• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

会社の共有測定器について

旋盤加工の業務をおこなっておりますが、 グループ内3人で共有して測定器(ノギス・マイクロメータなど)を使用しております。 自分の加工したものを測定する際に 3人の内の1人が、いつも自分の機械のところ付近に 測定器(マイクロメータなど)を持って行ったままで困っています。 何度注意しても所定の場所で使用せず、尚且つ使い終わってもなかなか戻しません。 測定器を探したり、取りに行く時間が毎日無駄なので 何か対策を立てたいと思っています。 現状で思いつく案としては下記2案です。 ご意見や、その他いい案があればご教授お願いします。 (1)測定器を会社で増やしてもらえないか上司に相談する  ⇒ちなみに他の会社の方々は測定器類はノギスとマイクロメータなどは    1人1つずつあるのが常識なのでしょうか? (2)安物のノギスやマイクロメータを自分で購入し、私物で測定する  ⇒安物ってやっぱり問題ありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数380
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

他の方が回答されていますが 1については会社と言うか上司に相談はしてみて良いとは思います。 ただ測定機器類も決して安くはないので費用対効果がないと判断されればダメでしょうね。 >1人1つずつあるのが常識なのでしょうか? 会社によるでしょうけど常識では無いですね。測定機器類も安くはないですから普通は1つか予備も兼ねて2つあってみんなで共有って言うのが多そうな気はします。 2はダメでしょうね。測定機器類は精度が命ですから校正・トレーサビリティがちゃんとしてないもので測っても無意味です。また会社に私物の持ち込みもあまりよろしくは無いでしょう。 >何度注意しても所定の場所で使用せず、 >尚且つ使い終わってもなかなか戻しません。 と言うのも少し問題ですね。所定の場所で使い所定の位置に保管・戻すという基本が出来てないですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 (1)は相談してみますが費用的に難しいような気がします。 (2)はやはり校正がなされたものでないと 客先で問題があった場合や社内規定的にまずいですよね。 なので(2)はあきらめます。

関連するQ&A

  • ノギスの測定方法について(外径)

    私は、金属加工を行っている会社に勤務しており、最近汎用旋盤を 扱う部署に配属になりました。 汎用旋盤の基本操作はひとおおり覚えたのですが、肝心の測定器(ノギス) の使用が上手にできません。 測定の仕方は、理屈としては分かっているのですが、加工物が旋盤に くわえられている場合、治具がノギスに干渉してうまく計測できないのです。 扱っている製品がφ300×10tとか、円盤状の形状が多いので、外径加工を 行う場合、測定箇所に隣接して治具があることになります。 すると、外径を計測する場合、うまく測定できないのです。 実は数百回・・・それ以上練習はしていますが、数値が一定しません。 加工物を旋盤から外せば、正確に測定ができますが、いちいち外すわけには いかない場合も多いです。 上手に計測する方法がありましたら、教えて戴けませんでしょうか。 ※マイクロメータ、デプスゲージ、ダイヤル等の測定器は問題なく使用できます。

  • ノギスとマイクロメーターの最小単位

    一般的にノギスとマイクロメーターの最小単位はいくつなのでしょうか? 私の調べた所では、 ・ノギス---------0.05mm ・マイクロメーター----0.01mm なのですが・・ 機器メーカーや測定範囲によっても違っているようです。 (高いノギスは0.01mmまで計れる物もあるし、0.001mmまで計れるマイクロメーターもある) これらの測定器に一般的にという言葉は無いかもしれませんが何か情報ありましたら教えて下さい。

  • 測定器の器差について

    先日の粗さ計の質問につづいて恐縮です。 今回は、測定器の器差についてです。 器差というのは、測定器自体が持つ(構造上等で)避けられない誤差と 聞いて社内に説明したのですが、その際に±3μmの器差があるマイクロメーターで公差±2μmの加工を保証しているが、妥当なのか?と質問を受けて、 ±3μmとあるが、最大で発生する可能性の誤差で、日々ゼロ点調整を行って いれば問題ないと明確に回答出来ませんでした。 この様な場合は、例えば0.1μmまで測定できる測定器を使用するなどの 方法を取るべきなのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

1、普通では在りません それを決めるのは、今回の相談のような内容では無く 個人が測定器を持つことが掛かる費用に対して効果が有るかどうかですね。 2.私物は一見費用対効果ではワルクハ無さそうに見えますが、私物は会社の基準から外れます 社外、お客様から測定器の校正はどうされてますかと 聞かれるときに、これは自分ので計りました 一見、自分が管理して調整して問題ないです と言っても、それは外には通じないです 会社としての計測器でなければ意味がないので

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 (1)費用的には難しそうなので諦めます。 (2)やっぱり仕事では 正式な校正がなされたものでなくてはいけないですね。

関連するQ&A

  • 測定精度について

    旋盤加工部品を加工し主にマイクロメータで測定しています。 具体的には外径寸法φ3[-0.006:-0.0026]やφ3[-0.01:-0.015]など許容幅がことなるのですが1つのマイクロメータで同じ測定精度で測定保証していますが、問題ないのでしょうか? また、JISなどで測定精度に関するものがありましたら規格番号を教えて頂きたいと思います。 マイクロメータは年1回は精度点検しております。 宜しくお願いします。 記載内容に誤記があり申し訳ありません。 外径寸法φ3[-0.006:-0.0026] が 正しくは、 外径寸法φ3[-0.006:-0.026] です。

  • 社内校正の基準ブロック

    ノギスとマイクロメータを社内校正使用と思ってます。 ノギス・・・0~200mm、0~300mm用 マイクロメーター・・・0~25mm、0~50mm の測定器をブロックゲージで校正確認したいのですが、ブロックゲージの サイズを選定しなくてはなりません、ブロックゲージは、10mm、25mm、 50mm3種類で良いのでしょうか?

    • 締切済み
    • ISO
  • 測定器管理コストの削減で

    多数のNC旋盤がある部署で、測定器の管理コストを削減するために測定器の数を減らすという改善の動きがあると聞きました。 今はマイクロ、デジタルノギスなどは、ほぼ機械ごとに置いています。各機械の測定器はその機械の担当者が毎日零点確認などをやっています。 投影機、測定顕微鏡(PCのついた投影機みたいなもの)などは一カ所のみに置いてあります。 で、各機械に置いてある測定器の数が多く管理が大変なので数を大幅に削減しようとしている人がいるようです。 製品測定場所を一カ所のみにして、そこでのみ測定することにすれば測定器の数が少なくなり測定器管理の手間が省けるのでいいということみたいです。 その部署の責任者は各個人にマイクロ、デジタルノギスをワンセット与えた方がいいかとも思っているようです。 個人持ちにしようか、一カ所にしようか迷っておられます。 一人が機械を5台ぐらい担当しています。 段取り、寸法チェック 中間チェック、測定器管理の総時間を短縮するにはどの方法が最もいいか、皆様のお考えをお聞きしたいと思います。よろしくお願い致します。

  • マイクロの測定誤差の要因

    測定器について全くの素人です。 私の働く部署では、3Φ、5Φ(U字型)のマイクロメータを使用しています。 同じワークを両者で測定すると誤差が出るのですが、この誤差の要因は 測定面の大きさによるものなのでしょうか?

  • 測定機器の保護について

    7.6 監視機器及び測定機器の管理 の中で d)測定した結果が無効になるような操作ができないようにする。という要求事項があります。 デジタルマイクロメータを使用する前にブロックゲージでゼロ点調整をしているのですが、そのボタンに何らかの保護が必要と指摘されました。 測定中にそのゼロ点調整のボタンを押すと、ゼロ点が狂って正しい測定値を得られないため保護が必要とのことです。 同様なことがデジタルマイクロメータ以外にデジタルノギスや他の計測器でも言われています。 他の皆様はどのように対策を講じられていますか?

    • ベストアンサー
    • ISO
  • 製造現場の測定具の管理・収納方法について

    機械加工現場において、測定具の管理・収納方法について考えております。 弊社はマシニング、旋盤が30台ほどありまして個人毎にデジタルノギス (0~200mm)、マイクロメータ(0~25mm)を所有しております。 皆さんは、測定具の収納に対し、購入時のケースをそのまま利用されてますか? それとも作業に適した自作ケースなどを使用しておりますか? 先日、客先より定期訪問の際に、作業台に仕掛の加工品を置いていた所、 その付近にノギスを置いており、指摘を受けました。 単品・短納期を主としておりまして、正直弊社ではよくある光景です。 確かに規模の大きいメーカーさんなどを訪問させていただいた際は、5Sなど かなり進んでいる印象をよく受けますが、それなりの計画・環境(スペース) などがあってこそだと、言い訳ながらに思います。 しかし弊社としても改善活動の風が日に日に強くなりまして、とりあえずは 前述の収納から始めたいと思うのですが、皆さんは測定具に対し ?作業終了時のみ収納(ケース)を利用している。 ?作業中も基本的に、収納(ケース)(置き場)に置いている。 どちらになりますか? また自作の場合、アルミ、デルリンなどで各測定具を模り、そこにノギスなどを収納する際に、ジョウやくちばし部分にクッション材などを利用しておりますか? 宜しくお願い致します。

  • マイクロメーターでの直径測定方法をご教授ください。

    マイクロメーターでの正確な測定方法を教えてください。 現在、NC旋盤を使って、加工を行っているのですが、直径の測定時に、どうしても誤差が生じてしまいます。 旋盤にセットされた状態で、ラチェット側を上方にして測定を行うのですが、 先輩(熟練者の先輩2人にそれぞれ計測してもらったところ、先輩2人は同じ値でした。)に計測してもらった数値より、常に、5~8μmほど大きな値になってしまいます。 個人での癖があるとは思うのですが、どういう点に気をつければ、正確に測定できるでしょうか? 何かコツなどあれば、教えてください。

  • 測定器の名前が分かりません

    こんにちは。ある自動車の部品メーカーで見たのですが、自動車の内輪や外輪のサイズを測ったり、ピッチ、偏角、直角度などといった値をミクロ単位で測る計測器がありました。 その内輪の幅や直径などはノギスで測っていたのですが、ノギス以外にも様々な測定器を使用していて、その測定器そのものの名前が分かりません。大学の研究室などに置いてそうな気もするのですが・・・ 文書で説明するのが難しいところなのですが・・見当がつく方いらっしゃいますか?

  • 加工における寸法公差の考え方について

    初歩的な質問になります。 図面にφ10±0.1と書かれたある軸を加工するとします。 質問1.この場合φ9.9000・・・~φ10.1000・・・ の範囲で仕上げなければならないということでしょうか。 質問2.ノギスで径を測定して10.1となったらOKとなりますか。 測定誤差を考慮する必要はありますか。 質問3.そもそもこの測定にはノギスではなくマイクロメータを使う必要がありますか。 以上よろしくお願いします。

  • 測定と温度変化のことで質問します

    金属加工の会社に勤めている者ですが、測定のことで伺いたく質門します。 ワークは温度変化により伸縮します。 一方、ノギスやマイクロゲージなど測定器も温度変化により伸縮します。 ということは温度変化によるワーク測定の影響はそれほど気にすることもないような気がするのですが如何でしょう? ワークが金属以外なら膨張率も違うでしょうが、金属なら殆ど気にすることもないのでは? 皆様のご意見伺いたく投稿しました。 返信お待ちしております。

専門家に質問してみよう