• 締切済み
  • すぐに回答を!

ミョウバンの・・・

こんばんは^^ ミョウバンをAl(OH3)に硫酸カリウムを加えた後、最後に濃硫酸を加える方法で作るとき、最後に濃硫酸を2,3滴入れるのはなぜでしょうか お願いいたします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数343
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • Julius
  • ベストアンサー率77% (168/216)

>最後に濃硫酸を加える方法で作るとき、 >最後に濃硫酸を2,3滴入れるのはなぜでしょうか  これは最後に濃硫酸を加えたという事実に関する質問なのでしょうか? それとも濃硫酸を等式が成立する量加えたのち、 2,3滴入れたという意味でしょうか? Al(OH)3とK2SO4を混ぜるだけでは、K2Al2(SO4)4という組成を 得られないのは分かりますよね? 最後に硫酸を加えて(OH)-を(SO4)-に置き換える必要があります。 (OH)-と(SO4)-は平衡関係にあるアニオン交換ですから、ほぼ完全に交換する ためには、(SO4)-が弱過剰にある必要があります。 そのことを「2,3滴」と表現したのではないのでしょうか? そして交換した後、水溶液を加熱して水をとばして ミョウバンを得たのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます! もうこの質問答えてくれる方はいらっしゃらないかとおもってたところでした^^; >これは最後に濃硫酸を加えたという事実に関する質問なのでしょうか? それとも濃硫酸を等式が成立する量加えたのち、 2,3滴入れたという意味でしょうか? これは前者だと思います。 >そして交換した後、水溶液を加熱して水をとばして ミョウバンを得たのでしょうか? そのとおりです。しかし >Al(OH)3とK2SO4を混ぜるだけでは、K2Al2(SO4)4という組成を得られないのは分かりますよね? 知りませんでした^^;反応機構がよくわかってなかったもので  それでは、再度よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • ミョウバンについての計算です

    <実験1> ミョウバンの合成 アルミニウム箔0,4gを上皿天秤ではかり、小片に切っておく。次に水酸化カリウム1,6gを時計皿上に同様にはかりとり、100mLのビーカーに移して、15mLの純粋に溶かす。この溶液中に約半量のアルミニウム箔小片を投入し、時計皿を下にして ふたをする。アルミニウムはガスを激しく発生しながら溶解する。ガスの発生が弱まったら、残りのアルミニウムを全量加えて溶解させる。沈殿物をろ過により取り除く。 濃硫酸3mLを10mLの純粋で希釈した液を別に用意し、これを濾液中にかき混ぜながら徐々に加え、中和する。 このとき水酸化アルミニウムが白い沈澱となって析出する。これに硫酸の残りの全量を加えて、白色沈殿を溶解させる。さらに濃硫酸3滴を加え、加熱して、水酸化アルミニウムを完全に溶解させる。 溶液を、突沸させないように静かに加熱し、15~20mLになるまで濃縮する。これを氷却すると、ミョウバンが析出してくる。十分に析出させてから、吸引濾過し、少量のアルコールで洗浄し、水分を除いたあと、粗製ミョウバンとして秤量する。 <実験2>ミョウバンの精製 約10mLno純粋に、濃硫酸1~2滴を加え、実験1で得られた粗製ミョウバンを、加熱溶解する。これを冷却すると、精製されたミョウバンの結晶が得られる。吸引ろ過して得られた精製ミョウバンを秤量する。 オーブンで結晶水を飛ばし、焼きミョウバンを作り秤量する。 【問2】この実験でKOHが1,6gを中和し、Al(OH)₃を得るのに必要なH₂SOのモル数およびグラム数を求めよ。 また、これは濃H₂SO₄何mLに相当するか。ただし濃H₂SO₄の比重は1,84で、H₂SO₄の含有量は、 95,6パーセントである。 【問3】 中和により生成するAl(OH)₃をすべてAl(OH)₃に変えるために必要なH₂SO₄のモルおよびグラム数を求めよ。   またこれは濃H₂SO₄何mLni相当するか。 【問4】実験1で得られる粗製ミョウバンの理論収量は何グラムか。 【問5】80℃の無水ミョウバンの飽和溶液100gを20℃まで冷却したとき、何gの     ミョウバンの結晶が析出するか。 【問6】ミョウバンを純水に溶解すると、溶液は酸性・アルカリ性・中性のいずれを示すか。またその理由を考察せよ。 【問7】粗製ミョウバンの収量と精製ミョウバンの収量はいくらであったか。 【問8】実験2において濃H₂SO₄1~2滴を加えるのはなぜか。 全然わかりません。だれか心優しい方、教えてください。

  • ミョウバンの合成

    ミョウバン(硫酸カリウムアルミニウム)を合成する際、アルミニウムに直接硫酸を加えないで、一度水酸化アルミニウムにしてから硫酸を加えるのはなぜでしょうか?また、2Al+6NaOH=2Na3AlO3+3H2 の反応において、Alを2g、水酸化ナトリウム6gに水に50ml加えた水溶液の40ml使用を反応させたとき、水酸化ナトリウムの量は完全にAlが反応するだけないと思うのですが、実験では完全に反応しました。なぜでしょうか?何かほかの反応が起こって別の物質が生成されているのでしょうか?

  • ミョウバンの合成

    ミョウバン(硫酸カリウムアルミニウム)を合成する際、アルミニウムに直接硫酸を加えないで、一度水酸化アルミニウムにしてから硫酸を加えるのはなぜでしょうか?

  • ミョウバンの結晶構造

    カリウムアルミニウムミョウバンの結晶構造について調べているのですが、この結晶が[K(OH)6]+、[Al(OH)6]3+、2(SO4)2-からなる立法晶系であるということまでしか分かりませんでした。コットン・ウィルキンソンの無機化学によると、ミョウバンの結晶は一価の陽イオンの大きさによって構造が微妙に異なるらしいのです。格子定数や単位胞の中の状態など、もっと詳しく知りたいので参考になるURLなど教えて下さい。

  • なぜ、ミョウバンの成長をさせる時に硫酸を加えるのか。

    実験で硫酸アルミニウムと硫酸カリウムから作ったミョウバンを使って、ミョウバンの成長の実験をしました。 ミョウバン飽和溶液(ミョウバン30gを240gの水に溶かしました)を作り、それを一週間放置する、という実験だったんですが、 その際、放置する前ににミョウバン飽和溶液に conc.H2SO4 を数滴加えたんですが、 なぜ加えるのでしょうか? 分からなくて困っています。分かる方いらしたら、ぜひ教えてください。

  • ミョウバンについて

    昨日夏期講習でミョウバンについて習いました。僕はミョウバンというのはすべてAlとKでできた複塩である物質とおもっていたのですが、その授業でそれが間違っていることにきづきパニックになっているところにいくつか説明されたので理解できませんでした。 疑問に思ったのは次の二つのことです、 ミョウバンを【N・M・(SO4)2】とあらわした場合NとMの価数が+3と+1の組なら安定していると説明されましたが、理由が全く分かりません。 もうひとつは、例えばAlK(SO4)2・12H2Oでかんがえると、ミョウバンはK2SO4とAl2(SO4)3より溶解度が小さいと説明されました、こちらの理由も教えてください。よろしくお願いします。

  • ミョウバンの原料

    茄子の漬物に使う「ミョウバン」(カリミョウバン。単にミョウバンといった場合、硫酸カリウムアルミニウム12水和物 AlK(SO4)2・12H2Oをさす)について教えてください。 いったいどんな原料から作られているのでしょうか? 食品にも使えるものだから、植物とか海から抽出したものとか・・・ 薬品のようにカリウム、アルミニウムなどの鉱物元素を化学反応させて合成してるのでしょうか。

  • ミョウバンの合成について

    家庭用アルミホイルからカリウムアルミニウムミョウバンを合成する実験で、その過程を化学式と言葉で詳しく説明するよう指示があり調べているのですが、化学式は (1) 2Al+2NaOH+2H2O→2AlNaO2+3H2↑ (2) 2AlNaO2+H2SO4+2H2O→2Al(OH)3↓+Na2SO4 (3) 2Al(OH)3+3H2SO4→Al2(SO4)3+6H2O (4) Al2(SO4)3+K2SO4+24H2O→2[KAl(SO4)2・12H2O] 以上を合わせて 2Al+2NaOH+4H2SO4+K2SO4→2[KAl(SO4)2・12H2O]+Na2SO4+3H2 分かりにくいかな…全角数字が係数です。ここまで分かったのですが、これを言葉で説明ってどのようにしたらいいのでしょうか?

  • 粗製ミョウバンの精製について

    化学実験を学校で行った時、<アルミ箔+水酸化カリウム+硫酸など>の合成により粗製ミョウバンを得た後、 粗製ミョウバン+水+2・3滴の濃硫酸を入れ、冷却することにより、精製を行ったのですが、 その精製時に'不純物'として取り除かれるものは、何が考えられますか?

  • アルミニウムミョウバン作り

    実験でアルミニウムミョウバンを作りました。でもできた物は無色~薄い白色?ほどの結晶???っていうものになりました。イメージとしては梅雨時の水気を吸った砂糖みたいな感じです。 実験の内容は 1.アルミニウム箔に水酸化ナトリウム水溶液を加える。 2.溶解しなくなったら吸引ろ過し、そのろ液に希硫酸を加える。 3.生じた沈殿を吸引ろ過し、熱湯で洗う。 4.沈殿に希硫酸を加える。 5.硫酸カリウム加え、混合し、ろ過。 6.濃硫酸3滴加え、加熱濃縮後冷却しろ過し保存。 というものでした。しかし、4の時、かなり多めに希硫酸を入れてしまって・・・そのためKOHで少し中和しました。 質問は ・これは結晶と言えるのだろうか? ・2の操作の希硫酸を加える前に、フェノールフタレインを加えたのですが、直後は赤紫色だったんですが、徐々に消えていきました。これは溶液が酸性だから?と考えたのですが酸となるものは加えてないのに・・・むしろNaOHを加えているじゃないかと思って「これはどうなってるんだ?」と思いました。 ・希硫酸の入れすぎで結晶作成に起こる問題も教えてください。 よろしくお願いします。