• 締切済み
  • 暇なときにでも

欧州のディーゼルが日本に導入されない理由??

アウディの売りはディーゼルですよね?ルマンで毎年プジョーも頑張ってるし。 燃費もトルクもガソリンよりかなり良い。しかしメルセデスだけですね。ディーゼルは。 日本政府もしくは自動車工業界が、欧州のディーゼルを閉め出してるのか? 安い小型のディーゼルがヒットしてハイブリッドが売れなくなれば、日本経済は破綻すると考えると・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数6412
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.9

日本は一度排ガス規制なんてやったもんだから今更急にディーゼルのが排ガスがきれいなんて言いずらいんじゃないですかねー、車は何でも欧州のが一歩先な気がします。いつも日本は真似をしてそれよりいいものを出すって構えな感じですよね?中国とやってる事はたいして差がない。未だにデザインもメルセデスの真似。車に関してはまだまだの日本って感じ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アウディーR8ディーゼル

    確か欧州にはR8にV10かV12のディーゼルが存在していると思うのですがR8シリーズ最速はもしかしてディーゼルのR8でしょうか? 超ビックトルクの強烈な加速にガソリン車が太刀打ちできるのでしょうか? ルマンでもアウディーのTDIが優勝していますしディーゼルファンの私は興味津々です。 ご教示お願いします。

  • 日本車のディーゼルエンジン

    乗用車についてですが 欧州ではディーゼルの方が人気で、新世代のディーゼルモデルを日本向けにも導入し始めています BMWは既に販売中で、追ってメルセデス、アウディ、ボルボなど 日本車だとMAZDAが新世代ディーゼルを展開し、なかなか評判が良いらしいですが、MAZDA以外に新世代ディーゼルを投入予定の日本車は無いのでしょうか? 欧州でも日本車は人気らしいですが、欧州向けのディーゼル搭載モデルもあるのでしょうか?

  • ディーゼルについて

    ディーゼルについて 日本はなぜディーゼルが少ないのでしょうか? ヨーロッパではディーゼルターボが主流だと聞きます。 元々ターボは排ガスをきれいにしたり、燃費向上のために開発されました。 なので、僕自身もディーゼルとターボの組み合わせは良いと思います。 なぜ日本はハイブリッドなのでしょうか? ディーゼルターボではだめなのでしょうか? 回答お待ちしています。 よろしくお願いします。

  • 回答No.8

日本にディゼルが入り難い理由は、次期EUの排ガス規制と日本の規定が同等だからと聞いたことがあります。日本のために、DPFや、尿素還元システムに今開発コストを掛ける必要性が薄いからと欧州メーカが考えたためなんでしょうね。 日産エクスペリアや、メルセデスのBlueTecの売れ行きからみて判断してるのでしょうね。BlueTecに関しては日本特化の価格で戦略的に狙ってますしね。 Audi、BMWなんか日本に導入発表を2008年前後にしたけど結局断念したところをみると、日本導入の型式検定、日本対応DPFなどは採算が取れないと判断したためでしょう。BMWは限定で150台ほどだけ出しましたね。ルノー&日産、シトロエン&プジョー、BMW&VWなんか小型のディーゼル直4いいのだしてますし、いすゞ、マツダ、富士重工は欧州向けディーゼルエンジンも供給してますし、次期EU06が規定を満足する車がヨーロッパででたらいいのがでるかもしれないですね。 ハイブリッドやEV車に関しては、ヨーロッパはまだ遅れてるとはいいますが、これからディーゼルハイブリッドなどエコな車が出てくるはずです。ガソリン車に特化してるトヨタさんは、とうとう海外からのディゼルエンジン導入初めてますし、もうちょっと時間が掛かるのかもしれないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

どうも、#6です。 日本人はアホだなどと、一言も言ってねえっすよ。ただ、基本すぐ騙されちゃう日本の消費者に、もっと儲けるチャンスがあるのに不況で洗脳。。。じゃなかった擦り込み。。。じゃなかったイメージ戦略が出来なくて指を咥えて見てるしかない、っつってるんっすよ。 実際ディーゼルの良さをアピールしているCMって、今のところBS朝日のCarGraphicTVの提供してるBOSCHだけでしょ?コレが今の韓国程度の景気だったらトヨタも日産もメルセデスもVAGも、みんなカブせてきてる筈っすわ。「実はクリーンになったエンジン」とか「電気、ハイブリッド、そして、第3のエコロジー」とか「まだ20年前の感覚なんですか?」とかキャッチコピーをつければたいていの人はコロッと騙されちゃう。。。じゃなくてまんまと術中にハマっちゃう。 でもそっちにお金をかけてる余裕がねえからやらないだけっすよ。風評覆すには大量のイメージ戦略が必要っすから。だったら今の流れを守ってたほうが安上がりっすから。でもバカじゃないからそこに金儲けのチャンスがあるのはよぉくわかってる、けどなんにも出来ないから指を咥えて見てるしかねえんっすわ。 日本人はアホだなどとひとっ言も言ってねえっすよ。ただ民衆はたいてい騙されやすいっつってるだけ。その辺割と露骨めに臭わせたんだけど、伝わらなかったのかな。日本も韓国も中国もアメリカも、そんなに違わねえよその辺。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

単にディーゼルのイメージが悪いからだけっすよ。ハッキリ言って考えすぎっす。 ディーゼルは黒い煙モックモクで、加速は最悪で、ガランガランうるっせえ、っつー20年前のイメージがそのまんまっすからね。 市場のイメージが良くないから投入してもリアクションはタカが知れている+いいイメージを植えつける宣伝戦略には莫大な金が掛かる、っつー事で儲けが期待できないから導入しなんじゃねえの? 実際ね、イギリスなんかのクルマ好きの間ではハイブリッドと一緒に『オチ』として扱われてるからね。ロイクーな煙は出なくなったしガランガラン言わなくなったけど、どうしても加速が悪いからね。 反面ヨーロッパの市場ではディーゼルエンジン用のECUチップチューンキットっつーのが花盛りで、加速の悪さをカバーするアイテムがいっぱいあるから市場としては面白いんっすけどね。もっともこの辺は正規ディーラーではなかなか手が出せない領域っすけど。 これが今みたいな不景気な世の中じゃなくてバブル末期くらいの景気だったら、もっと導入されてたと思うっすけどね。イメージ戦略にかける金があれば、こっちが思ってる以上にオイシイ市場っすから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ようするに日本人はアホだと。 理解しました。

  • 回答No.5
  • oska
  • ベストアンサー率48% (4105/8467)

>アウディの売りはディーゼルですよね? アウディーだけでなく、西欧では「低燃費・エコ車は、ディーゼル」ですね。 >日本政府もしくは自動車工業界が、欧州のディーゼルを閉め出してるのか? 基本的には、政府の方針としてディーゼル車を良く思っていないのは事実です。 が、ディーゼル車を締め出している事はありません。 ベンツなどのディーゼル車も、正規に輸入を認めていますからね。 他にも回答がありましたが「極端な、反ディーゼル思想」が原因です。 「ディーゼル=黒い排ガスを撒き散らす=環境・健康に悪い」 こういう情報のみが、東京都を始めとして大々的にアピールされましたよね。 結果、行政も「ディーゼル規制強化」を打ち出しました。 実際は、規制に適合しないディーゼル車を規制しただけです。 が、世論操作で「ディーゼル車は、悪」という認識が広まったのです。 「その買い物。今必要ですか?」 「お花見。必要ですか?」 「夏祭り。必要ですか?」 「日本経済崩壊の為に、経済活動を自粛しましよう。ACジャパンからの命令です」 東電原発人災・地震津波天災以降、民主党政府は「ACジャパンを通して、経済活動自粛」の世論操作を行ないました。 ポンコツ菅政権・民主党は、大々的に「原発=原爆思想」との世論操作を行なっていますよね。 (原発反対の人は、24時間電気を一切使っていませんよネ(爆笑)) 一度政治的に植えつけられた思想は、中々正常思想に戻りません。 「ディーゼル車=悪」との根拠の無い思想が、広まり過ぎたのですね。 日産の新ディーゼルエンジンは、EU諸国のエンジンに劣るものではありません。 が、ベンツのディーゼルと同じで販売は芳しくありません。 また、財政的にも「ガソリン大量消費の方が、税収入が多い」事も理由の一つです。 ディーゼル車が普及すると、揮発油税収が大幅に減少します。 国会議員年収4000万円(歳費+各種手当て)財源が不足するだけでなく、民主党政権の税金ばら撒き政策にも悪影響を与えるのです。 ディーゼル車の普及は、断固として「拒否」したいのが政府・各省庁の本音なんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アウディ社長がQ7のディーゼル導入する言ってたんですけどね。Cクラスもブルーテックの予定だったんですよ。

  • 回答No.4

いなかのくるまやです。 http://www.carview.co.jp/green/report/road_imp/nissan_xtrail/225/ まるで欧州仕様のようなエクストレイル・ディーゼルが日産から出ては いるんですが、売れ行きはサッパリです。 それを見た他社がディーゼル乗用車の国内販売に消極的に なるのも無理はありません。 営利を目的とする企業としては「儲からないものには手を出さない」 という決断を下すのは当然ですから。 国内でディーゼル乗用車が売れないのは、まるで「ディーゼルは悪」と 決め付けたかのような国策により、とてつもなく厳しいDS規制が打ち 立てられ、それに対応するためメーカー各社は高いDS対策コストを 車両価格に転嫁せざるを得なくなった半面、軽油価格が高騰したことで 一般ユーザーレベルでは「ペイしない」ことが確定したからでしょう・・。 昔だと、少々ディーゼル車の車両価格が高くても軽油単価がガソリン 比でリッター当たり40~50円差がありましたから、高い燃焼効率との 相乗効果で、一般ユーザーレベルでも容易に「ペイできていた」わけです。 現在、世界中でディーゼル車に情熱を注ぐのは欧州だけと言っても 過言ではないくらい欧州でのディーゼル普及率は高いようですが・・・。 その理由を「単純に効率だけに着眼したドケチだから」で済ませば 簡単なんですが、あの高い車両価格をもってしても買い向かうわけ ですから、単にドケチなだけが理由でもなさそうです・・。(笑 (ほとんど原油を産出しない欧州では軽油も安くはないはずですし) そんなの関係なしで、ディーゼル、しかもMTを欲しがる欧州人・・。 ひょっとして「故障要因が少ない点」に着目しているのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アメリカでもブルーテック売れてますが…

  • 回答No.3
  • nekoppe
  • ベストアンサー率26% (380/1450)

>欧州のディーゼルを閉め出してるのか これは逆ですね。ベンツEクラスディーゼルの日本発売時、排ガス規制に不合格だったのを特別扱いで許可していたので超優遇です。 >安い小型のディーゼルがヒットしてハイブリッドが売れなく 欧州小型ディーゼルが売れても日本車の販売には響きません。欧州車を購入する人が乗り換えるだけですので台数は僅かで高コストになり、マニアの手が届かない価格になります。法人で購入する場合は燃費など気にしないのでディーゼルは検討外となります。 >欧州のディーゼルが日本に導入されない理由 車に限らず売れないものは導入されません。経済余裕のある人は燃費もディーゼルも気にしなく、余裕がなく、やっと小型車に手が届くマニアには、ガソリン車より高額なディーゼルは無理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかってねーなー。

  • 回答No.2

ディーゼルエンジンを使った自動車に対して、めちゃくちゃ過剰に反応して居る知事が居る訳です。 法律的にも、大都市圏は乗用車には適用されませんが乗り入れなどまで規制をしていたりします。 また、大都市圏では、同じく現時点では乗用車に対しては行われて居ませんが、登録から何年以上で、その地区を保管場所とする車検の更新が出来なくなると言う物があります。 しかも、その規制は黒煙の量ではなく、単に登録した年数が経過したらダメ!などと言う横暴な物になって居ます。 そういう規制がある中でいつ突然乗用車にも適用となるか判りませんし、そもそもイメージをわざと悪くするキャンペーンが行われた訳ですから、その中でディーゼルエンジンを持ちこむと言うのもあまりよくないと言うのが現実的な問題なのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

石原さんは考え改めてますよ。

  • 回答No.1

導入されて無いと仰られていますが残念ながら日本でも、日本車メーカーが最近欧州と同じく燃費性能のいい軽油の自動車が販売されています。 海外からもエコ減税対象の軽油車が輸入されて販売されていますが、日本人の一部には昔の軽油車のイメージが多いので売れないんでしょうね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日産と三菱の話はしてませんが?

関連するQ&A

  • ハイブリッドとクリーンディーゼル

    日本でハイブリッドが盛んになりつつある頃、ヨーロッパでは二酸化炭素の排出が少ないとして、クリーンディーゼルが低燃費車の主流でした。 ちょっと考えると、燃費が同じなら排出される二酸化炭素量も同じと思えるのですが、ガソリンエンジンとクリーンディーゼルでは違うのですか?

  • ディーゼルのハイブリット車の開発って?

     現在、この日本ではディーゼル車は某都知事などによって虐げられていますが、モータリゼーションの先進国の欧州各国では、約6割の自家用車がディーゼルとか聞きました。  一方この日本には、他の国にないハイブリッドの技術が実現化された唯一の国であり、その性能の高さは世界に広がろうとしています。  北米のような、ガソリンを中心としたモータリゼーションの国々は、今の技術を延長してもいいとして、ディーゼル熱の高い欧州向けに近い将来、“ディーゼル仕様のハイブリッド”が必要になるそうです。  ディーゼルの技術も良くなり、出力的な問題はないと思うのですが、重さや始動性、また肝心の環境への公害性などはどうなるのでしょうか?  それと実際、現実化する可能性はあるのでしょうか?  やはり、日本では販売されることはないのでしょうか?

  • マツダのCX-5

    新しいSUVが早ければ来春とのこと。 欧州では当たり前のディーゼル仕様。 トルクの太さと、低燃費。 (わたしにはこれが魅力) 日本じゃ販売あり得ないでしょうか? ディーゼルのSUVなら日産エクストレイルくらい。 でもスタイルがどうしても昔のCRVで好きになれないし・・。

  • ディーゼルは地球を救う?

    日本ではすっかりディーゼルエンジンが影を潜めました。「ディーゼル=悪」という図式があるからです。しかしその間にもディーゼル発祥の地ドイツでは確実に 改良されてるようです。 世界一厳しいと言われる新長期規制もクリアできるそう です。しかも静かでパワフルです。遅い、汚い、うるさ はもう過去の物になりつつあります。石油業界も超低硫黄軽油の供給を初め機は熟しつつあります。 となると燃費の良さや耐久性などメリットが光ります。 個人的には重量級SUVやミニヴァンでガソリンを 撒き散らす方がよっぽど悪いと思います。ハイブリッドと組み合わせれば、さらなる高燃費が望めます。なぜ 今ディーゼルを見直さないのですか? http://www.bosch.co.jp/jp/diesel/qa/index.html http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015583.html

  • ヨーロッパディーゼル車

    欧州はディーゼルターボが多いですね。 最近は、小型でターボ、ガソリン以上のパワー。 燃費もいいし。 相当、過給しています。 魅力的な、エンジンが多いです。 日本はガソリン車か、ハイブリッドばかり。 昔は、ディーゼルのラインナップが、多くありましたが。 日本メーカーも海外用は、ディーゼルがあるようですが。 日本では、ディーゼルは、売らないのでしょうか? ガソリン車、ハイブリッド車、ディーゼル車、 選択の幅が広がって、消費拡大にに繋がるのでは? 逆に、種類が増えて、価格が高くなる? 個人的には、ディーゼル車が、大好きです。 最近は、国産者は、売ってないので、寂しいですが。

  • シャレード 1.0ディーゼルターボ…その後?

    燃費のいい、小型車の事を考えていたら懐かしい車を思い出しました。 ダイハツ シャレードです。 一応4代目までモデルがあったようですが、私(30代後半男性)がすぐに思い出すのが2代目です。 最初にデトマソが発売されたモデルであり、1000cc直3ディーゼル、同ターボが存在したモデルです。 たしか、私の記憶が定かなら、 1000cc直3ディーゼルが39馬力(グロス)、 同ターボが50馬力(グロス) だったと思います。 やや強引ですが、このディーゼルエンジンを現代版として復活させたとしたら、結構人気が出そうな…。 ランニングコストが安くてトルクフルで。。。 という事で質問です。 (1)このエンジンのその後の開発ってどうなっているんでしょうか?意外に欧州で搭載車があったりしますか? (2)日本国内における展望は?リッターディーゼルターボの復活の可能性は…皆無ですか?? その辺の事情にお詳しい方、よろしくお願いします。

  • 最新のディーゼルエンジン事情

    現在発売されているディーゼルエンジンを積んだ車のなかで 最も静かな(ディーゼル音が抑えられている)車種は、なんでしょうか? ディーゼルエンジンを積んだ車は全体的に燃費が良くトルクがあるので、購入候補に入れたいと考えています。しかし、ディーゼルエンジン特有のガラガラ音は嫌いです。 良いアドバイスをお聞かせください。 BMW320d: 町乗り(低速域)でかなりディーゼル音が耳障りでした。速度が出てくると気にならないのですが、、、。 メルセデスやマツダのエンジンは、どうでしょうか? その他についても、教えてください。

  • どちらの可能性が高いですか?

    最近大きな地震のニュースが増えた気がします。 また、郵政民営化がいったん廃案になったため、日本経済もどうなるかわかりません。 東京で大地震が発生し、日本経済が壊滅的なダメージを受けるのと、 日本政府の改革が進まず、日本経済が破綻するのとではどちらの可能性が高いと思いますか? また、両方とも起こる可能性があるのであれば、どちらが先に起こると思いますか?

  • ディーゼル乗用車と軽油税について

    私はディーゼル乗用車崇拝者でも嫌悪者でもないことをお断りしてお尋ねします。ベンツCDI320の日本発売が開始されました、販売店で現物確認してその静粛性と加速はこれが日本で悪の根源とされてきたディーゼル車かと驚きました。但し、いくら石油が高騰しても840万円もする高額車を購入する所得者に燃費経済性が必要か否かは疑問です。---技術精進すればここまでできることが示されました、日本メーカーが欧州で販売しているディーゼル車のレベルは不明ですが、日本国内では産業【漁船など小型船舶や運輸建設業】保護のため軽油関連税を安く維持するため故意にディーゼル乗用車の普及を暗黙阻止させたのではいかと考えますがいかがでしょうか、一方で将来の燃料電池車に繋がるハイブリット車の開発普及は官民あげて資源を投入したと考えられませんでしょうか

  • 国産車でLEDウィンカーが普及しない理由

    欧州車では2005年ごろ(?)から採用されているLEDウィンカーですが国産車では殆どが電球です。 テールランプはLEDが採用されている車種がたくさんあるのですが。 コストの関係(高輝度のオレンジLEDは赤より高い?)もあると思いますが 欧州車はメルセデスのAクラス(W176)でもLEDウィンカーが採用されています。 国産車で1番コストとは程遠いレクサスでも現行LSとNXを除いて電球です。 4000万円近いLF-Aでもウィンカーは電球です。 特に現行のLSが登場した際には日本車もLEDウィンカーがどんどん普及するかと思いましたが、 その後に出た現行ISは電球であり、現行クラウン(210系)も電球でした。 個人的にはコスト面以外にも法規的な問題(明るさではなくW数で決められていたような…) もあると思いますが、レクサスLSなどでは採用されていますし、恐らく国内初だと思うのですが 一時期初代エスティマハイブリッドでテールのみLEDウィンカーが採用(オプション?) されていたと思うのですが、それ以後ぱったり消えてしまいました。 というか純正採用されている車種が初代エスティマハイブリッド、現行LS、現行スカイライン(V37)、NXしか無いような気がします。 国産車ではここまで普及しない理由はなんなのでしょうか? 最近アウディが流れるLEDウィンカーを純正採用した事により 国交省でも正式に認可されたようです。 これにより今後は国産車でもLEDウィンカー搭載の車種が増えていくのではと思っているのですが…。