• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

\mathrmと\rmの違いについて教えて下さい。

\mathrmと\rmの違いについて教えて下さい。 TeX2imgというソフトウェアを使ってTEXで数式を画像化しています。 \mathrmと\rmの違いって何なのでしょうか? 例えば、 A_{\mathrm BC} と書くとBだけが斜体がキャンセルされます。 A_{\rm BC} と書くとBとC両方とも斜体がキャンセルされます。 でも字体には特に違いはないように思います。 ネットなどで検索しても特に使い分け方などが書かれていません。 ネットなどで他の人の文書を見てみると、下付き文字は全て立体文字で書くべきなようなので \rmを使うべきなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>つまり、\rmと\mathrmは、使い方は異なるけれども >表示される書式としては全く同じということですよね? そうです.しかし,\rmは \DeclareOldFontCommand{\rm}{\normalfont\rmfamily}{\mathrm} というように定義されており(「Old」とわざわざ書かれている), しかもclsファイル内での定義です. つまり,clsファイルの実装に依存しており, 使えないときもあるわけです. >\mathrmは、打つのが面倒くさいので\rmを使いたいといったことが書かれているページが見つかりました。 宗教論争になりますが, 主観ではそのブログの内容は論外です. 入力が面倒であるならば, それこそエディタの置換機能を使えばいいだけです. 見易さですか? \mathrm{AB}とあれば,ABだけが確実にローマンであることがわかります. \rmの場合,同一グループ内の\rm以降がすべてローマンになることと { }による閉じ間違いでわけの分からない状態になること,また \rm{AB}というような誤用で混乱しているTeXソースはやまほどあります. 意識的に「何をローマンにするのか」を表現できるほうが見やすいでしょう. なお,\rmは数式専用ではないので, semanticの意味でも問題があるかもしれません. >検索すると以下のページが見つかりました。 つまり「ルールがある」ということです. これはISO式とか数学系・物理系でいろいろ違います. 物理の中でも核融合系とか天文系とかでも微妙な差異があったりします. ものすごい大雑把なところでは 添え字に複数のアルファベットが使われ, それが何かの略号だったり単語そのものだとローマン, 単なるパラメータだとイタリックです. たとえば,行列のij成分なんかだと $a_{ij}$であって,$a_{\mathrm{ij}}$ではない. 例の「定圧熱容量」の場合,熱容量で$C$で「定圧」であることをpressureの頭文字pで表し $C_{\mathrm{p}}$となるのでしょう. ただし,この手のルールは雑誌ごとのルールもあり厳密なものは存在しません. ルールがない雑誌もありますので,「慣習に従う」としかいえません. ただし,何でもかんでもローマン・イタリックというわけではないのです. >「Latex2ε美文書作成入門」だけがありますが、こういったことに関して解説は載っていません。 LaTeX2εですが・・・奥村先生のサイトはみましたか? 「表記の哲学」というページがあります. 奥村先生ご本人に確認したわけではないですが あえて美文書では「表記の哲学」の宗教論争の奥地に 入るのは避けたのではと思います. ご自身でTeX Q&Aで聞いてみたらどうですか? 次回の改訂六版(たぶん2013年だと思う)に 何か反映されるかもしれません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

ひとまずきちんとしたLaTeXの本を読みましょう \mathrmは引数をとるマクロであり \mathrm{BC}のように使うものです. \mathrm BCとすると \mathrmの引数として,Bのみが取得され,Cは立体にはなりません. 他方,\rmは引数をとらないマクロであって \rmが含まれるグループ内で,\rm以降を立体にする命令であり たとえば$AAA{\rm BC}BB$では,BCだけが立体になります. 実際は「立体」というのが何をさすかが微妙ですが, まあ,こんな感じです. #普通は OT1/cmr/m/nのことが多い また,\rmは互換性のために用意されている「古い命令」であるので 非推奨ですし,そのうちなくなってしまう可能性もあります 意図的に使えないようにするのは容易です. >ネットなどで他の人の文書を見てみると、下付き文字は全て立体文字で書くべきなようなので そんな間抜けなルールはありません. それぞれの数式の意味に応じて, 立体・イタリックは厳密に使い分けられます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ・つまり、\rmと\mathrmは、使い方は異なるけれども 表示される書式としては全く同じということですよね? そして\rmは古い使用法なので、\mathrmを使った方が将来的に利点が多いということでしょうか。 検索してみると、 http://d.hatena.ne.jp/j74th/20081121/1227259352 \mathrmは、打つのが面倒くさいので\rmを使いたいといったことが書かれているページが見つかりました。 当たり前ですけど\mathrmの方が文字数が多く、打つための時間もかかるし、後から見直した時の見やすさでも \rmの方が良いように思うのですが、それでも上記の理由により \mathrmの方が推奨されるのでしょうか? 手元にある「Latex2ε美文書作成入門」には特に解説がありません。 ・それと、下付き、上付き文字は斜体にすべきか、ローマン文字にすべきかに関してなのですが、 検索すると以下のページが見つかりました。 http://www.ceramic.or.jp/ihensyuj/tebiki-j.pdf 物理量の名称,単位,下付並びに上付はローマン文字(立体文字)で記し,物理量記号はイ タリック文字で記す.なお,下付文字が物理量の一部である場合にはイタリック文字で記 す. [例] Cp (定圧熱容量) この例ではCpが挙げられていて、pは物理量記号の一部ではなく、単に「定圧」であることを示すための 添え字だから、ローマン文字にすべきなのですよね? でも、ボルツマン定数のkBのBもローマン文字にするということはこれも物理量の一部ではないということですよね? そうすると、一体どういったものが、下付き、上付き文字で且つイタリックにすべきなのでしょうか? 手元には、「Latex2ε美文書作成入門」だけがありますが、こういったことに関して解説は載っていません。 もし、こういった込み入ったことに関して解説してある書籍、ウェブサイト等ありましたら教えて下さい。

関連するQ&A

  • \fracは二重括弧にする意味がありますか?

    TeXaideというソフトウェアを使えば、Excelの数式エディタで書いた数式を TEXに変換することが出来ます。 これを使っていて気がついたのですが、 例えば、 A/BC という数式ですが、これをTEXに変換すると \[ \frac{A}{{BC}} \] と出力されます。 ここで疑問に思ったのは、なぜBCは二重括弧になっているのでしょうか? 一重括弧でも問題なく出力出来るのですが、 何か意味などがあるのでしょうか? ソフトウェアのバグとも思えないので気になりました。

  • なぜ「リットル」は小文字の「l」と大文字の「L」が積極的に使用されないのか

    国際単位系(SI)では 「量記号は斜体で書き、単位記号は立体で書く」 と決められており、SIに属さないが、SIと併用される体積の単位記号として 「リットル」は小文字の「l」と大文字の「L」が認められています。 また、フォント(字体)に制限はなく筆記体で『立体』の「l」は間違いとは言えません。 ですが、小学生のとき筆記体で『斜体』の「l」と習った記憶があったため、 最近上記のことを知り、ちょっとショックでした(笑) 身近なものではどうなんだ?と思い調べたら ビール:350ml(筆記体で立体のl) 酒:300ml(筆記体で立体のl) みりん:500ml(ゴシック体で立体のl) 万能料理つゆ:600ml(筆記体で斜体のl) Excelでリットルを単位記号表記:l(筆記体で立体のl) Excelでデシリットルを単位記号表記:dl(筆記体で斜体のl) Excelでミリリットルを単位記号表記:ml(ゴシック体で立体のl) でした。 SIの決まりだと筆記体で斜体の「万能料理つゆ」と「Excelでデシリットルを単位記号表記」 は間違いと思われます(私が斜体と思っているだけで実は立体?)。 なぜ「リットル」は小文字の「l」と大文字の「L」が積極的に使用されないのか 詳しい方教えてください。

  • 4つめ以上括弧に関して

    TEX文書を作成していて、たくさん括弧が出てきてしまった場合に、 どういう括弧を使うのがもっとも一般的なのかについて教えて下さい。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%AC%E5%BC%A7 ここに書いてありますように、 日本などの一部の国では、数式における括弧の入れ子は [{()}] の順で用いられてきた。しかし、世界的には {[()]} の順で用いられる方式が多数派である。 括弧は、世界的に {[()]}という順番で使われます。 それで数式などで4つ目以上の括弧はどのように記述すれば良いのでしょうか? wordの数式エディタでは ∥|<>|∥ というのが書いてあり4つめ、5つめ、6つめではないかと思うのですが、これらを使うのは一般的なのでしょうか? それよりも {[({[()]})]} と順番に繰り返すべきなのでしょうか? また、7つめ以上の括弧が出てきてしまった場合の対処方法について教えて下さい。

  • エクセル 条件付き書式のコピー(斜体)

    表を作っています。(A~H列まで、20行あります。) A1に何かしらの文字が入力されたらB1~H1に入っているデータを斜体にしたいのです。 同じようにA2に何かしら文字が入力されたらB2~H2に入っているデータを斜体に、 A20に何かしら文字が入力されたらB20~H20に入っているデータを斜体にしたい。 1行目は条件付き書式でなんとかできたのですが、 2~20行目に書式をコピーするとうまくいきません。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • はてなブログでのLaTeX

    はてなブログでは、[tex:f(x)=x^2+1]などとしてLaTeXの数式が記述できますが、いくつか困ったことがあります。 (1) [tex:a>b]とすると、[tex:a&gt;b]に変換されてしまい、思うような結果が得られない。 (2) [tex:\begin{array}{r}a&b\\c&d\end{array}]とすると、[tex:\begin{array}{r}a&amp;b\\c&amp;d\end{array}]に変換されてしまい、思うような結果が得られない。 (3) [tex:\square]も、[tex:\Box]も、[tex:\mbox{□}]も認識されない。 (4) ブラケット記法の内積<φ|A|φ>を記述するときに、\left\rightではうまくいかないので独自にコマンドを作るか、パッケージを用いたいが、どうすればいいかわからない。 いずれの問題も、どうにもならなそうなんですが、何か解決策はありますでしょうか?はてなブログでは厳しいというのであれば、他に数式が記述できるブログはありますか? ブログの基本機能ではどうにもならない、というのであれば、普通にLaTeXで書いたものを貼り付けようかと思いますが、pdfではどうしようもないので、画像にして貼り付けようかと思います。その場合、どうすればLaTeXのソースを画像に変換できるのでしょうか。

  • エクセルファイルからPDFに変換するときに、文字を細くしたいのですが。

    エクセルファイルを変換してPDFにしてるのですが、見本としているPDFより文字が太くなってしまいます。いろいろな字体で試したのですが、見本のように細い字体になりません。何かいい方法があるでしょうか? 見本となるPDF文書の字体は、明朝系ですがかなりほっそりしています。 自分が作ったエクセルファイルを変換させたPDF文書は、画面上では見本とそれほど違いはないのですが、印刷すると見本より字体がやや太く、全体的に見本文書よりかなり濃い印象となってしまいます。 平成明朝、JS明朝等 いくつかの字体で試したのですが、どれも同じ結果でした。 濃い印象を是正するために、フォントの濃度を80%に落としてみたところ、変換したPDFを印刷すると文字がぶつぶつした感じになってしまいました。 どういうやり方をしたら、見本文書と同じような細い字体で変換できるのでしょうか?

  • 【TeX】DVI→PS→PDFに変換すると文字化け。

    もし分かる人がいらっしゃいましたら助けてください。 数式が含まれたPDF文書を作成しようと思い、エディタでTeXファイルを作成しTeX処理によってDVIファイルを作成しました。 DVIOUTで閲覧したところ特に問題はなく、綺麗に出来ていました。 (Tex処理の際もエラーでストップすることはありませんでした) その後「guishell」というソフトを使い、DVIをPSに変換し、引き続きPSからPDFに変換しました。 ここまでの作業は特に問題なくPDFファイルもすんなり完成したのですが 出来上がったPDFファイルを閲覧してみると数式記号に文字化けが起こっていました。 PDF変換に利用しているAcrobat7.0のソフトに問題があるのかと思ったのですが Web上にあるPDFファイルを閲覧してみたところ、いずれも数式が含まれていましたが文字化けは全くありませんでした。 なので、TeXの設定に問題があるのか?と思っていろいろと調べてみたのですが、 TeX初心者のため自己解決が難しいと思い、こちらで質問させて頂きました。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • TeXのmawarikomi環境について

    TeXのmawarikomi環境について TeXのemath環境に知識のある方、お願いします。 当方、emathのmawarikomi環境を使いたいのですが、どうもうまくいきません。以下はソースの一部です。 \documentclass{jsarticle} \usepackage{emath} \begin{document} \begin{mawarikomi}{10zw}{\input{2009kanagawa_01.tex}} 右の図において, 線分OAは円Oの半径であり, 2点B, Cは円Oの周上の点で, 線分OAと線分BCは垂直である. \\ また, 点Dは点Aをふくまない$\ko{BC}$上である. \\ ${\rm OA}=10{\rm cm}$, $\kaku{ACB}=34\Deg$, $\kaku{OAD}=41\Deg$のとき, 点Aをふくまない$\ko{CD}$の長さを求めなさい. ただし, 円周率は$\pi$とする. \end{mawarikomi} \end{document} (2009kanagawa_01.texというのはWinTpicで作った図形です。) これをコンパイルしたところ、 LaTeX Error: \begin{document} ended by \end{mawarikomi}. といったエラーをはきます・・・ どなたか、考えられる解決策をお教え願います。

  • 証明の方法と考え方について

    今回は不等式の証明についての考え方なのですが、証明という単元についてどのように考えていったらよいのかがわからなくなってしまいました。 数式がたくさんつなぎ合わせられているのですがそれを言葉なしの文字だけで理解しなければならないというところに難しさを感じてしまいます。 何をどう組み合わせることによって結果が導き出されるのか、この数式が何を意味しているのか、参考書を読んでいても結果的にこれで本当に証明されているのだろうかがわからないです。 a>b、c>dのとき  ac+bd>ad+bc であることを証明せよ。 という問題。 参考書には 1、(ac+bd)-(ad+bc)=ac-ad+bd-bc 2、           =a(c-d)-b(c-d) 3、           =(c-d)(a-b) 4、a-b>0、c-d>0 であるから 5、(c-d)(a-b)>0・(a-b)=0 6、したがって、 ac+bd>ad+bc 終 とあるのですが、5段目の数式がどんな意味があるのかがわからないです。 まず、証明しなさいという問題がだされたときみなさんはどのような思考回路で考え始めるのでしょうか。コツなどはありますか? 証明は暗記ですか? 教えてください。よろしくお願いいたします。

  • たとていたの違い

    こんにちは、いつもお世話になっています。 次の文書の違いがちょっと分からなくてどなたが教えていただけますか。  a)「私は三週間前に横浜に引越ししました。」  b)「私は三週間前に横浜に引越ししていました。」 宜しくお願いします。b)が間違っているんですか?