• 締切済み
  • すぐに回答を!

数IIIの関数の問題です。

a^2 + bc ≠ 0 の時、分数関数 f(x) = (ax + b)/(cx - a) の逆関数は、f(x) に等しいことを証明せよ。 という問題です。 解答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数97
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#128765

まず、関数f(x)の逆関数f^(-1)(x)の存在性を考える。そのために f(x)=a/c+(a^2+bc)/(cx-a)と展開し、x∈R\{a/c}において f(x)の値域f(R)はf(R)={y|y∈R\{a/c}}より f(x)の定義域もf(R)で  fの逆写像 f^(-1) : f(R)→f(R) が存在するためには  f:f(R)→f(R)が全単射であることを示せばよい。 (単射性) x1,x2∈f(R) としx1≠x2とする。 f(x1)-f(x2)=(ax1+b)/(cx1-a)-{(ax2+b)/(cx2-a)} =(a^2+bc)(x2-x1)/(cx1-a)(cx2-a) ここで x1,x2∈f(R)より(cx1-a)(cx2-a)≠0 a^2+bc≠0かつx2-x1≠0より(a^2+bc)(x2-x1)≠0 であるからf(x1)-f(x2)≠0 すなわちf(x1)≠f(x2) したがってfが単射であることは示せた (全射) yをy∈f(R)で任意にとってもy=f(x)となるx∈f(R)が存在することを示す。 y∈f(R)として    x=(ay+b)/(cy-a) となるようにとれば            y=(ax+b)/(cx-a)=f(x)を満たす。 ∀y∈f(R)において  x=(ay+b)/(cy-a)はx∈f(R)であることが明らか  したがってfは全射 以上からfは全単射であり、f^(-1)(x)が存在することは分かった。  うまく関数を合成してa^2+bc≠0に注意し計算した結果 f(f(x))=x よりf^(-1)をかけて f(x)=f^(-1)(x)が成立する。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 逆関数の微分 (数III)

    (x^3)'=3x^2 dy/dx=1 dx/dyを用いてy=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ。 dx/dyを使わなくていいなら・・・ x=y^(1/3)として x'=1/3x^(2/3) という風にすぐもとまるのですが・・・。 模範解答は y=f(x)についてはx=y^3であり、・・・(1) y=x^(1/3) df(x)/dx =1/(dx/dy)・・・(2) =1/3y^2 = 1/3x^(2/3)・・・ (3) 疑問点があるところに○で番号を振りました。 (1)について、 逆関数とはy=~ という関数x=~という風に書き換えてからx,yを入れ替えるものですよね? (2)f(x)はy=x^3の逆関数なんですよね?  ってことはf(x)の逆関数は1/f(x)でありf(x)ってのはyの逆数であるから1/yがf(x)? なんか混乱してしまいました・・・(すみません汗 (3)y=x^(1/3) を代入したのでしょうか・・・?これってy=x^3の逆関数ですよね・・・? 模範解答の作業中にいつのまに逆関数y=x^(1/3)を求めたのでしょうか・・・? 回答よろしくおねがいします!

  • 逆関数(大学受験問題)

    次の問題について質問させてください。 分数関数f(x))=(ax+b)/(cx+d)の逆関数を求める問題です。 解答は y=(ax+b)/(cx+d)をxについて解くと x(cy-a)=-dy+b すなわちx=(-dy+b)/ cy-a とあるんですが、ここで質問です。 この場合cy-aで割っているので、cy-a≠0を示す必要があるのではないですか? 問題文には特に示されていないのですが・・・。 ただ自分で示そうと思っていろいろやってみたのですが、できませんでした…。 それともここでは示す必要はないのでしょうか? どなたかご存知の方アドバイスをお願いできませんか。よろしくお願いいたします。

  • 逆関数の存在条件と関数の一致

    黄チャートIIIの19番の問題です。 【問】 a,b,c,dは定数でa≠0またはb≠0とする。 f(x)=cx+d/ax+bが逆関数をもち、それがもとの関数と一致する為の条件を求めよ。 【解】 (1)a≠0のとき   『省略』 (2)a=0のとき b≠0であるから、y=cx+d/b・・・(5) (5)が逆関数をもつための条件はc≠0で、このとき ad-bc=-bc≠0が成り立つ。    『以下省略』 (1),(2)から求める条件は ad-bc≠0,b+c=0またはa=d=0,b=c≠0 とあるのですが、「このときad-bc=-bc≠0が成り立つ。」という記述は(1)の逆関数が成り立つときの条件からきてるとおもうのですが、これって記述しないとだめなのでしょうか? その記述の次は省略しましたが、-bc≠0を使用する所はありませんでしたし、この条件は(2)では必要ないような気がするのですが。。 もし必要などうしてなのでしょうか?

  • 回答No.2
  • mmk2000
  • ベストアンサー率31% (61/192)

逆関数を求める方法→x=の式にすること。 まずは、xについて解いてください。 そのあと、xをf^-1(x)、f(x)をxに置き換えたら完成です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • pascal3
  • ベストアンサー率42% (25/59)

> 解答よろしくお願いします と書いている時点でどうかと思うが 逆関数の求め方は? それをまず自分で教科書をみて調べてください。 そうする前に答えを教えてしまうのは学習を妨害していることになりますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数IIIの微分法

    f(x)=1/x^3+1の逆関数f^-1(x)のx=1/9における微分係数をを求めよ という問題なのですが解答のしかたをわかりやすくしていただきたいです。 ちなみに答えは-27/4です

  • 関数

    関数 y=f(x)とx=f(y)は関数として、等しいというのは合っていますか? また、(1)f(x)=e^x/(e^x+1)のときy=f(x)の逆関数y=g(x)を求めよ。 (2)(1)のf(x)、g(x)に対し、 (A)∫(a~b)f(x)dx+∫(f(a)~f(b))g(x)dx=bf(b)-af(a)をしめせ。 (解答) f(x)の値域は、0<y<1{(e^x)+1}y=e^x (1-y)e^x=y⇔x=log(y/1-y) xとyを入れ替えて、g(x)=log(x/1-x) (2)I=∫(f(a)~f(b))g(x)dxとする。 f(x)はg(x)の逆関数だから、y=g(x)より、x=f(y) dx=f‘(y)dy また、g(f(a))=a,g(f(b))=bとあるのですが、 これらは、y=g(x)とx=f(y)を合成したものだ、としても、本質的には、問題ないですよね

  • 数学の問題について 逆関数とinf supの問題

    (1)f(x)=x/1-x の逆関数を求めよ (2)f(x)=e^2x の逆関数を求めよ (3)S=【1/m-1/m| n,m∈N】とする、このときのinfSとsupSを求めよ (4)S=【1/n-1/m|n,m∈N】とする、このとき、infSとsupSを求めよ 以上四つの問題について解答出来る方いれば、解答を教えて頂けると嬉しいです。

  • 逆関数の微分可能の証明について

    逆関数の微分可能性についての質問なのですが 1変数において y=f(x)が微分可能(何回でも)だとして 逆関数x=g(y)が微分可能(何回でも)になる という証明は逆関数が微分可能ということを証明することで f(x)が何度でも微分可能なので逆関数も何回でも微分可能と証明することができたと言えるのでしょうか? 何回でも微分可能の何回という点を証明する方法がよくわからないのですが教えていただけないのでしょうか.

  • 1)逆関数 2)ロピタルの定理

    1)逆関数に関して  ある関数F(x)が逆関数を持つことを証明する場合、何を証明すれば「逆関数をもつ」ということの証明になるのですか? 2)ロピタルの定理に関して  どこまで拡張ができるのでしょうか?というよりも、二回、三回、四回、と微分していっても、定理として使えるのでしょうか?(テキストでは一回の微分についてしか書いておらず、問題を解く上で少し心配になったもので…。) つまらない質問で申し訳ありません。 一つずつで結構ですので、どなたかご教授願います。

  • 逆関数

    f(x)のxのなかに逆関数f(x)^-1を代入するとxになることがわかりません 賢い人 証明お願いします(>_<)

  • f(x)=1-exp(-cx)の逆関数

    表題のとおりです。  f(x)=1-exp(-cx) の逆関数を求めたいのですがf(x)をまずどう変形したらできるのかわかりません。 ご教授いただければ幸いです。

  • 対数関数の

    対数関数の (1)y=tanhxの逆関数の微分及び (2)y=sinhaxの逆関数の微分を教えてください。 現在、微分を習っていますがy=sinhxの逆関数の微分やその他のやつは分かるのですが…どうしてもこの2つが何回計算してもとんちんかんな答えになります。 (自分が途中までやった解答) (1) x=tanhy =e^y-e^-y/e^y+e^-y ここでe^y=tとおくと x=t-t^-1/t+t^-1 ここで両辺にtをかけて整理をすると (x-1)t^2+(x+1)=0 t=-√x+1/x-1 y=log(-√x+1/x-1) とここまでは出ました。 (2) ax=sinhy =e^y-e^-y/2 ここで両辺にe^yを加えて整理すると (e^y)^2-2axe^y-1=0 ここでe^y=uとおくと u^2-2axu-1=0 u>0より u=ax+√(ax)^2+1 y=log(ax+√(ax)^2+1) dy/dx=(1/ax+√(ax)^2+1)・(a +ax/√(ax)^2+1) =(1/ax+√(ax)^2+1)・(a√(ax)^2+1)+ax/√(ax)^2+1) どこら辺が間違っていたのかが知りたいです。と言うか…先生が解答を渡さないのと言っていたので答えさえ知りませんが。

  • 逆関数についてなど・・・

    y=f(x)はy=g(x)はお互いに逆関数であるとします。そうするとf(g(a))=aと書いてありましたどうしてでしょうか。logと指数で実際に確かめてみたところ成り立ちはしましたが、理由がいまいちわかりません。 またすべての関数でg(f(c))=cも成り立ちますよね。 証明とかではなく日本語的な説明とかで教えてください。逆関数とはxとyを入れ替えたものなのでわかった起臥したりもしますが、明確にはわかりません。 よろしくお願いします。

  • この逆関数の求め方は間違っていますか?

    「y=sinhx={e^x-e^(-x)}/2の逆関数を求めよ」 という問題が分かりません. 与式を変形して2y=e^x-e^(-x) e^2x-2ye^x-1=0 e^x>0を考慮して,解の公式よりe^x=y+√(1+y^2) 両辺の対数をとって(表現が間違っているかもしれません) x=log{y+√(1+y^2)} yを変数xについての関数とするために入れ替えて y=log|x+√(1+x^2)| (与式の値域より右辺の真数>0となるよう,絶対値記号を用いています.) とすれば解答と一致します. ですが,次の方法で解こうとすると答えが変わってしまいます. y=f(x)=sinhx={e^x-e^(-x)}/2 f'(x)={e^x+e^(-x)}/2>0より,f(x)は増加関数 逆関数をy=f^{-1}(x)とおきます. 逆関数の導関数[f^{-1}(x)]'=2/{e^x+e^(-x)}=2e^x/(e^2x+1)=2(e^x)'/(e^2x+1) この導関数を積分してf^{-1}(x)=2tan^{-1}(e^x)+C 関数y=f(x)は(0,0)を通るから,逆関数も(0,0)を通る.このことからC=-π/2を得る. よってf^{-1}(x)=2tan^{-1}(e^x)-π/2 ですが,これは先ほどの解答とは異なる気がします. 後半の解法はどこが間違えているのですか?