• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

高病原性鳥インフルエンザウイルスとカラス

高病原性鳥インフルエンザウイルスはカラスやハトやスズメのように人に近いところで生息している鳥には感染しないのでしょうか。

noname#194289
noname#194289

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数1
  • 閲覧数411
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160718
noname#160718

 獣医師です。ウイルスに専門知識を有しています。  普通に感染しますよ。  7年ほど前、山口~大分~京都で高病原性鳥インフルエンザが発生したときは、京都~大阪でかなりの数のカラスからウイルスが分離されました。  スズメの感染事例はまだなかったと記憶していますが(海外ではあったかも)、感染実験によって感染することが確認されています。  このウイルスは鳥類全般に感染する、という認識で間違いないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教示ありがとうございます。カラスやスズメの死骸もあまり触らない方が良いですね。

関連するQ&A

  • ハトやカラスなどの鳥の死体って見たこと無いんですけど奴らはどこで死ぬのですか

    21才年間、とある普通の郊外にずっと住み続けてるんですがいまだにハトやカラスの死体を見たこと無いんです。 小さいころ木から落ちてピクピクしてるスズメの赤ん坊を見たことあるだけです。 ハトもカラスもスズメも家の周りにたくさんいるんですけど。 鳥って人目につかないようなところで最期を迎える習性があるのでしょうか。

  • 鳥インフルエンザについて教えてください。

    鳥から鳥への感染するのは、鳥インフルエンザと言われています。 しかし、鳥からもらった後に人へ感染すると新型インフルエンザと 言われていますね。 鳥→鳥・・・これは、Aウィルスとします。 鳥→人に移る場合・・・これを、Bウィルスとします。 人→人・・・これは、Cウィルスとしましょう。 質問したいことは、 Q1 鳥から人に移る場合、Bウィルスですが、やっぱりこれは、 Aウィルスとしたものとは、別のウィルスなのでしょうか? それとも、同じウィルスなのでしょうか? (同じAウィルスとしたら、何故、人に感染するのか?) Q2 Cウィルスは、確実に死に至るような感じが予想されますが Bウィルスでは、どうなのでしょうか? Bウィルスも、死に至る確立は高いものなのでしょうか?

  • すずめ・はと・からすの生態について

     すずめ・はと・からす、といった鳥は都会でよく見かけるのですが、それらのヒナは一度も見たことがありません。また、それらの鳥の死骸も見たことがありません。彼らはどこで生まれ、どこで死ぬのでしょうか?  また、つばめ等の鳥は虫を捕まえて、巣に持ち帰ってヒナに与えて育てていますが、すずめ・はと・からすはそういうことをやりません。どうやってヒナを育てているのでしょうか?

  • 鳥についての質問

    カラスやスズメのようにピョンピョン飛んで歩く鳥と、ハトの様に右左と足を出して歩く鳥がいますが、鳥には二種類いるのでしょうか? 種類に呼び名等あるのでしょうか? 教えてください。

  • はねる鳥と歩く鳥の違いは?

    スズメみたいにピョンピョンと跳ねる鳥と、鳩みたいにペタンペタンと歩く鳥がいますよね?あと、カラスみたいに、跳ねたり歩いたり両方する鳥もいます。 種類によって、骨格とか筋肉のつき方が違ったりするのでしょうか? 違う場合は、なぜ、そのような進化?の違いが生じたのでしょうか?

  • 鳥インフルエンザウィルスについて

    宮崎県などで発生した鳥インフルエンザについて、渡り鳥の糞などにハエがたかり、そのハエが鶏舎に入ったのを鶏が食べて、鳥インフルエンザに感染しているのではという報道があります。 しかし、ウイルスは、基本的に生体の細胞内でしか生存できないのではないのですか。生体外に出た場合は、数日間しか生存できないし、たとえハエといえども、消化器官の中に入ったら、ほぼ即時に死滅するように感じるのですが、どうなのでしょうか。また、そのハエを鶏が食べたとき、やはり、消化管の中で、死滅すると思います。 そこで質問です。 1.鳥インフルエンザのウィルスは、鳥の体外に出た場合、どのくらい生存できるのか。 2.ハエの消化管の中で、生存できるのか。 3.鶏の消化管の中で生存できるのか。 4.仮に、鶏の消化管の中で生存できたとして、その鶏に感染するのか。

  • 鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)

     鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の報道がありました。 http://www.asahi.com/international/update/0106/TKY200901060296.html  これの感染経路なのですが、雀さんは菌を運び、人間までに何らかの経路で仲介・媒介するでしょうか?  施餓鬼のつもりというより、狭い庭への来訪者の接遇のつもりで、時間でえさをだしてやるのですが、どうも植木などに白い“ふん”が一杯ついて、ご近所から鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)のことで何か言われないか、心配なものですから。  なお、(都内23)区通には長く面していますが、車の関係ではご迷惑は全くかけてはいません。  道路にはふん”が落ちますが。まめに掃除はしております。

  • 鳥インフルエンザ問題

    もし 鶏が 鳥インフルエンザに かかったら、 鳥インフルエンザウイルスを 鶏に感染させたのは誰か? 犯人は 野鳥ということになりますね? 鳥インフルエンザは 鶏から鶏に感染する。 鳥類以外は滅多に感染しない。 鳥インフルエンザに感染した海外の鶏から、渡り鳥、野鳥、それから、日本でペットや家畜として飼われている鶏に鳥インフルエンザはうつる。 が毎年、飼い主たちの意識のレベルは低いようです。気にはなっているけれど、自分が当事者になる気がしないらしい。 放し飼いしている鶏の近くに、野鳥が舞い降り、フンも落としていく。この現状を 黙認している。 こんな人たちを、行政関係者が 積極的に 指導するということはないのでしょうか? 

  • イタリアにカラスは生息しているのでしょうか?

    イタリアを旅行していて気が付いたのですが、カラスを見かけません。 イタリアには生息しているのでしょうか? 全てイタリアを旅行したわけではありませんが、先々月ローマからナポリ、アマルフィ、シチリア、ミラノを4週間で周りました。 ツバメが沢山いて、ハトやカモメも良く見かけましたが、カラスは全く見た記憶がありません。 あれだけ生命力がありそうな生き物ですから、世界中にいるものとばかり思っていました。(オーストラリアにはいませんでした。カラスに似たカケスのような鳥はいましたが) シェイクスピアやロード・オブ・ザ・リングでカラスが出てきていたと思いますので、少なくとも英国には住んでいるんじゃないかと思っています。 そう言えばスズメも見なかったような気がします。 つまらない質問ですが、ご存知でしたら教えていただけないでしょうか。

  • 鳥インフルエンザについて

    北海道では鳥インフルエンザになる心配はありますか?また、スズメなどはだいじょうぶなのですか?触って人間が移る可能性はあるのですか?