• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

創立費の償却について。

創立費の償却について。 税法上任意償却ができると聞いています。一方会計上は5年の均等償却とされていると聞いています。 実際には税法上の処理をすると思いますが、5年の間に任意の時期に任意の額を償却できるということでしょうか。それとも、5年の足かせはなく、とにかく任意ということでしょうか。ほんの小さな会社です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1668
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hinode11
  • ベストアンサー率55% (2062/3741)

繰延資産の「創立費」の償却の取り扱いについては、企業会計原則と税法とでは、考え方がやや異なりますが・・ (1)企業会計原則: 償却の期間は企業の任意ですが、最大限5年内にとどめるべきであり、また、毎期の償却額は均等額であることが望ましいとしています。ですから、初年度に全額を償却しても良いことになりますが、もし、いったん均等償却を開始したら、最後まで均等償却を続けるべきです。 (2)法人税法: 法人税法施行令第六十四条第一項第一号で、簿価が償却限度額であるとだけ規定しています。償却期間に関する規定はありません。従って、任意の時期に任意の額を償却することができます。ですから、初年度に全額を償却しても良いことになりますし、初め均等償却を開始しておいて、途中で一括償却するというやり方もOK。「とにかく任意ということ」でOKです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうごさいました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

下記に詳しい解説がありますのでご覧下さい。 結論から言うと、原則は一時償却ですが、繰延資産の計上は任意です。 繰延資産とした場合、会計上は5年償却ですが、税法上では任意で、いつでも、いくらでも償却が可能ということです。 実務では、繰延資産にする場合は5年償却とするのが多いのではないでしょうか。 創立費と開業費 http://123k.zei.ac/kamoku/bs/kurinobe-sisan/soukaigyou.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 創立費の償却について(決算時)

    弥生会計ソフトを使って決算処理をしています。 昨年度会社を設立し、その際に掛かった創立費の 決算仕訳ですが、どのように処理すれば良いでしょうか? 創立費/現金 創立費償却/創立費 として処理するところまではわかったのですが、 会計ソフトに創立費という科目も、 創立費償却という科目も登録されていません。 どの項目に登録すれば良いでしょうか?

  • 創立費の償却

    定款作成費用などの創立費の償却で悩んでいます。 11/10 創立費 200000 /現金 200000 償却日時 創立費償却 300000 /創立費 300000 例えば11/10日に創立費用が200000円かかった場合の処理は上記のようになると思いますが、償却日時はいつにすればいいでしょうか。 (1)11/10に償却を行ってもいいでしょうか。 (2)決算整理仕訳で行うのでしょうか。会計期間が4/1~3/31の場合、日付はどのようにすればいいでしょうか。

  • 創立費とソフトウェアの減価償却について

    減価償却についての理解ができず、混乱しています。 ネット上で同じような質問を多数見かけ色々調べてみたものの、混乱するばかりです。 (1)減価償却をしてないもの(ソフトウェア)を、今から減価償却しても良いのか? 償却する場合は、今から一期分として償却するのか。 (2)繰延資産として計上されている創立費は減価償却するのか? 固定資産については毎年減価償却しているのですが、ソフトウェアと創立費については減価償却していませんでした。 税法上、会計上とそれぞれ任意償却だったり、5年以内に償却するなどとあり、どのように処理するのが正しいのかわかりません。 銀行等からの融資もなく、個人出資の合同会社です。 減価償却をしていない状態で、既に赤字です。 (1)(2)について、ご教授いただけないでしょうか。 勉強不足で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

  • 創立費の償却方法

    創立費は、商法上は5年以内に均等割以上の償却をするが、 一年目にすべて償却してもいい、とのことですが、 節税的な観点からも、 どちらの方法を取っても同じなのでしょうか?

  • 創立費の仕分けについて

    お世話になります。 今回有限会社設立しまして「弥生会計」ソフトで入力しています。 なかなか初めてなもので最初からつまづいています。 仕訳で有限会社会社設立時、 借方:創立費¥○○○、貸方:現金¥○○○として、 決算時に、 借方:創立費償却費¥○○○、貸方:創立費¥○○○としたいのですが、 創立費償却という項目がありません。「創立費償却費」を「繰延資産償却費」として構わないのでしょうか?? または、「創立費償却費」という項目を増やした方がよいのでしょうか?? もし「創立償却費」の勘定科目を増やす場合は、どの区分に追加すれば良いのでしょうか?? お手数ですがご回答よろしくお願いします。困っています。

  • 創立費と開業費について

    創立費と開業費について 今期7期目の決算を迎えた法人ですが、黒字決算に なるため、今まで繰り延べてきた創立費と開業費を 償却したいと考えています。 創立費と開業費の償却費の計算は、 支出の効果が及ぶ期間を5年とし、 今期は12月/60月(5分の1)に相当する金額を 償却費とするしかないのでしょうか。 それとも任意償却なので、今期に全額(60月/60月)を 償却することも可能ですか。

  • 起業時の創立費の償却について

    昨年起業したばかりなんですが、決算に当たり1年目の創立費の償却の仕方について、「5年以内」で償却できるとありますが、「2年で償却」する事もできるんですか?

  • 創立費について教えて下さい。

    創立費について教えて下さい。 新規に会社を設立したのですが 設立届を提出する際の貸借対照表には創立費を計上したもので提出しなければならないのでしょうか。 例えば 資産の部          負債・資本の部 現金・預金 3,000,000   資本金 3,000,000 として提出後にあとから会計処理で創立費を計上してもよいものなのでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 創立費とは。

    お世話になっております。 創立費なのですが、会社登記前に打ち合わせなどで発生した 御食事代なども創立費という勘定科目の中に含ませて処理 するのでしょうか? それとも、創立費といっても、 各科目ごとに処理するのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 創立費の消却

    現在四期目で、いま三期目の決算処理をしています。 創立費は、均等額以上を5年以内に消却する、とのことですが、 利益が出た期には、 残りを一気に消却してしまっていいのでしょうか? 何卒よろしくお願いいたします。