• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基本的な考えを教えて下さい。

基本的な考えを教えて下さい。 1・同じ固形分(粉など)に対して、違う量の水分で混ぜた時の、重量はどうなるか。  また、同じ温度で焼いたとき、水分値(固さ)に違いがでるか、重量の違いがでるか。 2・同じ、固形分と水分を混ぜた時、攪拌時間を変え、比重に相違が出た時、焼いたときに  どう違いがでるか(重さや水分など)  また、生地に入り込んだ空気は、焼いたあとどうなるか 変な質問ですいませんが、教えて下さい。

noname#203797

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数95
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

重量は水分を多く含むと重くなるのは当たり前ですが、料理との関連で答えます。 1.水分を多くすると全体の重量は加えた水の量ほど重くなります。比重は粉より水のほうが大きいので加えると大きくなります。どんどん水を加えると水の比重に近づきます。少しの水でかためにした時、良くかき混ぜたときが比重は大きいような気がします。粉の分子は密集すると密度を上げると思います。 2.水と粉の分子が密集するので比重は変わるともいます。焼いた場合、当然水分は蒸発するので重量は軽くなりますが、撹拌の程度で重量などはあまり変化しないと思います。ただ良くかき混ぜると密度が高くなっていますので固くなって比重(密度)は上がると思います。密度が高いということは固く、詰まっているように感じます。 3.空気は水と粉を混ぜた状態にはいりこんで密度を上げますが、焼いた後は空気は通常残るので密度は水分がなくなっただけ下がります。だからベーキングパウダーなどで焼くと空気(炭酸ガス)を増やして密度を下げてふんわりしたものにします。 参考 密度は重量割る体積、比重も密度もほぼ同じ概念。水は比重が1、密度が1g/cm^2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 指輪の比重の計り方について

    指輪の比重の計り方について 電子重量計で指輪の比重を計ろうとしました。   指輪の比重=空気中の重さ÷(空気中での重さ-水中での重さ)×水の密度 上記の計算で求めようと考え、  (1)電子天秤に水を八分目ほど入れた紙コップをのせ、コップの縁に竹串を渡し、針金の両端を    U字に曲げたフックを竹串に引掛けてフックの下端がコップ内の水に浸かる状態で電子天秤の    表示を0gにしました。  (2)次に指輪を竹串に通し、指輪の空気中での重さを計りました。  (3)次に指輪を竹串より抜き、フックの下端に引掛けて水中での重さを計りました。 これで比重が求められると思ったのですが、何度試しても(2)の空気中の重量と(3)の水中での 重さが一緒になってしまいます。 上記のやり方の何処に間違えがあるのでしょうか?    電子ハカリは300gまで計れます。  紙コップ、水、竹串、フックの総重量は130gです。  指輪の重量は7.3gでした。  初歩な質問で恥ずかしいですが、どなたか宜しくお願いします。

  • 比重の公式の証明ができません。

    比重の公式の証明ができません。 現在比重について学んでます。 ゲーリュサック型の比重瓶を使用して蒸留水と溶液の重量を測定し、次の公式に当てはめれば溶液の比重が測定できると書いてあります。 比重=(溶液の質量/蒸留水の質量)÷d ※d=測定温度の蒸留水の比重 しかし、何故この式を使用すると比重が求められるかが分からないのです。 蒸留水の重さ(y):蒸留水の比重(d)=溶液の重さ(x):溶液の比重(a) 上記の関係性が成り立つ時、内項外項の積によって ya=xd が成り立ち、移項によって出来る式は a=xd/y → a=(x/y)×d ではないのかと行き詰ってしまうのです。 何故、公式では÷dになるのでしょうか? もしかしたら数学的な基本が出来ておらず、とんでもない解釈をしてたらすみません。 その点も含めて教えてください。お願いします。

  • 粘度の薄い生地100gを、フライパンで焼くとします。

    粘度の薄い生地100gを、フライパンで焼くとします。 焼き上がりの水分を30%とすると、重量はどう変化するでしょうか (単純に飛んだ水分の分軽くなるのか) 生地を焼いた時や蒸した時の、基本的な考え方を教えて下さい。(粘度による違いなど)

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

面白いと言っていただいてうれしくなっています。料理の最終判定は食べた人の感想ですので好みの問題となって科学的料理がいいか経験と勘がいいかは言えません。ただ私は科学的に考えるのが楽しくて料理を勉強しています。 ところである友人は感想を以下のように書いてくれました。 料理もなかなか科学的になってきましたね。 五感に頼ってきた料理も一つ一つ科学的分析が進めば、料理の自動化も進歩するでしょう。 陶芸の世界も同じように思えます。 粘土の化学的分析、粘土の空気含有率、粘性、収縮率、窯の温度プロファイル、窯内の温度分布、熱風流路・流量、釉薬の化学的分析等々をしっかり考慮して焼けば、毎回違うものが出来あがると、大騒ぎする素人陶芸家は少なくなるでしょう。 プロは同じ窯で同じ粘土を使って焼きますから、同質のものを作るのは容易なのでしょう。デザイン、質感が勝負といったところ。いろいろの所の粘土を取り寄せて焼く、都会の陶芸教室では条件設定がいい加減で、押さえるべきポイントの条件も抑えられていないので、大騒動するのが通常でしょう。 以上の点は同感です。私の女房はこれと同じものを作ってくれとその陶器を作った陶芸のプロに頼んでほぼ同じ物を作ってもらいました。プロだからできる技だと感じました。 料理の話に戻りますが、分子の大きい調味料を先に入れると書いてありましたが、西洋料理のお肉では最初が塩で最初に分子の小さい塩でしめます。それと浸透圧が高いのは分子の小さいものでしょうが、浸透圧は味をしみ込ませず、逆に素材から水分を奪って行きます。浸透圧は味をしみ込ませるためではないように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

かけあいが面白いのでかませてもらいます。 見ているとハイアマチュアの料理マニアと生業で料理をしている人がそれぞれ書いているようですね。 料理って大きく三つにくくられると思います。一つは自分のためにする料理、二つは売り物の料理、三つは教えるための料理。一は家庭料理全般、二はレストラン等外食全般、三は料理教室などの情報産業。私としては三はほとんど宗教に近いと思っています。 さて料理が化学一般と決定的に違うのは化学が同じ条件で実験を行えば同じ結果が得られ評価も一定なのに対し料理はまったく同じものを作っても評価は実にバラバラです。人それぞれ好みが違うからです。どんなにいい仕事をしたと思っても美味いという人もいれば気に入らないという人も必ずいます。また手抜きをしてもこれはすばらしいといわれることもあります。ですから商売で料理をしている人はなるたけコストを抑えて最大公約数のような料理を作るようになります。売れて儲からなければ商品ではないのです。それにひきかえマニアは自分の満足のためなら損得なんかまったく度外視しています。 ミクニさんはすごい料理人です。あんな人はもう現れないと思います。あの程度の腕を持った人ならゴマンといます。なにがすごいってあの世渡りのうまさあのずうずうしさあの運のよさ、まさに料理界の豊臣秀吉です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

料理は科学的なものと考えています。なぜ温度が重要なのか、なぜ調味料の順番のようなものがあるのか、味がしみ込むのは温度が上がる時か下がる時かなど物理と密接な関係があります。レシピなどは化学実験の手順書に似ています。順番があって、量があって、弱火などの熱の加え方があって緒理済みの判断があってなどです。プロの料理がなぜ美味しいのかを考えてプロが教える西洋料理教室に通いました。その結果、アマが無視する一手間や二手間を余計にかけていることがわかりました。また肉の部位に関しても右についている肉か左についている肉かまで知って調理しています。教えられた通りに料理するのも面白いでしょうが、ソレー効果まで知って料理するのも面白いと思います。煮物の調味料はさ、し、す、せ、そですが分子の大きさの順番ではないよう気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • hatiwan
  • ベストアンサー率33% (106/314)

料理をするにあたってこんな風にかんがえてプラスになることあるのかなって感じました。 まったく同じ素材を同じ分量つかってもやりようではまったく違うものができてしまいます。 もっと大事なのは調味料の順番ではないでしょうか。基本的には分子量の大きいものから入れて最後に分子量のもっとも小さい塩をいれます。分子量が小さいほど浸透圧は大きいからです。平たく言えば味がしみにくいものから入れて最後に塩でしめるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

質問があいまいなので前回の回答になっています。でも粉体と水を混ぜた物理的な状態を回答すれば私の回答になります。料理と組み合わせると千差万別になるのは仕方がないと思います。撹拌すれば隙間が混んできて密度が上がると思います。空気と言っても顕微鏡で見なければ見えない小さい分子の空気を考えています。焼く前に空気がすべて抜ければ粘土細工の粘土みたいになります。密度は高くなります。普通、膨張剤(ベーキング波パウダー等)を使わなければ焼き上げた状態は残存空気分子によって違います。あまり撹拌しないで下さいと言われる料理法は小さな目に見えない隙間を残して密度を上げないようにするためです。だから料理法で千差万別です。でも物理学から考えると料理前までは単純だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • hatiwan
  • ベストアンサー率33% (106/314)

これって材料と用途によって千差万別ですよね。一口に粉といっても小麦粉もあれば米粉もあればさまざまです。パンを焼くのかお好み焼きを焼くのかでも違います。焼いて膨らませるといってもスポンジ状もあればシュークリームのように風船状もあります。小麦粉に同じ割合で水分を加えたとしてもクレープにしたのと天ぷらの衣にしたのとでは硬さの比較にはならないでしょう。 ラーメンだってスパゲティだってグラムあたりの水分量はほとんど変わりありません。なのにあれだけ食感が違います。ホットケーキとクレープとでは水分量がかなり違いますがどちらが柔らかいですか。 また2の攪拌時間を変えても比重は変わらないと思いますけどどうでしょう。また生地に入り込んだ空気は焼く前に抜けるはずです。焼く過程で水蒸気や炭酸ガスが発生して気泡を作るのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 送風機の性能曲線の性能変換について教えて下さい。

    送風機の性能変換は、回転数、温度、比重量等がありますが、 比重についてはどう考えれば良いのかがわかりません。 つまり、同一気体でも温度が変わればガス比重も変わります。 送風機の性能曲線は普通20℃で行っていますので、 運転時が100℃として、温度による性能変換をした後、 温度上昇による比重の性能変換を行うと、 例えば全圧は、温度変換により下がり、比重変換では、温度アップにより 比重が下がる分全圧は上がり、結局±0みたいな格好となり、 20℃での性能曲線と変わらない結果になってしまいます。 何か勘違いしているのでしょうか? それとも、比重の場合は、同じガスで相対湿度が違う場合のみか、 ガス自体が空気でなくアルゴンとか全く違うものを取り扱う場合 のみに比重変換を適用するのでしょうか? 全く同じ空気を取り扱うのであれば、温度変換だけで考えるのでしょうか? 何かこんがらがってしまいました。来週社内教育があるので、お早めに どなたか回答して下さい。

  • 卵の気泡性に関して

    卵をケ-キの生地に混ぜた時の気泡性は、卵の温度は関係あるでしょうか。 (例えば、常温のものと、冷蔵・冷凍して常温解凍したものなどで) また、生地の粉の分量で、卵などの気泡性の状態はかわるのでしょうか (粉が多い方が、生地に空気が入りやすいとか、少ない方が泡立ちやすいとか) 変な質問ですが、よろしくお願いします

  • 伝熱面積の計算方法について

    ドライヤー排ガス処理検討書がありまして、内容が理解できずに困っております。 内容は以下の通りです。 ・原料処理量 5000kg/hr 固形分 40% 水分 60% ・製品量 固形分 94% 水分 6% ・水分蒸発量 3000-128=2872kg/hr ・冷却器入口80℃ 飽和とする Hs=0.546kg水分/乾き空気 i=363.4kcal/kg乾き空気 ・冷却器出口40℃ 飽和とする Hs=0.048kg水分/乾き空気 i=39.6kcal/kg 乾き空気 ※iの計算方法がわかりません。教えてください ・排ガス量(乾き空気ベース) 2872/0.546=5260kg/hr ・冷却器で除去すべき熱量 5260×(363.4-39.6) ・冷却器の大きさ 冷却水入口温度 30℃ 冷却水出口温度 35℃ 排ガス入口温度 80℃ 排ガス出口温度 40℃ 平均温度差 23.3℃ ※平均温度差の計算方法がわかりません。教えてください。 総括伝熱係数 150kcal/m3hr℃ ※総括伝熱係数の150はどこからきたのでしょうか? 交換熱量 1703200kcal/hr 必要伝面 1703200/23.35×150 ※この式はどこから算出されたのでしょうか? 以上です。 基礎的な質問で申し訳ありません。 全く理解できずに困っております。 よろしくお願いいたします。

  • 相対湿度とは

    相対湿度とは wikipediaで調べると 一般的に相対湿度(relative humidity)とは、ある気温で大気中に含まれる水蒸気の量(重量絶対湿度)を、その温度の飽和水蒸気量(重量絶対湿度)で割ったもの(単位:%)である。 と書いてありましたが、よくわかりません。 これは、ある温度の空気中にある水蒸気の量を空気中に含めるmaxの水分量で割ったものと考えていいのでしょうか? 水蒸気を含むと空気は重くなるのでしょうか? 水蒸気って水分ですよね? 飽和水蒸気量は結露するポイントと書いてありましたが、水蒸気をミクロな視点からみるとほかの物質に結露してるのではないでしょうか? いろいろわからなくてすみません。 ぜみご教授ください!!

  • 風力分級について

    お世話になります。 無機鉱物の粉砕品を風力分級して細かい製品を作っています。 風力分級とはファンで引きながら、回転する羽根を通過させ、ある粒径で粉体をカットするというものです。 最近同一設定条件で得られる粒径が大きくなっています。 ファンの動力(電流値)が上がっていることから、冷たい空気重量が影響しているのではないかと考えています。 ノルマル換算では変わらなくとも、低温空気によって風速が変わりますでしょうか。 分級は、風速と羽根の回転で発生する遠心力のバランスでカット粒径が変わります。 ファン及び羽根回転数は変えていませんが粒径が変化します。 但し、分級の数式上、羽根回転数は正比例し風量(風速)はルートで効くはず。 あまりに大きく変化したため戸惑っています。 数式を見ると比重差も関連しているようです(粉体真比重と空気比重の差)。 どんなことでもかまいませんのでご教示願いたく。

  • パン作り初心者です。細かい所がわかりません。

    粉と塩とドライイースト、水のみでフランスパンらしきものを作ってます。 レシピには載ってない、細かい所を教えて下さい。 1)まず生地の状態ですが、台にも手にも打ち粉をたっぷり使わないとくっついてしまう状態は良くないですか?こね不足でしょうか? 2)パンチングとは、空気を抜く程度でしょうか?それとも台の上で生地をぺったんこにするのでしょうか? 3)成形して二次発酵させるとき、ラップをかけますが、粉をはたいてもラップにくっついてしまい、はがす時に生地が切れてしまいます。 水分不足でしょうか?それとも他の問題でしょうか? 4)いつも二次発酵がうまく行かないためか、成形してもフランスパンの形にならず、ゾウリのように広がってしまいます。どうすれば良いでしょうか? 以上、レシピだけではわからないので、どなたか教えて下さい。

  • 暖かい空気は本当に「軽い」のか?

    暖かい空気はなぜ上に昇るのでしょうか? 初心者向け解説書などでは 「暖かい空気は、冷たい空気より軽いため」などと説明されています。 確かに、暖かい空気=空気分子の平均的な運動エネルギーが冷たい空気より大きい=空気の分子同士がはじきあう(?)力が大きいため、空気を押し縮める力(主に重力)に対して、押し広げようとする力が大きくなる=空気の密度が小さくなる=冷たい空気よりも体積あたりの重さ(=比重)が小さくなる=「軽い」という見方もできるかもしれません。 しかし、空気の分子は、一つ一つがランダムに動いており、(分子間力の影響は多少受けているとはいえ)熱気球のように強制的に膜などで仕切られ、まとめられているわけではないのですから、 空気を集団として考え、比重をもって「重さ」を論じることに果たして意味があるのでしょうか? あくまで空気の分子一つ一つを見て考えれば、暖かい分子も、冷たい分子も、同じ重さなのではないでしょうか?(ここでは議論を簡単にするために、「空気分子」という単一の重さの分子を想定します) 果たして、「暖かい空気は『軽い』ので上昇する」という説明は、本質的に正しい説明なのでしょうか、それともそれはあくまでも初心者や子どもがわかるための「方便」で、実際にはもっと別な理由があるのでしょうか? 以上、気体の対流について述べましたが、液体の場合も基本的に同じではないかと思います。 ただ、水の対流などを考えると、確かに比重の違いが上昇、下降の運動の変化と一致しているので、重い、軽いという説明に一定の根拠があるのかなとは思っています。 以上、どなたかご教授ください。 できれば高校の物理、化学レベルで説明していただけるとうれしいのですが、もう少し専門的な説明でも頑張って勉強しようと思いますので、よろしくお願いします。

  • 気化熱を簡単に説明せよと言う問いに

    気化熱とは、空気が熱せられその後温度差により、水分事奪うというのが自分の考える気化熱なんですけど例えるなら、お風呂に入ったあとすぐに乾燥が始まるのは空気がヒンヤリとする(または温度差により)蒸発するためだと考えてます(または湯気となってすべて出ていく) もっと簡単に言えば、蝋燭のロウを皮膚に垂らしたときに液体がすぐ個体になるのは熱せられたものが急激に体温により「冷えるため」だと考えてます。 もしも私の考えに間違いがあれば指摘して欲しいです。

  • ホイルのインチアップって、意味が有るか?

    今晩は 今時の車って、アルミホイルが付いてくるのは当たり前です。ロープロファイルタイヤが組み合わせてあるので、外径は同じで、例えばスバルインプレッサスポーツ 2.0i-Sには18inch, 2.0i-Lには17inchが装備されます。  比重を考えると、タイヤは水に浮き、アルミは沈む。タイヤのホイルは外してあります。空気の入る余地がなくなるまで、ゆっくりと沈む様です。   とすると、アルミの方が比重が高い事は分かりますが、ロープロファイルのタイヤ  に大きなアルミホイルを組めば さほど重量差は無いとはいえ、「変化する重さの二乗倍」で変化するばね下重量の場合、見逃せない点です。  それでもアルミホイルに大きなものを使い、より高い設定のランクに入れるのか、ご教授ください。

  • お菓子の生地

    基本的な考え方を教えてください。 練りあがった生地を、常温で保管するのと低温で保温する事による、生地の気泡の 影響はどのような事があるのでしょうか(抜けやすいとか) また、生地を焼くときのですが、室温と湿度の影響は何か起因するのでしょうか (例えば湿度が高すぎたり、低すぎたりすることにによる、生地の焼かれ方の影響等) あと、冬季など室温が低い場合は、小麦粉などの粉ものの保管はどうするべきでしょうか (夏場より温度・湿度が低い) 変な質問ですいません、教えてください。