• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アルミニウムミョウバン作り

実験でアルミニウムミョウバンを作りました。でもできた物は無色~薄い白色?ほどの結晶???っていうものになりました。イメージとしては梅雨時の水気を吸った砂糖みたいな感じです。 実験の内容は 1.アルミニウム箔に水酸化ナトリウム水溶液を加える。 2.溶解しなくなったら吸引ろ過し、そのろ液に希硫酸を加える。 3.生じた沈殿を吸引ろ過し、熱湯で洗う。 4.沈殿に希硫酸を加える。 5.硫酸カリウム加え、混合し、ろ過。 6.濃硫酸3滴加え、加熱濃縮後冷却しろ過し保存。 というものでした。しかし、4の時、かなり多めに希硫酸を入れてしまって・・・そのためKOHで少し中和しました。 質問は ・これは結晶と言えるのだろうか? ・2の操作の希硫酸を加える前に、フェノールフタレインを加えたのですが、直後は赤紫色だったんですが、徐々に消えていきました。これは溶液が酸性だから?と考えたのですが酸となるものは加えてないのに・・・むしろNaOHを加えているじゃないかと思って「これはどうなってるんだ?」と思いました。 ・希硫酸の入れすぎで結晶作成に起こる問題も教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数345
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#62864
noname#62864

・これは結晶と言えるのだろうか? 結晶と言えるでしょうが、純度が低いかもしれません。再結晶すればもう少ししっかりした結晶になるかもしれません。また、水分が残っている(乾燥不十分)かもしれません。 ・2の操作の希硫酸を加える前に、フェノールフタレインを加えたのですが、直後は赤紫色だったんですが、徐々に消えていきました。・・ フェノールフタレインは強塩基性(pH10以上)では無色です。 ・希硫酸の入れすぎで結晶作成に起こる問題も教えてください。 極端に入れすぎたのでなければ大きな影響はないと思います。

参考URL:
http://www.root.ne.jp/nishide/preparation/reagent/phenolphthalein.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。再び再結晶してみます。

関連するQ&A

  • ミョウバンについての計算です

    <実験1> ミョウバンの合成 アルミニウム箔0,4gを上皿天秤ではかり、小片に切っておく。次に水酸化カリウム1,6gを時計皿上に同様にはかりとり、100mLのビーカーに移して、15mLの純粋に溶かす。この溶液中に約半量のアルミニウム箔小片を投入し、時計皿を下にして ふたをする。アルミニウムはガスを激しく発生しながら溶解する。ガスの発生が弱まったら、残りのアルミニウムを全量加えて溶解させる。沈殿物をろ過により取り除く。 濃硫酸3mLを10mLの純粋で希釈した液を別に用意し、これを濾液中にかき混ぜながら徐々に加え、中和する。 このとき水酸化アルミニウムが白い沈澱となって析出する。これに硫酸の残りの全量を加えて、白色沈殿を溶解させる。さらに濃硫酸3滴を加え、加熱して、水酸化アルミニウムを完全に溶解させる。 溶液を、突沸させないように静かに加熱し、15~20mLになるまで濃縮する。これを氷却すると、ミョウバンが析出してくる。十分に析出させてから、吸引濾過し、少量のアルコールで洗浄し、水分を除いたあと、粗製ミョウバンとして秤量する。 <実験2>ミョウバンの精製 約10mLno純粋に、濃硫酸1~2滴を加え、実験1で得られた粗製ミョウバンを、加熱溶解する。これを冷却すると、精製されたミョウバンの結晶が得られる。吸引ろ過して得られた精製ミョウバンを秤量する。 オーブンで結晶水を飛ばし、焼きミョウバンを作り秤量する。 【問2】この実験でKOHが1,6gを中和し、Al(OH)₃を得るのに必要なH₂SOのモル数およびグラム数を求めよ。 また、これは濃H₂SO₄何mLに相当するか。ただし濃H₂SO₄の比重は1,84で、H₂SO₄の含有量は、 95,6パーセントである。 【問3】 中和により生成するAl(OH)₃をすべてAl(OH)₃に変えるために必要なH₂SO₄のモルおよびグラム数を求めよ。   またこれは濃H₂SO₄何mLni相当するか。 【問4】実験1で得られる粗製ミョウバンの理論収量は何グラムか。 【問5】80℃の無水ミョウバンの飽和溶液100gを20℃まで冷却したとき、何gの     ミョウバンの結晶が析出するか。 【問6】ミョウバンを純水に溶解すると、溶液は酸性・アルカリ性・中性のいずれを示すか。またその理由を考察せよ。 【問7】粗製ミョウバンの収量と精製ミョウバンの収量はいくらであったか。 【問8】実験2において濃H₂SO₄1~2滴を加えるのはなぜか。 全然わかりません。だれか心優しい方、教えてください。

  • アルミニウムミョウバンの合成

    アルミニウムからアルミニウムミョウバンの結晶を作ったのですが、この実験の理論となるような文献は何かありますか?知っている方がいましたら、教えてください!

  • ミョウバンの合成についてです。

    ミョウバンの合成についてです。 1.アルミニウムはくを正確に0.6g秤量し、小片にちぎって、6M NaOH水溶液の入ったビーカーに少しずつ加える。(最初は反応がなかなか始まらないが、その後は入れると直ぐに反応する) 2.20分間沸騰しない程度に加熱し、熱水で2倍に薄め、ろ過し、ろ液に水を加え90mlになるまで希釈し、万能試験紙でpHを調べながら、1M H2SO4を滴下して加える。液が全体的に白く濁り、酸性になったらやめる。 3.生成した沈殿をブフナーロート、吸引瓶を使って吸引ろ過する。その後熱水で2回洗浄する。その沈殿を、100mlビーカーに移し、4.5M H2SO4を少量ずつ(~1ml)徐々に加えて、沈殿を溶かす。加えるH2SO4の合計量は約10mlぐらいまで。沈殿が溶けたら加えるのをやめる。 4.50mlビーカーにK2SO4を1.8gをとり、熱水約15mlを加えて溶かす。それを3.のビーカーに加え、加熱濃縮して液量を半分にする。 上の1~4の操作での反応式を示したいんですがわかる方お願いします。

  • 高校化学 実験での反応の問題

    (1) Al(OH)3の沈殿にHClを滴下。 沈殿物が溶解するときの反応をイオン式で書くとどうなるか。 また、これで生成した結晶の一部を試験管に取り、水を加えて溶解すると、その液性はどうなるか。またそれはなぜか。 (2)水酸化カリウムと純水とアルミを反応させる。反応終了後、濾過する。 そのろ液に硫酸を加え、加熱溶解し、その後氷冷する。 これによって生成したミョウバンは、硫酸カリウムアルミニウム十二水和物である。これは、2種類の塩、硫酸アルミニウムと硫酸カリウムの( )である。 ( )にはいるのは何か。 質問の仕方が雑ですみません。 回答よろしくお願いします。

  • 結晶を大きくする方法

    加熱したレモン果汁に、炭酸カルシウムを加えて、生した沈殿物に希硫酸を加えて数分加熱し、濾過することで、濾液からクエン酸の結晶を得る実験をやっています。 一応小さな結晶を得ることに成功したのですが、それを大きくする方法がわかりません。ちなみに、結晶は小さくて細い針状でした。

  • カフェインの抽出実験において・・・

    先日カフェインの抽出実験を行いました。実験の流れは、 熱湯&ティーバッグで紅茶をつくる。 熱いうちに酢酸鉛(II)水溶液を沈殿が生じなくなるまで加える(全体的に茶色くなる)。 吸引ろ過(ろ液は黄色)。 ろ液に硫酸を沈殿が生じなくなるまで加える(全体的に白くなる)。 吸引ろ過(ろ液は黄色)。 分液ロート&ジクロロメタンで三回抽出。 無水硫酸マグネシウムで乾燥・・ろ過・・アセトン・・リグロイン・・・ みたいな流れでした。。。 ここでわからないのが、酢酸鉛(II)水溶液と硫酸はなぜ入れたのかです。紅茶の中のカフェイン以外の成分を取り除くためであるとは思うのですが、詳しく何を除去しているのかわかる方いらっしゃいましたらアドバイスをおねがいします(>_<) あと、アセトンでカフェインを溶かしてリグロインで再結晶したわけですが、ここでアセトンとリグロインは入れすぎに注意と言われました。 入れすぎるとどんな不都合なことがおこるのでしょうか? これもわかればアドバイスをよろしくおねがいします。 質問が多くてスイマセン(>_<)

  • 焼ミョウバンが湯に溶けきらず透明にならない

    ミョウバンの結晶を作ろうと 焼きミョウバン(硫酸アルミニウムカリウム)10gを60℃前後の水150mlで溶かそうとしましたが、 水に顆粒ミョウバンが解けて白濁するまでは資料と同じだったのですが、 そこからかれこれ1時間ほど混ぜながら様子を見続けましたが全く透明な水溶液になる気配がありませんでした。 おかしいと思い沸騰する温度まで上げたり蒸発した水分を補充したりもしましたが、全く溶けません。 白濁液はしばらく置くと下に白いものが沈殿し、上澄は白濁したままでしたが、一晩置いてようやく上澄が透明になっていました。 この液体に結晶の類はできている様子はありません。 試しに焼アンモニウムミョウバンで同様に試した所、透明な水溶液が出来ました。 どうにか溶かしてやりたいのですが、溶けなかった理由は何が考えられるでしょうか? 溶かしきることの出来ない焼きミョウバンが売られている可能性はあるのでしょうか?(その理由は) 原因究明にお付き合いいただける方がいらっしゃれば幸いです。

  • 結晶の収率について

     実験でアルミニウムワイヤー(純度99%)を十分な量の水酸化カリウムに完全にとかし、アスピレーター真空器を使ってろ過し、十分な量の硫酸を入れて冷やし、ミョウバンの細かい結晶を作りました。  結晶の収率が90.4%だったのですが、なぜ100%にならないのか、化学的な理由がわかりません。  大学の図書館にあるミョウバン結晶の本はすでに貸し出されていて、調べたくても調べられない状況です。どなたか教えてくださいますでしょうか?

  • なぜ、ミョウバンの成長をさせる時に硫酸を加えるのか。

    実験で硫酸アルミニウムと硫酸カリウムから作ったミョウバンを使って、ミョウバンの成長の実験をしました。 ミョウバン飽和溶液(ミョウバン30gを240gの水に溶かしました)を作り、それを一週間放置する、という実験だったんですが、 その際、放置する前ににミョウバン飽和溶液に conc.H2SO4 を数滴加えたんですが、 なぜ加えるのでしょうか? 分からなくて困っています。分かる方いらしたら、ぜひ教えてください。

  • 粗製ミョウバンの精製について

    化学実験を学校で行った時、<アルミ箔+水酸化カリウム+硫酸など>の合成により粗製ミョウバンを得た後、 粗製ミョウバン+水+2・3滴の濃硫酸を入れ、冷却することにより、精製を行ったのですが、 その精製時に'不純物'として取り除かれるものは、何が考えられますか?