなく行うつもりです。 これまた、セオリーというより僕の個別性。^^ プロレスですか。 力道山を薄っすら覚えている世代の僕から見ると、最近の総合ブームは、あまりに殺伐としていてついていけません。(笑)

  • 回答No.8

#7の追記 これは当然万人に対してのアドバイスでは無いです。 現在のbagnacaudaさんのローテーションや使用重量、セット数などを 考えてのことです。 やばいと思ったら無理に2セット行わない レップの途中でやめるなどご対応下さい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

う~ん 私はベントロー先の方がいいと思うんですよね。 多分ベントローの途中で腹圧が取れなくなって10RMの途中で やめちゃうことになりそうです。 脊柱起立筋群が伸縮するデッドが後のほうが両方の重量とレップ数が 保持できそうです。 IDの316ってビーエムの316からですか? 20代の筋トレ系回答者は貴重な存在です。がんばってくださいな

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

■私はベントロー先の方がいいと思うんですよね。 う~~ん。迷わせないでください。(笑)

  • 回答No.6
  • 316
  • ベストアンサー率56% (45/79)

こんばんは。 筋肥大中心で考えたらデッドは必須かと問われたら難しいですね。 自分はデッドをあまりやらないで素晴らしい背中を作り上げた人を何人か見ています。逆にデッドで素晴らしい背中を作り上げた人もたくさんいますね。 ボディビルの話になりますが、須江、山岸に続き史上三人目の全日本学生選手権2連覇の清水正志選手はデッドで背中を作ったそうです(デッドが一番背中の種目で効くとか)。 自分は腰がよくないのでデッドはほとんどやりません、ベントローを高重量でやると脊柱起立筋も十分使うので。 デッドで広背筋に効かすのが下手って言うのもあります(笑 たま~に腰の調子が良い時にだけ、背中の最後の種目で6~10発くらいで仕上げとしてやりますが、6~10発というのは限界回数ではなく安全の為に八割五分くらいで行います。 現在の分割が分かりませんが、自分は背中の種目として解釈しているので背中の日があるならそこにデッドを入れます。 脚の日と同じにしちゃうと、これから先、重さを狙っていく場合にスクワットもデッドもか運動の中で下背がかなり関与して疲労しますので後に持ってくる種目は重さが挙がらなくなっちゃいます。 最後に三分割でデッドを入れることは無理な話じゃないですよ。 ベンチプレス、スクワット、デッドリフトをそれぞれの日の頭に持ってきて行えば、パワー三種目を三分割で分けるのは丁度よいバランスだと思います。 >oneHさん ビクター・マルチネス良いですよねぇ。 トータルバランスに優れていて次代のMr,オリンピアなんて言われてますが、今年のオリンピアがんばってほしいです。 では^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

結構、腰痛持ちの方が多いようで、デッドやらない人もいますね。 僕も今まで、怖がっていたのですが、「追い込まなくても良い」ということで、俄然デッドを入れる気になりました。 僕のトレーニングは、 胸・肩・三頭筋 背・二頭筋 脚 の三分割です。 まあ、疲れが抜けなくて週二回にせざるを得ないときもあるんですが、オッサンなんで無理しないようにしています。(笑)

  • 回答No.5
  • hisajp
  • ベストアンサー率60% (347/574)

 bagnacauda さん、こんにちわ。  NSCA からの抜粋です。  デッドリフトのフォーム。 ア、バーの位置に足の母指丘がくる位置に、肩幅のスタンスで立つ。 イ、腹圧を保てる姿勢を作り、大腿骨関節(股関節)と膝を曲げてしゃがみ、肩幅よりややワイドな位置でバーを握る。 ウ、膝と股関節を同時に伸ばし、バーがすねと大腿四頭筋に沿って通過するようにして、直立の姿勢迄上げる。 エ、挙上したら、上半身の姿勢を崩さずにコントロールしながら開始姿勢迄降ろす。 その他 ・膝位置はスクワットと同じように、つま先より前に出ない事が多い。 ・最後にケツを引き締める、胸を張る、などと聞く事があります。最終姿勢はその人の基本的な立ち姿勢迄が良いでしょう。 ・ケツを引き締めるは何となく効果が歩きもしますが、腰の過度の伸展(のけぞり、エビぞり)にならないように気をつけてください。 ・最終姿勢で胸を張るは必要ないでしょう。重いバーを持って肩の外反になるので良くないと思います。  クリーンのフォームです。それぞれの番号はすこしずつ動作が被るばいがあります。 1、膝はジャンプしやすい程度の肩幅に開く。股関節の柔軟性が乏しいなどの場合は、つま先を外に向ける、足幅を広めにするなどで対応する。 2、グリップ幅は、「クリーン」した際に手の親指が肩に触れる程度とし調整する。 3、スタート姿勢では、足の母指丘がバーの真下へ来る。 4、胸を張り、肩はバーと同じ位置か少し前にする。 5、ファーストプル。背の角度は保ったまま「膝の伸展だけ」でバーを床から持ち上げる。持ち上げるにつれ膝が伸びるので、バーは自然と膝を通過する。どうしてもバーが膝に当たる場合はスタートポジションでの背の前傾を強める。 6、スクープ。バーが膝を超えたら、太ももに沿うように上げるように上体を起こす(大腿骨関節を伸展させる)。 7、セカンドプル。上体の伸展に合わせ、膝を伸展させる。上体が起き上がったら膝をまっすぐに迄伸展させる。これらの動作で加速されたバーを胸に沿って引き上げる。膝、股関節が伸展しきったら、腕が曲がり始める。 8、キャッチ。バーが胸を通過するときに、肘をバーの下から前方へ移動させ、キャッチの姿勢を作る。膝と腰を少し緩めキャッチの際のクッションとする。背部を伸ばし鎖骨及び三角筋上でバーを保つ。膝と腰を伸ばして静止する。 9、降ろす。手をキャッチの位置から大腿部に沿って降ろす。衝撃を膝の伸展で吸収する(腰は使わない)。腹圧を入れ胸を張り前後バランスを崩さないようにする。床迄ゆっくり降ろす。 その他、 ・つま先と膝の位置指定について書いてあることは見た事が無いです。膝の伸展を先に行い、それでバーがクリアできる為でしょう。 ・写真ではセカンドプルやキャッチでは胸を張っているように見えますが、それは動き上そうなっているだけで意図的にしている訳ではないです。  こうして見ると、NSCA では、デッドが膝と腰を同時に伸展させるに対して、クリーンは膝が先行です。  しかし指導者によっては、デッドの際もクリーンと同じ要領で床からの挙上を指導する場合があります。私も比較的そうです。  この場合つま先と膝の位置は、肩の位置などもありますが、スクワットほど危険性は無いように思われるのと、膝の伸展を十分に使う為には、膝に対してのつま先の前後位置はあまり気にする必要も無いと思います。  これらのため、クリーンを統合種目としてジャンプ種目と考える場合にはデッドもそれに相当した方法で行い、デッドは腰の種目と考える場合にはデッドはデッドの方法で行うのも方法と思います。使い分けても良いでしょうし、たいてい両方します。  相撲デッドは膝が後ろ(ケツ側)にくるので、大腿骨関節の稼動と伸展が少なくなり、当初から上体が立っている状態となります。この場合は脊柱起立筋の割合が下がります。長内転筋、内側広筋などの動員が増えます。足の向きで動員筋群が若干変わります(外開きで内転筋、内よりで該転勤群の動員が増えます)。  ソースを覚えていないのですが、それであれ、脊柱起立筋に対する刺激率は、通常のスタイルのデッドリフトに比べ90%程度保っていると言うのを読んだ覚えもあるのですが、違っているかもしれません。  この場合は、クリーンとの関連性は薄れるでしょう。  私はデッドが好きです。私には僧坊筋にも効く率が高いらしく、翌日は首の脇の辺りが相撲取りのように盛り上がります。  スタイルはノーマルスタイルです。内転筋の筋肥大の場合は相撲デッドが効果的に感じます。内転筋を鍛えたいときは左右ランジも方法ですが、肥大率では相撲デッドが遥かに高いと感じています。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもありがとうございます。 50代の僕にとって、デッドリフトは「腰のアーチを木賃と作ることが出来る柔軟性の維持」にかかっているのだろうと思います。 感覚として、60kg×10回とか70回×8回位程度なら、余裕を持ってフォームを維持でき、かつ筋肉にも刺激を与えられそうな感覚があります。 デッドって深層筋に働く部分が大きいんですよね。 ベンチと全く違う感覚が必要なのだと思っています。 そして、クリーンをやりはじめて、「あ~~デッドリフトやっておくんだった」と思ったんですよね。 ウィダートレーニングバイブルだと、デッドリフト→シュラッグ→アップライトロウに分解してクリーンを考えていますね。 しかし、hisajpさんがおっしゃるように、明らかに膝の使い方が違うように思います。 そうなると、デッドのトレーニングを全身のアップ的に考えるか、クリーンを身につける準備と考えるかで違ってきますね。 まだまだ工夫と迷いが必要なようです。 スモウデッドは、しばらく考えず、デッドの重量もこのままで、2setsのうち少なくとも1setはクリーンを意識してデッドリフトを取り入れてみようと思います。

  • 回答No.4

こんにちは デッドおっかないので10年以上重たいの引っ張ったことの無い へたれトレーニーです でも本当はスクワットより好きです。 特に終えた後の疲れ方が「男の仕事を終えた感じ」という、 なんか良く解らない理由でスキです。 ・上半身には高重量のデッドをやらないとつかない筋肉があります というと語弊がありますが、、、、 私の場合一度トレをやめたことがあるので、自分自身で比較しての 話です。 背中の上のほう三角筋後部と僧帽筋の背中側、固有背筋の盛り上がり がなんか違います。(昔の写真が無いので記憶だけの話です) でもまあどっちがいいかというと良く解らないので、、、 基本的には、いるいらないは個々の好き好きだと思いますが 「漢(おとこ)の追求」や 「肉道とは上げることとみつけたり」 の精神を追求される方には必要かもしれません ・高重量と高RMどっちが危険か、、、 高RMもけっこう危険です。 やってるとパワーがなくなる前に腹筋がへたってきて腰に来てるなー という感じで最後までいけません 経験上 高重量のぎっくり腰はその場で 高RMのぎっくり腰は次の日の朝に来ます >そもそも、三分割の中でデッドリフトを入れることが無理なのか? 現在ベントローがメニューに無いので背中の日でしょうね、 どっちが先かと言われればチンニングの後のほうがよろしいかも これは普通と違いますがもろもろ考えて 当然反対の意見もあると思います。 ウイダートレーニングバイブルが見つかりません、、、、 捨てられましたかね、、、、 1hさん、英文で持ってそうですね、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドヴァイスありがとうございます。 今考えていることについては、oneHさんへのお礼に書き込みました。 しばらくデッドリフトはやってないので、当分は60kg×10回~70kg×8回位を目安に入れます。 しかし、、 ■特に終えた後の疲れ方が「男の仕事を終えた感じ」という、 なんか良く解らない理由でスキです。 こういう良く分らない理由って、とても説得力があり、共感します。(笑)

  • 回答No.3
  • oneH
  • ベストアンサー率44% (150/339)

こんにちは。 > oneHさんは、通常のデッドリフトですか?それともワイドスタンス(スモウ)ですか? > これくらいの重量でなら、通常のフォームで僕は行ってみようと思います。 普通は60kgで通常のフォームで始めます。腰の調子が良ければそのまま普通のフォームで行いますが、80kgくらいだと腰が怪しくなってきてスモウになることが多いです(^^; あと、私はVictor Martinezというボディビルダーが好きなので無理やり参考リンクです。 http://www.bodybuilding.com/fun/eastcoast0.htm このページには3つの動画がありますが、「Episode #2: Victor Martinez - Back Training」でVictorが背中のトレーニングを行っています。 このビデオの中でVictorは背中の最後の種目にデッドリフトを行っています。かなり軽い重量(140kgくらい?)です。 下背部の強化目的のデッドとしてはお手本になるフォームだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 少々悩む部分があります。 考えられる流れとして、 ◎デッドリフト60kg×2sets → ベントロー3sets → シュラッグ → シーテッドロー45kgで追い込み → アームカール ◎ラットプル25kg×25回 → チンニング・リバースGチンニング(各1set) → デッドリフト60kg×2sets → シュラッグ → ラットプル39kgで追い込み → アームカール の2つを考えています。 これまで、背中のメインはチンニングでしたが、バランスを考えて、メンをチンニングとベントローの1週交代にしようと思っています。 少し種目が多いかな?とも思うのですが、どのように思われますか? チンニングは僕にとっては、いっぱいいっぱいの種目なので、その前にデッドを持ってくるのは、いかにもきつそうです。

  • 回答No.2
  • hisajp
  • ベストアンサー率60% (347/574)

 bagnacauda さん、こんにちわ。  競技面で書いています。シビアなレベルのボディビルディングは分かりません。  デッドリフトは追い込む事が不可能と思います。また、腰椎があるので追い込んでへろへろになっては危ないです。  デッドリフトは安全上先にやる事が多いですが、上記の理由で追い込めないのと、その後に他の種目も行う事が多いので軽めに済ます事が多いです。それで十分に肥大なり出力の向上が認められるのだと思います。  肥大を求めるとしても、既に遅筋がほとんどですし、肥大も期待しにくいと思います。肥大を求めるのであれば回数を重ねる方が良い感じがします。これは1Hさんとは反対ですね。  デッドリフトは慣れるとどんどん重量が増えていきます。恐れが無くなると増える、慣れると増える、という感じなので、存在的にすごい能力があるのだと思います。  分割するには、足の日か腰の日でどちらも最初。2セットか多くて3セットで良いと思います。継続して行う種目が安全に行える強度とセット数で良いと思います。  クリーンとデッドの関連に対する、主観的説明です。  デッドリフトが筋の種類によりパワー種目と言えるのに対して、クリーンは大腿四頭筋やケツ筋を伸展させる瞬発種目です。この部位は速筋が多いです。これはジャンプ種目なのです。  男性の競技選手の場合は、体重50%程度で統合的な効果が認められると私は思いますが、これも徐々に重量が増えてくるようです。  選手名は言えませんがみんなの知っているあの選手は、体重200%くらいで腰位置ホールドからばっこんばっこん5、6回という感じで上げてます。その際も膝と腰の伸展させる瞬発種目です。  クリーンをこのように考えるとこれはクレアチン種目なので、身体への負担は(相対的に)減ります。  クレアチン種目で3回よりも多いのは矛盾するのですが、多分すごく重いのを扱っても60~70%程度なのじゃないかと感じます。そのため、満足する迄行うとこの程度の回数になります。  話が戻りますが、デッドリフトをクリーンの代替え種目と考えると、「高重量で低回数」というのが成り立ちます。ウイダーはこの考え方なのかもしれませんね。動員筋としては脊柱起立筋よりも大腿筋や大臀筋をメインとする考え方なのかもしれません。  クリーンを降ろすときは遠慮なくほおり投げることが許されていることが重要でしょう。ほおり投げれる環境であればいつでも逃げれるので安全でしょう。  慣れていない方が目の前を平気で横切る事もあります。注意されてください。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ■デッドリフトは追い込む事が不可能と思います。また、腰椎があるので追い込んでへろへろになっては危ないです。 なるほど…です。 追い込めばいいと思っている年よりは頭が固いです。恥ずかしいです。 そうですよね、デッドで死ぬほど追い込んだら危ないです。 oneHさんのところに書きましたが、当面背中の日のウォームアップとして取り入れ、気を見て重い重量で2~3レップから始めてみます。 最初は1セットオすね。 クリーンをやって気がついたのですが、デドリフト、シュラッグといった基本になる種目が僕は出来ていません。 だから、なんとなく危なっかしい。 勿論、それらしくはなるのですが、ばーーん!という感じがない。 ちょっと基本に戻ってみるつもりです。

  • 回答No.1
  • oneH
  • ベストアンサー率44% (150/339)

こんばんは。 デッドリフトを組み入れるにあたっては、目的意識をはっきりさせておくことが大切だと思います。 つまり、パワーリフティングなのか、ボディビルディングなのか、ということです。私はよく知らないので説明ができませんが、目的によりフォームも変わってくると思います。 ・パワー:扱うのは高重量。目的はスタートからフィニッシュのポジションにバーを持っていくこと。 ・ボディ:必ずしも高重量でなくてよい。目的はターゲットの筋肉(例えば下背部)を鍛えること。 > また、ウィダートレーニングバイブル巻末の競技別のトレーニング例を見ると、他の種目に比べて、デドリフトのレップ数が目立って少ないことに気がつきます。 > これは感覚的にも、様々な競技で、デッドリフトについては爆発的な高重量を要求していると言うことなのでしょうか? どのようなやり方でデッドを行うかによるのですが、パワー的なデッドリフトなら、レップ数は低回数な方が安全だと思います。 例えば、デッドは10RMで行うよりも3~5RMの方が危険が少ないと思います。おそらく10RM以上にレップ数を増やしてしまうとかなり危険です。完全に個人的な意見です。 > 現在の三分割の中で、デッドリフトを入れるとなれば、脚の日に回復の具合を考慮しながら月1回程度入れるあたりから始めるのか? どの日でもいいですが背中の日に入れるのが最も自然だと思います。頻度は…週一回でもいいかもしれません。 私の場合、少し前までメインで通っていたジムにデッドリフトのプラットフォームがあって、60kgにセットされたバーがいつも置かれていたので、背中の日のウォームアップに80kgくらい(軽い…)でヒョコヒョコやることが多かったです。下背部のエクササイズとして行っていました。 最近は面倒でやらなくなってしまっているので、次の背中の日に時間があったら久々にやろうかと思います。 bagnacaudaさんの立てるスレッドは、毎回刺激になります。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 頭の中に、筋肥大=8~12RMという先入観が刷り込まれたことに気がつきました。 とりあえず明日が背中の日なので、60kgくらいでウォームアップ的に最初に入れてみるつもりです。 ストレッチにもなりますしね。 oneHさんは、通常のデッドリフトですか?それともワイドスタンス(スモウ)ですか? これくらいの重量でなら、通常のフォームで僕は行ってみようと思います。 ■bagnacaudaさんの立てるスレッドは、毎回刺激になります。。。 赤面します。

関連するQ&A

  • 筋肥大とネガティブ

    50代でウエイトトレーニングを楽しんでいます。 最近になって思うのですが、ネガティブ重視のトレーニングは筋肉痛を招きやすく、たとえ分割を細かくしても、長いスパンでは筋肥大に有効ではないのではないか?という気がしています。 むしろ、いかに筋肉痛による一時的パフォーマンスの低下を避けながら、ハードトレーニングを続けるか?が問題では?と感じます。 この問題は、特に大きな筋肉について感じます。 ベンチプレスについても、いたずらにセット数を増やして、フォーストで追い込むのではなく、ハードトレをしながら筋肉痛を避ける。 そういうトレーニングの工夫が、年齢を考えても良いのでは?と感じはじめています。 マゾからの脱却!とも言えます。(笑) そこで質問です。 個別の種目、特に僕が現在主として行っている種目のセット数や、ウエイトの決め方に付いて、皆様の個別のやり方を一つでも教えていただけると嬉しいです。 ●脚  スクワット、レッグカール ●胸  ベンチプレス、インクラインベンチ ●背他 デッドリフト、ラットプル よろしくお願いいたします。

  • デッドリフトで腰をやってしまいました・・・

    はじめて投稿させて頂きます。nqk39781と申します。 本格的な筋トレ暦は3ヶ月 身長177cm 体重 74.5 体脂肪17前後 29歳 男性で す。 平時は背中のトレーニングは フロントラットプルダウン(順手のワイドグリップ 62kg*12レップのドロップセット ウェイトダウンは2回) で行っているのですが、 先日、BIG3の最大を計ってみようと数度しか経験のないデッドリフトを行ったのですが(フォームは知識としてはありますが、実際に加重時に行えたかは微妙です) 有酸素による全身ウォーム→バーベルを使った動的ウォーム(合わせてフォームの確認)後、 80数レップ(軽く感じゲイン)→100で二発(まだいけそうゲイン)→120(なんとか一発) とやった直後、腰に痛みを感じ現在に至ります。(当日はその後のトレ全てこなしました) レントゲンで骨に異常はなく、整体師はしばらく休めとのことでした。 それでお聞きしたいのですが・・・ この際やはり腰に負担が掛かる種目だけではなく、筋トレ全般を取りやめた方がいいのでしょうか? また今後日常において特に気をつける点などはありますか? スポーツにおける腰の怪我は経験がなく勝手がわからないのです。 経験者、有識者の方の御意見をお待ちしております。 返信は明日の夜行わせていただきますね。 それではよろしくお願いします。

  • デッドリフトとスクワットの重量の上げ方

    50代でウエイトトレーニングを楽しんでいます。 正月が明けてから、思い立ってデッドリフトとスクワットの重量を上げました。 具体的には、これまで80kg×6~8回を2~3セットだったデッドリフトで、知り合いのおっちゃんにリストラップを借りて90kg×3回、100kg×2回にチャレンジしました。 「重い…」とズッシリきましたが、腹圧をしっかり意識して、特に故障もありませんでした。 スクワットも、 ワイドスタンス30~90kg×10~15回だったものを、100と110kgでハーフ気味にチャレンジしましたが、同じくちゃんと腹圧を意識し、問題なく10レップ余裕すらありました。 デッドリフトとスクワットについては、多くの肉漢さんたちが、「腰痛めた…」という経験を語られているので、慎重すぎたような気がします。 そこで質問です! 腰の故障経験がある肉漢様たちが、もしも、これからデッドリフトやスクワットをトレーニングに入れるなら、これだけはやらない! とか、こんな感じで重量をアップさせてゆけば故障が避けられるのでは?ということを教えていただけると嬉しいです。 ベンチもトレーナーに補助についてもらって、100kgをラックからはずして持ってみました。 確かに重い。。 でも、ど~~にもならないことはない! ような気がした正月明けでした。(嬉)

  • 一般的に広まっているウエイトトレーニングの理論とは少しかけ離れるのです

    一般的に広まっているウエイトトレーニングの理論とは少しかけ離れるのですが、私なりにより効率的ではないかと思う、トレーニング法を考えました。 よく10rep×3setとか、超回復がとか言いますが、 私も以前はそのような一般的な方法でウエイトトレーニングをしていました。 フルレンジでストリクトが基本というような方法でした。 しかし最近トレーニングの本質というものを考え出しまして、 高強度とは。とか筋肉を追い込むことが本当に筋肥大につながるのか。 といったようなことを考え出しました。 そこで、少し極端かもしれませんが、自分なりの理論を立ててみました。 トレーニング例をあげますと、 日曜日を休養日として、それ以外の日にちは毎日ウエイトトレーニングをします。 月曜日 スクワット 火曜日 ベンチプレス 水曜日 デッドリフト、ベントロー、チンニング 木曜日 スクワット 金曜日 ベンチプレス 土曜日 バーベルカール、腹筋など このようなトレーニングで、すべてメインセットは8reps×2setで限界がくる重量とします。8reps×2setできたらまた重量を増やしていきます。 上記のメニュー以外の補助種目などは一切やりません。 1種目の8reps×2setで力を出し切ります。 その代わり、週に2回ずつと頻度を上げています。 またスクワットはハーフ、ベンチプレスもパーシャル、デッドリフトもトップサイドと、 力を出しやすい範囲で高重量で行うこととします。 こうすることで、腱の負担を減らして回復を早めています。 このメニューはまとめると、 1週間の内いかに高重量を回数あげるかということに主眼を置いています。 補助種目などはなくし、疲労を極力抑えて週に2回行います。 また2週間ごとにサイクルを組み、ある程度チーティングをつかってスピーディーにやる週と、ストリクトにゆっくりとやる週を交互に行います。どちらも8reps×2setですが、重量は当然ストリクトにやる週の方が落ちます。 このトレーニング法は、通常の週に1回1部位というような追い込むトレーニングと違い、 高重量にもはやくなれることができ、筋力が上がりやすく同時に筋肥大をしていくのではないか。という風な理屈です。 いかがでしょうか? 少しパワーリフティングやウエイトリフティングのトレーニングの影響も受けております。 なにぶん私のような個人の理屈ですし、専門の勉強をしたわけではございませんので、 馬鹿にされるかもしれませんが、 ぜひお詳しい方専門家の方のご意見を伺いたく思います。

  • 細マッチョの体を作るには

    細マッチョの体を作るにはどんなトレーニングがいいでしょうか? 最近まで筋肥大と筋力アップを目的にトレーニングをしていましたが、筋肉を部分断裂をしまったので、これからは痩せマッチョの体を作りに変えてトレーニングしたいと思っています。 怪我をする前は身長165cmで体重71kg、体脂肪率15%台でした。 それが怪我で2ヶ月間全くトレーニングができなくて、今は67kgで15%台になってしまいました。 怪我をする前はベンチプレス120kgで10レップ、スクワット120kgで10レップでクワットは腰と膝が悪るくて重いウエイトを使うのは無理で、肩幅より少し狭いスタンスでフルスクワットが無理なくできる重量を使ってました。 デッドリフトは腰が悪くなってからは行なっていません。 腰を痛める前は150kgで10レップでした。 目標は体重60kgで体脂肪率5%~8%くらいの体を作りたいと思っています。 筋力はベンチ、スクワット共に100kgで10レップを少し余裕があるくらいに保ちたいです。

  • 腰痛になりやすいのですが、スクワットやデッドリフトはしない方が無難でしょうか?

    こちらの掲示板の質問回答はとても充実していて、 筋力トレーニングをしている私にとってはとても参考になります。 この度、 はじめてこの掲示板に投稿させていただきますが、 どうぞよろしくお願い致します。 私は現在週に3回ジムに通っており、 全身をトレーニングするようにしています。 これまではベンチプレス、デッドリフト、スクワットを中心に、 補助種目を加えてやっておりましたが、 元々腰痛持ちの体質?がありまして、 デッドリフトとスクワットを1週間に1度ずつやってしまうと、 起立筋の回復がおいつかず、常に腰痛に悩まされるということになってしまったので、デッドリフトをメニューからはずしました。 よって、スクワットにより起立筋(腰)と脚全体を鍛える形になっておりまして、デッドリフトを外した分、ベントローやラットプルダウンで広背筋及び後肩を鍛えるようにしています。 しかし、こうのメニューにしてもスクワットをすると、 どうしても腰痛になってしまいます。 起立筋が筋肉痛で腰痛になっているとは思うのですが、 腰に不安がある状態でベントローをやるのも、 精神的にも肉体的にも不安です。 こちらの掲示板のいろいろな問答集を読ませて頂いたのですが、 高重量でデッドリフトやスクワットをされていた方で、 ギクッとやってしまって、それ以来スクワットをすると軽い重量でも 腰が痛くなってしまうという回答がけっこうありました。 私のジムの周りの人でも、 腰を一度悪くしてしまい、スクワットができなくなってしまった人がいます。その人はレッグプレス、エクステンション、カール等で脚を鍛えているようでした。 私は趣味で筋力トレーニングをしているだけで、 スポーツも特にしておりませんし、アスリートになるつもりもありません。目標としては年をとっても”動ける親父”になりたいと思っています。 そこで、お聞きしたのすが、特別な目標やスポーツをやっている人でない限り、やはり腰痛持ちがデッドリフトやスクワットをするのはリスクが大きいのでやめておいて、他のベントローやフロントランジにしておいた方がよいのでしょうか? それともデッドリフトやスクワットは、他の種目では得られない程の効果があるので、リスクを承知の上でもやった方がよいのかお聞きしたいです。 長文になりましたが、ご回答の方よろしくお願い致します。

  • 筋肥大を目的としたトレーニングの使用重量・回数についての質問なのですが

    筋肥大を目的としたトレーニングの使用重量・回数についての質問なのですが、種目を仮にラットプルダウンだとして 1セット目60kg×8 2セット目60kg×6 3セット目60kg×4 レップ数が下がっていってしまう場合に 2セット目以降の使用重量は8回こなせる重量に下げた方が良いのでしょうか? 詳しい方宜しくお願いいたします。

  • 筋トレの間隔について

     初めましてウエイトトレーニングを行って5ヶ月目に入りました高校3年生の男性です。  ウエイトトレーニングを5ヶ月行っていますがなかなか目標の体系には程遠いというほど貧弱な体です。  ですが引き締まってきているのではありますが筋肉が大きくなりません。  そこで3ヶ月までは二日おきにトレーニングを行っていたんですが、なかなか筋肥大にはならずに引き締まっていくばかりでした。二日では休みが取れていないと言われたので3ヶ月からは三日おきにトレーニングを行うことにしました、三日おきにトレーニングを初めて2か月経つのですが全く2ヶ月前とは変わらない貧弱な細めの体型です(筋肉がついて引き締まっているのですが・・・)。  そこでアドバイスをもらえればうれしいです。筋肥大を目指すトレーニングの間隔としては二日おきがいいのかそれとも三日おきがいいのか?どのような休み方をとればいいのでしょうか?  お願いします!

  • ウエイトトレーニングで筋肥大させたい。。。

    こんにちは。 スポーツジムで、ウエイトトレーニングをしてるんですが、筋肉の疲労だけが残ってしまい、筋肉痛が起きないんです。 筋肉痛が起きないと筋肥大は起きないと思うので困ってます。 ウエイトは、全力の80%の力でトレーニングしてます。 10回を3セット(最後の10回は5回位しか持てないくらいの重さ)でトレーニングしています。 10種類のマシンでトレーニングしてます。 大胸筋を特に筋肥大させたいので、重点的にトレーニングしてるんですが、筋肉痛が起きないのです。 どうすれば、筋肥大できるでしょうか?。 今のトレーニングでも効果はあるのでしょうか?。 現在のトレーニングでは、少しだけ筋肉が隆起してきてますが、それ以上は筋肥大してない状態が1ヶ月くらい続いてます。

  • 背中のトレーニング

    広背筋や、脊柱筋(下背回り)のトレーニングをやるんですが、他の部位より明らかに成長が遅いです。日にちは不定期(一週間に3回はやる)で、種目も不定期ですが、だいたい懸垂、デッドリフト、ローイング、自重での背筋運動(えび反るやつ)等をしています。ですが、肥大というか、割れたりというのもあまりないです。 重量が悪いのか、やり方が間違ってるのか、わかりにくいと思いますがご指導下さい! ちなみに、私はビルダーではなく競技の為に鍛えておりますので実践的なトレーニングを教えて頂ければ幸いです。また、そうやってトレーニングして、どんな変化があったかお聞かせください!

専門家に質問してみよう