• 締切済み
  • すぐに回答を!

ミョウバンについての計算です

<実験1> ミョウバンの合成 アルミニウム箔0,4gを上皿天秤ではかり、小片に切っておく。次に水酸化カリウム1,6gを時計皿上に同様にはかりとり、100mLのビーカーに移して、15mLの純粋に溶かす。この溶液中に約半量のアルミニウム箔小片を投入し、時計皿を下にして ふたをする。アルミニウムはガスを激しく発生しながら溶解する。ガスの発生が弱まったら、残りのアルミニウムを全量加えて溶解させる。沈殿物をろ過により取り除く。 濃硫酸3mLを10mLの純粋で希釈した液を別に用意し、これを濾液中にかき混ぜながら徐々に加え、中和する。 このとき水酸化アルミニウムが白い沈澱となって析出する。これに硫酸の残りの全量を加えて、白色沈殿を溶解させる。さらに濃硫酸3滴を加え、加熱して、水酸化アルミニウムを完全に溶解させる。 溶液を、突沸させないように静かに加熱し、15~20mLになるまで濃縮する。これを氷却すると、ミョウバンが析出してくる。十分に析出させてから、吸引濾過し、少量のアルコールで洗浄し、水分を除いたあと、粗製ミョウバンとして秤量する。 <実験2>ミョウバンの精製 約10mLno純粋に、濃硫酸1~2滴を加え、実験1で得られた粗製ミョウバンを、加熱溶解する。これを冷却すると、精製されたミョウバンの結晶が得られる。吸引ろ過して得られた精製ミョウバンを秤量する。 オーブンで結晶水を飛ばし、焼きミョウバンを作り秤量する。 【問2】この実験でKOHが1,6gを中和し、Al(OH)₃を得るのに必要なH₂SOのモル数およびグラム数を求めよ。 また、これは濃H₂SO₄何mLに相当するか。ただし濃H₂SO₄の比重は1,84で、H₂SO₄の含有量は、 95,6パーセントである。 【問3】 中和により生成するAl(OH)₃をすべてAl(OH)₃に変えるために必要なH₂SO₄のモルおよびグラム数を求めよ。   またこれは濃H₂SO₄何mLni相当するか。 【問4】実験1で得られる粗製ミョウバンの理論収量は何グラムか。 【問5】80℃の無水ミョウバンの飽和溶液100gを20℃まで冷却したとき、何gの     ミョウバンの結晶が析出するか。 【問6】ミョウバンを純水に溶解すると、溶液は酸性・アルカリ性・中性のいずれを示すか。またその理由を考察せよ。 【問7】粗製ミョウバンの収量と精製ミョウバンの収量はいくらであったか。 【問8】実験2において濃H₂SO₄1~2滴を加えるのはなぜか。 全然わかりません。だれか心優しい方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3199
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.1

文字がめちゃくちゃに化けてます。 たぶん1988-1987さんのご使用環境では普通に表示されているのでしょうが、濃H2SO4と書いてあるはずのところが、「濃H₂SO₄」と表示されています。おそらくだいたいのところでそう表示されているかと。(便宜上全角で書いていますが、&から;までは半角です)。(下付数字はそのまま書けばよいのですよ。) 自分のパソコンで表示できるからと行って相手のところでも表示できるとは限りませんのでご注意ください。 さて、本題に 問2 アルミニウム 0.4 g とKOH 1.6 g からは何 mol のテトラヒドロキソアルミン酸カリウムができていますか? 今度はそのテトラヒドロキソアルミン酸カリウムに酸を加えて水酸化アルミを沈殿させます。この反応ではテトラヒドロキソアルミン酸カリウムは一価の塩基として振る舞っていると考えられます。ここから必要な硫酸の物質量が求まります(モル数なんて言葉は使わないように。長さのことをメートル数なんて言いますか?)。物質量が何molか分かってしまえば分子量を掛けてやれば質量になりますね。 問3 なにやら問題がおかしい気がしますね。写し間違いですよ。 問2で必要な硫酸(純粋なもの)が何グラム必要か分かったところで、それは95.6%濃硫酸を何グラム用意すれば、純粋な硫酸が必要分だけ取れるのでしょうか。濃硫酸が何グラムいるか分かれば、あとは密度より体積に直してやります。 問4 硫酸は必要量を加えるので不足することはありません。 できあがりのミョウバンの量を決めるのはアルミかKOHですね。 問2でアルミとKOHが何molずつあるかを求めましたから、それらから作ることのできるミョウバンの物質量を求め、少ない方が理論収量です。 なぜ少ない方かも当然分かりますよね。 問5 溶解度曲線(もしくは一覧表)より求めましょう 問6 塩の水溶液の性質 問7 精製ミョウバンの質量は自分で実験して計りなさい。 そのつど違うはずです。机上で求まるようなもんじゃありません。 問8 実験の考察ですからご自分でお考えください。 実験レポートは自分でやりましょう。他人にやってもらおうなどという浅ましい考えは捨てるべきです。あなたは「心優しい」を勘違いされています。答えを教えてもらっても、それは一切あなたのためになりません。 内容からして大学の学生実験のようですが、問の答えはすべて高校程度の知識で解ける問題です。それも非常に基本的なことばかりですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 粗製ミョウバンの精製について

    化学実験を学校で行った時、<アルミ箔+水酸化カリウム+硫酸など>の合成により粗製ミョウバンを得た後、 粗製ミョウバン+水+2・3滴の濃硫酸を入れ、冷却することにより、精製を行ったのですが、 その精製時に'不純物'として取り除かれるものは、何が考えられますか?

  • アルミニウムミョウバン作り

    実験でアルミニウムミョウバンを作りました。でもできた物は無色~薄い白色?ほどの結晶???っていうものになりました。イメージとしては梅雨時の水気を吸った砂糖みたいな感じです。 実験の内容は 1.アルミニウム箔に水酸化ナトリウム水溶液を加える。 2.溶解しなくなったら吸引ろ過し、そのろ液に希硫酸を加える。 3.生じた沈殿を吸引ろ過し、熱湯で洗う。 4.沈殿に希硫酸を加える。 5.硫酸カリウム加え、混合し、ろ過。 6.濃硫酸3滴加え、加熱濃縮後冷却しろ過し保存。 というものでした。しかし、4の時、かなり多めに希硫酸を入れてしまって・・・そのためKOHで少し中和しました。 質問は ・これは結晶と言えるのだろうか? ・2の操作の希硫酸を加える前に、フェノールフタレインを加えたのですが、直後は赤紫色だったんですが、徐々に消えていきました。これは溶液が酸性だから?と考えたのですが酸となるものは加えてないのに・・・むしろNaOHを加えているじゃないかと思って「これはどうなってるんだ?」と思いました。 ・希硫酸の入れすぎで結晶作成に起こる問題も教えてください。 よろしくお願いします。

  • アルミニウムミョウバンの合成

    アルミニウムからアルミニウムミョウバンの結晶を作ったのですが、この実験の理論となるような文献は何かありますか?知っている方がいましたら、教えてください!

  • 溶解度の問題について

    60℃でミョウバンの溶解度はKAI(SO4)2(焼きミョウバン)として24.8gである。 今、ミョウバン結晶{KAI(SO4)2・12H2O}を用いるときビーカーに入っている60℃の水100gには何gのミョウバン結晶が溶けるか? (このとき結晶ミョウバンを溶かせば溶かすほど溶媒である水が増えることを考えに入れなさい) また、60℃の飽和溶液を15℃まで冷却すると何gの結晶ミョウバンが析出するか?(15℃で焼きミョウバンは100gの水に5.04g溶ける) という問題がわかりません>< なんか先生は連立使うよーって言ってたんですが。。。><

  • ミョウバンの結晶作りについて

     小学校の実験で、ミョウバンの結晶作りをします。  大きい結晶の方は良い方法を見つけられたので大丈夫なのですが、モールに小さい結晶をびっしりつけられる失敗のない方法を探しています。  とあるHPに載っていたミョウバン120gを200mlの水に加えて加熱、60度を超えて溶解したところに成形したモールを一度浸して数分間取り出し(種結晶をつける作業でしょうか)、再度その液につけて放置すれば完成、という方法を参考にしたのですが、モール全体に付いてくれるときと、モールの一部分に出来た結晶に集中して大きな塊になってしまい、他の部分はモールそのまま…という結果になるときとがあり、結果がばらつきます。  単元のまとめのお楽しみ要素を含んだ実験なので、失敗する児童がいないようにしたいと思っています。より成功率の高い方法をご存じの方、詳しいミョウバンの分量、手順を教えてください。

  • カフェインやミョウバンの析出

    カフェインの抽出実験やミョウバンの析出の実験においても、再結晶の過程で室温に放置する時間が短かったためか、ドロドロした固まっていない結晶ができてしまったことがあります。 おそらく、温度が100度超えていたものが急いで冷却して氷浴をいきなり行ってしまったため、0度以下になったのが原因かと思うのですが、理想ではろ紙上での乾燥でさらさらの結晶ができるはずが、このようになってしまうのは何故なのでしょうか? 分子間力のことを考えたのですが、いまいち説明ができません。 どうぞ、よろしくお願い致します。

  • アセトアミノフェンについて

    実験でエテンザミド、アセトアミノフェン、無水カフェインを含む溶液に塩化メチレンを加えたところ、白い結晶が析出しました。これは多分アセトアミノフェンだと思うんですが、なんでアセトアミノフェンだけが溶解しなかったのかわからないので、どうか教えてください。

  • エステル化の実験で・・

    エステル化の実験をしたのですが、まずサリチル酸に無水メチルアルコール を加え溶解し、徐々に濃硫酸を加えジムロート冷却器をつけながら加熱還流 する際に、間違って濃硫酸を一気に入れてしまいました。 その際に白い物質が析出したのですがそれは一体何で、何故析出したのでしょうか? 濃硫酸を徐々に入れる理由は、混合時に大きな発熱が起こるのでそれを避ける ためですよね?発熱するなら析出しないとおもうのですが・・。 気になるのでどなたか教えてください!!お願いします!!

  • 溶解度について。

    60℃における硝酸銀の飽和溶液100gを20℃まで冷却すると何gの結晶を析出するか。ただし、水100gに対する硝酸銀の溶解度は60℃、20℃それぞれ81.5、68.4である。 という問で自分なりに解を求めてみたところ2つ出てきました。 1・13.1 2・19.6 この中に正しい解はありますか? どうぞお願いします。

  • 再結晶についてです。至急回答をよろしくお願いします。

    再結晶についてです。至急回答をよろしくお願いします。 再結晶の実験をやったのですが、析出量の求め方を教えてください。 (実験操作) 1.少量の硫酸銅5水和物(CuSO4・5H2O)を含む硝酸カリウム(KNO3)10g(±2g)を ビーカーにとり、5mlの水を加える。 次に加熱しながら少量ずつ水を加えて完全に溶かす。 加えた水の量→2ml,ビーカーにとった硝酸カリウム10.1g 2.すべて溶けたらそのまま放置して冷やすと硝酸カリウムの結晶が析出する。 (42°Cまで冷やしました) 3.その結晶を吸引ろ過して集める 問1.再結晶後の硝酸カリウムの量を計算で求めよ (実験値は6.6gでした) 問2.この実験でKNO3を再結晶法で精製できる理由を考えよ また、再結晶時に用いる水の量はこの再結晶においてどんな 影響をあたえるか考えよ