• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本は、たった3人に支配されているのですか?

公務員の人事院とは、たった3人のことなのですか?公務員の給料は、政治家が決めるべきなのでは?なぜ、人事院が事実上の、公務員の給与を決める強権を握り、公務員給与についてシビリアンコントロールがほとんど効いていないのでしょうか?政治家が公務員給与にタッチしようとすると、憲法違反だとか、訳の分からぬ事を言い出し、公務員自身で決めることがなぜ許されているのでしょうか? 官民格差を拡大させ、天下りを助長し、日本の財政破綻を推進し、日本を狂わせてきた、人事院とは、一体何なのですか?この極悪だんご三兄弟は、何なのですか?

noname#144702

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数413
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • thank27
  • ベストアンサー率19% (32/161)

シビリアンコントロールを利かせないようにしているのが現状、 財閥関係は官僚によって、法律や制度に利便性を与えられるので政治家に官僚たたきを進めるわけは無く それを察知した政治家は表向きとは大きく違う官僚びいきになっています 国会質問答弁、世界への表明 これを完璧に議員ができるはずが無く家庭教師としての官僚がその利権、利害についてもおしえているのです 日本の国会議員の政策スタッフを充分取れないようにしているのは官僚が優遇されるからです 国家の舵取りをする本家、官僚がその責任は取らないおいしい制度 その成れの果てが今の日本です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>政治家は表向きとは大きく違う官僚びいき 人材配置などで、国民はすぐに気づくべきでしたね。どうして、こういう大切な事は、全く報道されていないのか。日本のマスコミは、本当にマスゴミ。まったくジャーナリズムのかけらもない、大本営報道ばかりですね。 官僚が、官僚の給与を決める立場の頂点である、人事院総裁についている。これは、ドロボーが警察の頂点に立つようなもので、管理される側と管理する側が同じになってしまっていて、天下りと構造は同じで、バカみたいです。意味が無い。 日本には、3人の総裁がいるのでしょうか。事実上、総理と同じであった自民党総裁、そして日本の金融を預かる日銀総裁、そして、官僚の人事院総裁。官僚が日本を支配する三角形の一角なのですね。

関連するQ&A

  • 軍部の暴走が国を滅ぼし官僚の暴走がまた国を滅ぼす?

    戦前の大日本帝国憲法では、天皇の下、軍部と大臣とには、現在のような上下関係は無く、軍部の暴走も必然で、シビリアンコントロールが効かない構造だったようですね。 官僚は軍人ではないですが、現在、官僚機構に対しては、国民から選ばれた大臣がある種のシビリアンコントロールを形式的には働かせています。 しかし、形式的には、国民が選んだ人間が社長として頂点に立ったとしても、現実には、継続性を持つ官僚側に一日の長があり、大臣が強いリーダーシップを発揮できない状況となっています。言わば、官僚が暴走している状況であり、政権交代によってかえって、経験の浅い大臣が弱い立場に立たされるという矛盾を抱えてしまっており、官僚のシビリアンコントロールを効かせられなくなっています。 政権交代と同時に、官僚もすべて交代させるよう、官僚に関しては公務員に含めない特別職にできないのでしょうか? 天下りまでして国を完全に牛耳るようでは、この国の2度目の敗戦は防げないと重います。

  • 何故、公務員削減をするのか?

    もちろん、日本の財政を考えると削減となるのは仕方ないと思う。 使ってない公務員宿舎とかそういうのは明らかにいらない。 国を背負ってるという意識のない堕落的な奴はいらない。 それはわかるし、やらなきゃいけない。 でも公務員の人数減らすのはおかしいのでは? 先進国で日本はトップクラスに公務員が少ない。 もちろん、天下りは許せない。 でも国家一種なんて仕事時間はえげつない。 目的意識がしっかりしていない奴は続かないと思う。 クビにならなくて安定してるっていうのも 公務員になるのは大変。 それこそ努力した人がなるものだから特権として認めても良いのでは。 大学生活の半分以上を犠牲にしたわけですし。 そんなことよりも 国会で昼寝する奴、 親の地盤だけでなんとなく政治家になる奴、 金の為に政治家になった奴 を排除すべきです。 国会議員の数を減らして、 国会議員の給料を減らせば、 自ずと目的意識がある奴がなれるのでは? そしたら日本も変わるかもしれない。

  • 国民の出番は政治家と公務員が払えるだけ払った後では

    1000兆にも上る借金をどうするか?まず、政治家として、世界一クラスの報酬を受け取り、企業献金も止めずに政党交付金を受け取り続け、大震災があっても今や1円も支払わないという政治家と、天下り官僚の指定席である人事院が、事実上、自分たちの報酬額を決めており、今でも、バブル絶頂の頃と報酬に大差の無い公務員が、まず、第一に、自分たちの報酬を削減し、払えるだけ払った後、国民に消費税を求めるのが筋では? なぜ、いつのまにか、消費税アップが当たり前みたいになってしまったのですか?政治家たちは、どこまで金に群がる拝金主義者なのですか?東電や九電には、やたら経営責任を求めますが、政治家としての国家の経営責任は、取らなくていいのでしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3760)

> 公務員の人事院とは、たった3人のことなのですか? また訳のわからないことをいう。top3人だけが人事院のわけがなかろう。 人事院の下に事務総局があり、その下に人材局・公平審査局等の局があり・・・という構成になっている。質問者の意見に沿えば、大企業が取締役会のメンバーだけしかいないと主張しているようなものだ。 > 公務員の給料は、政治家が決めるべきなのでは? 国会で決めているが? 正確には「国家公務員の給与の~に関する法律案(~は減額、臨時特例などが入る)」という形で国会で議決されて決定している。 人事院が出来るのは「勧告」だけであり、しばしば無視される。最近では、野田氏が勧告を無視して給与削減法案を出す予定であるという報道があった。 http://www.asahi.com/politics/update/1021/TKY201110210248.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。そのようですね。しかし、人事院会議というのは、この3人だけのようです。 また、今回も入れて、見送られたのは2回だけ、ちょっとパーセンテージを下げさせてもらったのが2回だけ、合わせて4回だけのようですよ。 http://ja.wikipedia.org/wiki/人事院勧告

質問者からの補足

自民党時代は、官僚にエサをやる利益誘導型の政治をやっていたから当然ですが、民主党になっても、基本的には何も変わらないようです。原則、勧告通り、勧告通り、勧告通り、・・・・の連打攻撃だったようです。

  • 回答No.5
  • poomen
  • ベストアンサー率34% (784/2278)

あほらし。陰謀論とは・・もっとも響きよく、また知識の足りない人々を納得させやすい欺瞞

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

陰謀論ではありませんよ。公務員の給与を決める頂点の人事院総裁が、官僚なのです。今までもおそらく同じでしょう。民間の経営者を入れていれば、失われた20年間の間に、何百兆浮いたか、日本は、今のような奈落の底には落ちていなかったでしょう。

  • 回答No.4

 同じ質問を繰り返すのはOKWAVEのルール違反ですが、前の回答に以下のお礼が質問追加の形であったので、合わせてコメントします。 お礼「人物像について、ネット上でも、なかなか情報がありません。Wikiにさえもありません。何なのですか、この謎の3人組は?国民によって選ばれた人間でもない。CIAのスパイか何かですか?」  まず、WIKIにないというのは間違いです。3人とも掲載されています。念のため、3人の経歴概要を紹介します。 篠塚英子  お茶の水女子大学名誉教授 専門は労働経済学 自民党内閣のもとで重用され、日本銀行審議委員などを務めた。日本でもっとも著名な女流経済学者のひとり。 原恒雄 前JR東海副社長、土木出身の旧国鉄技術者。JR東日本やJR東海の役員を務めた。 江利川毅 元内閣府次官。厚生労働省次官。厚生省の事務官出身。  また、人事官は国会承認人事なので、国会での議決がなければ任命されることはない。現に、篠塚氏の任命は、その前の候補者が当時野党であった民主党によって否決された結果再提出されたものであり、人事官の任命に関する国会優位は担保されている。2年余り前の有名な事件なので、関心のある人は覚えているはずです。  つぎに、人事院勧告はあくまで勧告であって、国会の承認がなければ実施されません。実際、1982年から3年間、財政難を理由に勧告は見送られたりたり大幅にカットされたりしました。公務員自身で決めるという質問は、何を根拠にしているのでしょうか。  これらの事実は、WIKIを検索すれば簡単に確認できます。調べもせずに、根も葉もない個人攻撃まがいの質問を繰り返すのは理解できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

同じ画像が使用されているから、同じ質問と勘違いしたのでしょうかね。できれば、人物像についての回答は、人物像について質問した方に回答してくれた方が、質問と回答にズレがなくて助かります。ここでは、人物像についてではなく、人事院という大層なものが一体何なのか?たった3人で人事院会議という大層なものが構成されているのはなぜか、など、人事院自体について質問しています。 >実際、1982年から3年間、財政難を理由に勧告は見送られたりたり大幅にカットされたりしました 結局、今回の時期と合わせて、2回だけですか。

質問者からの補足

人物像についてありがとうございます。検索の仕方が悪かったのでしょうか。いずれにせよ、たった3人のうち、一番えらい総裁が官僚であり、後は、国鉄の人間と労働経済の教授ですか。とても偏っていますね。代々の人事院の人材配置について調べる必要がありそうです。

  • 回答No.2
noname#229064

簡単な質問をさせてください。 東大卒業者と、中途半端な学卒者とでは、どちらが優秀でしょうか? せっかく一生懸命勉強してきたのに、国民の為に働く公務員がいますか?むしろ自分の身を太らせる事を考えるのが普通です。 政治家、一般国民は全て家畜です。 せっせと働き、最後は自分のみを犠牲にして、公務員の為に生きているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

人事院とは何なのでしょうか。国民を家畜とする機関ということでしょうか。

  • 回答No.1
  • aokii
  • ベストアンサー率23% (4487/18943)

日本の政治家が、あまりにも人徳がないのと、事務処理ができないことが問題なのでしょう。 ただ、それを選んだ国民にもだいぶ問題が有りそうです。 政治家の本来の仕事は法律を作ることです。 今の政治家で、自分一人でちゃんとした法律が作れる人がいるのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本は、韓国と並んで、一般人が事実上、政治家にはなれない国ですからね。金持ち連中は、国民の事などどうでもいいから、官僚まかせで楽して、実権を握りたいのですね。

関連するQ&A

  • 給与の官民格差って

    公務員給与の官民格差が話題になりますが、何をもって給料の差をはかっているのでしょうか? (例えば)同じ年齢の大卒者の給料の差? そうだとすれば、(ゲスな言い方ですが)偏差値の高い大学卒も低い大学卒も十把一絡げってことでしょうか? 中央官庁や県庁に就職できる程度の学力の持ち主と、3月まで就職活動してやっと中小の会社に就職できた人を同じ土俵で比較するのは、いくらなんでも無理があるのではと思うのですが。 ※ 決して学歴偏重を良しとしているわけではありませんので、気分を害されないように 私の場合、同じゼミをでた連中の中で公務員(県庁)になった友人だけがダントツで給料が安いんです。 連日0時近くまで仕事をして、それでも民間就職の一番給料安い奴よりマイナス100万。 (これからの時代は公務員もどうなるかわかりませんが)倒産あるなしを差し引いてもあまりに開きがありすぎ、不憫でならないのです。 聞くにつれ、自分は会社勤めで良かったと思っています。

  • 増税するなら、せめてこれをやってからにして欲しい

    増税議論がかまびすしいですが、消費税を上げる前にまだまだやることがあるだろう・・・と言いたいのです。 かつて、“逆立ちをして鼻血が出なくなるまで無駄を出し切る云々”と言っていたような気がします。 そして、“それでも税収が不足したら、国民の皆さんにご相談申し上げる云々”と言っていたような気がします。 さてそこで、鼻血はおろかまだ逆立ちもしていないような気がしますが、増税するなら、せめてこれくらいはやってからにして欲しいというものは何ですか? 次の中から3つだけ選んでください。 1.議員定数の削減 2.議員報酬の削減 3.議員特権の廃止 4.公務員給与の削減 5.公務員数の削減 6.年金の官民格差の是正 7.独法・特殊法人の削減 8.公共事業の見直し 9.政党交付金の廃止 10.国と地方の権利・義務の見直し なお、民主党政権は存続するという前提です。

  • 公務員の給与決定方法は適正かどうか?

    人事院の勧告によると公務員の給与は 毎年、「国家公務員給与等実態調査」及び「職種別民間給与実態調査」を実施し、その結果に基づき、 公務においては行政職、民間においては【公務の行政職と類似すると認められる職種の者について】、 給与決定要素を同じくすると認められる者同士の4月分の給与額を対比させ、 精密に比較(ラスパイレス方式)を行い、 官民の給与水準を均衡させる となっています。 調査対象となる民間企業は企業規模100人以上かつ事業所規模50人以上の約40000事務所の中から約8000事務所をランダムに抽出する ということになっています。 つまり、(中)小零細企業は最初に除外し、そこそこの規模を企業を選び、その中から工場労働者などの行政職は類似しない人は除外して平均を出し、それを公務員の給料にするというものです。 そして昨年は官と民の給与格差は0.01%しかないという理由で公務員の給与改定は見送られました。 http://www.jinji.go.jp/kankoku/h16/pdf/setumei.pdf  以下の事情等を総合的に勘案して、月例給の水準改定を見送ります。 ・ 官民較差(0.01%)が極めて小さく、俸給表の改定が困難 ・ 諸手当についても民間の支給状況とおおむね均衡 たしかに公務員の方はちゃんと試験勉強をした上で倍率の高い試験に通っています。 しかし、官と民の給与を比較する上で中小企業や零細企業、肉体労働者などは比較対象外というのはどうなのでしょうか? 中小企業や零細企業も含めた平均も出した上で、それと比較して業務内容を考えると何割増という風に決めた方がいいように思います。 公務員の給与が高い、低いという問題ではなく、一部の人間を最初から無視することに疑問を感じます

  • 今参議院で選挙やってますが、何処の党も具体的な法案が出てきてない様に思

    今参議院で選挙やってますが、何処の党も具体的な法案が出てきてない様に思います。 例えば、以下の法案を作る「日本国益党」とかが立候補したなら賛同できない理由とかありますか? 1.日本の国益を1丁目1番地に考える。 2.今、政権を取ったなら経済政策を第一に考え、円安誘導を行う。 3.派遣法は完全撤廃。正社員しか労働を認めない。ただし、給与の上げ下げを基本認める。 4.年金を停止する。 5.定年を強制廃止する。 6.生活保護に拘束時間を設け、公務を割り当てる。(健康な人のみ) 7.公務員は政治家が評価し、上下の差をもっと付ける。 2.は経済再生です。 3.は国民に安心を保証する為に必要だと思います。 4~6は予算削減です。 7は選挙で選ばれた政治家の言う事を聞く公務員を出世させそうでない公務員を左遷させる事により、公務員の仕事を適正化する事です。 因みに定年が無いので、天下りも無いですね。

  • 結局は弱い者いじめ?

    結局は弱い者いじめ? まあ、不景気なので当然と言えば当然、民間企業でも給料ダウンボーナスカットされているのと同様、公務員の方々にもそれが適応されつつあるみたいですが、それによって打撃を受けているのは若手など弱者ばかりではないですか?結局はべらぼうに給与もろっている(霞が関の人達や政治家とか?)人達って依然として高給取りなんですよね。ちゃんと高給カットされているのでしょうか。挙句の果てにはそういう「恵まれている方に属する公務員」には天下りがありますし。 何か問題が起こると「公務員全体」が叩かれる始末で、黒幕側には大してダメージは無く、罪の無い人達が大打撃をくらっているように思えます。地方によってはピンチな民間企業並みにかなり厳しい生活をしていらっしゃる方もいらっしゃるみたいですしね。 私は元々アンチ公務員派の人間でしたが、最近少し考えさせれます。確かに我々の血税を糧に生きている公務員なんか…という気持ちも分かりますが。何か、人によっては気の毒な方もいるなあと感じる今日この頃です。 私のこの考え方の感覚はおかしいのでしょうか? 弱い者いじめではなく、本当にボロ儲けしている霞が関の方達(?)が排される日は来るのでしょうか?

  • 税金の無駄使いより堤防作った方が良いと思いませんか

    これまで随分と税金は無駄使いされてきました。 贅沢な公務員 度を越した高給取の政治家、代議士 交通量少ない道路 使わない箱物 名を変えた天下り先の整備や準備 天下り人給与 等々夥しい無数の税の無駄用途があると思います。 見えにくい隠れた所にもそれは多く存在してもいると思う。 そんな虚の支出などせず、高堤防を作った方が良かったのではないでしょうか。 そしてそれは過去ばかりでなくこれからもいえることと思います。 多くの命を救えたはずです。 多くの命は、使い道の誤りや強欲によって失われたともいえると思います。 そしてこんな無駄使いの無反省の継続により、この国の未来に最悪な状態として確実に再現してしまうのです。 ちょうどその時期にそこに生まれ住んだ人はただ不運であったということで片付けられてしまうのは間違っていると思う。 オランダは国土が海抜下なので堤防で取り巻かれている。こういう国もあるのに。 無駄使いの先で甘んずる情けない者達がいる。本当に情けがない。 目の前に準備された税は愛すが人は愛さない社会に要らない偽公務職。 震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りするしかないようではいけないと思う。

  • 不祥事による損失は弁償させているのですか?

    政治や法律はまったくの素人なのですが、どうしても気になる事があります。 政治家や国家&地方公務員が犯した経済犯罪で、国民が被った被害額はきちんと返済や弁償が為されているのでしょうか。 例えば、大阪市の裏金問題などでは、関わった部署の責任者や職員に、個人の財産処分や給与のカットなどで、弁済をさせているのでしょうか。 政治家の口利きなどで、不当に高い工事費や購入額で税金を使った場合などでは、正当性の高い金額との差額を弁済させているのでしょうか。 今回の社会保険庁の件などでは、職務を怠ったという義務違反を理由に、責任者や職員に、罰則として給与返還などで弁済は為されないのでしょうか。当時の責任者が天下りで数億円を稼ぎまくったというのは、どうしても納得のいくものではありません。 公の仕事をしている立場の人は、自らは私腹を肥やし、損失は国民に押しつけ、弁済などの責任は一切取らなくていいという特権があるのでしょうか。 国民の税金の運用に違法性があった場合、弁済の罰則規定があるのかどうかと、実際の適用の実態などをぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 日本支配を止めさせることは可能か?

    出来れば「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」を読んだ方にお聞きしたいです。(この手の話に詳しい方なら誰でも構いません) 日本は、WW2の敗戦によって植民地化され、実質的には現在もアメ〇カ軍が常駐しており、経済的にも搾取されていると思っています。 美しい日本を取り戻そうと言っている安倍総理ですが、やっていることのいくつかは外国(外資)に有利になってしまっているのを見ると、どうにもならないのだろうかと絶望します。 無理だと諦めて、この惨状を受け入れて生きていくしかないのでしょうか? 結局、黒幕が良く分からないので、とりあえずアメリカと呼びますが、アメリカに逆らえない日本は、アメリカに平伏す自民党で国づくりをしていくしかないですよね?たとえ民主党が政権を取ったとしても、様々な妨害により結局は自民党政権に戻ってしまうからです。 この問題に詳しい方はどういうお気持ちなんでしょうか? 私はどうしたら良いのか分からないでいます。 ときどき「朝鮮人を追い出せばいい」といった暴論を聞きますが、そもそも朝鮮半島出身の方を”使っている”のはアメリカ(便宜上この言い方をします)だと思っていますので、そんなヘイトスピーチをしても意味はないと思っています・・・。 念のためですが、妄想だ!といったご回答は不要です。

  • 今の日本を支配しているものってなんですか?

    突然ですが質問です。 あなたは、この日本を支配しているものは何だと思いますか? 資本主義ですか?宗教団体ですか?国民感情ですか?外圧ですか? 個人、組織、主義主張、なんでもかまいません。 今の日本のありかたにもっとも根源的に影響を及ぼしているものは何か。 また、なぜそう思うのか。 なるべく詳しく、できればそう考えるにいたった参考資料についても知りたいです。 みなさんの考えをお聞かせください。

  • 公務員試験で 「外国人参政権」 が合憲?

    日本の大学入試試験や公務員試験で、憲法違反の「外国人参政権は合憲」が正解になるのは、何故ですか? 外国人参政権 → 最高裁 憲法違反 → 少数意見 立法の問題  → 大学入試センター試験出題 正解 「憲法は容認」 → 公務員試験出題      正解 「憲法は容認」 → 行政書士試験出題     正解 「憲法は容認」 外国人参政権反対国民集会 http://bit.ly/wq0ynT 人事院が昨年実施した国家公務員の採用試験で、最高裁が外国人参政権を憲法上問題ないと容認しているかのように判断させる出題があったことが7日、分かった。 (省略)  問題は、平成23年6月に大卒者を主な対象にした国家公務員II種の採用試験で、専門試験の憲法に関する設問として出された。  参政権について「妥当なもの」を5つの選択肢から選ばせ、「(外国人に)選挙権を付与することは、憲法に違反する」という記述を「妥当でない」と判断しなければ、正答が導けなくなるようになっていた。  また行政書士試験での問題は、 (省略)  いずれの設問も、2年に大阪で永住資格を持つ在日韓国人らが選挙権を求めて起こした訴訟について、最高裁が7年2月に出した判決を踏まえる形で出題されていた。  判決では「参政権は国民主権に由来し、憲法上日本国籍を有する国民に限られる」とし、原告側の敗訴が確定した。 ただ、拘束力を持たない判決の「傍論」で、在日外国人に地方参政権を付与することは「憲法上禁止されているものではないと解するのが相当」などと意見が盛り込まれ、傍論が参政権付与を推進する主張の根拠とされてきた経緯がある。  人事院は「議論があることは承知していたが、参政権付与は憲法上禁止されていないとする教科書も多くある。それらの教科書に基づいて受験者が学習していると考え出題した」と説明している。行政書士試験研究センターは「傍論も判決の一部という前提に立ち、出題に問題はないと考えている」と話している。  外国人参政権をめぐる傍論に基づいた設問は、22年の大学入試センター試験でも出題され、識者から問題視する声が上がっていた。 (省略)