• 締切済み
  • 困ってます

定時株主総会で再任されない取締の退任届け出と登記は

 平成16年5月に重任された役員を、平成18年5月の定時株主総会で定款を変更し、 取締役の任期を2年から7年に伸長、取締役を5人から3人に又監査役を廃止した。 だが、役員はそのまま重任で登記はしなかった。  平成16年5月から7年目の今年の定時株主総会で、取締役を3人にするつもりです。 取締役の数が少なくなります、再選されない取締役や監査役の退任届けや登記は必要すか。  その場合の議事録作成、登記申請書作成や様式を教えて頂きたくお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数800
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

再任した取締役、  再任されなかった取締役、監査役 の登記は必要です。  任期満了などの時は、退任届けでは不要です。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 定時株主総会

    株式会社です。毎年定時株主総会をして、議事録を作成しますが、役員変更がない年は、取締役会は必要ないのでしょうか?

  • 役員任期伸長に係る登記手続きについて

    3月決算の非公開会社(株式の譲渡制限あり)です。 昨年の新会社法改正を受けて、昨年度の定時株主総会で役員の任期を10年に伸長する旨の議事を行いました。 今年の定時株主総会も既にとっくに終わった今頃になって、ふと「今年の重任登記は本当にしなくていいのかな?」と不安になり、念のためご質問させていただいた次第です。^^; 宜しくご教示ください。 ●取締役の前回重任日:平成17年5月20日 ●監査役の前回重任日:平成15年5月20日 ●役員任期伸長決議:平成18年6月20日の定時株主総会にて決議(役員、監査役ともに10年に伸長)                同日の議事録の保存あり (注)平成18年3月期以降、定時株主総会の開催日が事業年度末日の翌日から2ヶ月以内から3ヶ月以内に変更しております。           前記により、昨年は登記手続きは不要との認識で一切の登記手続きは行なっておりません。 また、今年についても登記手続きは不要との認識で、今日まで諸役所等への届出は一切行なっておりません。 もし昨年10年に伸長しなければ役員、監査役ともに今年(平成19年6月20日)任期満了=重任となるはずでした。 私の認識として、重任に係る登記手続きが必要となるタイミングは、その他の諸変更がなければ、それぞれ下記で生じる認識でおります。 ●取締役の次回重任日:平成27年6月20日 ●監査役の次回重任日:平成25年6月20日 以上、私の登記手続きに係る認識は合っているでしょうか? また、最初に到来する平成25年の監査役の重任登記手続き時には、昨年の定時株主総会の議事録を添付書類としますが、これだけでよろしいでしょうか? (法務局としては、この時点まで任期延長の事実がわからないということになりますが、これでよいのかな?^^;) 宜しくご回答・ご教示ください。

  • 定時株主総会議事録

    お世話になります。 先日、定時株主総会を開催し、役員の重任、就任を行ったのですが、 重任1名、就任1名が本総会を欠席していたため、後日就任承諾書を提出してもらうことにしました。 本総会の議事録に上記のことをどのように明記すれば良いのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 定時株主総会の後に下記のことがあった場合、その会社はどうする必要があるのでしょうか?

    定時株主総会の後に下記のことがあった場合、その会社はどうする必要があるのでしょうか? (1):代表権がある無しにかかわらず定時株主総会後に新たな取締役を選任する場合は、臨時株主総会召集が必要。 (2):(1)と関連するが執行役員選出は株主総会議題ではない。 (3):以前見た映画「ハゲタカ」でもこのシーンがありましたが、ある会社の取締役会で代表取締役社長の解任動議と取締役の退任要請がありましたが、この後執行役員から大抜擢された後任の代表取締役社長の方も早期に臨時株主総会で承認を得る必要があるのですか? (4):定時株主総会後に決算の変更がさかのぼって出た場合は臨時株主総会召集が必要。 (5):社名変更や定款の変更がある場合も臨時株主総会開催が必要。 の理解でいいですね?

  • 役員変更登記について

    取締役の任期満了による重任登記をしないまま約1年経ってしまっています。(今回は監査役は任期満了ではありません) 事情があり先日監査役を解任し新たな監査役が就任いたしました。 この場合、取締役重任の定時株主総会議事録、代表取締役重任の取締役会議事録、監査役解任と新しい監査役就任の臨時株主総会議事録を添付すれば、取締役・代表取締役の重任と監査役の解任就任の役員変更登記をまとめて一回で申請することができるのでしょうか?

  • 資本金1円の株式会社であっても

    第1回定時株主総会(決算報告,取締役・監査役の重任)に監査役を出席させないといけないのでしょうか? 取締役と株主だけで株主総会を開いてもいいのでしょうか?

  • 定時株主総会の題名

    定時株主総会は、第○○回とするのが通常かと思うのですが、勤めている会社は年度で表しています。 もし平成18年1月1日から平成18年12月31日までの会計期間の会社で翌年の2月に定時株主総会をするとしたら、平成18年度定時株主総会、または平成19年度株主総会とどちらが適当でしょうか? また、平成18年度が第9期の会計報告なのですが、その場合、平成19年2月に開催される定時株主総会は、第何回が通常でしょうか?

  • 定時株主総会の開催手順

    会社法の施行後に資本金100万円にて企業、法人設立を行い一期の決算を終えた会社の代表者です。取締役と株主が同一の3名で監査役が1名おります。定時株主総会の開催手順などは通常であれば司法書士等に依頼、相談をするのが最良だと思うのですが、決算から公告までのスケジュールや定時株主総会の開催方法を詳しくお教え頂ける方や詳しい説明のあるサイト等をご存じの方がいらっしゃいましたらご教授下さい。

  • 株主総会までの流れおよび議事録について

    定時株主総会までに行う流れと、やることを教えて下さい。 (1)取締役会の開催 (定時株主総会での議案内容および、定時株主総会召集決定について) (1)取締役会の開催 (2)取締役会議事録作成 (3)定時株主総会通知発送 (4)定時株主総会の開催 (5)定時株主総会議事録作成 上記で合っていますでしょうか? また、役員報酬の減額(5000万円→4000万円)を行う際には(1)で承認、(2)で詳細金額の記載をするものなのでしょうか? 当社は創業当時に、株主総会で「役員報酬限度額の承認」を決議しております。(取締役報酬年額7000万円以内) 併せて、具体的な配分は取締役に一任とする。としております。

  • 株主総会議事録

    取締役会非設置会社の定時株主総会議事録の文言についてお尋ねします。株主は2名ですが1名が8割の議決権を有していて、代表取締役です。他に役員はいません。 第1号議案 事業報告、貸借対照表等の承認の件 の後に、いろいろな書式集には、監査役・・・は、上記の種類を綿密に調査したところ・・・・・・という文言が入っていますが、監査役も置いていないのでここの部分をどうしたらよいかわかりません。 議長が承認可決すればよいのですか? 教えてください。