• ベストアンサー

死刑執行書へのサイン

この前、森山法相が三度目の死刑を執行しましたが、 これに対して死刑制度に反対する国会議員の集団や、弁護士集団が 抗議したそうですが(伝聞なのは、その情報をOKwebから得たため)、 1.抗議するなら国会じゃないですか? 確か法相は死刑判決6ヶ月以内に死刑執行書にサインしないと いけなかったような気が。(これは推奨?) 裁量の余地は分かりますが、法は遵守していただかないと。 2.たとえば、私が「法をちゃんと守れ!!」とか言って 行政訴訟を起こしたら勝てると思いますか? ちなみに私は死刑そのものには賛成でも反対でもないです。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.3

#2です。 死刑が少なくとも近年国会開催中を避けて執行されていることは事実です。これについては国会での議論を避けるようにして執行しているという批判があるようです。下記URLを参照してください。 これがどのような意味なのかは個人的には分かりかねますが、ibm_111さんのご意見が必ず機械的に6ヶ月以内に執行すべきであるということならば(そうでないならごめんなさい)、前掲のURLの政府答弁書で記されているとおり、 「死刑執行に関しては、個々の事案につき関係記録を十分に精査し、刑の執行停止、再審又は非常上告の事由の有無、恩赦を相当とする情状の有無等について慎重に検討し、これらの事由等が存在しないことが確認された場合に、初めて死刑執行命令を発する」 とのことですから、たとえ6ヶ月以内に執行されなくても法を遵守していることになるのではないでしょうか。

参考URL:
http://www.hosaka.gr.jp/shuisho/146kokkai/24shikeiseronset.html
全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (3)

  • udey
  • ベストアンサー率0% (0/1)
回答No.4

下の方に「公訴棄却」というものがありましたが,それは,刑事訴訟の際に使われる言葉です。 本案前の抗弁で,「訴えの利益」「原告適格」「処分性」でだめでしょうね!!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.2

>1.抗議するなら国会じゃないですか? 抗議を国会の会議の場で行うべきだ、との意味でしょうか 死刑執行が行われた今年9月12日(およびそれ以降現在まで)は国会は閉幕していたと思うのですが。 そういう意味でなければ、補足してください。

noname#108554
質問者

補足

そしたら、閉幕していなかったら、 国会の会議の場で行われていたかも、ということですか? 質問の意味は、 「法相が合法的にではなく、単にいやだからとか 自分の信念に反するとか言う理由で執行書にサインしないのは 法治国家として問題なのでは?」 ということです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • ranx
  • ベストアンサー率24% (357/1463)
回答No.1

1.死刑執行の手続きは参考URLを。 「6ヶ月」に算入しない期間が長そうです。 抗議の相手は、抗議の内容によると思います。 2.「訴えの利益が無い」ことを理由に「公訴棄却」となるのでは。

参考URL:
http://www.ritsumei.ac.jp/~ja005023/2tetuduki.html
noname#108554
質問者

お礼

>「6ヶ月」に算入しない期間が長そうです。 すると法的にはなんら問題はないんですね? 「公訴棄却」ってのもよく分からない制度なんですけど 1.「訴えの利益が無い」ことがなぜ裁判所に分かるのか? 2.たいがいの行政訴訟は利益はないのでは? 3.そもそも裁判所は直接の利害の対立を扱う機関なのか? 4.「利益」は、「行政が法律を遵守するようにさせることだ」と主張したらどうなるか? といった疑問が生じてきます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 死刑執行の問題は何?

    法相の死刑執行について話題になっているようですが、死刑執行の問題について何も知りません。教えて下さい。 死刑判決が確定された後、法相が書類サインしないと執行されないそうですが、なぜサインしないのですか?可哀想だからですか?判決確定なのに?死刑制度の是非があるからですか?でも現行法では死刑ですよ?法改正までの時間稼ぎとか?サインしないのは違法行為というか職務怠慢ではないのですか? 死刑制度の是非も問題視されているようですが、私は執行そのものが保留されている理由を知りたいのです。人でなしと言われるかも知れませんが、決まった以上はさっさと執行すれば?と思うのですが。。。

  • 死刑制度の賛成の弁護士

     この前、森山法相が三度目の死刑を執行しましたが、これに対して死刑制度に反対する国会議員の集団や、弁護士集団が抗議しました。  今回の質問はこれに関してです。  死刑制度反対の思考を持つ国会議員や市民団体が抗議するのはわかるのですが、なぜ弁護士が抗議するのかがわかりません。  弁護士と言うのは、いってみれば現行法の中で犯罪者が不必要に重い罰則を与えられたり、不当な警察の取調べから容疑者を守ったりするのがその仕事のはずです。そのような法律の一端を司る弁護士が、個人ならともかく団体で抗議すると言うのは明らかに異常というか、やりすぎな気がします。どこがどう、と具体的にいえないのですが、法律関係の人間が現行法に文句をつけるという行為が越権的かと思うのです。  本質問は、死刑制度の是非ではなく、死刑制度を何故弁護士が否定するのかと言う疑問を尋ねたく思い書き込みました。  また、死刑制度賛成の弁護士と言うのは見たことが無いんですが、それは皆無だからでしょうか。それとも、弁護士は死刑に賛成してはいけないという暗黙のルールでもあるんでしょうか。  かなり前から燻っていた疑問です。もし、知っていたらお教えください。

  • 死刑執行の法相命令について~

    先頃、法相が死刑囚の死刑執行命令に捺印しましたが、久しぶりとのことです。 法律では、死刑執行は、判決後、6ヶ月以内にすると、なっていますが、実際は、法相の 命令がないため、そうなっていないようです。 所で、質問なんですが、法相の信条次第で死刑執行が延びて良いのでしょうか? ちゃんと裁判で判決されているのなら、三権分立の立場からも、法相は、単に形式的な捺印で速やかに済ませるべきではないでしょうか。 現在、死刑には、賛否両論があります。 でも、一番大事なのは、被害者の遺族感情を考えるべきではないでしょうか。  大切な人を犯罪で殺された遺族は、ほとんどの場合、極刑を望んでいます。 確かに、人道的には、死刑廃止論は説得力があります。 しかし、もしそう唱えている人たちの家族が、犯人に惨殺されても、そう言い切れるのでしょうか? 何か、この考えにアドバイスを下さい。

  • 昨年死刑が執行されませんでした。

    法相は、勉強会での議論も行われていることだし、 何の問題もない、と発言しています。 死刑に反対する人たちが居ることは仕方がありません。 自分が殺されても、殺した相手を許すという心の広い?人たちが居ますから、 そういう人から見たら死刑なんて許すことはできないのだと思います。 でも、だからといって刑の一つとして法が定める刑罰を執行しないなんて言うことが許されることとは全く別問題です。 そもそも死刑を執行しないなら、 何故監禁しておくんですかね。 刑を執行しないならみんな釈放するべきじゃないんですか。 執行しない刑罰のために身柄拘束する意味なんてあるんですか。 これは違法じゃないんですか。 僕だったらどんどん執行します。 死神と呼ばれようとも、 次から次へと、ばんばんばんばん執行しまくります。 人を生きたまま埋めちゃったり、生きたまま火をつけたり、 生きたままのこぎりで首を切り落としたり、 そんな奴らを生かしておくことは、 許してはいけないことです。 犯罪被害者の会によると、 法相の死刑不執行は憲法違反に当たるらしいですけど、 本当にそうですか。

  • 死刑はすぐに執行すべし

    死刑判決が出てもなかなか執行されないことに不満を持つ人が多いです。 刑事訴訟法475条第1項に法務大臣の死刑執行命令は、確定判決が出た日 から6ヶ月以内にしなければばらないという事が明記されていますので、法務大臣がこの法律を遵守すればいいだけの事です。 とりあえず確定判決から6ヶ月経過した死刑囚を片っ端から全員処刑しましょう。 さっさと処刑してしまえば袴田事件のように再審請求で警察や検察が恥をかくこともなかったのです。一旦再審請求が認められ逆転無罪が確定すると司法のメンツが丸潰れになるだけではなく多額の損害賠償義務を負わされます。だからまず処刑は冤罪の可能性が高い奴から執行してしまいましょう。そうすれば日本から冤罪はなくなります。 ぼくは高卒で馬鹿ですが、有識者のみなさんは どう思いますか?

  • 死刑執行反対!

    このたびの、 死刑の執行に対して、 日弁連が、 厳重抗議するという意思表明しましたが。 司法に携わる弁護士の先生方が、 どうして、 法律で定められた刑罰を、 法律で定められた方法で、 手続きに則って、 執行することに反対なのでしょうか。 教えてください。

  • 千葉落選人の死刑執行について

    千葉落選人の死刑執行について 国会議員を失職しながらも法務大臣の座に留まり続けている千葉景子民間大臣ですが、従来からの自分の死刑廃止論とは異なり、突然の如くに特定2名の死刑執行を前例なき対立会いまでして行ないましたが、これについて以下のような記事が出ております。 この記事に紹介された見解である「参院選で落選した千葉氏を続投させた菅首相への批判をかわす狙いがあるのではないか」という目的であるならば、言語道断。 身内の保身と自己の信念を天秤にかけ、保身を優先させた節操無い大臣と言えるのですが、どうなんでしょう。 この見解以外の解釈の仕方はあるのでしょうか。 そもそも千葉民間人とはどういう性格・信条の人なのですか? 選択された特定2名の死刑囚にとっては理不尽すぎます。 なお、これに関する質問を2回立てましたが、時間が過ぎると削除されてしまいました。不思議に思い再度立てましたが、これも削除されるのであれば法務省その他の法務機関に相談してみます。 以下、引用の記事です。 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100728-OYT1T00534.htm 死刑執行、落選法相続投への批判かわす狙い?  千葉法相が28日、昨年9月の就任以来一度も行ってこなかった死刑執行に突然踏み切ったことについては、野党などから「30日に召集される臨時国会を控え、参院選で落選した千葉氏を続投させた菅首相への批判をかわす狙いがあるのではないか」との見方も出ている。  仙谷官房長官は28日午前の記者会見で、「千葉法相は非常に重要な行政権行使の責任者で、あくまでも法にのっとって行った。法治主義のもとで自らの職務を全うした」と強調した。  ただ、千葉氏の続投については野党側から「参院選での落選は有権者が千葉氏の法相としての実績を判断した結果であり、首相が内閣の都合で続投させるのは民意の軽視だ」との批判が出ている。  千葉氏は「基本的な法務行政に対する立場に変わりはない」として、国会議員の身分を失っても政策執行に支障はないと反論していたが、野党側は臨時国会で厳しく追及する方針だった。 (2010年7月28日12時47分 読売新聞)

  • 中国で日本人死刑執行

    シナで、邦人が処刑されました。 この死刑囚は、「取り調べがいい加減。通訳がちゃんとなされていたかどうか、果たして疑問。まともな通訳をしてもらえなかった感じだった。この通訳にはそもそも資格がない。頼まれたから所持していたのだが、いつの間にか指示した主犯になっている。裁判は、1,2審とも公判開始から数回で終了、死刑判決が出た。自分の主張をしたくても、十分に出来なかった。」 と関係者に述べていたそうです。 英国の場合は、死刑執行通告には「抗議」。日本の鳩山首相は「懸念表明」。 なんで、日本は中国に気を遣いすぎるのか? 本来、国内法を尊重する、というよりも、そもそもの取り調べ過程で疑惑があれば、日本は死刑判決が出た時点でシナに対し、抗議すべきではないでしょうか? 皆さんはどう思いますか? よろしくご教示お願いします http://sankei.jp.msn.com/world/china/100406/chn1004061223004-n1.htm 透明性高める努力必要 邦人死刑執行 2010.4.6 11:33 このニュースのトピックス:中国  日本政府による懸念表明も届かず、赤野光信死刑囚の死刑が執行された。麻薬犯罪の急増に手を焼く中国政府にすれば、国内法に従った公正な措置ということになるが、「死刑天国」と揶揄(やゆ)される中国の問題点が、改めて論じられる可能性は高い。  2008年6月に1審で死刑判決を受けた後、同死刑囚は、警察当局が取り調べで得たとする証拠の信頼性に異議を唱え、他人の指示によって関与したことなどを理由に控訴し、減刑を求めた。  「覚醒(かくせい)剤50グラム以上」との死刑要件に照らし合わせれば、同死刑囚が密輸を試みた2・5キロは「重大犯罪」にあたる。中国人死刑囚の場合、判決確定から時をおかずに刑が執行されることを考えれば、中国政府の逡巡(しゆんじゆん)もうかがえるが、外国人と中国人の“差別”に国民の目が向き始めている昨今、外国人の死刑執行には、麻薬犯罪に厳罰で臨む姿勢を国内に示す効果がある。  中国では死刑囚から摘出された臓器が移植に用いられている、との批判が根強い。昨年、米議会の「中国に関する議会・政府委員会」が開いた公聴会では、中国での臓器移植が年間約1万件に達し、うち65%が死刑囚から摘出した臓器だという中国政府の統計が明らかにされた。  今回、死刑が執行された同死刑囚の遺体の処置について、関係筋は「日本側が納得できる形で行われると思う」と話した。中国政府が「法の順守」を唱えるのであれば、裁判過程や種々の疑念に関し、透明性を高める努力が求められる。(川越一)

  • 死刑を躊躇う法務大臣は死刑に

    死刑判決が出てもなかなか執行されないことに不満を持つ人が多いです。 刑事訴訟法475条第1項に法務大臣の死刑執行命令は、確定判決が出た日 から6ヶ月以内にしなければばらないという事が明記されていますので、法務大臣がこの法律を遵守すればいいだけの事です。 そこで提案です。 この法律を守らない法務大臣は死刑、 ということにしたらどうでしょう。 そうすれば、あっという間に待機児童じゃなくて 待機死刑囚なぞいなくなります。 みなさんはどう思いますか?

  • 死刑執行しない法務大臣は善か悪か

    法務大臣は、死刑執行をしないですが、この行為は、法に違反しています。 法違反なので処分されるべきです。 こんな人は法務大臣にふさわしくないので、即刻退陣して貰いたい。 死刑執行しないことは、死刑に反対する人の意見しか聞いていません。 死刑に賛成する人もいるので、死刑に賛成する人の意見を聞くべきです。 その結果が、「法」なので、法治国家である日本では、法に基づき死刑を執行するべきです。 法を犯しているのは大臣です。そんな人に大臣の資格など存在しない。 国を代表する人として、ハジを知ってもらいたいです。 法を犯している大臣が堂々としているのは納得できないです。 即刻、逮捕し裁判に掛けるべきです。 よろしくお願いします。