• ベストアンサー
  • 困ってます

アルミ・硬ロウを使ってのロウ付け方法の”コツ”

初めての経験で困っています・・・。 アルミニウム同士を溶接(ロウ付け)したいと思い アルミ硬ロウ、フラックス、ガストーチを用意しました。 説明によるとフラックスを熱すると固形化し、更に熱すると液状化するそうなのですが固形化までで液状化しません。 これは単純にフラックスが液状化する温度に達していないだけなのでしょうか? それともフラックスの溶き方や塗る料に問題があるのでしょうか? アルミ・ロウ付けの難易度は最高度の5なので素人がいきなり出来るとは思っていませんでしたが・・・。 経験者の方の御指南を頂きたいと思っております。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数16197
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#5808

こんばんは。 経験者→商売はしてません・・・M(__)M アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。 >固形化までで液状化しません。 だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。 ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか? >フラックスの溶き方や塗る料 フラックスは、ロウ剤で接着したい部分だけに塗れば良いのですが、接合したい部分を紙やすりで清浄にして、さらりと塗る程度で十分です。・・・抽象的な表現ですが、リップクリームを塗る程度でも可です。 あとは、 ○出来るだけ接合部分を狭くする(0.何mm以下) ○アルミ表面を良く磨き、ごみ、油、酸化膜を落としてからフラックスを塗る ○接合面に均等にフラックスを塗る アルミの表面は、自然に酸化膜が形成されやすいので、特に難しですし、ロウ剤そのものが、狭い温度範囲でしか使用できない・・・特に作業温度570度付近を超えると、急激に酸化しやすくなる・・・平均して加熱しなければならないので、バーナーの炎の距離に気を付けてみてください。 参考になれば幸いです。 下記のURLに失敗談、コツなど写真入で乗っています。

参考URL:
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1329/report/rouduke.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のアドバイス有難う御座います。 実は初めてのチャレンジが夜でしたので ガストーチの火力をあまり上げずに挑戦していました。 (火力を上げると騒音にもなりますので(^^;) やはり火力不足が原因かと自分でも思って来ました。 バーナーの火力はかなり上げて作業をされたのでしょうか? URLは大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 銀ロウの溶接教えてください

    一般用銀ロウ(750℃溶融)とフラックスを購入して一般にガスコンロに使用するボンベとトーチで鉄材を赤くなるまで熱して銀ロウをフラックスに付けて溶かしたのですが銀ロウは溶けましたが溶接になりません。こんな単純では溶接は出来ないものでしょうか? 銀ロウは1mm位の径です。フラックスはこのロウ棒専用で購入しました。 まったくの素人です、よろしくお願い致します。

  • ロウ付け

    銀ロウでロウ付けを行う際、液状のフラックスはあるでしょうか?

  • ロウ付け

    いつも大変御世話になっております。 以前ロウ付けに関して質問させていただきました。 今回粉末銀ロウ(粉末ロウとフラックスがセットになっている商品)を使ってロウ付けに挑戦しているのですが、うまくいきません。 ステンレスにフラックスと粉末ロウ混ぜ合わせたものを塗り、バーナーで加熱するのですが全くうまくいかずフラックスが「ブクブク」と音をたてその後白く固まってしまいます。 説明書通り粉末ロウ1:フラックス3の割合で混ぜ合わせています。 バーナーは1300°まで熱することができる物を使っています。 何方かアドバイス頂けないでしょうか? 宜しく御願い申し上げます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#5808

ご返事有難うございます。 >バーナーの火力はかなり上げて作業をされたのでしょうか? アルミロウ用のフラックスが活性を示す温度(活性温度)は商品にもよると思いますが、約350~600度前後に設定されているのが一般的なはずです。 まず、炎の使い方ですが、 一般的なガストーチの炎の先端(明るい部分の先端;酸化炎)が1300度とすれば、内部の暗い部分(還元炎)では800度位を目安にしてください。 還元炎の部分でロウ付けすれば、酸化しやすい金属や低融点の金属(アルミなど)に比較的影響を与えずにロウ付けできます。(逆に貴金属は酸化しにくいので、ある程度高温、還元炎でも可) ですから、トーチの口を近づけて、フラックスがついた部分を包むように満遍なく暖めるようにしていけば上手く行きます・・・私の場合(^^;。いきなり酸化炎で高温にすると、フラックスに温度差が出来たり、逆にフラックスが活性を失う場合があります。→カサカサ もしかすると、逆に温度が高すぎるのでは・・・? 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス頂いてから酸素を使うトーチに替えて試したところ 何とかフラックスを液状化させロウを溶かす事が出来ました。 まだロウ付けする物の大きさに対しての熱する時間やトーチ(炎)の温度が試行錯誤の状態ですが当初やりたかった事は出来ました。 この度の皆様のアドバイスは大変有難いものでした。 本当に感謝しております。

  • 回答No.3
  • s320403
  • ベストアンサー率23% (57/239)

アルミのロウ付けは しませんが 銀ロウ付けを毎日山ほどやってます経験を少々。まず バーナーですが これは カセットコンロのボンベを使う物でしょうか。これだと 音は景気良くして なんか 相当高温になるような気がしますが 実は さして 炎の温度は 千何百度かもしれませんが 対象になる金属をそこまで熱するには 無理があるように 思います。出来れば O2トーチのような 酸素を使う物でした方が良いと思います。これだと 炎の温度 3000度 位になりますし 炎が 小さいですので小さな部分も 出来ます。後 炎の熱が逃げないように 耐火煉瓦で囲って ロウ付けすると 割と 高温になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス有難う御座います。 当初はカセット式トーチを使用したのですが 酸素を使う物に替えて試したところ何とか問題を解決する事が出来ました。

  • 回答No.1

鉄のロウ付けの経験はありますか? 無いと難しいです。 >これは単純にフラックスが液状化する温度に達していないだけなのでしょうか? おそらく、そうじゃないでしょうか。 最初は何度も練習するといいですよ。 ロウ付けは点や線接触で付けるのは難しいので、面で接着するところから始めてください。 水て溶いたフラックスを母材に塗って、じーっと温めていると、フラックスの状態が変わります。 その瞬間にロウ棒を置くと、スゥーっと溶けて流れて行きます。 しかし、アルミ硬ロウの融点は580℃、アルミの融点は660℃です。 この温度差が少ない事が、アルミ硬ロウを難しくしています。 温めすぎると、母材が溶けてしまうんです。 この温度の見極めが、アルミ硬ロウのコツです。 簡単にできるものなら、「アルミソルダー」というのがあります。 私は使ったことは無いのですが、アルミ硬ロウより融点が低いため、作業はやり易いと思います。 http://www.shinfuji.co.jp/index.html

参考URL:
http://www.shinfuji.co.jp/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のアドバイス有難う御座います。 やはりフラックスが液状化しないのは温度不足みたいですね・・・(^^; ガストーチで10分熱しましたがフラックスはカサカサになっただけでした。 580℃に温度を上げるのはかなり難儀なのでしょうか?(^^; ちなみに鉄のロウ付けの経験はありません。

関連するQ&A

  • ロウ付け

    初心者なので解かりませんがお願いします。 ロウ付けで使用するロウ材、フラックスは、どのような物を使用したらよいのでしょうか。 主に、銅(筒状の物)にタングステン(Φ8~Φ15)をトーチ(酸素+アセチレン)でロウ付けしています。 過去にどの様なロウ材を購入したか履歴がなく、 担当者も解からなく、銀が少し入っていると言っていましたが 詳細は不明とのことでした。 現在あるロウ材の残りを計測したところΦ1.2でした。  今回、新規購入するに当たって、適切なロウ材、フラックスをと なにお思いまして質問しました。 宜しくお願いします。 再度、ロウ材の種類で過去の担当者にも確認したところ、 複数の方が「銀ロウ」と言っていました。 現在あるロウ材の色はシルバーです。 断定はできませんが、「銀ロウ」だと思いますが、 「銀ロウ」のロウ材を探してみましたが 銀の含有率によって色々な商品があるので ロウ付けする材質にもよるとは思いますが 一般的には、どの程度の銀含有率のものがいいのでしょうか?

  • 真鍮ロウの上手な盛り方を教えてください。

    真鍮ロウの上手な盛り方を教えてください。 真鍮ロウを流したり、盛ったりする際、溶けた真鍮ロウに細かくス(泡ブク)が出来てしまいます。 母材の脱脂、磨きをして、真鍮ロウはトービン、更に液体フラックスを塗っています。 火はアセチレンを使い、トーチは溶接用火口の50番でやってみています。 火はあまり強くない圧力にして、など、、試行錯誤しているのですが、 なかなか泡だたせないで盛る事が出来ません。 鉄パイプを溶接した面に真鍮ロウを盛りまして、メッキを施したいのですが、 このままでは綺麗に仕上がりません。何度も盛っては削っています。 どなたかコツをご存じの方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんか? 宜しくお願いいたします。

  • アルミロウ付け

    ロウ付け素人です。 先日アルミのロウ付けに挑戦し見事失敗しました。 アルミ硬ロウ商品裏面に記載されている通りにまず接合部のペーパー掛け、フラックスを塗り加熱フラックスが固形化するまでは行ったんですが再び液化しません。 それどころか液化する前に母材のアルミが溶ける、もしくは歪んでしまいます。 適温の低いアルミソルダーでも試しましたが結果は同じでした。 何が悪いのでしょうか。トーチは最高温度2000℃の物を使っています。 経験者の方ご指導よろしくお願いします。

  • アルミのロウ付けに関してですが、アルミの面積が広く、熱伝導率が高いため

    アルミのロウ付けに関してですが、アルミの面積が広く、熱伝導率が高いため、熱が上がらずロウ付け可能な温度まで上げることができません。 何か良い方法はないでしょうか?? 宜しくお願い致します。

  • アルミ鋳物AC4Cとアルミ合金A5052のロウ付け

    ロウ付けに関して知見が乏しいので、ご教授願います。 1.アルミ鋳物AC4Cとアルミ合金5052のロウ付けは可能でしょうか?   アルミの鋳物やダイカストは、溶解温度が低いのでロウ付けは難しいと   の情報は聞いたことがあります。 2.可能であれば、どのようなロウ材を使用するのが一般的でしょうか? 3.500mm四方のAC4C製箱型ケースに、200mm×500mmの   厚さ8mmのA5052製板部品をロウ付けする場合、どれぐらいの   コストがかかるイメージでしょうか?   数量は1000台/年。   液状ガスケットによる固定とどちらが安価が知りたいです。 よろしくお願いいたします。  

  • 銀ロウがうまくつきません

    1mm厚のステンレス(SUS303)に5mm厚の真鍮(20mm×20mm)を銀ロウでくっつけたいです。 ふちの部分を一周するようにロウ付けしたいのですがうまくロウが流れません。 フラックスをつけてロウを乗せ加熱するのですけどなかなか溶ける気配もなく直にロウを加熱するとすぐに溶けて丸くなります。 バーナーはガス補充式のプリンスDB2001というバーナー(トーチ?)を使用しています。(最大1300℃) 単純に火力不足なのでしょうか? なにかコツなどありましたら御願いします。

  • はんだ ロウ付け

    溶接等は全くの素人です。 今回ロウ付け又ははんだ付けを行いたいと思っています。 ステンレス同士を接合したいと考えております。 ろう付けは銀ロウの早ロウと言われる物を使用します。 この時フラックスはどのようなタイプを選べば良いでしょうか? 液状では無くペースト状の物を使いたいのですが良い商品があれば 教えていただけないでしょうか? 宜しく御願いいたします。

  • アルミパイプのロウ付け方法

    外径φ40肉厚2mm程度のアルミパイプを2本使って継ぎ手のチーズ形にしたいのですが、この時の接合方はロウ付けで行こうと考えています。 内圧は、かかっても0,1~0,2Mpaで使用温度は室温からマイナス50℃程度の予定です。 低温で問題が発生する場合はマイナス使用を止めるつもりです。 SUSロウ付けや銅・真鍮は経験者ですが、アルミは未経験で、あまり分かりません。どちらかご存知の方教えてください。また、半田で可能な場合も教えてください。

  • Cr-Mo鋼とステンレス鋼の間に起こる反応について

    Cr-Mo鋼とステンレスの間に起こる反応について 私の職場ではCr-Mo鋼(以下クロモリ)パイプ、板の加工、ロウ付けをメインに仕事をしております 普段ロウ付けの前処理として、ロウの食いつきをよくするため パイプ、板の表面を「鉄製」のワイヤーバフ(直径30cm程度)で磨いています 先日ワイヤーバフを「ステンレス製」に変えたところ、磨いた部分のロウ付けが著しく困難になりました 原因を調べるうちバフで磨いた部分にクロモリとは明らかに別の金属皮膜が形成されていることに気がつきました 表面の色がやや鈍く、ヤスリをかけたときに固いのが特徴です ロウは真鍮を使い、フラックスもそれにあったものを使っていて、いままで一度もそのようなことはなかったことから この「ステンレスバフ」が原因であることは間違いないと思います 卓上グラインダーは工業用のかなりパワーのあるものを使用しているので、部材にそれなりの熱と摩擦はおこります 現場の状況は真夏で気温35度以上、湿度もかなり高い状況です その他気づいたことでは、フラックスがやや青緑に変色したということです これも普段は起こらない現象です 以上の状況で起こりうる クロモリ鋼とステンレスバフの間の化学的な変化、形成された金属の正体など お分かりになる方がいらっしゃいましたら どうぞよろしくおねがいします。 *私の知識は高校の化学レベルですので、わかりやすい説明をよろしくおねがいします

  • 職場でのトラブルについて質問いたします

    職場でのトラブルについて質問いたします 私の職場ではCr-Mo鋼(以下クロモリ)パイプ、板の加工、ロウ付けをメインに仕事をしております 普段ロウ付けの前処理として、ロウの食いつきをよくするため パイプ、板の表面を「鉄製」のワイヤーバフ(直径30cm程度)で磨いています 先日ワイヤーバフを「ステンレス製」に変えたところ、磨いた部分のロウ付けが著しく困難になりました 原因を調べるうちバフで磨いた部分にクロモリとは明らかに別の金属皮膜が形成されていることに気がつきました 表面の色がやや鈍く、ヤスリをかけたときに固いのが特徴です ロウは真鍮を使い、フラックスもそれにあったものを使っていて、いままで一度もそのようなことはなかったことから この「ステンレスバフ」が原因であることは間違いないと思います 卓上グラインダーは工業用のかなりパワーのあるものを使用しているので、部材にそれなりの熱と摩擦はおこります 現場の状況は真夏で気温35度以上、湿度もかなり高い状況です その他気づいたことでは、フラックスがやや青緑に変色したということです これも普段は起こらない現象です 以上の状況で起こりうる クロモリ鋼とステンレスバフの間の化学的な変化、形成された金属の正体など お分かりになる方がいらっしゃいましたら どうぞよろしくおねがいします。 *私の知識は高校の化学レベルですので、わかりやすい説明をよろしくおねがいします