• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

死刑について

死刑判決が出た場合、 本人には何もしらされないのですか? いつ執行されるとか・・・。 どういう流れになるのでしょうか。 突然知らされると聞いたのですが。 刑務所に入ってから何年以内に死刑になるとか、最長何年とかあるのですか? アメリカの映画などでは、家族などがその場にガラス越しだけど立ち会うことが出来るみたいですが、日本はそういう制度があるのでしょうか。 処刑方法はいろいろあるのですか? ニュースでみた死刑制度に目が行き、初めて疑問を持ちました。 あと、戦争に反対をしている国に死刑制度があるのはなぜでしょう? 人の命の重みを法律で守ろうとしているのに、死をもって償うというものがあるのがちょっと不思議に思いました。 憲法第9条の方が後に制定されたのですかね? いろいろわかりやすく教えてくださると助かります。

noname#65107

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数196
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

イデオロギーをなるべく混ぜずに端的に回答します。 >突然知らされると聞いたのですが。 公式な手順は発表されていませんが、一般には執行当日の朝に知らされるといわれています。 >刑務所に入ってから何年以内に死刑になるとか、最長何年とかあるのですか? 事実上、ないと言っていいと思います。 刑事訴訟法475条2項により、死刑の執行命令は刑確定から6か月以内にすべきことが定められていますが、 守らない場合のペナルティがなんら無いことも手伝って、事実上ほとんど守られていません。 また、刑法32条によって死刑の時効は30年とされていますが、 (すなわち刑確定から30年執行がなければ刑執行は免除されるのが原則) 死刑執行待ちのために拘置されている間は時効は進行しないとされています。 (昭和60年7月19日最高裁決定) 帝銀事件の死刑囚は確定から32年後に獄死しました。 # 余談ですが、死刑囚が入るのは拘置所です(実質的に刑務所と同じ施設だけど)。 >家族などがその場にガラス越しだけど立ち会うことが出来るみたいですが、日本はそういう制度があるのでしょうか。 たぶんないと思います。少なくとも聞いたことはないです。 >処刑方法はいろいろあるのですか? 日本では絞首刑と定められています。 >人の命の重みを法律で守ろうとしているのに、死をもって償うというものがあるのがちょっと不思議に思いました。 確かに死刑廃止を主張する人の主張にもそういうものがあるのですが… 法解釈的なことをいえば、9条はあくまでも「国家として戦争しない」ってことを言っているに過ぎず、 国民の命を守ることは(背景思想としてはともかく、直接には)何も言っていないんです。 なので、少なくとも法的な意味での死刑の正当性を検討する上で9条は全く役に立ちません。 憲法についていえば、31条では「法律に定める手続きによらなければ生命を奪われない」という規定がありますが、 これの裏を返せば、法律に定める手続きによれば生命を奪う刑も許される、ということがいえ、 死刑が合憲とされている現判例のキモの1つとされています。 ちなみにはっきり「9条に違反しない」なんて判例もあったりします(昭和26年4月18日最高裁判決)が、 「9条違反だ」という弁護人の主張はけんもほろろ、 「何言ってんだこのおっさん」くらいのノリで切り捨てられています。 >憲法第9条の方が後に制定されたのですかね? 順番はそのとおりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

詳しいお話ありがとうございます。 >帝銀事件の死刑囚は確定から32年後に獄死しました。 ということは、30年たって死刑は免れたということで、無期懲役という刑が科せられていることになるのでしょうか? それで獄中で死んだということですか? あれ?死刑の時効は30年 確定から30年執行されなければ、免除、でも、死刑のために拘置所にいる間は、時効はない、 だったら、32年後に死んだ人も死刑執行を待っているということですか? たとえば、逃亡などして、30年経過すれば、時効になり無罪 拘置所にいれば時効はなし。必ず執行されるということでしょうか。 >死刑と戦争放棄について。 私と同じ疑問を持つ人もいるようですね。 私の場合はふと、なぜだろう?と違和感を感じただけですが、それを主張している人も中にはいるのですね。 ただ、このふたつの法律が関係するとかそういう話ではないので、どちらかが正しいなら、どちらかが不適当という法解釈の話はではなく、感情?として話をするなら、 国家として戦争をしないといっているのは、なぜでしょう? その背景に多数の死者をだし、戦争後の悲惨さをしっているから、命の大切さを守るために、これが制定されたのでは?と思うのです。 ですから、ちょっと疑問に思いました。 法解釈ではなく、その法ができた背景としてはどうなのでしょうか? 何のために憲法第9条が制定されたのでしょう・・・。 平和のためという言葉をききますが、なにをもって平和とするか、戦争で物が破壊されたり、人が死なない世の中を平和とするのではないでしょうか。だったら、少なからずともこの法律の中には人の命が関わってくると思うのです。命は大事にしなければ・・・と。

関連するQ&A

  • 死刑確定から死刑執行までの期間は?

    宮崎勤に死刑判決が下されましたが、死刑が確定してから死刑執行までの期間はどれくらいなのでしょうか? それから、麻原はなぜ死刑判決がでたのに、いろいろと理由をつけて延命してますが、なぜなんですか? 裁判のことはまったくわからないのですが、死刑判決がでたらすぐに死刑執行というのは無理なのですか? 宮崎も死刑囚としてあと数年は生きるのでしょうか?

  • 死刑執行の問題は何?

    法相の死刑執行について話題になっているようですが、死刑執行の問題について何も知りません。教えて下さい。 死刑判決が確定された後、法相が書類サインしないと執行されないそうですが、なぜサインしないのですか?可哀想だからですか?判決確定なのに?死刑制度の是非があるからですか?でも現行法では死刑ですよ?法改正までの時間稼ぎとか?サインしないのは違法行為というか職務怠慢ではないのですか? 死刑制度の是非も問題視されているようですが、私は執行そのものが保留されている理由を知りたいのです。人でなしと言われるかも知れませんが、決まった以上はさっさと執行すれば?と思うのですが。。。

  • 死にたいと思っても死刑に成るために誰かを殺す

    死にたいと思っても死刑に成るために誰かを殺す・・・なんて人は少ないと『思います』。 ぶっちゃけ過去「死刑になりたかった。」と犯罪犯した奴はいますが 正直そいつらも本当に死刑が目的? って思ってしまいます。 単に自分の人生に悲観してそう言う犯罪犯しただけであり死刑がなく 無期懲役が最高刑なら「無期懲役になりたかった。」 と言い方変わるだけだったと思いますね。 本当に死刑と言う死を目指しているなら・・・ 無差別殺人ってかなり遠回りな気がしてしまいます。 武器を持って群衆に突撃しないといけない。 確実に数人殺さないと死刑になれない。 下手したら生き残る可能性もある(5人刺したが5人とも命は助かるなど) そうなると殺人未遂どまり。死刑までは求刑されないだろうし ※個人的には死刑を視野に入れて欲しいけど 見事に殺せても裁判で数年。下手したら弁護士が無罪にしようと 必死に動いちゃう(笑 見事に死刑判決受けても執行までどのぐらいかかるやら・・・ そう考えると本当に死刑(死)望んでるのかな?と思いますね。 単に僕の人生不幸だったんだ。同情してくれよ。 的意味合いが強い感じがしますね。 さてさて、話戻すと悪い事したんだから罰を受けるのは当然。 人の命を奪ったんだから命奪われる制度にガタガタ言うなと思います。 命奪っても多くの法律が奪った人の命を庇う制度もいっぱいあるのに。 それすら突破したやつを庇う必要性は感じませんね。 みなさんは どう思いますか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

No.5ですが、 >No.4です。 というのは間違いでした。No.3です。 すみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

No.4です。 補足へのコメントです。 >たとえば、逃亡などして、30年経過すれば、時効になり無罪 >拘置所にいれば時効はなし。必ず執行されるということでしょうか。 そういうことになります。(明文規定はありませんが、判例あり) ただ、帝銀事件の死刑囚のように刑執行の前に亡くなった場合はさすがにもう無理ですが(当たり前ですけどね) >国家として戦争をしないといっているのは、なぜでしょう? 背景をいえば「実際に日本は戦争でひどい目にあったから」でしょう。 軍の力を奪うためのGHQの指示ってこともあったのでしょうけど、 憲法制定当時の日本国民の意思としても多数派だったろうと想像します。 で、法解釈の話を別にすれば、質問者様がおっしゃるように 「9条は国民が国家のために命を投げ出すことを潔しとしない旨の宣言だ」 「ならば死刑も同じ思想に沿うべきではないのか」 という主張は実際にあります。 …No.4で答えたとおり法解釈としてはとても採用できないので、裁判所で訴えても意味はありませんが、 (だから裁判所ではあっさり切り捨てられてしまっている) そういう思想そのものは(たぶん多数派ではないでしょうけど)決して箸にも棒にもかからない主張とは考えられていないと思います。 …むろん、箸にも棒にもかからないと考える人もいるでしょうが、それもまた主張の1つにすぎないわけですし… 死刑廃止を訴えている有名な刑法学者に団藤重光先生という先生がいらっしゃるのですが、 確か団藤先生もそのようなことを書かれていた記憶があります。 (「死刑廃止論」のどこかに書いてあったような記憶がぼんやり…)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろありがとうございます。 あまりこういうことに関心を持たずにきてしまい 自分の考えがどうしても頭から離れず誰かに聞いてみたいと思っていました。 私自身、死刑に賛成とも反対とも言えないので これから少しずつ知識をつめていきたいと思います。

  • 回答No.4

ご質問に対する回答は、他の方が詳しく述べておられるので省きます。日本国民として死刑制度についていろいろ関心をもつのは、今後の裁判制度と絡めても非常に有意義なことと思います。 是非ご自分でも死刑制度の是非について考えてください。 ところで、添付通り、5月6日の午前、文化放送で53年前の死刑執行の模様が放送されるそうですので、お聞きになることをお勧めします。 執行当日の朝に執行を告げる看守の声や教誨師による読経の中絞首刑が執行されるさまを、刑務官の学習用として大阪拘置所が録音したものとのことです(大阪拘置所はそんな事実はないと否定しているようですが)。     http://news.ameba.jp/domestic/2008/04/13066.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 裁判員制度にも関わってくるのですね。 そうなると、ますます一人ひとりが考えなければならない事柄になってくるような気がします。 みてみます。

  • 回答No.2

>死刑判決が出た場合、 本人には何もしらされないのですか? いつ執行されるとか・・・。 はい、なにも知らされません。ある朝数名の看守がやって来て「お別れだよ」と言うのです。ですから東京拘置所にある死刑囚の収容されている房では午前中だれかが廊下を歩くとびくっとするそうです。怖いね。 >どういう流れになるのでしょうか。 突然知らされると聞いたのですが。 刑務所に入ってから何年以内に死刑になるとか、最長何年とかあるのですか? いつ死刑が執行されるかはわかりません。特に冤罪が疑われるケースではなかなか執行されません。 >処刑方法はいろいろあるのですか? 日本では絞首刑しかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ほんと、毎日びくびくしているでしょうね。 けれど、もし何年も、だったら そのうち、まだだろうという楽観的な考えがでてくるのではないでしょうか?? 違うかな・・・。 日本では絞首刑なのですね。ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • AVENGER
  • ベストアンサー率21% (2219/10373)

>憲法第9条の方が後に制定されたのですかね? 今の憲法以前から、死刑はありましたよ。 また、憲法第9条と死刑は関係ありません。 >いつ執行されるとか・・・。 わかりません。最短では1年で執行された池田小学校襲撃事件のあの人とか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 死刑執行。

    オウム高橋さんが捕まったことで、 一連のオウム事件、 一区切りと言うことになるんでしょうか。 と、そこまで考えて、 思ったんですけど、 死刑判決受けた奴で、 執行された奴、います? あれだけのテロ事件を起こした面々が、 裁判官によって、 「殺してよし」 っていう許可が出たのに、 いったいなにゆえに死刑の執行がなされないんですか。 もしかして法務大臣、 オウムを死刑にすると、 オウム信者に命を狙われる、 などと考えているのでしょうか。 そうでないとするとどうしても僕には理解できません。 何故死刑確定している奴が、 執行されないのか。 一人くらいはとっとと殺した方が良くないですか。 高橋逮捕、よかったよかったなんて言ってる場合じゃないと思いますけど。

  • せめて死刑制度は残してほしいと思います

    モリのアサガオという死刑囚を扱う漫画を読んだのですが、人権問題もあると思いますが、結構自由な暮らしをしてて驚きました。 死刑判決を受けても何年も生き続け人間らしい生活が出来る… 死刑執行されるまでの間に反省させ人間らしい心を取り戻させる意味もあるのかもしれませんが、いくら反省しても殺された命は戻らないし、残された家族の悔しさは変わりません。 この間、少年らが必死で命ごいをする妊婦の顔などを殴る蹴るしてお金をとったという事件を見ました。 そんな奴らはアメリカなどの凶悪犯と同じ牢屋に入れられて、入ってる間は毎日恐ろしい思いをして最後は死刑になれば良いのに!と思いました。 未成年でも悪い事をした人間は顔や名前を公表しろ、とも思います。 よその国の事は分かりませんが、日本は悪い人の人権を守り過ぎでは? どうせ人間らしい刑務所生活を送れるんだから、せめて死刑制度は残してほしいと思います。 みなさんは どう思いますか?

  • 死刑執行人

    死刑判決が確定した囚人に死刑執行を許可?するのは大臣であるのはしかたがないのですが、 死刑執行をする場合に、死刑執行人が嫌がるそうなんですが、それなら被害者が死刑執行のボタンを押してやれば、死刑執行人が嫌な思いをしなくて済むと思うのですが、なぜそうならないのでしょうか。 わかる方よしくお願いします。

  • 今の日本から死刑制度が無くなれば

    全てでは無いが、大半の犯罪者は自分の犯した犯罪による 刑期が少しでも軽くなる事を願っている。 全てでは無いが、大半の犯罪者は自分の犯した犯罪による 刑期が少しでも軽くなる事を願っている。 今の日本から死刑制度が無くなれば、殺人を犯す 者が増えないとも限らない。 例えば、何人殺しても終身刑位で人生を刑務所で 終えるだけになる。 死刑が正しいとかは別として。 殺人に対しては自分の命を代償とする位の 重みがあると思います。 死刑にしたからと言って死んだ人が生き返る訳では 有りませんが。 殺人の抑止力として必要なのかも知れません。 それでも、犯罪者の中には「死刑で結構」と言う 者もいます。 死には死をが全く不要とは言い切れません。 残念ながら。 みなさんは どう思いますか?

  • 死刑はすぐに執行すべし

    死刑判決が出てもなかなか執行されないことに不満を持つ人が多いです。 刑事訴訟法475条第1項に法務大臣の死刑執行命令は、確定判決が出た日 から6ヶ月以内にしなければばらないという事が明記されていますので、法務大臣がこの法律を遵守すればいいだけの事です。 とりあえず確定判決から6ヶ月経過した死刑囚を片っ端から全員処刑しましょう。 さっさと処刑してしまえば袴田事件のように再審請求で警察や検察が恥をかくこともなかったのです。一旦再審請求が認められ逆転無罪が確定すると司法のメンツが丸潰れになるだけではなく多額の損害賠償義務を負わされます。だからまず処刑は冤罪の可能性が高い奴から執行してしまいましょう。そうすれば日本から冤罪はなくなります。 ぼくは高卒で馬鹿ですが、有識者のみなさんは どう思いますか?

  • 日本で、戦後、死刑が執行された例を知りたいです。

    日本の戦後の死刑判決、執行の一覧のようなものが入手できるサイトがあるといいのですが、特に、死刑執行について知りたいです。よろしくおねがいします。

  • やっぱり、死刑確定犯の再々々…審請求への疑問?

    http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140226/CK2014022602000094.html 死刑判決が確定した死刑囚に対して、再審請求すれば、これをし続ければ、死刑執行されることはなく、事実上は無期懲役と同等、寿命として死するまで刑務所にて暮らせることができてしまう、ということなんでしょうか? 非常に不条理を感ずるのですが、この理解、解釈で間違いはないでしょうか? 確認方々教えてください。

  • 死刑統計について

     死刑について調べています。    全国で年間どれくらい、死刑判決がなされているのか。  何の罪で死刑を宣告されたのか。  あと、宣告されてからどれくらいの期間で、執行されるのか。  こういったような事を知りたいのです。なにか統計資料みたいなものはないですか?  知ってらっしゃる方がございましたら教えてください。 

  • 死刑制度については

    死刑制度について議論されるべきは制度存続の是非ではなく、 刑の執行方法が現行のままで適切かどうかについてだと思います。 被害者=死んではならない人が強制的に苦痛を伴う死を強いられた というのに、加害者=他人の命を理不尽に奪った者 が絞首刑という 安楽死(温情刑)で苦痛の無い安らかな最期を与えられているという あまりにもアンフェアな現状に激しい憤りを覚えます。 死刑は司法による殺人などではなく犯した罪に対する適正な処罰です。 理不尽に他人の命を奪ったのは殺人犯の方です。 他人の命を奪うという犯罪が存在しているのですから、 自らの命をもって償うという罰が存在するのは当たり前のことです。 死刑囚は他人の命を理不尽に奪ったから死刑を言い渡されたのです。 自分が先に殺さなければ死刑判決を受けることなど無かったのです。 死刑判決を言い渡される原因を作ったのは犯罪者自身なのですから。 刑罰には犯罪者に罰を与えるというだけでなく 見せしめることで犯罪抑止力を持たせるという役割もあります。 犯した罪の重さと比べてそれに課せられる刑罰が著しく軽いようでは 犯罪抑止の効果は全く期待出来ないと思います。 たとえば100万円を盗んだ罪に課せられる刑罰が罰金10円では、 刑罰としての体を成さないばかりか、犯罪抑止にも繋がりません。 しかし、これが我が国の刑罰の現状なのです。 支那人によるサンゴ密猟事件がその良い例ですね。 また、死刑を廃止するということは、 どんな罪を犯しても国と法が犯罪者の存命を保証するということです。 どんなに残虐な方法で、どんなに多人数を殺しても 更生不能な凶悪犯罪者の生存が保証されるということです。 これはまさに国による殺人許可です。法による殺人幇助です。 適正な罰則規定があってこそ公序良俗、安寧秩序が保たれるのだと思います。 そこで質問ですが、みなさんは 死刑制度について いかがお考えですか?

  • 死刑判決の根拠。判決が出るスピードと死刑執行までのスピード

     死刑判決が出る根拠はどれくらいの罪だとなるんでしょうか?。  人を殺したら必ず死刑なんでしょうか?。  殺人しても計画性が無く、反省の態度があれば無期懲役?。殺人しても懲役何年は有り得るでしょうか?。    死刑判決が出るまでのスピードや死刑執行までのスピードは個人差がありますが、どういう違いがあるんでしょうか?。  麻原被告のようにうやむやな態度をしていると、審議が進まないんでしょうか?。  死刑執行まで10年など掛かる人もいますが、何故そこまで掛かるんでしょうか?。宅間被告は一年くらいで執行されましたが。