• 締切済み
  • 暇なときにでも

弁護士から突然の手紙

私は交通事故の被害者なんですが事故自体は赤信号で停車中に後続車に追突されたので当方の過失は一切ありません。 色々有って相手方の代理人である保険会社の担当と示談交渉の話し合いの時間が取れずおまけに自宅に郵送されていた郵便物も私の手の届く前に親が大事に?仕舞ってしまい私の手に届いていませんでした。(親は軽度の認知症で24時間介護の必要は無いのでに中は家で一人で居ます) それが偶々見つけた郵便物を見ると弁護士事務所から私宛の手紙があり開封してみると○○月××日までに損害保険会社に人身事故に関する承諾書を郵送するか内容に承諾出来ないなら保険会社に連絡しろと書いて有りました。また手紙の最後には上記期日までに連絡無く場合は請求の意思が無いものと判断させて頂くとありました。 この手紙に書かれた期日自体が自分が開封した日の二週間以上前おまけに同意書も手元に無い(親が仕舞い込んだ物と思います)ので同意も何も内容がわかりませんでした。 直ぐに連絡をしたかったのですが開封したのが夜中の12時頃では何も手が打てませんでした・・ 保険会社が弁護士に依頼されたようですが損害賠償の請求権は3年が時効だと後で聞きましたが、法律で決められた時効期間以前に普通郵便で送られた書面をもって弁護士がこの文面で意思表示と取るって書面てのは如何なものなんでしょうか?郵便事故もあるのに本人に届いたかも解らない何ら他に連絡もしないで意思無しって解釈は暴挙じゃないでしょうか? 翌日保険会社に連絡取ると弁護士がその文の意味を説明したいと言っているが連絡先を教えていいかとか訳の解らない事を言っていたのですが弁護士さんは保険会社が代理人と定めたのなら法に詳しい方の判断に任せますとだけ伝えました。暫くすると弁護士から電話があり今回の様な手紙が届けば立腹して連絡を取ってくる人が居るからとか何とか言っていました。これって形を変えた脅しじゃないのでしょうか? この手法ってのは弁護士なら当たり前の方法なんでしょうか?法に詳しくない人間の弱み?を付いた方法を取るのが弁護士の仕事の進め方なのでしょうか? 当方は別に保険金の多く貰おうとか思って引き伸ばしているのではなく介護や仕事で時間が取れない状態が続いていた結果なのにこのような文面の書類が届くと事故の慰謝料よりこの手紙での慰謝料を請求したくなります。現に手紙を見た日の晩はどうすれば良いのか考えていて眠れませんでした。 弁護士は交通事故の被害者との示談交渉が条件面以前に話が出来ない状態が少しくらい長引いただけで脅しかけるのってのは普通なんですか?私が介護等に時間を使って加害者との交渉に時間を割かないのが悪いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3317
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

あなたの言われてることは正論だと思います。 普通郵便で出しておいて「回答がないなら、その気がないとする」などは、方法的に傲慢なところがあると思います。 苦情を言ってしかるべきでしょう。 しかし、あなたの言い分の中で「翌日保険会社に連絡取ると弁護士がその文の意味を説明したいと言っているが連絡先を教えていいかとか訳の解らない事を言っていた」については、おかしな事を言う人だなという感想を持ちました。 保険会社に連絡をしたのですよね。そうしたら、弁護士があなたに連絡をしたいので連絡先を教えて欲しいという希望があるという。保険会社では、あなたの電話番号とかプライベートな情報をしってるが、それを弁護士に教えてよいかどうかをあなたに聞いてるということです。 わけの解らないことを言ってるのではなく、それだけ保険会社があなたの個人情報を守っていてくれるということですよ。 今回の事故で被害者になられたことで不愉快なことは理解しますが、だからといって、少し考えれば自分のためにやってくれてるかどうか解ることを「わけが解らないことを言ってた」と表現されるのは、控えたほうがよいのではないでしょうか。 「弁護士から電話があり今回の様な手紙が届けば立腹して連絡を取ってくる人が居るからとか何とか言っていました。これって形を変えた脅しじゃないのでしょうか?」に。 あなたは時効という語彙まで使用してる知識のある方ですのに、脅しと考える短絡なところがあるのですね。 郵便を出した、連絡をくださいと書いてあるのに連絡がないので、さてどうしようかと弁護士は思っていたのでしょう。 「家族の方がしまいこまれてたのですね、だから連絡がなかったんですか」という意味での弁護士の発言でしょう。 慰謝料がどうのこうのと言われてますが、ものすごく見当違いですよ。 処理を進めるには、被害者との話合いが必要なので、確実な方法として郵便で(つまり書面で)連絡をするというのは、現在では丁寧な方法です。 携帯電話で話ができる世界に「郵便」ですよ。 たまたまそれを、ご質問者が封を開けなかったので、相手の意思がわからなかったというだけです。 「あなたとお話をしたいので、その時間をいただきたい」という内容の手紙を出して「不愉快だ、慰謝料を請求する」といわれてたらたまりませんでしょう。 弁護士はこんな弱いものいじめをするのかという、まったく筋の違うことを言われてます。 弱いものいじめではなく「言った、言わない」という水掛論をなくすために文書で連絡をするのです。 あなたの文面に「突然の手紙」とあります。 手紙が届いたら突然ですか? 手紙を出すまえに「今からあなたに手紙を出しますので、よろしくご査収ください」という電話をしてこないので、おかしいという意味でしょうか。 だとすると「その電話そのものが脅しだ」「慰謝料を請求するう」「弁護士は弱いものいじめをするのが仕事か」と言い出すでしょうね。 手紙が来たことに「突然手紙が来た」という受け止め方をする人は、この辺はきりがないのです。 加害者との交渉にはあなたの都合を優先してよいと思います。 しかし、相手方からみると「もうすこし、連絡をしやすい環境になって欲しい」と思われてるようです。 手紙を出したら「突然、手紙が来た」という受け止め方をされる人に、どうやって接触をしたら良いのか教えて欲しいぐらいではないでしょうか。 他回答様が触れてる点ですが、あなたが相手の立場になって考えると少しはお怒りが収まるのではないでしょうか。 「連絡をください」と手紙をだしてるのに、連絡がない。 なんとか連絡が来たので、どういうつもりで手紙を出したのか説明したら、脅かしてるだとか慰謝料だとか言い出し、挙句のはては「弁護士は弱いものいじめをするのか」という感覚を持たれる。 被害者であることを最大の武器にして、相手にモンスターとして向かってるのはあなた自身ですよ。 お気づきになってください。 あなたは優秀で知識もありますが、被害者になってることと、介護の疲れでしょうか、考え方に「他罰性」が見られます。 手紙を読まなかったという自分の落ち度を棚に上げて(事情はあるでしょうが)、そんな手紙を出してくるほうがおかしいのだという勝手な理屈をこじつけてます。 一般に手紙は出せば届く、届けば読んでもらえると思われてるではないですか。 あなたは「こういう事情で手紙の内容を知るのが遅くなった」といえばいいだけでしょう。 自分が被害者だから、相手に頭を下げることなどしなくていいのだという気持ちが、今回の「あなたが不愉快になる事件」の発端ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 弁護士からの通知

    自動車事故を起こして示談交渉の最中なのですが、私の契約している保険会社の 対応に不満があり苦情を申し出ると、保険会社は弁護士をたてると通知してきま した。今後契約者である私との対応は弁護士を通じて行うので保険会社には一切 連絡するな、という郵送による通知です。 その後弁護士からも連絡(郵送による通知)がありました。詳しい内容は書けな いのですが、その通知には  ○月○日までに貴殿から○○につき当職宛に書面にて連絡がない場合、貴殿に  ○○の意思がないものと判断させていただきます。 と記載されていました。 仮に私が何も意思表示しなかった場合、○○の意思がないものと判断されても文 句が言えないのでしょうか? 弁護士とはまだ一切連絡をとっていません。 法律に知識のない私ですので、皆さまのお力をお借りしたいと思います。 保険会社の対応にあきれるとともに頭にきています。

  • 弁護士法72条

    弁護士法72条 弁護士法72条は、弁護士以外の者が報酬を得る目的で非弁行為をしてはならないとありますが、たとえば保険会社職員が、通常間に入らない100:0の事故に対して相手保険会社と何らかの交渉などをした場合も違反に入りますか? 顧客から直接の報酬は得ていませんが、保険会社から給料が出ている場合。 もしくは、100:0事故で、過失0の保険会社が顧客に代わり示談交渉を行うことは、弁護士法72条違反には当たらないのでしょうか。

  • 交通事故 保険会社と代理権

     ふとした疑問です。  交通事故で保険を使う場合、当たり前のように保険会社同士が代って交渉などをして保険金の支払いなどを行ってくれますが、そもそも弁護士以外は業として法律事務に関して代理人になれないのでは?という疑問がわきました。 これは弁護士法の例外として認められているケースなのでしょうか?  「人身傷害補償」など、自分の保険会社から支払われたものに関して、相手方に請求する権利を保険会社が代位取得してから交渉・請求するのはわかるのですが。。。通常の保険金が支払われる前はどうなんでしょうか? また、これは特に人身事故でも物損事故でも同じなのでしょうか?  宜しくお願いします。

  • 回答No.2
  • asato87
  • ベストアンサー率61% (934/1522)

本件のような弁護士も居るということです。決して普通じゃないでしょう。 本件で過失が無いということでしたら、質問者様は100%被害者であり、不法行為に基づく損害賠償請求は権利であって、それを行使するかどうかは自由です。 行使しなくてはならないなんて義務はどこにもありません。しかし、そうした権利行使を長期間にわたり行わないと、相手方も困るし、証拠も無くなっていく、相手ももう権利行使されないのではと安心してしまうところに何年も後からいきなり請求されても困るなど、時間経過による状況変化に対応するため、時効という制度があるのです。 普通郵便は、社会的な常識で考えて投函から1~2日もあれば届いていると考えられますが、相手が届いていないと言えば、届いたという証明は出来ませんから、そうした郵便で保険会社(その代理人の弁護士)が一方的に請求権を放棄したとみなすなんて主張が法的に通るはずがありません。 相手には、質問者様の権利行使を妨げる権限はありません。弁護士は裁判官じゃないのですから。 ですから、事故が起こって1年も2年も経つわけでもないのでしょうから、焦る必要もありませんし、そんな弁護士のやり方に疑問を感じたら弁護士倫理に反するんじゃないかと弁護士会に相談するくらいでいいのです。 冷静に考えると保険会社がさっさと事務を終わらせたいだけなんですから。 考慮するとしたら、相手も仕事だし、被害が特定できているなら、可能な限り早く要望を具体的に伝えて、事務処理を進めてあげるのがよいというくらいでしょう。 そもそも、鞭打ちなどの場合、本当に後日傷みや後遺症が出ないか判りませんから、安易に和解(示談)をしてはいけないというのが常識ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

少しは相手の立場に立って考えてみるべきでしょうね。 仮にあなたが大きな怪我をして、賠償金の支払を切実に要望している場合、 早期に賠償金を支払ってほしいという要望を伝えるのは当然ですよね。 そのときに、加害者から、介護で忙しいとか、認知症の母が手紙を隠して知らなかったとか、 こちらの知らない一方的な都合だけ並べられたら、どんな気分になるか分かりますか? わざわざ弁護士に頼って通知を送ってきているところからみて、 あなたが相当長期にわたって保険会社に待ちぼうけを食わせて、 事案の処理を長引かせていた可能性が高いわけです。 あなたにしてみれば、親が認知症だったとかいろいろ言い訳があるんでしょうけれども、 手紙を送っても返事せずに相手に迷惑をかけたのは動かし難い事実です。 弁護士から早期の回答を求める通知が送付されても当然のことではないでしょうか。 あなたにとってはいつ受け取っても構わないお金かも知れませんが、 保険会社の人がいつまでも待っていなければならない理由はありません。 時効になるまでは黙って待っていろなんていう資格は誰にもないですから。 一方的に保険会社や弁護士を悪者扱いする前に、 なぜそんな通知が送られてきたのかを考えてみられてはどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 交通事故の弁護士特約について

    昨年交通事故にあい、現在弁護士特約を利用しています。 先日保険会社から示談金のことについて直接連絡がありました。 弁護士からは何の連絡もありません。 示談交渉などこちらから弁護士に言わないと、何もしてくれないのでしょうか?

  • 弁護士さんを変えるべきでしょうか

    昨春、医療事故に依る損害賠償請求を、経験の浅い弁護士さんに依頼しました。 依頼当初は、『悪徳医師を懲らしめましょう、同様の被害者を未然に防ぎましょう』と訴訟に大変積極的だったのですが、 何故か訴訟前の示談交渉中に、既に一気にトーンダウンされたように思われます。 相手側が提示してきた金額は、請求額の2割程度です。 医師の謝罪が全く感じられない内容の為、これならば訴訟をしたい旨申し出たのですが、『裁判となると立証が大変だから』と取り合って頂けません。 まさかかと思いますが、示談交渉の相手は保険会社の一担当者だけれども、 裁判となると腕利きの保険会社の顧問弁護士が出てくるという事が、今更ながら御判りになったのかもしれません。 『請求額に近づくよう交渉します』と繰り返しおっしゃるのですが、 依頼して1年半経過しているのですが、対面で交渉した事は未だ1度もない状態で、請求書面のみを相手方に送るのみのようです。 弁護士さんって、こんな物でしょうか?。これでは、代書屋さんと変わりないのではと、最近は不信感が募ってしまいます。 着手金を諦めて、他の弁護士さんを捜した方が良いのでしょうか?。 それとも、弁護士さんに過大な期待を寄せるのが間違いなのでしょうか?。

  • 弁護士から送られてきた手紙について。

    引っ越し作業中に台車から荷物が落ちそうになり腰部捻挫のため保険金を請求したところ、弁護士より書類が届きました。 その中で疑問点として下記のようにありました。 (1)貴殿は、平成14年から約10年間で9回の事故に遭い、受傷しています。貴殿は受傷するたびに長期通院や入院となっています。長期間の治療を要する受傷ばかりするものなのか疑問が生じます。 (2)事故形態は、交通事故が3回、転落が2回、転倒が2回、重量物の移動によるものが2回。交通事故に関しては、約3年間で3回事故に遭っています。一般的に交通事故に遭うことは稀なことであり疑問を払拭できません。 (3)転落や転倒も頻回に遭っています。長期治療を要する受傷を毎回経験しているものであれば、日常の行動に気をつけるものではないでしょうか。継続して病院に入通院することは大変な苦痛ですから、日常行動に注意するのが普通です。同様の事故が何度も起き、入通院する事態になっているからです。 (4)通院中に腰部を負傷し、継続して通院となっているものがあります。前回の事故で通院限度日数の90日を超えた次の日から腰部負傷での通院となっています。このように、切りがよく治療となるものでしょうか。不可解です。 (5)本件事故では、台車から荷物が落ちそうになり受傷したとのことです。本件事故で50日も通院を要するほどの受傷をするものでしょうか。 こうしたことから貴殿の事故自体に疑問が多々あり、偶然性の証明はできているとは判断できません。よって現状では本件事故による保険金のお支払いはできません。 方針として、 以上の疑問点があるので、本件事故及び過去の請求歴のある事故に関して詳細な調査をすることにしました。偶然性に疑問がある場合、及び事故の偶然性に疑問が解消した場合でも、入通院の必要性がないと判断されるものはすでに支払済保険金を返還していただく可能性もあります。 その前提として、今後も本件事故の請求を続けるのか意思確認をします。また過去の事故自体についても疑問を持っており、今後共済契約を継続することに消極的にならざるを得ません。そこで、上記契約の合意解除を提案します。これに関する意思確認もしますので、別紙にて解答ください。 貴殿に契約継続の意思があり、保険請求の意思もある場合、本件事故保険請求と併せて過去の事故での疑問のある事故に関しては支払が適正であったかについても調査いたしますのでご協力ください。その場合は、別紙同意書に署名・捺印の上併せてご返送ください。 なお、調査に応じない場合、保険金のお支払いはできませんし、場合によっては支払済保険金の返還を求めることもありますのでご注意ください。 とありました。これは当たり屋や保険金詐欺と疑われているのでしょうか。 この文面だけでは不信に思われても仕方ありませんが、最後の交通事故から約2年間、自費で治療を行っている最中に起こったことを保険会社に伝えてから請求を出しています。 しかも継続して通院していたことに関しては、ひとつのものとして請求をした方がいいか保険会社の担当に相談してから請求を出しています。 交通事故に関してもすべて追突され、自分に非はありません。 あと労災も含まれています。 また、体調・精神状態から嫌気がさし、そのまま請求を取り下げたり合意解除に応じると、逆に不正請求をしたと思われますか。 よろしくお願いします。

  • 相手側弁護士との交渉を拒否できるのかどうか。

    交通事故被害者です。 こちらが保険会社との交渉を断ったところ、弁護士との交渉に切り替えますとの手紙が届きました。 相手側からの謝罪は無く、本人からの直接謝罪を要求していましたが断られました。 弁護士からの交渉待ちですが、納得出来ません。 弁護士交渉を拒否して、本人交渉することは可能ですか? 拒否できる、できないに関わらず根拠法令も教えて頂けると有り難いです。

  • 突然、弁護士からの内容証明付き郵便が

    先般、車同士の交通事故で物損、人身の両方での案件となりました。相手の保険会社から0対10で当方に過失はなしとの連絡があり、話を進めていく段になり保険会社の車両担当者からはそれなりに連絡はあったものの、人身担当者からは当初通院交通費等の請求の用紙の送付の連絡があっただけでその後連絡がなかったため保険会社のカスタマーセンターに連絡し、担当者の変更をお願いし変更して頂きました。当方としては当初の人身担当者の謝罪を頂いたうえで話を進めると代わられた方に申したところ、上席者の謝罪をもって当事者の謝罪はないとのことで話を進めることができなったところ、何の連絡もなく突然弁護士から本案件の法的交渉に関し加害者及び契約保険会社より委任されたので、今後は当弁護士に連絡せよとの内容証明郵便が届きました。 この様に、弁護士を立てる際相手への告知義務はないのでしょうか?保険会社の内部規定だけで加害者(保険契約者)や被害者への事前告知は?更には、保険会社の当初担当者の謝罪はむりなのでしょうか?

  • どちらの弁護士がいいの??

    交通事故で、過失割合が10:0で完全に相手が悪く私は被害者です。 ですが、弁護士をたてて示談交渉するようにと勧められました。 それは、相手の保険会社が安い金額で示談を進めるからです。 自分の保険証券に弁護士特約が有るので、弁護士に依頼するようにと言われたのですが、 質問、弁護士は自分の保険会社の専属の弁護士の先生が良いのか? それとも、ネットとかで探して交通事故専門にしてらっしゃる弁護士の先生が良いのか? どちらが良いのでしょう??

  • 弁護士と連絡がとれません..

    私の母親の交通事故の件で、1年以上前からある弁護士に保険会社の対応をお願いしております。 やっと先月になり後遺障害認定が3級の判断がおり、自賠責保険分は振込がありました。 その後、残りの分を保険会社に請求しましょうとなり、私が持っている領収書や今まで掛かった費用一覧を作成し弁護士に渡したところ、保険会社に対する請求書を作成しますとのことでした。 ところが、待てど暮らせど何も連絡がなく、1カ月が過ぎ、こちらから連絡をすると、忙しくて着手が遅れているとのこと。 9/11まで待ってほしいとのことでしたので、待っていましたが本日(9/19)になっても連絡がありません。 メールをしてもなしのつぶて、電話をしても電話中や外出中で折り返しの電話もありません。 今までもたびたび連絡がつかなかったことがありましたが、ここまでなのは初めてです。 こうした場合、どうしたらいいのか困り果てております。 今考えられることは、その弁護士事務所の代表弁護士に電話をし、クレームを入れるのがいいのか?くらいです。 若い弁護士で変な人とは思えませんが、何も連絡がないのは誠意がなさすぎるように思えますが、いかがでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 自動車保険 弁護士特約等について

    双方に過失がある事故において、交渉が難航して、保険会社が自分で弁護士対応に切り替え、結果的に保険不使用により自腹で支払いをした場合、弁護士費用を請求されたりするのでしょうか。それとも示談代行の一環として請求されないのでしょうか。 また過失割合で交渉が揉めて、相手が弁護士対応してきた場合も保険会社が自分で弁護士対応に変えた場合、上記のような対応になるのでしょうか。それとも弁護士特約を使用して対応するのでしょうか。 無過失でしか、弁護士特約を使えないと聞いたこともありますが、そうなのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 交通事故に関する弁護士費用について

    昨日バイク事故にあい右足骨折してそのまま入院となりました。 保険会社との交渉を弁護士に依頼しようと考えています。 弁護士費用についてですが加害者に請求できますか? バイクは自賠責保険のみのようです。 私は免許持ってますが現在車を所持してないので任意保険などありません。 又会社帰りの事故ですが労災申請できますか?

  • 交通事故 弁護士!

    電話番号不明のため突然のお手紙でご連絡させていただきます。 平成18年11月○○日の人身事故担当の○○です。(本当っぽい) 現在相手側と示談交渉中ですが難航しております。 早期解決のため弁護士委任も一案です、その件でご相談したいので ご連絡下さい。 今日、これが届きました・・・(普通郵便) まず、3年以上前の人身事故の件なのでおかしな気分になりました。 検察に行き略式命令どおり罰金も納めました。 示談書は双方サインするもので自分は記入し、その時に会社を通して 保険会社に渡しております。 すべて過去に解決済みだと思っていたのでとてもショックで どうしていいのか解りません。 どなたか教えて下さい。 (1)連絡したほうが良いのか無視でもよいのか (2)この弁護士委任に費用はかかるものなのか (3)放置した場合自分は何か罪になるのか