• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

英文法について教えて下さい

ある英語の学習本に“What I want to do now is just lie down. (今したいことは、横になることよ。)”という例文があったのですが、なぜ“lie”は動詞なのに“lie”の前に“to”が入っていないのでしょうか? あるいは、ハイフンの入った名詞“lie-down”のハイフンを入れ忘れただけの事でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数38
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

All you have to do is (to) 原形 What I can do for you is (to) 原形 などの形で知られています。 このカテでも頻繁に質問されています。 間違いということではなく,アメリカ英語では to が省略されるという説明がよくなされます。 ただし,いつでもこの名詞的用法の to がなくなるわけではありません。 前に do のような原形,あるいは All I did was のように did があります。 この do や did と 原形が be 動詞によって結ばれている感覚です。 たしかに理屈としては「~すること」という名詞的用法の to が必要です。 しかし,もともと動詞の原形(原形不定詞)というのは動詞の名詞形であり, それだけで名詞的に用いられていました。 長い歴史の中で,今では使役動詞・知覚動詞の後など限られた場面でしか用いられなくなっていますが, 彼らの血の中にはこの名詞的な原形が流れ続けているのでしょうか。 特にアメリカではこの All you have to do is 原形 というのがかなり普通に用いられています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さらに詳細にご回答頂きまして誠にありがとうございました。闇雲にネイティブは抜いている訳ではなかったのですね。確かにこの一文も"do"でした。目から鱗が落ちました!!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • tkltk73
  • ベストアンサー率54% (171/315)

'lie' の前に 'to' が省略されています。 アメリカの口語では、動詞がbe動詞の文で名詞的用法の 「to-不定詞」を補語として用いるときには、多くの場合、 'to' が省略されて「原型不定詞」の形で用いられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実は"want to"は、"wanna"となっておりました。まさにアメリカ口語英語の勉強のための一文でした。とても勉強になる納得のいくご回答頂きまして、誠にありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#175206
noname#175206

 お考えの通り、間違いだと思います。本当は質問者様の仰るように、 What I want to do now is just to lie down. としたかったのでしょう。just書いたときに忘れたに一票(^^;。  もし、lie-downと書きたかったとしても(あまりその可能性はないと思いますが)、「休息」なら可算名詞のはずなんで、 What I want to do now is just a lie-down. とするべきでしょうしね。個人的には、しかし違和感感じるんで、こう書くなら、なんとなくまずは、 What I want to do now is just to have a lie-down. と書きたくなったしまいますし、どうしてもis a lie-downなら次善として、 What I want now is a lie-down. としたいなあ、いやこれも違和感あるなあ、my lie-downでも妙だなあ、と余計なことを言うのが悪い癖ですorz。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり、本当は文法的には間違っていたのですね。それが分かってとても安心しました。ありがとうございました。

  • 回答No.1

省略されています。何故ならば to が無くても意味は充分通じるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。確かにエキサイト翻訳で翻訳させると、“横たわることです。”と訳されるのでネイティブ的には通じるんだろうな、と半信半疑に考えてもおりました。付属のCDを何回聴いても"to"は聴こえませんし、やはり省略されているのでしょうか。

関連するQ&A

  • 英文法~冠詞“a”について

    非常に単純な質問かとは思いますが英文法についてご教示下さい。 例文)1 Do you want to pay with a check? No.Iwant to pay with cash. 例文)2 Do you want to pay with a credit card? No.Iwant to pay with a check. 例文)3 Do you want to pay with cash? No.I want to pay with a credit card. 疑問1.質問文に“check”“credit card”には冠詞の“a”が付属していますが“cash”にのみ冠詞が付属していないのは何故でしょうか?

  • 英文法です。

    I want something to read ;anything will do as long as it is interesting . この anything will do をeverything will do としてはいけないのはどうしてでしょうか?

  • 中学の英文法の穴

    暇つぶしの質問ですので、暇な時にでもお付き合いいただければ幸いです。 中学の英語は文法に偏っているとよく言われますね。確かに、英語を覚えるのに文法の知識は欠かせませんが、現行のやり方では消化不良を起こす生徒が続発します。しかしながら、理屈で考えるのに長けていて文法が得意な生徒もおりまして、そういう生徒には疑問が残る部分もあります。それでは、それらの疑問の挙げてみますので、英文法の得意な皆さんはどう解釈しますか?どれでも答えられる項目にお答え頂ければ嬉しいです。 (1)形容詞は名詞を修飾します。では、“My car is blue.”の blueは なぜ形容詞なんでしょうか?そして、“My car is running.”の runningは なぜ形容詞ではないんでしょうか? とどのつまり、形容詞と動詞の根本的な違いって何なのでしょうか? (2)love,have,knowなどの動詞は中学でも最初に習う動詞ですよね。そして、英和辞典で調べると「愛する」、「持っている」、「知っている」という訳語がありますが、和英辞典で引く場合はそれぞれ、「愛する」、「持つ」、「知る」で調べなければなりません。それでは、日本語でも「~いる」の付かないそれらは英語でどういうんですか?つまり、例えば「知る」と「知っている」は英語ではどう区別するんですか? (3)「~を見る」は英語で look at~ ですが、この atの副詞は何になるんでしょうか? 前置詞だとして “What are you looking at?”のような疑問では、文の最後に来ていますが、これはどう説明しますか? (4)日本語の「~している」は英語では現在進行形で表されますが、「彼は死んでいる。」を“He is dying.”とすると、なぜ間違いなんでしょうか? (5) 不定詞の分類で、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法があるのを習いますが、how to do, what to do, when to do は それぞれ どの用法になりますか?

  • 英文法の質問があります。教えてください!

    (1)It's too bad that your team lost the game. your team lost the game が badにかかる副詞節と考えました。 調べたところ、強調構文か形式主語のitのようです。 見分け方が良く分かりません? (2)Contrary to what people think,Gary is very shy. what people thinkが間接疑問文でContrary to にかかると考えました。 Contrary to は前置詞で良いのでしょうか? (3)There is no danger of this factory building falling down. this factory building falling downを名詞句と考えました。 fallingは動名詞で良いのでしょうか?

  • 英文法について

    以下の文章を文法をふまえて解説してくれないでしょうか?? よろしくお願いします。 私はどの候補者も信用しない。第一に、彼らは守らない約束をする。 I don't trust any candidate. To begin with, they make promises they don't promise. To begin with以下の文章は主語が2つありますが、それはいいのでしょうか?? そろそろどんな進路に進むか決めても良いころだ。 It’s about time that, you decided what career path to take. What 以下の意味が理解できません。主語も動詞もない?? 解説していただけないでしょうか。 重要なものが目に見えるとは限らない。 What counts is not always visible. Whatは何ですか??主語がない??何故counts(動詞)の後にbe動詞?? ちなみにImportant thing is not necessary visible. でも良いですか?? 彼女は私のほうに身を寄せ「一緒に行くわ」とささやいた。 She leaned forward and whispered to me, “I will come with you” Forwardは私のほうにという副詞ですか?? よろしくお願いします。

  • 英文法(代動詞)の問題

    英文法の問題です。 <問題> 下記の英文の( )にあてはまる単語を選択肢から選んで答えよ。 I'm too busy to get the tickets. Who is going to do ( ) ?  A.it B.them ( )にあてはまる代名詞を選ぶ問題なのですが、Aの it でもBの them でも正解のような気がしてしまいます。 Who is going to do の do を助動詞の do と考えると、動詞句の代用(=目的語も含む)になるので後ろに代名詞はきません。そのため、この do は助動詞ではないとわかり、本動詞の do と判断することができます。 ここまでは理解できるのですが、ここからわからなくなります。 この本動詞の do は助動詞の do と異なって以下のように目的語を取ることができます。 例 I chose my wife as she did (=chose) her gown.   Jane loves Tom much more than she does (=loves) Jim. そのため、I'm too busy to get the tickets. の the tickets を代名詞として受けて Who is going to do ( ) ? の( )には them を入れることができるのではないかと考えました。 しかしながら、it は、以下の文のように、先行する文全体やその一部も表すことができます。 例 Martin is painting the house. I'm told he does it every four years.   “Bob can't drive a car.” “Neither can John do it.” そのため、to get the tickets を it で受けても問題ないように思えます。このように考えるとAの it でもBの them でも問題ないように思えてきます。 ※例文は全て『現代英文法講義』(安藤貞雄 開拓社)より引用 長々と書いてしまって申し訳ございません>< 当該の問題につきまして何かご教示頂けましたら幸いです。 お手数かけますが、宜しくお願いします。

  • 英文法 want to come meet

    Do you want to come meet the salesman from Japan? (日本からセールスマンが会いにきますか?) の例文ですが、comeとmeetの間になにか(「to」とか)入らないでしょうか? 動詞が並んでいるの不思議です。 Would you like to go get lunch today? (今日、ランチに行きませんか?) もgoとgetで動詞が並んいて不思議です。 よろしくお願いします!

  • 海外ドラマの英文法で

    (1)Now,if you and your brother are done playing games,LJ will be fine. (2)If not,(the last thing I want to do)is start mailing pieces of him to you. Prison Breakの一コマです。 もしあなたたちが「play the game(略式:規則に従って行動する)」我々の命令に従えば、あなたの息子(LJ)に危害は加えない。だけどもし命令の背けば、息子は殺す。っていう訳になるんですが、 (1)の「are done playing games」っていうところ。進行形の受動態であればbe動詞+being+過去分詞になるので違いますよね。(2)の場合はstartが過去分詞にすらなっていないし、ちっとも文法的によく分かりません。ネイティブが使うような文法的にはいい加減な文なのでしょうか?分かる方、ご教授ください。

  • 名詞節と関係代名詞の見分け方?

    関係詞には先行詞があり、関係詞節自体は不完全な文である。 名詞節はそれ自体完全な文型である。と認識しています。 What matters now is who is going to head the comittee. 分解して a.What matters now(関係代名詞) b.is c.who is going to head the comittee.(名詞節) (質問)回答者の皆様は[a.what matter now]は関係代名詞だと説明されました。名詞節との違いがよく解りません。[a]は[what]を[who]と同様に主語としてみなし、[S(what)+V(一般動詞)]ということで第一文型で、名詞節というつもりでいました。 [c]も[who+V(BE動詞)+C]の第二文型で、名詞節になっています。いずれも疑問詞が主語になっています。一般動詞とBE動詞の違い?質問がまとまりません。もし内容が理解できれば教えていただきたいのですが。以上

  • 学校で習う英文法は中途半端じゃないのか?

    こんにちは。日本の英語教育は文法に重点を置いていますよね。正しく英文を書くには英文法の知識は不可欠ですが、日本の学校で教える英文法は徹底しているようで、論理性や整合性に欠けたりして、不備な点があります。以下、挙げてみます。 1.文型: これは疑問視する人も多いですね。例えば“He breaks a window.”という文はSVOになりますが、進行形にすると、“He is breaking a window.”となりますよね。その場合、現在分詞を形容詞とちて扱うと SVCという見方もでき、却って混乱します。また、受動態にした場合、能動態では目的語だったのが主語になるのですが、主語だったのは何と呼ぶのか用語がありません。これはフランス語の文法では動作主補語と呼ぶんですが。 2.不定詞の分類:日本の学校では名詞的、形容詞的、副詞的用法と分類するのが好きなようですが、分類の難しいものがあります。例えば “I know how to cook. ”と言った時です。これは、howを名詞と看做し形容詞用法になるのか、副詞を修飾するのだから副詞的用法になるのか、knowという動詞の目的語になっているので名詞的用法になるのか、はっきりしません。アメリカの文法書ではあまり詳しく扱っていませんが、不定詞は動詞が名詞化したものであり、toの働きに還元して考えるようです。 3.動詞の叙法:アメリカの英文法書によると、次の5種類があります。 (1)indicative mood・・・・直説法のことです。最も基本的なのに、というかだからこそ、中学校では言及されず、仮定法と対比する段階になって初めて触れられます。 (2)imperative mood・・・・学校の英文法では「命令法」と言わず、「命令形」と呼ばれます。 (3)infinitive mood・・・・学校の英文法では「不定法」と呼ばれず、「不定詞」、または「原形」と呼ばれています。 (4)subjunctive mood・・・・所謂厳密な意味での「仮定法」のことです。しかし、「仮定法」という用語は学校の英文法では、動詞の叙法を指すのか、非現実の仮定の文の条件節を指すのか、構文そのものを指すのか不明確です。 (5)conditional mood・・・・学校の英文法では用いられない用語ですが、仮に「条件法」と呼ぶことにします。これは多くはwould+動詞の原形(助動詞の場合は過去形)で表わされる形で、仮定法とよく混同されます。 4.動詞のアスペクト: これは時制の中に取り込んで考えるのが普通なんですが、大雑把に言えば 普通の形と進行形の対立を含む動詞の様態です。日本の学校では進行形に出来ない動詞というのを習いますが、それでは日本語の「持つ」と「持っている」、「知る」と「知っている」は英語ではどう区別するのかということに関係しています。これは多くの人が見落としているんですが、日本語の現在形は英語の現在形用よりも未来形に対応することが多いんです。例えば友人と喫茶店行って、「何飲む?」と聞く場合は“What do you drink?”ではなく、“What will you drink?”とか “What are you going to drink?” が正しいんです。というのは、drinkのように英語で進行形に出来る動詞の現在形は反復動作や習慣を表すものであり、日本語と違い、一回限りの動作が近い未来に行われることを指すわけではないからです。ところが、学校の英語ではwillを「~だろう」、be going toを「~するつもりだ」と結び付けるので、正しく理解できないことが多くなります。 5:phrasal verb: これは look forやput offのような動詞に副詞や前置詞が付いた形を言います。これは中学校の英語では熟語扱いすることが多いんですが、これだと make up one's mind to のように名詞なども含んで少し長いものまで含まれます。しかし、句動詞とか群動詞とも呼ばれることもありますが、統一された呼び方はないようです。 また、look forのforやput offのoffの品詞は副詞になるのか前置詞になるのか、はっきりしないものが多いです。アメリカの文法書では こう言った一連の語句は particleとして敢えて区別しない場合も多いです。尚、フランスでは postposition(後置詞)として扱うこともあります。 私が思うに、多くの人は上記の理屈を知らなくても、多くの英文に触れながら感覚的に会得されていることと思います。ということは、どうせなら、学校で習う英文法ももっとスリム化できるのではないかと思うんです。むしろ、学校で教えるような中途半端さが余計に英語を分かりにくくしているような気がしますが、皆さんはその点に関してどう思いますか?