• ベストアンサー
  • 困ってます

マウス皮膚の包埋、切り出しについて

こんにちは。 今、マウスの皮膚の垂直断の組織を免疫染色したいと思っております。 観察したいのが毛包であるため、完全な垂直断が必要です。ですが、これがうまくできません。 過程を書かせて頂きます。 マウスの背中の皮膚を切除し、4%パラホルムアルデヒドで固定、その後スクロースに置換し、 OCTで包埋し、ドライアイスで凍結、クライオスタットで切り出しています。 包埋時、皮膚をできるだけ立てているのですが、どうしても少し丸まってしまうのが原因でしょうか? 組織の垂直断を得る時の包埋のコツ、切り出しのコツなどありましたらどうかご教授お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2534
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

凍結するときにひと工夫するとうまくいきます。まず切り出した皮膚をOCTをたっぷり載せたスライドグラス上に平たく載せます。次に平面状のドライアイスを用意しておきます。組織片を下にして素早くスライドグラスをドライアイスに押し付け皮膚を瞬間凍結します。こうすると皮膚はほぼ完全に平坦になります。次にOCTを加えて同様の凍結を繰り返しブロックを大きくしていきます。次にトリミングして皮膚を垂直に立て、必要な大きさのブロックを作ります。クリオスタットでは大きなブロックを切るのには熟練が要りますので、最初は皮膚ブロックを小さくトリミングするのがよいでしょう。慣れてきたら少しおおきなブロックでも容易に切れるようになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そのような方法があるのですね。確かにこの方法で垂直なブロックでできそうです。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 皮膚 凍結切片の作り方

    ヘアレスマウスの皮膚凍結切片を作りたいと思っています。調べたり試行錯誤することにより、一応は皮膚の構造がある程度観察できる様にはなったのですが、なかなか綺麗な切片を作ることができません。今、私が従っている大まかなプロトコールと困っている事について書くので何か良いアドバイスがあったらお願い致します。 プロトコール 皮膚採取(脂肪を取ろうとすると真皮を傷つける可能性があるので、脂肪は取らずに引き剥がす様に取っています)→4%パラホルムアルデヒドで一晩固定(そのまま固定すると皮膚が丸まってしまうのでホチキスで大きめな皮膚片を濾紙に張り付けあとで必要な大きさにしてます)→10%ショ糖PBS(一晩)→20%ショ糖PBS(一晩)→30%ショ糖PBS(一晩)→OCTコンパウンドに置換(4℃で4時間程行った物の方が30分のものに比べ良かった気がします)→ドライアイスアセトンで凍結(空気による冷却むらをなくすために小刻みに揺らしながら)→クリオスタット内で20分ほど放置し、クリオスタット内の温度と一緒にする→表皮側から刃を入れ薄切りに(-18℃、厚さ5マイクロm)→張り付け→冷風で乾燥→PBSで水和→染色 困っている点 ・皮膚の採取方に自信がありません。 ・固定、ショ糖置換により皮膚が薄くなっているように感じるのですが、これで良いのでしょうか? ・薄切りすると、表皮を境に裂けます。一応、これをスライドガラスに付け観察するとちゃんと皮膚がいるのですが高確率でねじれたりしてなかなか綺麗な切片を作れません ・マウスには皮筋という物が存在していると聞いており、確かに真皮の下のあたりにフィラメント状の構造を確認したのですがこれが皮筋ですか? 以上です。まとまりがなく長い文章になってしまってすいません。答えられる範囲で良いので答えてもらえると非常に助かります。

  • サポニンでの膜透過作用について

    免疫組織染色において、サポニンを使って膜に穴を開ける方法がありますが、この方法は組織を4%パラホルムアルデヒドで固定した後でも効果があるのでしょうか?サポニンの作用が膜の蛋白にどのように作用して微小孔を形成し、組織染色が可能になるのか、どなたかご存知の方がおられましたら教えてください。

  • 凍結包埋ブロックの組織からゲノムDNAを抽出したいのですが

    以前に、マウスの腎組織を採取し、それをOCTコンパウンドで包埋した後、 液体窒素で凍結して新鮮凍結組織ブロックを作りました。 今回、このブロックの腎組織からゲノムDNAを抽出したいのですが、 まずOCTコンパウンドの除去をどのようにすれば良いのか迷っています。 単純に凍結状態でメス歯などで腎組織部分のみを切り出せばよいのか、 ブロックを融解させて腎組織を取り出し、緩衝液でコンパウンドをすすぎ落とせば良いのか。。。 できるだけ良質なゲノムDNAを抽出したいので、どなたかプロトコル、書籍・論文等の参考文献、経験上のアドバイス・注意点などを教えて頂けると助かります。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 免疫組織染色

     医学部大学院生ですが、免疫組織染色で悩んでいます。 やり方は色々書いているのですがさっぱり・・・です。まず、還流固定で取り出した臓器をどのように保存しておくのが良いでしょうか?凍結保存ですか?それともパラフィン固定でしょうか?パラフィン固定するその前に4%?10%? パラホルムアルデヒドで保存?免疫組織染色する前に長期間保存しておくにはどのような方法が良いでしょうか?

  • 組織標本作成の脱水時における質問です。

    組織標本作成の脱水時における質問です。 4%パラホルムアルデヒドにて還流固定、10%EDTAにて脱灰し、脱水系列に乗せています。無水エタノールはあらかじめ100%エタノールにモレキュラーシーブス3Aを底に沈めて入れておりまして、その中に直接組織標本を入れたときのことでした。半日経過後、標本は脱灰時の白色から赤色になり、エタノールは初めの無色から黄透明に変色してしまいました。この現象はどうして起こってしまったのか、もし、わかる方がいらっしゃいましたら、教えていただければと思います。 どうぞよろしくお願い致します。

  • ゴルジ染色の方法

    サンプルは、マウス脳(4%パラホルムアルデヒド灌流固定)の脳を用いてデンドライトやスパインを観察する目的です。「新染色法のすべて」に書かれている手順に従ってやってみようとしているのですが、セロイジンの取り扱い方が解りません。 1)クロロホルム・70%アルコールで硬化させる方法がわかりません。 2)硬化するとパラフィンのような固さになるのですか? 3)そのときの容器は何を使うのですか。 4)包埋された物体をどのようにして滑走式のマイクロスライサー(ミクローム HM430)に固定するのですか。 5)70%アルコールを付けながら切片を作製するとはどういう事でしょうか。 6)切片作製用の刃は、パラフィン切片作製に用いている品番(FEATHER S35)でいいのでしょうか。 7)切片が切れたとして、いつの時点でスライドガラスに張りつけるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 蛍光免疫染色について

    今、hMSCの一重染色をしていますが、ほとんど染まりません。固定液は4%パラホルムアルデヒドで10min、第一抗体はanti-β-Galactosidaseで4℃でO/N(濃度は1000~4000倍希釈)、第二抗体はAlexa 594 anti mouseIgG2a(濃度は500~1000倍希釈)を使っています。固定液を希釈し、抗体濃度をあげたら多少は染まっているような気がしますが、気がする程度です。染まるコツがあったら教えてください。

  • 凍結切片に穴ができる

    脳の凍結切片を作成して免疫染色を行ったのですが、切片に細かな穴がたくさん開いていて見栄えがとても悪いです。どこが悪かったのでしょうか? 作成方法は、4%PFAで灌流固定後、全脳を4℃で後固定O/N 30%スクロース/PBSに置換して4℃、O/N(沈むまで) OCT Compoundで包理後、ドライアイスで急速凍結して-80℃保存 使用時に-20℃で安定化後、切片作成しました。 切片に穴があく場合、どこを直すor改善すればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 凍結切片に泡

    マウスの胚(E11.5)の凍結切片の作製を行なっているのですが、顕微鏡で観察すると組織のところに泡が入っていて泡のある部分の組織が崩れたり、抜けてしまっています。包埋の条件は解剖後、4%PFAで4℃45分固定後15%, 30% シュークロース/PBSで置換した後、コンパウンドで包埋してドライアイス上で凍結しています。クリオスタットの庫内の温度は-20℃で切片の厚さは10μmです。包埋する時にコンパウンドには泡が入っておりません。また組織の周辺に泡は見られず組織の中にみられます。解決方法で考えられることがございましたら、よろしくお願いいたします。

  • 免疫染色を分泌蛋白で検出できますか?

    免疫染色を用いて、炎症組織で分泌する細胞が浸潤してきたことを調べたいと思い、いろいろと試していますが、うまく染色することができません。 見たいタンパク質はサイトカインです。LPSを投与して刺激した後に、各種のサイトカインの発現パターンを免疫染色で調べています。 1)分泌蛋白を染色する場合には組織の固定方法をパラホルムアルデヒド で行うことで問題は無いでしょうか? 2)固定は還流固定の方がいいのでしょうか? 3)分泌されている蛋白が大量にある場合には、特定の細胞を染め出すということはできないのでしょうか? 4)染色できるとしたらどのようなサイトカインであり、染色できないのはどのようなサイトカインでしょうか? 5)使用する抗体によって結果が大きく左右されるものなのでしょうか? 以上よろしくお願いいたします。