• 締切済み
  • すぐに回答を!

TOEIC990点、専門知識以外に翻訳業に必要なスキルは?

私の彼は東京にある某大で博士研究員をしています。化学が専門です。現在は職場の周囲の方にも恵まれ、十分なお給料をいただいています。 ただ、本人から、「僕は助手や助教授や教授になる人間ではありません、翻訳を将来したいです」と言っていて、翻訳会社のHPのトライアルを何回か挑戦しましたが、よい結果が得られません。 翻訳業は未経験者です。TOEICは990点で、英語力はあると思いますし、専門知識も化学やIT系でしたら、あると思います。 土日等の空いている時間に、在宅で翻訳のお仕事を得て、経歴に加えられるようにしたいのです。 翻訳の学校に土日に通ったり、TRADOSというソフトを購入して、操作方法を習得したり、等しないとやはり難しいものなのでしょうか? フルタイムでできると記入しないと、難しいものなのでしょうか? アドバイス宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数656
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.5

まだ若く、TOEIC 990点、しかも専門知識OKなら引く手あまただと思いますけどね。 文系出身で理系の翻訳をやっている私からしたら羨ましい限りです。 Traodosなんかは誰でもすぐに出来るようになります。ですからTrados が使えるというのは別にさほど大きなアピールにはならないと思いますが、「使えます」とした方が有利なのは事実。 ただ・・・フルタイムで出来ないというのはネックになるとは思います。 翻訳会社は即戦力になる人を求めていますので、時間的な制限のある人ですとなかなか仕事が行かないのです。 本気で翻訳者として食べて生きたいのなら、まず翻訳会社に勤務する事が先決でしょう。 そこでコネクションを開き、信頼を得ればコンスタントに仕事をもらえるようになります。 チェッカーならばすぐに雇ってもらえると思いますよ。 あいた時間、好きな時に手軽にちょこっとバイト気分で、と言うほど技術翻訳は甘くはなく、翻訳会社も自分の会社の専属でやってくれるほどの意気込みの人じゃないとそうそう仕事を回してはくれません。 また、IT翻訳は特に単価が低いですので、せっかく化学の知識もお持ちですから医薬翻訳の勉強をした方が将来的にはいいようにも思えます。 それと、英日翻訳をされるのなら日本語能力は大事ですが、英日より日英の方がずっと単価も高く医薬翻訳では日英が主流です。日本語能力ももちろん大事ですが、文芸じゃないのですし、日本語よりもやはり英語、そして日英の出来る人は強いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 翻訳業の「専門知識」とは

    翻訳の仕事を得るための勉強やキャリアについて、以前は皆様にアドバイスいただきました。 未経験でも募集する翻訳会社はあるとのことで、確かにそのような会社はいくつも見つかりました。 トライアル応募しようとしたところ一つの事項に引っかかりました。「専門を上記より選択」。 それらはおもに法律・金融・IT・自動車・化学・・・・といった、業種に基づくと思われるものです。 しかし女性の大半は、例えば自動車メーカーに勤めても一般事務、秘書、あるいはデータ入力が主だったりなど、到底専門性があるとは思えない職種が殆どだと思います。 私もその一人です。 こういう場合は何を選択するのか、そもそも専門性の薄い仕事に携わってきた人は翻訳業をするには極めて壁が厚いのか、どう考えるべきなのでしょうか。 今から専門性を求めていち企業へ就職するには、非常に遅すぎる年齢となってしまいました。大卒の学歴もありません。 翻訳会社の言わんとすることは理解できます。ものを知らずにただ言語だけが得意だとしても、翻訳など出来っこありません。 一般的な職業を経てきた人は、その経験をどう生かすことが出来るのでしょうか。 厳しいお言葉でも何なりとお伝え下さい。周囲には相談できる相手が一人もおりません。

  • 実務翻訳者(フリーランス)の資質

    以前(15年以上前)実務英語、工業英語、マニュアル翻訳、カタログ、英語⇔日本語、専門で 翻訳会社等に登録して在宅で忙しくしていました。もちろんその当時のトライアルを受けて登録して仕事をもらってました。その後、会社に就職して、直接に翻訳はしばらく離れましたが、英語の文献等も読んでましたので、英語力は落ちていません、むしろ語彙は増えてるはずです。それで事情あって最近退職して、在宅でするためにトライアルを受けているのですが、皆、不採用になって返ってきます。こんなはずではないと思っているのですが、「トライアル現場主義」とかの本も読んでいるのですが、 プラス何かが必要な感じがするのですが、いくつもこれから受け続けますが、プラスなにが必要でしょうか?アドバイスください。

  • 翻訳者を目指しており、現在通信講座で翻訳力をつけながら専門分野をどれに

    翻訳者を目指しており、現在通信講座で翻訳力をつけながら専門分野をどれにしようか模索しています。 通信講座終了後受ける予定の翻訳学校のコースで「情報技術翻訳コース」というのがあります。 パソコンやパソコンの説明書などを扱うというのはわかりますが、具体的にはどういうものですか? 一般人に販売されているパソコンについている説明書レベルの翻訳と考えていいですか? それともパソコン開発会社にいるような人が持っている専門知識が必要なほどのレベルでしょうか? カリキュラム一覧にWebページの翻訳(タグ付き翻訳の習得)とありますが、タグとはHTMLタグのようなものですか?(でもHTMLって英語でしたっけ?) もう少し専門的なものですか? 一般的に受注されているIT翻訳のレベルで教えてください。 よろしくお願いします。

  • 回答No.4
  • nambo
  • ベストアンサー率33% (4/12)

私は以前、実務翻訳の会社におりました。 その経験から、Gas-manさんに同感です。翻訳学校もトラドスも、必須ではないと思います。 トライアル審査では、特に日本語力が重視されていました。 「翻訳のテクニックとか業界の決まりごとは努力次第で覚えられるが、一度身についた文章感覚は一生変わらない」というのが会社の信念だったからです。 トライアルを読んで「この人は文章センスがある」と感じたら、未経験者や、翻訳学校に全く行っていない人にも、小さい仕事を頼んでみました。それで大丈夫そうなら、仕事を増やしていきます。(もちろん、英語力と専門分野があることが前提ですが、ご本人はこの点を十分クリアなさっていますね) 経験の有無をどれくらい重視するかは、翻訳会社によって、あるいは分野によって、かなり違うと思います。化学のことはわかりませんが・・・IT分野の場合、Tradosを使える経験者はとても有利です。 週末などに副業として翻訳をしている方にも、ときどき発注していました。翻訳会社にとってはフルタイム翻訳者のほうがありがたいですが、高い専門知識があって翻訳のセンスもある方というのは、週末や夜だけでも貴重な戦力なのです。 Good luck!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

IT関連の翻訳業をやっている者です。 実務翻訳の場合、英語力、日本語力、専門知識が前提として必要となりますが、博士研究員とのことですから、これらは問題なさそうですね。 次に、ほとんどの場合、「経験」が問われます。 翻訳会社を通した実務翻訳の場合は 受注 → 翻訳会社(前処理) → 翻訳者(翻訳) → チェッカー(チェック) → 翻訳会社(後処理) → 納品 という大まかな作業の流れがあり、この流れをある程度把握していることが望ましいのに加え、業界に独特の作法(訳語・文体など)もあるため、「実務経験2年以上」といった条件が付くのです。 この流れを把握して経験を積むためにも、翻訳会社に入社するのが翻訳者になる一番の近道とも言われています。 また、トライアルについては、担当者の方々も忙しいので実務経験がないというだけで落とされる可能性もあります。 未経験から翻訳者になりたいのであれば、派遣社員として翻訳会社内でのチェッカーの仕事から始めると良いのではないでしょうか。 おそらく現状より収入も下がると思いますが(時給1500円~2000円程度です)、英語力も専門知識もあるのですから、1年以内に独立して仕事をもらえる可能性もあると思います。(ご本人を直接存じ上げないので断言はできませんが) 翻訳業は他の多くの職業と同様に大変な面もありますが、能力次第で「食べていける」職業です。ただ、初期はどうしても収入が不安定になりますから、その辺も十分に考えて挑戦されるとよいかと思います。 なお、ご質問の、 「翻訳の学校」は、行っても構いませんが、必須ではないでしょう。(私は通ったことがありません) 「トラドス」については、いきなり買ってもとまどうかもしれません。翻訳会社内で仕事をしながら覚えていくのが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#9345

以前、仕事の関係で、ベテランの同時通訳者の方に話を聞く機会があったのですが、「通訳・翻訳の世界で一番重要なのは日本語の表現力だ」と仰っていました。「英語が理解できること」と、「翻訳ができる」ことは違うのではないでしょうか? まあ、学術論文の域であれば、少々乱暴な訳でも、同業者なら理解できることはあっても、一般人向けの翻訳となれば、「分かりやすい日本語」であることが必要だと思います。 翻訳の学校に通うなり、一般向けの本を読むなりして、表現力を身につけることをおすすめします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#7099

部外漢です。  もしかして、自分を売り込む「営業ノウハウ」や、コネクションをつかまえる「コミュニケーション」や、翻訳の需要をとらえる「アンテナ」は必要ではありませんか?  専門知識すぎて、翻訳の「需要」が少ないかもしれないのですが、 「翻訳の需要がある」と思われる書物や論文を探し出したり、 英訳もつけた論文を作成したい研究者を探すなど、独自のルートを作っていけば、どうでしょうか。  英語版のホームページの需要なんかもありそうなんですが、「需要」があるところにたどり着かないと。。。  翻訳の学校で、「コネクション」が構築できるならいいのですが。  友人に英語ではないのですが、何人かで協力して、メインの仕事以外に、翻訳して出版していました。詳しくはわからないのですが、翻訳の需要があって、出版をコーディネイトする人がいるのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 翻訳家(出版翻訳)になるには

    妻の仕事のことで質問です。 今現在無職で、家事と育児をがんばっているのですが、翻訳家への夢があるようで少しずつ勉強しているところです。 できれば出版翻訳(小説や絵本)の道に進みたいのですが、どういったアプローチをしていったらいいのか悩んでいます。 実務翻訳の場合ですと、翻訳会社のトライアルを受け、合格したら登録、仕事がもらえるかも、という順序が一般的かと思いますが、出版翻訳ではどうなのでしょうか。 多少調べてみたところ、出版会社ではトライアルのようなものはしていないし、新人の採用もあまりしていないようです。 ちなみに妻の英語力は並で、特に資格とかはもっていません。 短大の英語科を卒業しています。 以前、トランスマートというサイトに登録し、翻訳道場という無償の翻訳で小説の一部を何度か翻訳したときは、お客様から高評価をいただきました。 家事・育児のことがあるので在宅を希望。 できれば経験者の方や、出版会社関係の方のお話が聞けたら幸いです。 よろしくお願いします。

  • 在宅翻訳者になるには

    企業内で2年間翻訳者として働いていましたが、辞めてからもう3年のブランクがあります。事情により外で働けないため、在宅翻訳者になるべく数ヶ月前に登録したアメリアを通して現在までのところ8社のトライアルを受けました。ですが…全滅です。そこで現役の在宅翻訳者の方に質問です。トライアルに合格し仕事を受注している皆さんはやはり元々経験豊富だった方々たちなのでしょうか?私は自動車関連の翻訳をしていましたが、専門ということもなくたまたまついた職がそれだっただけです。今は分野を絞らずいろんな案件に挑戦して何でも身につけていきたいという姿勢で取り組んでいます。そこがいけないのでしょうか…。8社も不採用という結果をいただき、さすがに自分の翻訳に不信感を抱くようになりました。競争率が高いのか、まったくの畑違いな上に翻訳者としての経験が少ないからなのか、はたまた私の翻訳が下手すぎるのか。。原因究明をしてみようと思うのです。 皆さんは何社くらいまたはどれくらいの期間を経て採用通知をいただきましたか?数ヶ月がんばった程度で取引先が見つからないのは普通なのでしょうか?参考までにお聞かせ願えればと思い投稿しました。 よろしくお願いします。

  • 翻訳者の専門知識

    もしかしたら、カテが違っているかもしれませんが、ここのカテで質問させて頂きます。 以前から語学に関心があり、日本語教師を目指していましたが、内気で、おとなしい性格なためなのか、なかなかなることが出来ず、翻訳者を志すようになりました。 翻訳者にもいろいろ種類があるようで、実務翻訳を志そうと思っています。そのためには、専門知識が必要になってくるそうです。 しかし、大学では社会学を学んでいましたが、大学を卒業してからはアルバイトのかたわら、日本語教師を目指していたので、これと言った専門分野も持ち合わせていません。 いろいろなサイトや過去の質問を見た限りでは、実務経験を通じて専門知識を蓄積していく方が良いようなことが書いてありますが、実務経験だけで自分のカバーする専門知識が全てまかなえるのかということにも疑問をいささか感じます。 つまり、例えば法律から始まって、経済や金融、更には環境分野にまで幅広く手をかけている翻訳者もいるようです。しかも、その翻訳が英語のみならず、フランス語やイタリア語など、数カ国語も手掛けているようなので、驚かずにはいられません。 このような広範な専門知識は、どこで、どうやって学んできたのでしょうか。また、どこで、どうやって学んでいくべきなのでしょうか。ご存知でしたならば、お教え頂ければ幸いに存じます。 因みに、私は専門分野は法律と経済に関連するような分野にしようと思っています。また、英語とタイ語の翻訳者を目指しています。 なお、質問に不備がございましたならば、後ほど補足させて頂きます。

  • 翻訳者になるには。。(現在翻訳業に携わっている方~^^;)

    初めまして。翻訳家について質問があります。 タイトルにもあるとおり、私は副業として翻訳家を目指しているのですがどのようにしてたどり着けるものなのかが分かりません。 今までに、翻訳会社にもいくつかコンタクトをしたのですが、殆ど連絡が帰って来ないのです(メールでの返事すら無い。。。) トライアルも受け「英語力は十分ですが、経験が無いので先ずはウチの会社で翻訳検定の勉強をして下さい」と言われ、受講料に3万!?近く入金して、「翻訳検定2級を取った暁には仕事を発注するかもしれない」という内容のことを言われました。。。ちなみに、ア○キインターナショナルとかいう会社でした。。。結局ここの会社について調べたのでですが、あまり風評は良くないということだった、これ以上の連絡はしませんでした。 そこで質問なんですが、今翻訳をされている方は、 1) どういう経緯で翻訳のお仕事をいただけるようになったんですか?? 2) 何かお勧めできるような、方法と翻訳会社ってありませんか? ちなみに、、、私はアメリカの大学を出ており、6年ほど英語環境での生活経験があります。英語力に関しては、余程の予備知識が必要な英文以外簡単に読みこなすことが出来ます。専門分野としては金融、会計、ビジネス一般になるかと思います。 アドバイスお願いします!

  • 翻訳の仕事がしたいのですが…

    ・現在23歳の女性 ・去年、大学の英文科を卒業 ・TOEIC815点(2008年受験) ・英検2級(2005年受験) ・体調を崩し休養中のため、社会人経験無し 上記のような条件で、今後在宅で翻訳や、通訳(外で)の仕事をしたいと思っています。一番興味があるのは、映像翻訳で、映画の字幕翻訳をやりつつ、通訳なども出来たらいいなと考えています。 基本的には専門スクールで翻訳スキルを学び、翻訳会社等のトライアルを受けて登録して仕事をしていく、という順序だと思うのですが、お金が無く、出来るだけ自分で実力を磨ければと思っています。 そこで、これからどのような勉強が必要でしょうか・・・? 今は、TOEICのスコアが2年たつと無効だと知り、 ・TOEIC900点を目指し勉強する ・通訳ガイド取得に向けて英検準1級を受験する ・とりあえずトライアルを受験する(でも今仕事を貰えても、体調の問題がある) ・翻訳系、通訳系の検定を受験する この4つの選択肢が浮かんでいます。   また、実力としては、映画を字幕なしで見てもぼんやり意味はわかりますが、スクリプトを出して、何度が読み返してやっと100%理解出来る、という英語力です。ヒアリングにあまり自信もありません。 アドバイスを頂ければ嬉しいです!

  • 翻訳者になるためには・・・教えて下さい。

    初めまして。翻訳者について質問があります。 タイトルにもあるとおり、私は副業として翻訳家を目指しているのですがどのようにしてたどり着けるものなのかが分かりません。 今までに、翻訳会社にもいくつかコンタクトをしたのですが、殆ど連絡が帰って来ないのです(メールでの返事すら無い。。。) トライアルも受け「英語力は十分ですが、経験が無いので先ずはウチの会社で翻訳検定の勉強をして下さい」と言われ、受講料に3万!?近く入金して、「翻訳検定2級を取った暁には仕事を発注するかもしれない」という内容のことを言われました。。。ちなみに、ア○キインターナショナルとかいう会社でした。。。結局ここの会社について調べたのでですが、あまり風評は良くないということだった、これ以上の連絡はしませんでした。 そこで質問なんですが、今翻訳をされている方は、 1) どういう経緯で翻訳のお仕事をいただけるようになったんですか?? 2) 何かお勧めできるような、方法と翻訳会社ってありませんか? ちなみに、、、私はアメリカの大学を出ており、6年ほど英語環境での生活経験があります。英語力に関しては、余程の予備知識が必要な英文以外簡単に読みこなすことが出来ます。専門分野としては金融、会計、ビジネス一般になるかと思います。 アドバイスお願いします!

  • 専門知識の有る方へ

    薬剤性難聴とは、どのような病ですか? 原因、治療法、完治できるのかなど、教えて頂きたいです。 よろしくお願い致します。

  • 翻訳者になるためのキャリアプランについて

    29歳女性、外国語学部卒、海外経験1年、TOEIC915点です。これまでの職務経験は、英文事務が3年と、自動車メーカーで社内通訳・翻訳(派遣社員)の経験が1年です。将来は40歳くらいまでに月収35万程度安定して得られるような実力のある在宅産業翻訳者になるのが夢です。(これまでに翻訳会社のトライアルに合格して翻訳者として登録したこともありますが、これといった専門分野もなく、翻訳者として専門分野を持つことの必要性をひしひしと感じています。)そこでこの目標を達成するためのキャリアプランについて相談したいのですが(とくに自動車、特許の分野に興味があります)、現在2つのプランの間で迷っています。 1.国際特許事務所に就職し、特許の知識と経験を得る。 理系大卒ではないので、最初は事務かもしれないが外国事務として就職→数年働きながら、興味もあるし知識を得たいので理系大の夜間二部に通う(分野は機械に興味があります)→、その後所内で翻訳の仕事に転向願いを出して機械分野の特許翻訳の仕事をさせてもらい、数年間特許翻訳者としての経験を得る→在宅特許翻訳者として独立 2.英文テクニカルライターとして就職する。 (1年間働いていた自動車メーカーではマニュアルの翻訳や編集もしていたので、英文テクニカルライターにも興味があります。)自動車や機械の英文テクニカルライターとして数年勤務→自動車や機械関連の翻訳者として独立。 自分のこれまでのキャリアを考えると2が自然に思いますが、特許分野に比べると、自動車や機械分野の翻訳の仕事は需要が少ないようですし、英文テクニカルライターの求人をみるとTOEIC700点程度とあり(それほど高い英語力が求めらていない?)、文系大卒でもできることから専門知識をそれほど深く要求されない=翻訳者としての実力につながらないのではないかとも心配に思います。1については、二部に通うのは大変と思いますが、知識をつけるため、専門分野を得られるためなら数年は頑張れそうにも思います。自分の目標を達成するためにはどうしたらよいでしょうか?知り合いにこのような業界で働いている人がおらず、本やネットからの情報だけしかないので、上記業界についてご存知の方、経験者の方、いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

  • 専門知識が無いので詳しい方に教えて欲しい。

    タイムマシン関係の質問は多いと思うのですが、自分もそのことで質問させてください。 タイムマシンの原理をかなり砕いて話すと、 要は慣性の法則で光よりも早い速さで加速し続ければ物事の流れが遅くなるので時間と言う概念が実在すれば、過去(未来)にいけるという話だとおもうのですが、 まず、例えば10メートル離れた相手にボールを投げます。 投げた直後に超スピードで自分が投げたボールよりも早く相手の所にいき 「今からボールが届くよ」と伝えると、その時点は「過去」なのか「未来」なのかがごっちゃになります。 自分からしたらボールが届くのは未来、でもボールを投げたという事実の部分に執着すれば過去なわけで・・・。 もうひとつ解らない事があります。 光よりは役加速し続けなければ時間は歪まないわけで、加速には到底人間の体は耐えられません。 ではドーナツ状のパイプを右回りに超回転させて、その右回りのパイプの中に一回り小さいパイプを入れそこに人間が乗り、左回転させ外側のパイプの右回りの力を相殺させたら時間は歪むのでしょうか? それとも右回転、左回転の力は相殺されて0にならず、両方の力が体にかかり、潰されるのでしょうか?かりにその力に耐えることが可能ならば、その条件で時間は歪みますか?

  • 専門知識のある方に伺いたいのですが・・・

    質問していて厚かましいと思われるかもしれませんが、確かな情報が知りたいので専門知識のある方にご回答いただきたく存じます。 20代後半の友人のケースです。 成人してから(おそらく23歳位の頃)微罪を犯した事があります。 内容は自転車窃盗への加担?共犯?になってしまったとの事。 おそらくもう5年以上経っていると思われます。 調べて分かった事は ・指紋採取、写真撮影と書類へのサインのみ警察でおこなって終了。 →前科にはならないが、前歴として残る。 →しかし、前科前歴は5年もしくは10年で消滅する。 (刑法第三十四条ノ二 刑の消滅) Q1,つまり前科にもならない微罪であれば5年経てば消滅していると考えてよいのでしょうか? Q2,また、消滅した場合、照会は出来なくなると考えてよいのでしょうか? Q3,もし消滅しても何らかの照会が出来る状態で残るのであれば、それはどのような形で残ってしまうのでしょうか? また、どのような際に誰によって紹介されてしまう形になってしまうのでしょうか?前科の場合は犯罪人名簿に残り、戸籍に記載され、公的な機関が職務のために閲覧する場合がある(但し公的な確認用途以外の用途に犯罪人名簿が利用されることはない)と知りました。 もし消滅せずに何らかの記録として存在し続けるのであれば、いつ誰がどのように照会可能な記録としてなのか知りたいです。 例えば、検事や検察関係者が調べたい相手の名前をいれるとすぐ確認できたり等するものでしょうか? 前科として残っていない場合は、その警察署のみでしか見れないだとか扱いの程度がもっと軽いのではないのか?と推測しているのですが。 どうかご回答宜しくお願いいたします。