このまま中国がどんどん強くなっていった場合、米中の関係はどうなると思い

このまま中国がどんどん強くなっていった場合、米中の関係はどうなると思いますか? 中国の経済力は今後も益々強大になって...

rikukoro2 さんからの 回答

  • 2010/08/15 14:59
  • 回答No.3
rikukoro2

ベストアンサー率 21% (1316/6194)

>GDPで中国がアメリカを上回る日もそう遠くないかもしれません。
それはますありえません。中国の場合基礎となる技術がありません

中国の武器は
 ・安い生産性を武器にした組み立て工場
 ・多くの人口を持つ上での労働力
 ・各種レアメタル

が武器です。
 
 しかし、すでに中国は限界ときてます。既に欧米を中心に各アナリストは中国の暴落時期を予想しはじめています。


>中国経済は今後も大きく伸びていくでしょう。
 現在、中国経済はすでに下降し始めています。それを中国政府は大規模な公共事業や経済対策でなんとか抑えているのです。
 中国の消費者物価指数の上昇も3%を超え、中国は既に安い労働力とはいえなくなってます。それに付随して、水問題があります。
 中国は大規模公共事業などにより、砂漠化が進み水が足らなくなっています。工業用水どころか、生活用水まで危機にあるのに経済がこのまま伸びるなんて事はありません。

>中国経済は今後も大きく伸びていくでしょう。
 中国はなんか戦争に強いイメージがあるのでしょうが、中国は『広大な領土』『人口』を武器にした陸軍です。
 中国の空軍主力Su-33などはロシアからの輸入であり、中国は独力で米国に対抗できる航空戦力を持ちません。海もそうです。
 海も米国の海軍には対抗できません
 中国が攻め込むことが可能なのは『陸続き』という条件があるのです。
 だから台湾に対して強攻策がだせません。
 そして中国は食料輸入国です。
経済封鎖されればおしまいなんです

 つまり中国は没落をどの程度軽微な状況に抑えられるか?
 それが課題なのです
 
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 将来、日本が中国によって支配される可能性はあるか? 国際問題

    将来(100年先まで)日本が、中国に支配される可能性はあるでしょうか? ここで言う「支配」の定義は、現在の親米派の自民党政権でなく、 親中国派の政権が日本に成立し、日本人も広く認識・承認している状態です。 その可能性があるとしたら、どういった具体的なプロセスを経ると思いますか? ご意見をお聞かせください。 そのIFを仮定すると、私の予想プロセスは下記の通りです。 (1)中国が経済成長を続け、米国のGDPを抜き世界最大の経済大国になる (2)アメリカが経済的に行き詰まり軍縮ムードが米国内で起こり、日米安保条約を破棄 (3)アメリカは中国と新たな友好条約を結び、日本は米国に見捨てられる (4)日本経済も中国との国際競争に敗れ、不景気と社会保障の大幅削減がおこる (5)価値が下がった日本の国債・株を中国政府・企業が買い、  中国からの投資に日本が助けられる (6)日本人の反中意識も軟化 or 仕方なく受入れムードとなり、親中政権が日本で成立 (7)日中の安全保障条約が成立し中国の軍事基地が日本に建ち、  中国流の生活・文化も日本社会に広く浸透する もちろん、一人っ子政策の影響で少子高齢化が進み、 米国を抜くほどには中国経済は伸びない、など様々な否定要素も考えられます。 現在の中国経済はバブル状態ですが、それが弾けたとして 中国が完全に崩壊し再起不能になるとは私は思えません。 日本のバブル崩壊後もGDPが一気にゼロになる事もありませんでしたし、 中国の場合、経済的に開発する余地がまだまだ残っており、 約14億人が生活する圧倒的な内需もあることから、 日本のようなゼロ成長時代に突入するとは全く思えません。 また中国共産党は党員数8000万人を超え中国社会に浸透していることから、 その政治システムも割と安定していると思います。 感情的・あまりに口汚い反中国論はご遠慮頂き、 IFの思考実験に皆さまの知恵をお貸しください。 できれば、実体験、実感、データに基づくアイディアは大変嬉しいです。...

  • アメリカの一極支配 政治

    こんにちは。冷戦中は旧ソ連とアメリカが互角に張り合っていましたが、冷戦締結後はアメリカが唯一の超大国になりましたね。旧ソ連は崩壊していまい、継承国のロシアは大幅に弱体化しましたし、中国もぐんぐん成長しているとは言え、科学技術はアメリカより数段遅れていますし、民度が低いというのがネックになっていると思います。しかし、アメリカの経済力が落ちているとも囁かれています。 そこで質問です。 (1)アメリカのGDPは世界一位ですが、これは人類が滅亡するまで続くでしょうか? (2)世界の基軸通貨はドルですが、ユーロや他の通貨に取って代わられる可能性はないでしょうか? (3)最近ではニカラグアやニカラグアなどの南米の国がアメリカに反旗を翻していますが、このまま反米的な国家が増えてアメリカが孤立化する可能性は考えられるでしょうか? (3)アメリカの軍事力は世界一ですが、遠い将来 中国に一位の座を明け渡す可能性はないでしょうか?...

  • 米中関係の実態 経済

    あえて経済で質問しました。 日中で戦争が起きたとします。仮ですが。 そうするとアメリカは日米安全保障条約に基づいて同盟軍を送る手はずになっていますが、 どれだけ送ってくれるかはよくわかりません。 さて視点をそらすと米中の経済等の関係はどうなんだというのが気になります。 抜き差しならない関係、両国が動脈、静脈で深く結びついている関係にあると 中国と対立することはアメリカを滅ぼすことにもつながりかねません。 その形成が自然発生的であれ、中の意図的であれそうなりえます。 中が外貨保有だがが多いという話は聞きました。ただ何を意味するのかさっぱりw 主に経済を中心として米中関係はどうなんでしょうか?...

  • 中国経済世界一?人民元の切り上げや貿易不均衡是正? ニュース・時事問題

    中国の経済が、アメリカを抜き世界一だそうです。ただ、中国は圧力警戒し否定しているとの事です。当方は経済などまったく判らないのですが、中国側はこうした見方を否定しているようで「まだ先進国との格差が大きい」と言っているそうです。【世界一の経済大国となれば、通貨人民元の切り上げや貿易不均衡是正の要求など、国際的な圧力が強まるとの警戒感があるようだ】とあるのですが、と、言う事は、中国の経済とは、実質No.1と言いながら、人民元を操作し、貿易の不均衡も致し方なしと、いわば先進国がハンデを与えてやってこそのNo.1と言う事なんでしょうか?他の先進国には、このようなハンデは無く、いわば互角の勝負でのNo.2、No.3の順位付けがされていて、中国にだけ有利な措置を取った上でのNo.1で、実際、同じ土俵の上では、話にならない程度のものなのでしょうか?...

  • 米国と中国のGDPの比較でいうGDPとは? 経済学・経営学

    ネットで「中国の名目 GDPは 2014 年に米国をすでに上回っている(図表 4)。」というのを見ました。 https://www.sonyfh.co.jp/ja/financial_info/market_report/pdf/k_180418_01.pdf GDPという定義をよく知らないのですが、よく中国のGDPが米国を2030年ごろに抜くというときのGDPとは、どのようなGDP(名目GDP?とか実質GDP?とか)でしょうか?...

ページ先頭へ