• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

板門店にいるのは米軍ではなく国連軍?

板門店で北朝鮮と対峙しているのは、たしか米軍ではなく国連軍ですよね? 実際には米兵が任務に当たっていると思いますが、朝鮮戦争でも北朝鮮と戦ったのは米軍が指揮した 「国連軍」 だったと聞いています。 では北朝鮮は、中国やロシアが常任理事国をしている国連が編成した軍隊と戦ったという事になるのでしょうか? 仮に朝鮮戦争当時、その辺の線引きがハッキリとしていなくても、いまの国連には中国もロシアもメンバーとして参加しているわけで、その国連を仇としている事になるのでしょうか? 何だか変な感じがするのですが ・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数267
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • pasocom
  • ベストアンサー率41% (3584/8636)

WIKIPEDIAを参照するなら「朝鮮戦争」を参照下さい。 当時、「中国」といえば「中華民国」であって成立直後の「中華人民共和国」ではありませんでした。今の共産党中国が国連で「中国」の正当政府と認められたのはずっと後の1971年のことです。 一方ロシア(当時はソ連)は、上記WIKIにあるように「(北朝鮮弾劾)決議の後、ソ連代表のヤコフ・マリクは国連事務総長のトリグブ・リーに出席を促されたが、スターリンからボイコットを命じられているマリクは拒否した。スターリンは70歳を超えており、すでに正常な判断ができなくなっていると周囲は気付いていたが、粛清を恐れて誰も彼に逆らえなかったという。」という状態で、まともな外交判断ができない状態だったようです。 このため、国連では「(1950年)6月27日に開催された安保理は、北朝鮮を侵略者と認定、“その行動を非難し、軍事行動の停止と軍の撤退を求める”「北朝鮮弾劾決議」を賛成9:反対0の全会一致で採択した。」という状況になりました。 そこでアメリカを中心とした「国連軍」ができたわけですが、「7月7日にはアメリカ軍25万人を中心として、日本占領のために西日本に駐留していたイギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどのイギリス連邦占領軍を含むイギリス連邦諸国、さらにタイ王国やコロンビア、ベルギーなども加わった国連軍を結成した。 (中略)しかし、国連憲章第7章に規定された手順とは異なる派兵のため、厳密には「国連軍」ではなく、「多国籍軍」の一つとなっていた。」 ということで、現在の「ロシア」「中国」からみれば、あれは「国連軍」ではなく単なる「アメリカと有志連合軍」だということになるでしょう。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%88%A6%E4%BA%89

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 なるほど当時の中国と、今、国連のメンバーになっている中国とは別の扱いになっているわけですね。 一方のソ連ですが、ボイコットしたとは言え、一応、北朝鮮が戦火を交えた国連の中心的役割を果たしていたですので、理屈の上では、ある意味で「北朝鮮とソ連が間接的に戦った」と言えるように思うのですがどうでしょうか? そのくせ、戦争後は北朝鮮のスポンサーになったわけですので、何だか変な関係だなと感じているのですが。

関連するQ&A

  • 朝鮮戦争「国連軍はなぜ韓国を支援したのか?」

    なぜ、朝鮮戦争で国連軍が韓国を支援したのですか? ただ単に国際世論として 北朝鮮を敵対視すべきだったからでしょうか? あと、そのときに近隣国であった 中国ではどんな情勢だったのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 湾岸戦争、なぜ国連軍にならなかったのか

    湾岸戦争時、アメリカは、国連の介入・拘束を嫌い、結局、多国籍軍ということになった、とある参考書に書いてあります。 国連軍を派遣する正当性は、あったとかんがえられていた、ともあります。 朝鮮戦争以降、PKOはあっても、国連軍はないと思います。 NATO軍とかありますが。 結局、(湾岸戦争時、それ以前も以後も含めて)国連軍がなかったのは、米国が国連の拘束を逃れたいから、小さい国連であってほしい、あるいは自国の発言権がもっとある国連になってほしいから、なんでしょうか? ほかにも、いろいろ理由があれば教えてください。 よろしくお願い致します。

  •  国連軍に関して

     国連軍に関して 最近、米韓共同軍事演習に関係する報道で、しばしば”在韓国連軍”という言葉を耳にします。  朝鮮戦争当初、派遣された国連部隊は、国連憲章43条が想定する国連指揮権の部隊ではありませんし、43条が指摘する国連軍などは一度も創設された例がありません。  つまり、”在韓国連軍”という名称は正しくないと思われますが、なぜ、通俗的に国連軍といわれるのでしょうか?  湾岸戦争の時に、多国籍軍という言葉が一般的になってから”PKO部隊を国連軍”と言わない正しい呼称が馴染んできたにも関わらず、朝鮮戦争関連では未だに使用されていることに違和感を抱きます。  本件に関して、論理的に回答できる方の回答をお待ちいたしております。 関連条文  国連憲章 第43条〔特別協定〕 1、国際の平和及び安全の維持に貢献するため、すべての国際連合加盟国は、安全保障理事会の要請に基き且つ一つ又は二つ以上の特別協定に従って、国際の平和及び安全の維持に必要な兵力、援助及び便益を安全保障理事会に利用させることを約束する。この便益には、通過の権利が含まれる。 2、前記の協定は、兵力の数及び種類、その出動準備程度及び一般的配置並びに提供されるべき便益及び援助の性質を規定する。 3、前記の協定は、安全保障理事会の発議によって、なるべくすみやかに交渉する。この協定は、安全保障理事会と加盟国群との間に締結され、且つ、署名国によって各自の憲法上の手続に従って批准されなければならない。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#122323

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 勉強になりました。

関連するQ&A

  • 国連未加盟でも国連軍の一員になれるのですか

    朝鮮戦争で、1951年にはイタリアは軍所有の病院船を派遣しました。イタリアも国連軍の一員として認められているようですが、イタリアが国連に加盟したのは1955年の筈です。国連未加盟でも国連軍に参加できた理由は国連の諸決議のどこかに根拠があるのでしょうか。戦闘部隊ではないからOKだったのでしょうか。また未加盟だったイタリアがなぜ参戦(派遣)したのか根拠をご存じでしたら教えてください。

  • 板門店について

    板門店について質問します。板門店は韓国側から、そして北朝鮮側からも訪問できますよね。 しかし、韓国側からは北朝鮮国籍の者、ロシア、中華人民共和国籍などの者は参加できません。韓国籍の者は特別の手続きをすることによって可能らしいです。そして在日朝鮮人団体は北側から訪問しているようです。 これはなぜですか?北朝鮮国籍の人が韓国側から板門店に入れないのはわかります。そしてロシアと中国はたぶん社会主義国だからだと思うのですがなぜ韓国人はなぜ行けないのでしょうか。

  • 国連分担金は見直すべきではないか?

    日本は常任理事国でもないのにアメリカに次ぐ国連分担金を支払っています。 中国やロシアは常任理事国なのに日本より遥かに低い分担金です。 日本は常任理事国に立候補しましたが中国の大反対によってなれませんでした。 中国が大反対するには理由があります。国連は実は第二次大戦の連合国のことであって日本とドイツは敵国でした。しかも中国は日本に攻め込まれ大被害を被った。 「俺たち連合国の幹部会には絶対に敵国日本を入れないぞ」という固い決意でしょう。 では戦争が終わって一世紀経った2045年以降、戦争の記憶が薄くなって日中関係が良くなれば常任理事国になれるかというとそれも無理です。その頃にはインド、ブラジルなどの人口大国が国力をつけ常任理事国を増やすとしたらそれらが選ばれるからです。 日本は国内総生産で3位に落ち、今後人口増加が見込めないので将来は大国としての道は開けておらず、小さいながら内容が充実した国を目指すことになります。いわばスイスのような国です。 上記を考慮すると国連分担金は見直されるべきと思いますが如何でしょうか? 私の考えでは5つの常任理事国が1~5位を占めて6位に日本、7位にドイツであるべきと考えます。日本は不景気なのに無理をして分担金が二位である必要はまったくないと考えます。ご意見をお願いいたします。 参考データ http://www.mofa.go.jp/mofaj/world/ranking/un.html

  • 国連常任理事国 追放。

    第2次世界大戦後に、現在の【国連】が出来、英語の文字通り、連合国であるそうです。それ以前の【国際連盟】には日本も入っていましたが、仮に、今の【国際連合】の枠から、中国を弾き出す場合、もう一度、世界大戦規模の戦争が必要なのでしょうか?それとも『アメリカ、日本、台湾vs中国+北朝鮮、または中国+韓国』の地域紛争程度なら、国連の枠組み、再編成は出来ないものでしょうか?常任理事国vs常任理事国+非常任理事国+無加盟国になるのですが?

  • 国連安保理について

     こんにちは。国連の事について質問をします。所々表現が間違っていると思いますが、指摘していただけるとありがたいです(^^;)     1992年のイミダスを見ていて安保理の所を見ました。アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の五か国の常任理事国と他の国からなる非常任理事国がありますよね。何かの決議?をする時、例え全ての非常任理事国が賛成をしても常任理事国のうち一か国でも反対するとその案は通らないそうです。  どうしてそんなに常任理事国の意見が重んじられるのですか?

  • 日本でも出る?

    モダンウォーフェア2は日本でも出ると思いますか? それと6が出るとしたらなに戦争をモデルにしたいですか?私は朝鮮戦争です。 国連軍視点、北朝鮮軍視点、人民解放軍視点でプレイしたら面白いと思いませんか?

  • 近代史にお詳しい方お願いします(興味です)

    こんにちは、今高校三年の冴えない人間です(^^) 先日、世界史の授業で先生が時間無くて曖昧にしてしまった事があったので皆さんに聞きに来ました。 4つあります (1)2つの中国問題とは。   中国が中国で・・・台湾が中国じゃなくて・・・ってよくわからないんです^^ (2)なぜ日本は日中戦争に負けたのか。   ただwwIIと同時だったからだと私は思ってます。 (3)朝鮮戦争で国連軍が送れたのは何でか。   ソ連が・・・っていってたのは覚えてます。 (4)朝鮮戦争の日本への影響   隣で戦争してるから、米軍がお金使って、武器かって、成金がでてきた?     以上の4つです。 時間があるときでかまいません。 もし詳しい方が見ていたらお願いします

  • 米軍は日本人を敵から守るか? 日本人を守らないか?

    日米安全保障条約があるから、米軍は日本人を守るか? 台湾危機で、中国軍が石垣島あたりに侵攻してきたら、どうなる。 国連安全保障理事会の常任理事国が侵略戦争を日本に対して開始した場合、誰がそれを止める事ができるのか?

  • 在日米軍全撤退後の日本有事について(仮定)

    日本有事は、最終的には米軍主体の国連軍が自衛隊とバトンタッチして、国連軍が前線、自衛隊は後方支援になるとのことですが、日本は国連との間に「日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定」(国連軍地位協定)を結んでいる。 国連軍は現在、休戦中である朝鮮戦争に絡んでの10ヶ国だそうですが、その10ヵ国とは、「米国、英国、フランス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、タイ、韓国、トルコ、タイ」と記されてます。 在日米陸軍の国連軍後方司令部が座間基地から移転し、現在、横田基地にあります。 同協定第24条によれば、国連軍後方司令部は朝鮮半島から国連軍が撤退するまで有効で、国連軍撤退が完了したのち90日以内に日本から撤退しなければならない。と記されてます 質問です。 日米安保条約を保持してますが、在日米軍全撤退しました。 日本有事にアメリカ議会は参戦しない旨を決定しました。 この場合の国連軍は、アメリカの参戦無しの9ヵ国で国連軍が編成され日本を助けてもらえるのでしょうか?

  • 朝鮮戦争。中国撤退に即時国連加盟条件?

    朝鮮戦争で中国が参戦し所謂人海戦術にて国連軍を 追い詰めた辺りで国連軍側が慌てて撤退交渉に持ち 出した時に、中国側が撤退条件に国連の即時加盟を 提示したみたいですが、1945年の原加盟国には既に 中国が加盟しています。これはどう言う事ですか? またこの時点で国連に加盟すると言う事はその国は 大きなメリットになるのですか?逆に国連側が即時 加盟を了承すると言う事はかなり厳しい加盟条件? なる物があったので拒否したのでしょうか? ちなみに中国側が撤退をしたくないので明らかに 拒否される様にこの条件を出したのでしょうか?