• ベストアンサー
  • 困ってます

献金

前原さんが大臣を辞任しました。 ところで一つ疑問なんですが、 何で外国人から献金を受けてはいけないのでしょうか。 法律で決まってるからと言うのはうなずけません。 法律は必ずしも正しいとは限りません。 そもそも献金するという行為にはどうかよろしくお願いしますよと言う 何らかの期待があったりすることは当たり前のことで、 テレビなどで評論家が言っている「外国人の献金を認めると政治に影響が出る」 少しおかしくないかと思うのです。 日本人が献金するときだって何らかの期待をこめて行うこともあるでしょうし、 政治に影響が出る可能性はあるでしょう。 そもそも献金そのものを認めるなら自由にすれば良いと思うし、 変に枷をはめるなら最初から献金なんて認めなければ良いこと。 政治に金がかかるなんて当たり前のことだし、そういう風に立候補者を選んできたのは選挙民のほう。泡沫候補は絶対に当選できない。テレビに出て名前の売れてる人は地盤看板なくても楽々当選。 ですから金を使ってネットワーク築かなくては当選できないから金を使う。 金を使えばもらう。 当たり前のことですよね。 僕としては政治資金規正法はじめ政治と金に関する決まりはすべて撤廃して自由な活動を許すべきだと思うんです。 それに外国人以上の脅威が永田町に巣くっていますよ。 カルトという名の宗教集団が大きな勢力で政治に影響を与えています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数310
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21843)

1,国民主権て御存知ですよね。   その国の政治の決定はその国の国民が行う、てことです。   だから外国人が日本の政治に参与することは   この国民主権に違反します。 2,外国人の献金を認めたらどうなるでしょう。   彼らが組織的に特定の政治家に献金するようになる   可能性は十分にあります。   そうなったら、その政治家は献金者を無視できなく   なり、結果、国益に反する行動をとらざるをえなく   なる可能性があります。 3,献金制度には私も反対です。   あれは合法的な賄賂です。   でも、それと外国人の献金とを混同すべきではありません。   その理由は上に述べた通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 外国人からの違法献金問題

    外国人からの違法献金問題なんですが、政治資金規正法の書き方が分かりづらく、 どこにそれがまとめられているのかが分かりません。 規正法の何条をみればよいでしょうか?

  • なぜ外国人からの政治献金は禁止されているのですか

    そもそもなぜ外国人からの政治献金は禁止されているのでしょうか。 外国人と言っても色々な方がおられるとは思いますが、ここでは日本で暮らしている方を想定してお答え下さい(その中でも色々なパターンがあるとは思いますけれど)。 政治資金規正法により規制している、この法の趣旨を知りたく思っています。 あくまで立法の意図を教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 民主党の党員やサポーターの会費

    民主党は外国人でも一定の会費を納めれば 党員やサポーターになれます。 これは政治資金規正法の定める 外国人からの献金にはあたらないのですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#134018
noname#134018

どうせ犯罪があるのだから、刑罰など無くせばいい、というのもどうかと思います。 献金は禁止してしまえばいいと思います。政治に金がかかる、というよりは、選挙に金をかけている、選挙に金をかけなければ当選できない候補が選挙にでている、というのが実情だと思います。選挙など、今の時代、インターネットも使えるし、ビラなぞパソコンで印刷できる、後は、どぶ板選挙をやればいい。一方で、国で、被選挙権を、高値(300万円、600万円という供託金)で売買しておいて、選挙に金がかかる、と逆切れするのもおかしな話です。 現在の日本では、事実上、貧富による差別が行われ、毎晩、高級料亭に行ける人間しか議員になることができず、いつまでも国が良くならない状態が続いてしまっています。 国民が成人になれば、貴賎・貧富によらず、誰でも立候補させて、おかしな人間が当選した場合には、リコール制度を併設して、国民が議員を辞めさせることができるようにする、のが一番だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ww0
  • ベストアンサー率36% (53/147)

日本の政治家は「日本」の政治家なのであって、「外国」の政治家じゃありませんよ。「国連」の政治家でもありません。 献金が何らかの利便誘導の可能性がある以上、日本の政治家には日本人の献金のみ、正当性を持ちます。 また、国会議員は市民活動をするのではなく、国政を扱います。献金も国政がらみのものとなって行きます。 質問者さんの献金意識は「市民活動レベル」であって「国政レベル」じゃないので。 同じ問題が多くの民主党議員に欠陥として備わっているので、まともな国民は頭を抱えているんですわ。 また何か質問が有りましたらどうぞ。 ------ 以下、別の所に書いてあった自文の一部 ------ 献金はどういうものであれ、献金する側への利益誘導が目論まれるから、献金自体を禁止すべきであるという主張まであるくらいですから。 政治家・議員に限らず、公務員は全体の奉仕者であり一部への奉仕者ではないですからね。 そしてこの場合の「全体」とは「日本全体」のこと。「世界全体」の事ではない。 世界全体に尽くすのは世界政府や国連の職員や世界公務員。 日本の国会や内閣で仕事する者どもは、日本政府の公務員であり日本議会の議員。 外国人が議員・政治家に献金すれば、外国人への利益誘導を議員・政治家が行なう方向に付勢される。 外国の為に働くのは、日本内閣や日本議会の仕事ではない。(外国の為に働きたければ、国連に行って仕事するか、世界政府を樹立してその中で仕事をする事) ■■ 議員・政治家は日本と日本人の為に意志決定し、活動するべきである。 この原則のため、外国人の献金は禁止されるのが普通の常識になります。 ところがこの常識にかからないのが民主党で、党代表の選出に外国人を投票させるだとか、外国人に参政権と被参政権を与えようだとか、在日外国人に選挙運動させるだとか、、、もうどうもならんクズ政党ですので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日歯連の献金疑惑問題

    日歯連から旧橋本派への1億円ヤミ献金や、国政協を通じての迂回献金等が問題になっていますが、どうしてこれらの献金は政治資金規正法に則って正規のルートでの政治献金にしなかったのでしょうか?

  • 政治献金の見直しについて

    政党や政治資金団体への政治献金について、いま行われようとしている改革、政治資金規正法の改正の内容をわかりやすく教えてもらいたいのですが。

  • 鳩山首相の偽装献金は贈与として扱うとのことですが

    贈与として扱った場合、その資金はすでに政治資金として使われてしまっていると思うのですが、贈与されたものを政治資金として使うということは結局政治献金なのではないですか。 政治資金規正法の献金上限額に引っかかってくると思うのですが。

  • 政治献金について

    資金管理団体・政治資金団体への企業・個人からの政治献金等について勉強したいと思っています。政治資金規正法の改正の歴史なども合わせて知りたいです。会社・個人は政治家個人、政党支部にどのように、いくらまで献金していいのかなど、詳しく知りたいです。

  • 野田首相の外国人献金問題 どうなると思いますか?

    首相、外国人献金問題に一切答えず 2011.9.3 12:23 野田佳彦首相は3日、宿泊先の都内のホテルを出る際、資金管理団体が在日外国人から政治献金を受け取っていた問題について「釈明する考えはあるか」「事実関係を確認させてほしい」という記者団の質問に一切答えなかった。  野田首相の在日外国人献金問題は、首相の資金管理団体「未来クラブ」が在日本大韓民国民団(民団)関係者ら在日韓国人男性2人から計約30万円の政治献金を受け取っていたとするもので、産経新聞が3日付朝刊で報じた。  政治資金規正法では、外国人や外国人が過半数の株式を保有する企業からの政治献金を禁じている。ただ、2人からの献金はいずれも公訴時効(3年)を経過している。  在日外国人の政治献金をめぐっては、今年3月に前原誠司外相(当時)の政治団体が京都市の在日韓国人女性から計25万円の献金を受け取っていたことが発覚、前原氏は外相を辞任した。続いて、菅直人首相(同)の資金管理団体も横浜市内の韓国籍男性から計104万円を受領していたことが判明。菅氏は国会で追及されたが、東日本大震災の発生で首相退陣を免れた。 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110903/plc11090312250015-n1.htm 前原氏は潔く辞任しました。 菅氏は震災のおかげで運よく辞任追及を免れられました。 野田さんは、今後どうなると思いますか?

  • 政治家が罪に問われる「違法献金」と「収賄」はどう違うのでしょうか?

    政治家が罪に問われる「違法献金」と「収賄」はどう違うのでしょうか? 単に企業からお金を貰うのが政治資金規正法に抵触する「違法献金」で、企業からお金を貰って公共事業の受注などの優先をさせる、つまり実質的に動きがあることが「収賄」なのでしょうか? 教えてください。

  • 外国人による献金なぜダメ?

    前原大臣の献金で知ったのですが、外国人の献金がダメなのですね。 これはなぜなのでしょうか?(なぜ、そのように規定したのでしょうか?) 参政権が無いなら、いくら献金してもイイように思えます。 参政権があると、多額の寄付は政策に影響を与える。 (外国人の参政権うんぬんの話があるので、あらかじめ規定していた???) アメリカのオバマ大統領のネット寄付が話題になりましたが、アメリカでも外国人の寄付は違法なのでしょうか? それとも逆に参政権のない人からの寄付は、寄付してもらうのがおこがましいから?? 前原大臣のケースではなく、この法律の規定(外国人はNG)についての理由をお願いします。

  • 政治資金規正法について

    民主党政権になり前原元外相や菅首相など、外国人からの政治資金規正法違反が 発覚していますが、この法律って知らなかったや、返金、報告書の訂正すれば 何の罪にも問われないザルの様な法律なのですか?(管首相の場合は辞任すらしていない) あと、菅首相の場合はパチンコ店経営者からの献金だった様ですが パチンコ店やパチンコ経営者の大半は外国人だと認識しています。 その場合は、やはり全て違法になるのでしょうか? 参考URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000633-san-pol

  • 外国人からの献金について

    いろいろ民主党の議員では外国人からの献金について報道されていますね。 前原さんの昨日の会見は説明不足の感は否めませんが、、。 しかし、新聞を改めて見て思ったのですが、、。 その外国人は日本人名で1万とか3万とかの献金、29万の法人(外国人が代表の会社もダメなのですね) しかし、これらをどのように規制できるのでしょうか? たくさんの献金者全ての戸籍を調べるのでしょうか? 現実的に無理ですよね。(作業工数がものすごいですよね) 逆に同じ選挙区の対立候補に、外国人に1万円でも献金させれば、簡単に「問題」にできてしまいますね。(今回の前原さんのそれも、それに近い感じですね) 1万とか3万とかで政策に影響も受けるはずがないですし、、今回献金した方も「後援会費」というつもり程度のようですし。 何か制度に問題(規制金額下限がないとか)があるように思えるのですが、どうなのでしょうか? 詳しく、この制度(外国人献金規制)について知らないので、理解が間違っているのかもしれませんので、指摘・語説明いただければ幸いです。 なお、外国人の献金を規制する、主旨はわかっています。 多額の献金をを受けて政策に影響を与える可能性を排除はすべきですが、、。 なお、前原さんも民主も 支持してはいませんが、あまりにも重箱をつつくようで。 これは マスコミの問題?

  • 外国人が政治献金するとどんなメリットがあるのか?

    外国人による政治献金はどのようなメリットがあるのでしょうか。 パーティー券を個人で100万円単位、つまり何十枚も購入し、さらに偽名を使用し追加で200万購入。しかもパーティーには行っていないとのこと。パーティに参加することが目的ではないパーティー券の大量購入。何らかの理由で鶴保大臣に300万円渡す必要があったが、パーティ券の購入は法律で150万円までと定められており自分名義だけでは足りなかったために、偽名を使用したのだと思います。 明らかにパーティーに参加することが目的ではない大量購入ですので、実質的には政治献金であるという前提で話を進めます。しかも今回は外国人による献金であることが報道されています。 疑問なのは、偽名を使ってまで300万を鶴保氏に渡さなければならなかった理由です。どういう理由で鶴保大臣に300万円渡す必要が生じたのかです。「…してやるから300万献金しろ」などというやり取りがあったのでしょうか? 一応、民主党の場合もありましたが数万円単位なので普通の個人献金なのかなと思いましたが、自民党はさすが格が違い数百万単位なので、明らかに何かあると思わざるを得ない献金に感じます。 ・こういう外国人献金はよくあるのでしょうか? ・何のために外国人が数百万単位で献金するのでしょうか? ・外国人にどんなメリットがあるのでしょうか? この点について教えてください。よろしくお願いします。 鶴保氏パー券:免税店社長、他人名義で100万円購入 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20161121/k00/00m/040/116000c パーティー券を購入したのは台湾系米国人で免税店経営会社(東京都新宿区)の男性社長(38)。免税品の仕入れ高を架空計上するなどの手口で10年3月期の所得約3億円を隠したなどとして、12年2月に東京地検特捜部に逮捕され、同年7月に執行猶予付きの有罪判決を受け確定した。 鶴翔会の政治資金収支報告書には、13年10月10日に100万円分を購入したとして同社の日本人役員の氏名と当時の事務所の所在地が記載されている。 鶴翔会を巡っては観光振興を目的とする山梨県のNPO法人の副代表が同年1月、政治資金規正法の上限を超す200万円分を自分以外の名義で購入したことが判明している。 関係者によると、社長はこのNPO副代表の紹介で券を購入したが、パーティー自体には参加しなかった。

専門家に質問してみよう