締切済み

交通事故被害者からの損害補償の要求の妥当性について

  • 困ってます
  • 質問No.6704312
  • 閲覧数251
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/13)

交通事故の被害者からの賠償要求は妥当ですか?相手方の主張は、保険会社は事故前90日間の平均休業損害日額として10000円としたが、自分は日額月給で14000円だから差額4000円を要求しています。

この10000円について、保険会社は妥当な考え方で特に事故前3ヶ月間の給与が低かったというものではないとしておりますが、当事者は低かったといっております。こういう疑問があれば保険側に異議を申し立てれればいいと思うのですが、相手側は私が事故を起こした被害者の保護者ということで要求して何がしかのお金が欲しいと思っているようです。私は全く素人ですし、これが妥当な請求かどうか判断できないですが、色々と調べてみると、自賠責基準及び裁判所基準いづれの場合も、
過去一年間又は事故前3ヶ月の給与から日額ベースを出すという考え方のようですし、私がこれを受け入れる必要性はあまり感じられないのですが、いくら保険会社側の出した休業損害だとはいえ、
加害者側に被害者が請求する権利そのものはあるようなので、どのように対処すればよいのか、困っているというのが実情です。

相手側には慰謝料が一日あたり4200円が別途支払われ、それでもなお無理難題を言っているのは自分の妻が子供を産むので金が要るというのが背景にあるようです。

まずはいかに対処すべきか、断るとしてもどのような説得の仕方があるのかお教えください。

ちなみに、息子は起訴されており示談が早く成立されればいいのですが、かといって受け入れられないものを安易に検討しますとかはとてもいえません。他の被害者にも波及することですので。
相手方への言い振り、要求すべき検証資料が必要とすればどのようなものか、等々を教えてください。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

素人ですが経験からです。
もし、直接被害者が電話してきたり、保険以外に請求してくるなら、電話であろうが、何であろうが、必ず録音しておく事。会話中に「ワレ~」「オンドレ~」「バカヤロ~」なんていってきたら、貴方は「そんな怖い言葉を言わないで」と言い、その録音を証拠に(脅迫)で警察に告訴するのも手。
恐らく、そういう相手は、次は「後遺症はどうしてくれるねん」と、言ってくるでしょう。間違っても、保険会社を介さずに交渉や示談、差額の支払いをしない事。保険会社も商売です。会社の金は出したくないのです。勝手に交渉すると、「あ、ご自身で解決するんですね。じゃあ、保険からは支払い無くていいですね」って、言われます。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (1824/6764)

「私が法的に賠償するべきものは保険会社が支払いしますので、私にではなく保険会社に言って下さい。保険会社の主張に納得いかないのであれば、訴訟してもらってもかまいません。」
といってしまってもかまわないと思います。

休業損害の日額は1ヶ月単位30日で計算しますので、月給÷30日であれば、当然給料の実額の日給とは差が出ます。
しかし、休日も休業損害日として認定しますので、おかしな計算ではないのです。
その理屈をわからない被害者が差額を請求しているわけですから、これは過剰な請求となります。
ご質問者が対処する必要はありません。保険会社に言って弁護士対応にしてもらいましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ