• 締切済み
  • すぐに回答を!

長さ計測の統計解析

ノギスとマイクロメータを使って測定して、測定機器による精度と誤差について考察しているのですが… どんな感じなことを書けばいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数489
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3

長尾ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんです…

  • 回答No.2

精度と誤差の違いも認識しましょう すごく大雑把に言うと 複数回測定して、平均・標準偏差を求めた時 誤差~標準偏差 精度~平均値の再現性(測定器の変更も含めて)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど よくわかりました ありがとうございます

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 双方を使って同じものを測った結果について、平均値と標準偏差を比較すれば良いです。 差が生じる原因は、おのずとわかってきます。 だって、その道具を使っているのは人間の目と指なのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど 確かにそうですねっ ありがとうございました

関連するQ&A

  • 誤差の評価

    ノギスとマイクロメータを用いて金属球の直径を測定しました。測定値をガウスの誤差論で処理しましたが、これをどう考察したらいいのか分かりません。この結果と測定装置のもつ誤差(交差→系統誤差)とは関係があるのでしょうか??

  • ノギスとマイクロメーターの最小単位

    一般的にノギスとマイクロメーターの最小単位はいくつなのでしょうか? 私の調べた所では、 ・ノギス---------0.05mm ・マイクロメーター----0.01mm なのですが・・ 機器メーカーや測定範囲によっても違っているようです。 (高いノギスは0.01mmまで計れる物もあるし、0.001mmまで計れるマイクロメーターもある) これらの測定器に一般的にという言葉は無いかもしれませんが何か情報ありましたら教えて下さい。

  • 加工における寸法公差の考え方について

    初歩的な質問になります。 図面にφ10±0.1と書かれたある軸を加工するとします。 質問1.この場合φ9.9000・・・~φ10.1000・・・ の範囲で仕上げなければならないということでしょうか。 質問2.ノギスで径を測定して10.1となったらOKとなりますか。 測定誤差を考慮する必要はありますか。 質問3.そもそもこの測定にはノギスではなくマイクロメータを使う必要がありますか。 以上よろしくお願いします。

  • レポートを書くとき、計測値が異常

    物理である実験・測量をしました。 比較をするために、ある条件を変えて(他の条件を変えずに) 5度測定しました。 それらは理論的に等しい値になるはずなのですが 1度だけ、ずばぬけて違う値(10-10-10-10-15といった感じ) になりました。 この結果についてレポートを書いているのですが、 始めにずばぬけて違う値を何らかの原因(これを考察)で大きな誤差が生じたとして、 ほかの値だけで理論と比較するのはやってもいいことでしょうか。 …説明がわかりにくいので、結果をA,B,C,D,Eとしたとき Aは~で大きな誤差が生じてしまった、よってB,C,D,Eで考察を進めるとする、B,C,D,Eは… のような考察にしてもかまわないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ISO 9001:2008 7.6の「監視機器~」

    ISO 9001:2008 7.6の「監視機器及び測定機器の管理」の中で解らない用語と文があります。 イメージができないので「ノギス」を例にさせてください(汗) 「b) 機器の調整をする、または必要に応じて再調整する。」 (1)「調整」とは、例えばノギスでいう「0点調整」のことですか?それとも校正(確認)した結果に対してズレ(誤差)を修正する意味の「調整」ですか? ノギスでいったら調整ってなんですか?再調整って例えばどんなときですか? 「d) 測定した結果が無効になるような操作ができないようにする。」 これってせっかく校正して精度が約束されてたノギスを分解しちゃうとかを出来ないようにする的な意味ですか? よろしくお願い致します

  • チラシ厚みを正確に測定する方法は?

    自店舗の新聞折り込みチラシを印刷屋さんに依頼してるのですが 今回仕上がったチラシを触った感じでは、前回より厚みが薄くなった ようで気になります。 今までコート紙45Kでしたが、印刷屋さんのコスト削減の為に 承諾無しに1ランク厚みを落とされた疑惑があります。 チラシ厚みを正確に測定する方法を教えて下さい。 確かコート紙45Kの下が42K位だったと思いますが、その違いが はっきりわかればいいのですが... 紙を10枚重ねてノギスで測定とマイクロメーター測定どちらがいいでしょうか? 個人的には1/1000ミリの精度で測定できる手動式のマイクロメーターの 使用実績があるので、この方法が一番やりやすいかなと思ってます。 それでよければ、どのメーカーのマイクロメーターがいいか教えて下さい。 ちなみに予算は1万円以下です。

  • マイクロメータの測定回数について

    先日、大学でノギスとマイクロメータの実験をしました。 その中でもマイクロメータにおいて私は考察しようと思っています。 なぜ、高さに比べて外径と内径の測地回数を多くしなければならないのか考察したいのですが、その理由がいまいちわかりません。何方かご教授お願いします。

  • 計測機器の誤差の書き方

    さきほど、質問を登録していたのですが、 カテゴリーをまちがっていたので再度登録します。 計測機器の校正に関する業務に携わるものです。 すごく基礎的なことをお聞きますがお願いいたます。 計測機器の校正をおこなった後、その記録を作成しています。そこで、記録に誤差を書くときに、以下のことで悩んでいます。 。 1)呼び0.300mmのピンゲージを基準器(マイクロメーター)で測定した時、基準器の値が0.296mmを示しました。 JISに誤差というのが、計測器の値から真の値を引いた値とでていました。 つまり、(1)計測器の値が0.300mm     (2)真の値が0.296mm 上記のように、真の値というのが、標準器が示している値ではないかと思いました。 そうすると、誤差は、+0.004mm(0.300mm-0.296mm)になるのかと思ったのですが、まちがっていることになるのでしょうか? 2)別の例になるのですが。 ディプスゲージ(測定器)をキャリブレーションテスタ(基準器)で校正を行った場合の誤差の書き方について。 この時、ディプスゲージの値が、0.30mmを示したとします。 この時、キャリブレーションテスタの値は、0.298mmを示したとします。 この時の、誤差は、+0.002mm:0.30(測定器の値)-0.298(基準器の値)になると思います。 これと同じように考えて、ピンゲージの場合、測定器の値と真の値というのが混同してしまっています。

  • 緊急!ノギスとマイクロメーターの質問!!

    ノギスで測れる最小の測定値はいくつですか? もうひとつ。マイクロメーターの測定で出来る最小値は1/1000mmですが、実際この値になる物ってありますか?

  • 会社の共有測定器について

    旋盤加工の業務をおこなっておりますが、 グループ内3人で共有して測定器(ノギス・マイクロメータなど)を使用しております。 自分の加工したものを測定する際に 3人の内の1人が、いつも自分の機械のところ付近に 測定器(マイクロメータなど)を持って行ったままで困っています。 何度注意しても所定の場所で使用せず、尚且つ使い終わってもなかなか戻しません。 測定器を探したり、取りに行く時間が毎日無駄なので 何か対策を立てたいと思っています。 現状で思いつく案としては下記2案です。 ご意見や、その他いい案があればご教授お願いします。 (1)測定器を会社で増やしてもらえないか上司に相談する  ⇒ちなみに他の会社の方々は測定器類はノギスとマイクロメータなどは    1人1つずつあるのが常識なのでしょうか? (2)安物のノギスやマイクロメータを自分で購入し、私物で測定する  ⇒安物ってやっぱり問題ありますか?