• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

建築確認の軽微な変更の条文の不自然について

建築確認が受理されて、着工したあとに、 軽微な変更をすることができて、 その根拠条文は、建築基準法の第12条第3項と 聞き及んでおりますが、条文を読んでも、 全く、そのようなことができそうに理解できません。 最近、この軽微な変更が厳しくなっていると 聞いていますが、まず、条文を理解したいのですが。 12-3「(略)建築主事は、(略)建築主(略)に対して、 建築物に関する工事の計画(略)に関する報告を 求めることができる。」

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数390
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • turkey
  • ベストアンサー率21% (48/221)

「工事の計画に関する報告を求めることができる」=「申請の通りでない場合は、ちゃんと報告をし、許可を取りなさい」くらいに砕けて考えれば良いでしょう。 tuhaさんが言ってみえる通り、配置や面積に関わる変更は、申請の出し直しになります。 それ以外の変更で、例えば間取りの変更などは、現在は変更申請を行うことになっています。以前は記載事項変更の届け出だけでしたから、かなり厳しくなり、申請料も必要になりましたから、お施主さんにかかる負担は大きくなってしまいました。 ただし、この辺りも建築事務所との打合せ次第で、法的に影響ない場合ですと、記載事項変更の届け出で許可していただける場合も多いです。私の経験だけかも知れませんが。 何故このように厳しくなったかというと、申請時と完成時では全く異なっている建物が多発したからとか(特に住宅で)。申請業務を民間に開放するに当たり、その再審査が無料では負担が大きい為、変更申請と言う形をとり、有料にしたとの事。 工事中の中間検査や完成時の書類など、我々の方は手間ばかり増えて、負担が大きくなってしまいました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • tuha
  • ベストアンサー率7% (3/41)

条文の内容は読んだトウリデ、何を云っているかと言うと、もう一度確認申請取り直しなさい! と言っているのです。 理不尽な事は解かりますが、今はそうなっています(最近) 軽微な変更 この内容が解かりませんので、なんとも申し上げにくいのですが、面積 配置 の関わることであれば、OUT です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 宅建 建築確認について質問です。

    いつもお世話になります。 みなさん、お時間さいてくださり、考えて回答をくださっててありがとうございます! 建築確認についての過去問で、質問します。 ヨロシクお願いします! 建築基準法の確認に関する次の記述のうち誤っているものはどれか。 選択肢のひとつです。 建築主事は事務所である建築物について確認をする場合、建築物の工事施工地又は所在地を管轄する消防長又は消防署長の同意を得なければならない。 解説には、 その建築物が防火地域及び準防火地域以外の区域内における住宅の場合は例外的に消防庁や消防署長の同意はいらないが、本肢の建築物は事務所なので原則通り消防署長の同意が必要となる、とあります。 建築物が事務所だと、なぜ同意が必要なのでしょうか? この選択肢には場所もなにも特定できることが書いていませんが、事務所というだけで 建築主事や消防署長等の同意を得なければ確認をすることができないのはなぜなのでしょうか? 100メートルを越える建築物でもなし、なのになぜ? 教えてください。 よろしくお願いいたします!

  • 建築確認審査の補助員とは

    建築基準法に基づく建築物の確認検査、審査の「補助業務」とはいったいどういう業務内容なのでしょうか 建築主事にあたる者は確認検査員といい、 1級及び2級建築士は補助員と言われているが、図面を審査することができるのか。 業務内容には受付業務や現場調査、完了検査等あります ご存知の方、教えてください

  • 今、二級建築士の資格の勉強をしています。

    今、二級建築士の資格の勉強をしています。 「建築主」と「建築主事」というのが今ひとつイメージできません。 建築主:自ら工事をする物・・・・・大工さん? 建築主事の人というのは、建築する上でどういうポジションの人なんですか? 初歩的な質問というか、パカですみません。 でも大事なところだと思うので、しっかり理解しておきたいんです。

  • 建築確認について・・・

    1階が店舗で2階が住宅の建物です。 昨年10月から建築確認の許可がおりずに現在に至っています。 地鎮祭も昨年の9月に済ませ、いよいよ着工と言うことで、銀行からつなぎ融資を受けました。 HMではなく工務店です。 着工金と言うことである程度の額をお渡ししました。 その後、既に済ませていた地盤調査では審査が通らないと言うことで、再度大掛かりな地盤調査も行われました。 その後、外回りのフェンスを取り付け、さて基礎工事だ!と言うところで、建築確認がどうのこうのと、中々工事が進まず・・・ 話を聞くと、建築基準法が変わってとにかく時間がかかると言われました。 こちらはつなぎ融資を受け、お金も渡しているのでとにかく早く着工してもらわないと余計な経費が掛かってしまいます。 しかし工務店サイドは「耐震偽造の姉○のせいだから、恨むなら姉○さんを恨んでくれ」の一点張り。 もちろん許可が下りていないわけですから基礎工事も出来ない更地のまま年があけ、つなぎ融資の期限も延ばすこと2回。 そうこうしていると、つい先日(5月中旬ころ)工務店より「役場はとにかく込んでいて中々許可がおりないから、 民間の審査機関に書類を回します」と言われました。 用は建築確認の申請を出して半年も掛かっています。 これは何度もやり直しがあってるから、これだけの時間が掛かっているのか? それとも本当にこれだけの時間がかかるものなのか? 建物は確かに1階が店舗なので鉄骨を使っていたりしますが・・・ そう大きな建物ではありません。 ちなみに民間の審査機関に書類を出して、1箇所やり直しになったらしくまだ許可はおりていません。 こんな場合、余計に掛かっている経費はこちら持ちなのでしょうか? 2度目の地盤調査代、つなぎ融資の利息等軽く100万は超えています。 工務店にも多少の負担はお願いして良いのでしょうか? こんなことなら多少高くてもHMに頼むんだったなと後悔しています。

  • 建築確認後の基礎の変更について

    このたび建築確認を代理の方にお願いして建築確認が下りたのですが、 当初は土間床で計画していたのですが、代理の方がべた基礎で申請していました。          (土間床で工事をしたいのですが)  このようなとき、建築確認を出しな押さなければいけないのでしょうか? 計画変更などでいいのでしょうか? 建築に詳しい方おしえていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 建築確認告示掲示板について

    新しく建物を建てる時、建築確認告示掲示板は必ず掲げられると思います。 どの時点で掲げられるものなのでしょうか? 掘削工事の時点 配筋工事の時点 その後の工事の時 建築確認告示掲示板が掲げられていない場合、何らかの処罰など与えられるのでしょうか? またそういう物件を見つけた場合、何処へ問い合わせすればよいでしょうか? 建築物は特殊建築物で現在配筋工事を行っている物件があるのですが、建築確認告示掲示板がないので気になっています。 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 建築基準法第六条の二 「確認の特例について」教えて

    建築基準法第6条の二第2項に建築に関する確認の特例として以下の文章が載っていますが、意味が良くわかりません。  「前項の規定により・・・・中略・・・・建築士及び建築物の区分に応じ、建築主事の審査を要しないこととしても建築物の安全上、防火上及び衛生上支障がないと認められる規定を定めるものとする。」とありますが、具体的にどういうことでしょうか?  素直に読むと「特定行政庁等が独自の規定を定めて確認審査をする」と読めるのですが。

  • 建築確認を受ける前に地盤改良をすることは可能でしょうか?

    どなたか分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。 現在、地元工務店で新築を予定しています。 木造2階建てです。 できるだけ早く建築に着工したいのですが 建築基準法43条の許可(申請中)も必要になり まだ着工できない状況です。 さらに地盤改良も必要なことが判明し、ますます遅れてしまいそうです。 そこで、43条の申請、建築確認の申請中に先に地盤改良をすることは可能でしょうか? 基礎の位置などが変わってしまうと地盤改良も効果が薄れることもあり得ますが、 建築確認によって基礎の形状が変わることはないのでは、と思っています。   よろしくお願いします。

  • 建築確認の日付と、建築の日

    建築確認の日付と、建築の日 家を建てようとあちこち見て回ってます。 建築確認、現場で看板表示、等、 お役所にいろいろ書類を出すという ことは、だいたい理解できました。 いろいろ見て回ると、建築確認の日付が、 建築されている日と、近いものが あるものがありました。 建築の許可(?)が正式にだされる 以前に、工事が始まったということだと 思うのですが、コレって問題はないのでしょうか? なんか建築会社が強引に話を進めそうで、 恐い気がします。 また、建築確認というのは、簡単に許可される ものでしょうか? こういった手順は大事かと思うのですが… よろしくお願いします。

  • 建築基準法第12条5項による報告

    旅館に勤務している者です。 現在、倉庫として使用している場所を宴会場として 改装することになりました。(100平米超、倉庫として建築確認済) 基準法上現在のままでは問題があるということで法に沿って 必要な設備工事等を行います。 設計士によれば、建築基準法12条5項による報告のみで法的に クリアーとなる旨の説明を受けています。(倉庫→居室) 素人ながらいろいろ調べてみたのですが、いまひとつ理解できていません。 そもそもこの12条5項は、どのような時にどのような目的で 報告するのものなのでしょうか? また、事前に報告書を提出し、県の建築主事の決裁がでれば 完了後の検査などもないように聞いています。 正直、書面だけでいいの?という気がするのですが・・・ 設計士を信じていない訳ではないのですが、どうも腑に落ちなくて こちらで質問させて頂きました。 よろしくお願いします。