このまま中国がどんどん強くなっていった場合、米中の関係はどうなると思い

このまま中国がどんどん強くなっていった場合、米中の関係はどうなると思いますか? 中国の経済力は今後も益々強大になって...

Kunfu さんからの 回答

  • 2010/08/16 17:20
  • 回答No.6
Kunfu

ベストアンサー率 38% (164/424)

中国が過去30年驚異的な発展を遂げてきたことは、次の30年もそれが続くことを保証しません。むしろ、その確率は下がっています。
また、経済成長のため隠されていた矛盾が成長鈍化により噴出することでしょう。
だから中国政府は何をおいても経済成長を維持することに必死です。

「影のCIA」と呼ばれるアメリカのシンクタンクは、
「中国が世界の主要国になるという説には賛成しないし、中国が統一国家として持ちこたえることさえ考えていない。」と述べています。
「中国の経済基盤は見かけほど強固ではない。また、この国の政治的安定は急成長が持続するかどうかに大きく依存するため、さらに不確かである。」

シンクタンクの予想では、中央政府が力を失って分裂するというものです。今年、中国はGDPで日本を抜き、世界第2位の経済大国となります、統計上は。
中国の統計というのはデタラメで、特に地方政府の統計は水増しが激しくまったく信用できません。
その積み上げである全国統計も信用できません。おそらく本当に日本を抜くのは来年以降でしょう。
地方政府と中央政府がバラバラになるだけでなく、チベットがインドの介入で独立するなども起こるとしています。
(「100年予測」ジョージ・フリードマン 早川書房)

現在の人民元相場はドルと主要国通貨に連動させるバスケット制を取り、中国当局が為替操縦をしています。これによってブラジルやインドなどのライバル国より輸出競争力を高く維持するという不当な政策を取っています。そればかりか、輸出相手国の産業にも打撃を与えます。したがって、この政策もいずれ限界に達します。

最近、工場でストライキが頻発し賃金の大幅上昇が要求されています。中国の労働組合は共産党の御用組合でむしろストライキをさせない組合です。個人がネットで仲間を誘うストライキは経営者側にとっては予想もつかなく発生し誰と交渉していいかわからない恐るべきストライキです。これに対応して外国企業は中国に集中した生産拠点を分散させようとしています。

経済成長の曲がり角がそこまで来ているかもしれません。
もし、角を曲がったらどうなるのか?
中国で2005年に暴動の件数は8万7000件ありました。前年が7万4000件です。現在では暴動の統計発表をやめてしまったのでわかりませんが、減ったからやめたとは思えません。
中国の国防費は猛烈に増えており、装備の近代化も著しいのですが、世界の主要国で国防費の多くが国内の暴動鎮圧に使われて国はありません。
毎日240件も起こっているんです。

経済成長が鈍化したら今以上に国民の不満が高まり、農村部の地方政府は大変なことになります。
でも、沿岸部の地方政府は外国資本と組んで豊かさを保ちます。中央は格差を埋めるために沿岸の都市部から内陸農村部に所得を移転したがります。それで都市部は中央の言うことを聞かなくなるのです。
外国資本と組んだ香港や上海が北京と分離していた時期が長かったのですが、現在の中央が地方政府を抑えられない状況に戻ることが歴史の必然です。
このようにして、中国は統一国家として持ちこたえることができなくなります。
フリードマンの予測では2020年です。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 将来、日本が中国によって支配される可能性はあるか? 国際問題

    将来(100年先まで)日本が、中国に支配される可能性はあるでしょうか? ここで言う「支配」の定義は、現在の親米派の自民党政権でなく、 親中国派の政権が日本に成立し、日本人も広く認識・承認している状態です。 その可能性があるとしたら、どういった具体的なプロセスを経ると思いますか? ご意見をお聞かせください。 そのIFを仮定すると、私の予想プロセスは下記の通りです。 (1)中国が経済成長を続け、米国のGDPを抜き世界最大の経済大国になる (2)アメリカが経済的に行き詰まり軍縮ムードが米国内で起こり、日米安保条約を破棄 (3)アメリカは中国と新たな友好条約を結び、日本は米国に見捨てられる (4)日本経済も中国との国際競争に敗れ、不景気と社会保障の大幅削減がおこる (5)価値が下がった日本の国債・株を中国政府・企業が買い、  中国からの投資に日本が助けられる (6)日本人の反中意識も軟化 or 仕方なく受入れムードとなり、親中政権が日本で成立 (7)日中の安全保障条約が成立し中国の軍事基地が日本に建ち、  中国流の生活・文化も日本社会に広く浸透する もちろん、一人っ子政策の影響で少子高齢化が進み、 米国を抜くほどには中国経済は伸びない、など様々な否定要素も考えられます。 現在の中国経済はバブル状態ですが、それが弾けたとして 中国が完全に崩壊し再起不能になるとは私は思えません。 日本のバブル崩壊後もGDPが一気にゼロになる事もありませんでしたし、 中国の場合、経済的に開発する余地がまだまだ残っており、 約14億人が生活する圧倒的な内需もあることから、 日本のようなゼロ成長時代に突入するとは全く思えません。 また中国共産党は党員数8000万人を超え中国社会に浸透していることから、 その政治システムも割と安定していると思います。 感情的・あまりに口汚い反中国論はご遠慮頂き、 IFの思考実験に皆さまの知恵をお貸しください。 できれば、実体験、実感、データに基づくアイディアは大変嬉しいです。...

  • アメリカの一極支配 政治

    こんにちは。冷戦中は旧ソ連とアメリカが互角に張り合っていましたが、冷戦締結後はアメリカが唯一の超大国になりましたね。旧ソ連は崩壊していまい、継承国のロシアは大幅に弱体化しましたし、中国もぐんぐん成長しているとは言え、科学技術はアメリカより数段遅れていますし、民度が低いというのがネックになっていると思います。しかし、アメリカの経済力が落ちているとも囁かれています。 そこで質問です。 (1)アメリカのGDPは世界一位ですが、これは人類が滅亡するまで続くでしょうか? (2)世界の基軸通貨はドルですが、ユーロや他の通貨に取って代わられる可能性はないでしょうか? (3)最近ではニカラグアやニカラグアなどの南米の国がアメリカに反旗を翻していますが、このまま反米的な国家が増えてアメリカが孤立化する可能性は考えられるでしょうか? (3)アメリカの軍事力は世界一ですが、遠い将来 中国に一位の座を明け渡す可能性はないでしょうか?...

  • 米中関係の実態 経済

    あえて経済で質問しました。 日中で戦争が起きたとします。仮ですが。 そうするとアメリカは日米安全保障条約に基づいて同盟軍を送る手はずになっていますが、 どれだけ送ってくれるかはよくわかりません。 さて視点をそらすと米中の経済等の関係はどうなんだというのが気になります。 抜き差しならない関係、両国が動脈、静脈で深く結びついている関係にあると 中国と対立することはアメリカを滅ぼすことにもつながりかねません。 その形成が自然発生的であれ、中の意図的であれそうなりえます。 中が外貨保有だがが多いという話は聞きました。ただ何を意味するのかさっぱりw 主に経済を中心として米中関係はどうなんでしょうか?...

  • 中国経済世界一?人民元の切り上げや貿易不均衡是正? ニュース・時事問題

    中国の経済が、アメリカを抜き世界一だそうです。ただ、中国は圧力警戒し否定しているとの事です。当方は経済などまったく判らないのですが、中国側はこうした見方を否定しているようで「まだ先進国との格差が大きい」と言っているそうです。【世界一の経済大国となれば、通貨人民元の切り上げや貿易不均衡是正の要求など、国際的な圧力が強まるとの警戒感があるようだ】とあるのですが、と、言う事は、中国の経済とは、実質No.1と言いながら、人民元を操作し、貿易の不均衡も致し方なしと、いわば先進国がハンデを与えてやってこそのNo.1と言う事なんでしょうか?他の先進国には、このようなハンデは無く、いわば互角の勝負でのNo.2、No.3の順位付けがされていて、中国にだけ有利な措置を取った上でのNo.1で、実際、同じ土俵の上では、話にならない程度のものなのでしょうか?...

  • 米国と中国のGDPの比較でいうGDPとは? 経済学・経営学

    ネットで「中国の名目 GDPは 2014 年に米国をすでに上回っている(図表 4)。」というのを見ました。 https://www.sonyfh.co.jp/ja/financial_info/market_report/pdf/k_180418_01.pdf GDPという定義をよく知らないのですが、よく中国のGDPが米国を2030年ごろに抜くというときのGDPとは、どのようなGDP(名目GDP?とか実質GDP?とか)でしょうか?...

ページ先頭へ