• ベストアンサー
  • 困ってます

各自代表の代表取締役選定について

取締役会非設置で発起人2名、その発起人2名が設立時取締役、 そしてその2名に代表権を持たす場合、 定款に”当会社に取締役を複数名置く場合には、取締役の互選により代表取締役1名以上を定め、” との文言がある場合、代表取締役を互選により選定しなければいけないのでしょうか??? 上記文言がなければ自動的に2名とも代表取締役として登記されるようなのですが、、、 どなかたどうぞよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数2703
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9

補足3 直接の回答にはなりませんが、参考までに、 旧商法時代には、株式会社の場合、取締役全員を代表取締役に選任してその登記をすることができました。 一方、有限会社は(取締役が代表権を有し、取締役が複数いる場合は各自代表となるため.旧有限会社法27条)取締役全員を代表取締役とする登記はできませんでした。 また、取締役が1名の場合にも同様でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろと本当にありがとうございました。 大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 代表取締役について

    友人一人と私の二名を発起人とする株式会社の設立を予定しています。 定款では、譲渡制限会社で、取締役会は非設置、取締役の人数は5名以内、互選で代表取締役選任可、といった定めを盛り込む予定です。 ただ、諸般の事情で、設立段階では、発起人のうち一名(友人)のみが取締役となることにしたいと考えています。 この場合、定款では設立時取締役は友人となりますが、別途、代表取締役を定款で定める必要はあるのでしょうか?それとも、必要はないでしょうか。 また、会社の代表印には「○○会社代表取締役之印」と表記するのか、「○○会社取締役之印」と表記するのか、どちらが望ましいでしょうか。 以上、ご教示いただければ幸いです。

  • 『新会社法』での代表取締役について

    今、下記の内容で会社を設立しようと準備しております。 取締役:1名 発起人:1名 取締役会設置:無 監査役:無 「旧会社法」の有限会社の場合、取締役が1名の場合、『代表取締役』の設置が認められなかったらしいですが、調べたところ 「新会社法」の場合、下記の条件だと、『代表取締役』の設置が認めらるというのは正しいでしょうか? 1.定款の規定で定める。 2.株主総会の決議で定める。 3.定款の規定に基づき、取締役の互選で定める。 私の場合、取締役1名なので1)定款で定義すれば『代表取締役』の設置は認められると考えております。 はじめてなので、ご経験のある方アドバイスいただけますと助かります。

  • 代表取締役の選定 【取締役会非設置会社における】

    弊社は非公開会社・取締役会非設置会社です。 これまでは設立時取締役1名(A取締役)でしたが、取締役が1名増員(B取締役)するため、取締役が2名になります。 定款には取締役は1名以上置くという定めはありますが、複数になった場合の代表権についての定めはありません。 そこで今回、A取締役を代表取締役として定めることになりましたが、株主総会の招集から登記まで、どのような手続きをふめばよろしいかお教え頂きたく質問いたしました。 また、選定方法もいくつかあるようですが(代表取締役を定款で具体的に誰々と定める、取締役の互選で選定など)どの方法がよいかもわかりません。 無知で申し訳ありません。お教えください。

その他の回答 (8)

  • 回答No.8
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

定款で、互選規定がある場合に、互選しなかった場合に、 平取締役全員が、代表取締役になるという説と、 平取締役全員が、代表権がないとの説があります。 受け取った法務局では、互選のし忘れかと、、、、 原始定款で、代表取締役を定めておけば、どちらの説でも、、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても興味深いご回答ありがとうございます。 調べていましたら御礼が遅れまして申し訳ございませんでした。 どちらにせよ一度認証する前に法務局で 確認したいと思います。 いろいろと本当にありがとうございました!

  • 回答No.7
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

#4 補足で 合っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

補足2 ↓間違ってます(汗) 「代表取締役」は登記事項です(会社法911条3項14号)。 「代表」の考え方だけ参考にしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

補足 ご意見のとおりと考えます。 ただし、2名の取締役は「代表取締役」ではありません。 そもそも、「取締役」が会社を代表するので、当然に2名の取締役は「各自」会社を代表します(会社法349条)。 設立時に「代表取締役」の登記はしないことになります(そもそも、代表取締役の選任はしないわけです)。 この定款の規定からすれば、設立後に取締役の互選により代表取締役「1名」を選任することになります。 あくまでも「代表取締役」とは、複数の取締役がいる場合、その内の誰かを「代表」とすることができるということです。 なお、そのため、定款の設立時役員の規定として2名中1名のみ代表とするなら、 取締役○○○○ 取締役×××× 代表取締役○○○○ となり、2名各自代表なら、取締役2名のみ規定すれば、当然に各自「代表」となるわけです(元々各自代表なのですから、わざわざ「代表取締役」2名選任する意味がない。なお、従前の有限会社につき昭和31年12月4日民甲第2740号民事局長回答参照)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご丁寧にありがとうございます。 調べていたら御礼が遅くなりまして申し訳ございません。 もしできましたら最後にズバリお伺いしたいのですが、 1.取締役全員を代表取締役には選任・選定は 出来ない(する必要がないから)。 2.定款に質問の互選の定めがあり、複数の取締役がいた場合、互選しなければならない。 3.なので2名取締役、その2名が代表権を持ちたい場合、 定款に互選の件を入れてはいけない。 という解釈で大筋間違いないと思われますでしょうか?? 1.が出来るという意見と出来ないという意見を 目にするもので、、、。 以前ある行政書士の方に質問した時「できんじゃない」 くらいな感じでいまいちすっきりしなくて、、、。 もし気が向いたらで構いませんのでご回答いただけましたら 幸いです。。。

  • 回答No.4
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

取締役会がないので、 一般的には、定款で 「設立時代表取締役A,B」とすればいい。=大多数は定款で決めます。 定款に1名以上とあるので、代表取締役を2名選定することも可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 参考までに、定款にて以下のような内容は不自然ではないでしょうか??取締役2名の会社で、 (設立時取締役及び設立時代表取締役) 第○条  当会社の設立時取締役及び設立時代表取締役は、次のとおりとする。 設立時取締役 A 設立時取締役 B 設立時代表取締役 A 設立時代表取締役 B よろしければ引き続きご回答よろしくお願いいたします。

  • 回答No.3

その定款を変更しない限り、代表取締役は一名です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.2

設立時代表取締役の選任に関して取締役会設置会社については、会社法47条に定めがあります。 しかし、非設置会社についても定款に定めることによって、発起人や設立時取締役の互選による設立時代表取締役の選任ができるものと考えます。 問題は、質問の定款の定めが「設立時代表取締役」に関するものであるかどうかということです。 設立時代表取締役選任の定めなら設立時取締役の互選による選任ができますが、そうではなく一般の役員に関する規定であるならば、その適用はあくまでも設立後ということになります。 一度、司法書士に相談されるか、直接、管轄法務局の相談官に問い合わせてみては如何でしょうか。 なお、取締役会設置会社であることと、代表取締役を取締役の互選によって選任できることは別の問題です(会社法349条と362条を比較せよ)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 この定款の定めは設立時代表取締役に関するものではなく 一般の役員に関する規定です。 と、いうことは取締役2名の会社で、 定款に設立時代表取締役に関する規定がない場合は、 設立時取締役が自動的に設立時代表取締役となり、 上記の”当会社に取締役を複数名~”の定めがあっても、 設立後に互選による代表の選定は必要ない、 という解釈で大体OKな感じでしょうか?? よろしければ引き続きよろしくお願いいたします。

  • 回答No.1

 取締役会非設置なので全て株主総会で決めます。その内容の定款は会社法に違反しているので無効です。取締役の互選では選任できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 複数の代表取締役、定款の書き方

    取締役2名(発起人2名)で株式会社設立準備中です。 2人とも代表取締役して、私を代表取締役社長にしたいと考えています(経営業務を行うのはおもに私)。その場合定款にはどう書いたらいいのでしょうか。 代表取締役が1名の場合、定款は下のような感じだと思いますが、単純にこの1、2、3を記載しないことで、上記の意図が実現できるのでしょうか。 1.当会社に取締役を複数置く場合には、取締役の互選により代表取締役1名を定めることができる。 2.代表取締役をもって社長とする 3.社長は会社を代表する

  • 会社法の勉強中です…代表取締役の選定

    会社法362条3項 取締役会は、取締役の中から代表取締役を選定しなければならない。 http://www.company-start.com/Board_of_Directors.html >代表取締役を選定する方法(機関) > 取締役会設置会社 >  取締役会 (会362-2-3) >  【但し、株主総会の決議で代表取締役を選定できる旨を >  定款に定めた場合は、株主総会も選定することができる。】 【 】の記述は正しいのでしょうか? もし、正しいのであれば、 その根拠となる判例又は先例があるのでしょうか?

  • 代表取締役の責任について

    私の友人は、現在ある株式会社の発起人であり代表取締役です。 今回別の株式会社の発起人として株式会社を設立しました。 (この会社では役員にはなっておりません) もしも現在代表取締役をしている会社が倒産した場合、 どこまで責任があるのでしょうか? 今回設立した株式会社の出資金などはどうなるのでしょうか? 私は会社法の知識が全くありません。 どなたか教えていただけますと大変助かります。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 代表取締役の変更登記についておしえてください

    当社は取締役会非設置会社で、代表取締役は取締役の互選により選定します。 去る5月29日、当社の代表取締役より6月1日をもって代表取締役を辞任したい旨の申し出があり、別の取締役が代表となる旨、決定いたしました。 ※当社の取締役は、代表合わせて合計2名ですので、この2名間で代表が交代した形になります。 ■質問(1) この場合、互選書を次のとおりでよろしいでしょうか。 『平成20年5月29日(木曜日)午前●時●分、当会社の本店会議室において、取締役全員の一致を持って次の事項につき可決確定した。 1. 代表取締役改選の件 平成20年6月1日をもって代表取締役を下記の者に選定する。 代表取締役 ●●●●● なお、非選定者はその就任を承諾した。』 ■質問(2) 登記に必要な添付書類は下記のとおりでよろしいでしょうか? ・互選書 ・定款 ・辞任届 (日付は6月1日でしょうか?個人実印押印、印鑑証明要?) ※就任承諾書は、申請書に「就任承諾書は、互選書の記載を援用する」記載するため不要 ※互選書に押す印鑑は、新たな代表取締役は、登記所登録済みの代表印、辞任した元代表取締役は、個人実印(印鑑証明書添付要)でしょうか? すみませんが、どなたか助けてくださいませ。 ご回答お待ちしております。 お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします!

  • 定款所定の代表取締役の人数とは?

    代表取締役を辞任したとしても、「定款所定の代表取締役の人数を欠く事となる場合は、辞任により退任した代表取締役は、新たに選定された代表取締役が就任するまで、なお代表取締役としての権利義務を有する(会社法351条1項)」という記載が会社法にありますが、通常、このような場合、定款にはどのように記載されているものでしょうか? うちの会社の定款の場合、 「当会社の取締役は1名以上を置く」 「当会社に取締役を複数名置く場合には、取締役の互選により代表取締役1名を定め、代表取締役をもって社長とする。 (2)当会社に置く取締役が1名の場合には、その取締役を社長とする (3)社長は当会社を代表する」 という記載はあったんですが、上記をもってして「代表者取締役の人数を欠く」ということになるのでしょうか? 実は私は先日代表取締役を辞任したのですが(取締役は他に3人いる)、まだ代表取締役としての権利義務は残っているのでしょうか?(まだ登記はしてもらえていないため、第三者に抗弁できないのは理解しています)。

  • 権利義務取締役を代表取締役として選定した場合

    権利義務取締役を代表取締役として選定し就任登記がされている場合で、取締役について会社法・定款で定めた員数に満たす後任者が就任した場合、退任登記はできますか?? この場合、代表取締役について就任していないので、代表取締役については退任登記をすることができないと思うのですが、そうであれば、当該代表取締役の地位となる権利義務取締役についても退任登記をすることができないと考えています。そうなると、権利義務取締役の一部の者について、退任登記が認められないから、取締役・代表取締役ともに退任登記をすることができなくなる。 っと考えていいでしょうか??

  • 代表取締役を辞めたい

    名義を安易に貸した自分が悪いのはよくわかっています。一分でも早く代表取締役を変更してもらいたいです。なにかいい方法があれば教えてください。よろしくお願いします。 今年の三月に株式会社を設立しました。事実上は彼が現場もしきり、社長です。取締役は三名で、彼に頼まれ、登記上私が代表取締役になりました。籍は入れてなかったのですが、夫婦同然で生活していましたし、一生一緒にいたい、いずれは結婚したいと言われていて、信じていました。しかし、会社設立から二ヶ月後、女の人が突然訪ねて来て、彼には別に彼女を作っていたことがわかり、どうしても無理で別れました。その時点で彼も、私を役員から外すと自分から言ってました。でもそれから再三お願いしていますが、変更申請をするすると言いながら何も行動しておりません。何度も言ったら、するって言ってるんだから、ほっといて。と言われてしまいました。 もう一緒にいないし、前なら仕事も色々相談もあったけど、今は何をしているかも全然わからない状況で、代表者という私が責任を問われる立場にされていて、正直本当にとてもこわいです。 彼が言ってることは ・新しく取締役を入れない。 ・私を取締役からとりあえずのけて、しばらく代表者不在でいくか、私を取締役からのけて、彼自身が取締役になる。(彼は現在執行猶予中) 取締役三人のうち、私が代表者も取締役からも辞退でき、取締役が二名のままで執行猶予中の彼が代表者なることは可能なのでしょうか。 定款を見ると取締役五名以内を置くとなっています。発起人は彼と私になっていて、株数は彼が80で私が20になっています。 何かあったとき、今までの状況、応対からもう彼が私を守り、ちゃんと責任をとる行為をしてくれるとは思えず、信用できません。彼からは報酬も一切ありません。 やっと、私も就職先が決まりました。生活していくため、子供たちのためにもちゃんと入社して働きたいので、一日も早く法務局へ手続きをしたいです。毎日とても不安です。よろしくお願いします。

  • 会社設立にあたって発起人と代表取締役の選定について

    質問をさせて頂きます。よろしくお願い致します。 この度、株式会社を作る事になりました。基本的には自分と妻しか業務に携わらない小さな個人事業の延長のような会社です。 出資頂ける方が見つかり、株式会社にする事になったのですが、当面は出資者が全株主を持って、私は雇われ社長という身になります。 私は資本金を出さないので発起人にはなりませんが、出資者はいわゆるお金だけ出して頂けるので、設立の手続き等は自分が全てやりたいと思っています。 発起人:出資者 代表取締役:自分 こういった条件で、一番良い定款の作成及び登記申請の書き方をご存知な方がいらっしゃればご教授頂ければと思います。 もしくは、代表はやはり発起人で、役員は自分という形の方がやはりスムーズでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 代表取締役なし?

    2人で株式会社を起こす予定です。発起人2人が取締役になりますが、取締役が2人しかいないのに、2人共代表取締役にできるのでしょうか?それとも代表取締役なしにした方が良いのでしょうか?もし、両方可能であれば、どちらの方が良いのでしょうか?また、それぞれのデメリットがあれば教えてください。よろしくお願い致します。

  • 発起人総代=代表取締役で無いといけないの?

    株式会社登記申請書類の中で、発起人総代と代表取締役となる人物は別々の発起人がなってもよいのでしょうか? 個人で登記申請書を作成しており、確認したいのです。単純な事なのかもしれませんが、宜しくお願いします。

専門家に質問してみよう