• ベストアンサー
  • 困ってます

無電解ニッケルメッキ後の鉛含有率について

ある人から、無電解ニッケルメッキをした場合、そのメッキをしたものについて鉛の含有率が変化するので電解ニッケルメッキの使用をして下さい!といわれました。 設計部署より、無電解NIメッキのほうが膜厚が均等になるので使いたいといわれていますが、OKを出せないでいます。 無電解NIメッキや電解NIメッキの方法はわかりませんが、鉛の含有量が1000ppmを超えることはあるのでしょうか?又、不安定要素があるのか?教えていただけないでしょうか? ※海外ベンダーで行う予定です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2289
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • swisszh
  • ベストアンサー率64% (242/377)

1) メッキはどのような純粋な化学物質を使用することで、そのメッキの質もかわってきます。 2)特に無電解メッキはその溶液中に含まれる金属イオンによってメッキの成分がかわります。 3)無電解Niメッキ溶液に鉛が含まれていなければ鉛はメッキに入ってきませんが、それは不可能に近いでしょう(工業的に生産する経済性を考えると)、 4)というのは、Pbの含有量が1000pmとは0.1%のPbがその化学物質(Ni 化合物)に含まれていることになり、100ppm なら 0.01%、(10ppmなら 0.001%) のPbが不純物として入っているからで、そんな純粋なNi 化合物は多分、非常に高価になるでしょう。 5) 電解Niメッキでもその電極にあたるNiは高質なものが使用されています。 6)Google > メッキ に入り、Wikipedia の電解Niメッキ、無電解Niメッキをみるとその化学物質など色々あり、化学成分の純度などもかんがえられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。Googleでも検索してみたいと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

No.2の回答者です。 すみません『算数』の間違いがありました。 訂正です・・・カニゼンめっき面の性質 1.組成 Ni90~92%、P8~10% です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 無電解メッキといえば、カニゼン法など還元剤の種類によって様々あります。現在、日本カニゼン(株)の持っていた特許の独占使用権は切れていますので、今の日本では誰でもカニゼン・メッキを行うことが出来ます。    ですから、メッキ工場ごとに、使用する原料と浴管理によって、様々な事象が発生する可能性があります。  そのことを前提にお話ししますと、仮に大量の鉛がイオンの状態でメッキ浴に存在し、還元剤でメッキされる物の表面に金属鉛として付着すると仮定すると、鉛はカニゼン法での負触媒ですから、無電解メッキの反応は進まなくなり、メッキは付かなくなります。ピンホールが原理上出来ない均一な表面が得られるはずのカニゼン法でメッキ欠陥が発生することになりかねません。  ですから、カニゼン法を行うメッキ屋さんは、負の触媒であるビスマス、カドミウム、アンチモン、スズ、鉛、亜鉛などの含有量少ない硫酸ニッケルを使おうとしているようです。参考までに「硫酸ニッケルのメーカー」のホームページを下の参照に貼り付けますが、Pbの含有量は、≦0.0001% という品質表示になっています。ちなみに、カニゼン法のメッキ層の成分はニッケル98~90%、残りはリンで8~10%となっています。   もし、ppmオーダーの鉛の共晶の可能性についてご心配ならば、日本カニゼンに問い合わせをされてはいかがですか。 ・・・http://www.kanigen.co.jp/index.php  しかし、スタンダードな電解メッキ(ワット浴)でも不純物のメッキ層への取り込みはあるという報告があるので、何を根拠に『電解ニッケルの鉛含有率が変化しない』と言えるのでしょう。 ・・・http://www.kanagawa-iri.go.jp/kitri/kouhou/program/H21/pdf/1AM-B02.pdf

参考URL:
http://www.smm.co.jp/product/metal/nickel.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。日本カニゼンにも問合せをしてみます。

関連するQ&A

  • 無電解ニッケルメッキと電解ニッケルメッキ

    無電解ニッケルメッキと電解ニッケルメッキの違い(メッキ工程、2つの特性、膜厚等) について教えてください。 ピアノ線(SWP-B)又はSUS304(ステンレス)を使った微細バネにニッケルメッキを 施したいのですが、図面上の膜厚は3±1μ指定となっております。 どちらのメッキが適正なのでしょうか?

  • 無電解ニッケルメッキの鉛フリー化の動向について

    機械メーカーで欧州RoHS指令対応を担当しています。 無電解ニッケルメッキの鉛フリー化の動向について教えてください。 No.10023で、「無電解ニッケルメッキ中の鉛でおおもめになっている」ことを知り、No.10169で、「無電解ニッケルメッキ液中には安定剤として硝酸鉛が添加されていて、鉛フリー化が進められているが難航している」ことまで知ることが出来ました。 その後どうなりそうなのか教えてください。 (1)電気ニッケルメッキの残留六価クロムの様に、閾値より充分少なく意図的含有でなければRoHS指令には抵触しないと考えて良いのでしょうか? (2)鉛フリー化はいつ頃出来そうなのでしょうか? (3)今試作することは出来るのでしょうか? 以上 よろしくお願い致します。

  • 無電解Niメッキに含まれる鉛に関して

    機構部品のNiメッキ中に含まれる鉛の残留に関してどなたかご存知の方がいらっしゃいましたら御教授ください。 現在弊社も鉛フリー化に取り組んでおり、鉛フリーハンダそのものにももちろん色々課題がありますが、無電解Niメッキに含まれる鉛の皮膜に0.3WT%程度の鉛が残留し、この量が鉛フリーを謳うにはボーダーライン上?にある為、ハンダを鉛フリー化しても結局鉛フリーは謳えないと社内的には判断されています。 本当でしょうか? 現在部品にNiメッキを使用している物があり、コスト的、技術的に置き換えが難しいと考えています。 無電解ニッケルメッキに鉛を含ませない代替技術、又は鉛フリー適応除外範囲にならないか? よろしくお願いします。

  • 無電解ニッケルメッキの皮膜厚について教えて下さい

    こんにちわ。無電解ニッケルメッキには、膜厚があるのでしょうか。又漬ける時間によって厚く付いたり薄く付いたりするものなのでしょうか。寸法精度が厳しい部品は、メッキをお願いする時には膜厚を指定してもいいのでしょうか。一般的には何ミクロン位なのでしょうか。お解りの方教えて下さい。

  • 無電解ニッケルメッキの厚さについて

    初心者的な質問で恐縮ですが教えてください。 無電解ニッケルメッキは対象物に均一にメッキできるとのことですが、 ?10μmに指定した時にメッキ厚さのばらつきというのはどれぐらいになるのでしょうか?(素材はSTKMのパイプです。) ?無電解ニッケルメッキの厚付けの限界というのはどの程度になるのでしょうか? ?また厚付けの際の注意するべき点はどのようなことがありますか? 以上の内容についてよろしくお願いします。

  • 無電解ニッケルメッキの膜厚測定

    半導体素子に無電解ニッケルメッキを行っているのですが、膜厚測定の方法に困っています。  膜厚は5μmを狙っているのですが、今のところ素子を割って膜厚を測定する方法しか思いつきません。何か良い方法はないでしょうか?よろしくお願いします。               

  • SUSと無電解ニッケルメッキの電触について

    お世話になります。 現在、船舶に使用する部品を設計、検討しておりますが、板材がフェライト系のステンレスで、ボルトはSCM435材に無電解ニッケルメッキ処理を膜厚で15μm処理しようと考えております。ボルトの脆性破壊に関しては、強度区分を10.9以下にして、対応しようと考えておりますが、船舶のために雰囲気は塩分を含んでおり、メッキ15μmでどの程度もつのか、また電触は発生するのでしょうか?どなたか、ご教授願います。

  • 無電解ニッケルメッキの前処理について

    メッキのことについて詳しい情報がいただきたく書き込みをさせていただきます。 銅のリードフレームに電気メッキでニッケル(Ni)を施してから、無電解ニッケルメッキ(NiP)を施します。無電解ニッケルメッキを施す前に触媒作用をさせて表面を処理しているのですが、具体的にどのような薬品で行い、なにを取り除いているのでしょうか?また、もしその工程が不十分であった際はどのような悪さをするでしょうか? メッキ工程については、ほとんどわかっていないのですが、機械的なストレスで、そこのメッキ間がはがれてしまうという現象があります。 恐れ入りますが、ご存知の方教えていただきますようよろしく終えん害します。

  • 無電解メッキ中の鉛の除去

     メッキというカテゴリもあるのですが、電子部品についてのみの回答が得たいためあえてこちらに質問させていただきます。  現在、SONY・松下グループでは、無電解メッキに含まれる触媒としての鉛についても全廃するようにとの通達が出ているそうです。  一般的なNi無電解メッキの場合は、現在は、鉛フリーのメッキ液を使用するところが多いようですが、電子部品について鉛フリーの無電解を行える事業所はないでしょうか?  電子部品故にかなりの厚み精度は必要ですので、一般の鋼材などのメッキやさんでは対応できません。

  • 鋳肌面への無電解ニッケルメッキ

    初めての質問になります。よろしくお願いします。 SCM材および、SUS材(析出硬化系)の鋳物を機械加工した後、摺動性向上を目的として、無電解ニッケルメッキを施行しようと考えています。このとき、機械加工をしていない鋳肌面へのメッキはどのようになるのか(膜厚、密着性、外観等…)教えてください。