• 締切済み
  • 困ってます

クラウドコンピューティングって、古い概念の焼き直し?

クラウドコンピューティングって、古い概念の焼き直し? 1.これまでも「(シン)クライアント-サーバ(C/S)構造との違いは?」など同様の疑問が出されていますが、やはり良く分らないので改めて質問させて頂きます。 C/S構造の前の段階で、ホスト-端末の中央集権型構造があり「中央に有る大型コンピュータを末端に接続した多数の入出力装置から、時分割で共同利用するようになった頃に、この中心的なコンピュータを「ホストコンピュータ」(ホスト)、入出力装置を「端末装置」(端末)と称するようになった。この中央集中型の端末は、基本的に単純な入出力を行う機能だけを持ち、その他複雑な処理は全てホストコンピュータで行われる」という説明があります。 インターネットを介してホスト-端末(Web機能を備えた)の中央集権型構造にすれば、即「クラウドコンピューティング」になるように思えます。私の浅い理解では、このように古くからある方式,構造を、Google等の提案に乗っかって、さも新しい概念のように売り込んでいるように感じています。 本当に新しい概念なのか、それとも概念はほぼ同じで細かい技術レベルでの違いだけなのか、を教えていただきたく思います。 2.クラウドコンピューティングの適用領域や対象業務は? 何でもかんでもクラウドに任せればハッピー、みたいな感じですが、どこにあるか分らない(ということは誰が管理しているかも分らない)コンピュータ群に任せるイメージですが、セキュリティ上問題ならないのでしょうか? 例えば、国の基幹業務や、企業の重要な業務に関わるようなシステムで、場所も管理者も分らないシステムに依存するようなことはあり得ないと思いますが。国や企業が、各々自前のクラウドシステムを構築するのなら安全でしょうが・・・でも、そうすると昔からある中央集権型、或いはシンクライアント-サーバー構造と変わらなくなるように思います。 クラウドは、「従来のホスト-端末の構造で、端末の機能をWebだけにしたものであって、セキュリティに余り厳格でない用途には適するが、厳密なセキュリティを要する業務には適しない、或いは国や企業などの組織が自前でクラウド構造のシステムを構築する」という理解でいいでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数472
  • ありがとう数57

みんなの回答

  • 回答No.4
  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6716)

私も質問者さんのような疑問をもったことがあります。 実際に、日本の業者は、ちょっと前まで「クラウドコンピューティングはいいですよ!」と薦めておきながら、アメリカのような形態のクラウドにすると儲けが出ないので、「自社でホストを持って、社内の各部からみたとき、ホストを意識しないクラウドコンピューティング(?)にしましょう。で、ハードとソフトを買ってね!!」っていうような、「どこが、クラウドじゃあ!」って商売をやっていたらしいです。 さすがに、現在では上記のような商売はやってないと思いますけどね。 で、現実問題として、クラウドだからといって、実際のところ、そんなにお安くないようですし、システムの作りこみも複雑化、社内でホストを持つのに比較して、融通がきかない、セキュリティ上の問題、不確定要素が増える、などいろいろと問題があるみたいですね。 ただ、そういう問題をうまくクリアーできたら、ユーザはとても安く短期間でシステムを利用できるようになる可能性があると思います。(ただ、そうなると、すごくできる少数のPGやSEだけが必要で、平均レベルのPGやSEは不要になる?) ちなみに、私が始めて、サービスフォース・コムのデモをしてもらったときは、いきなり画面がフリーズしていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

矛盾したこといってないですか? ・インターネットを介してホスト-端末(Web機能を備えた)の中央集権型構造 ・どこにあるか分らない(ということは誰が管理しているかも分らない)コンピュータ群に任せるイメージ 中央集権なのに、どこにあるかわからないコンピュータ群なんですか? その辺を解決する考え方が概念理解のポイントだと思いますが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • chubou3
  • ベストアンサー率23% (264/1130)

クラウドコンピューティングとは顧客から搾り取るビジネスモデルのことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • notnot
  • ベストアンサー率47% (4699/9894)

クラウドコンピューティングというのは、お書きのような処理方式の違いではありません。 必要なコンピュータリソースを、(1)数時間から数日で、(2)料金は従量制で、利用可能になり、それを使って処理することです。ここでいうコンピュータリソースとは、ハードウェアのこともあれば、OSやミドルソフトのインフラ込みのこともあれば、汎用ソフトパッケージのこともあります。 この特徴を生かしたものとして、決定から2ヶ月でサービスインしたエコポイントシステムなどがありますね。 処理量に合わせて、リソース量を増減できると言うメリットを享受するためには、従来並列化が難しかったデータベースも並列処理化する必要があり、この並列DBのための非RDBMSがいくつも開発され、GoogleやAmazon、Twitter等の大規模ウェブサービスでは利用されています。この技術自体はクラウドコンピューティングそのものではありませんが、これをうまく利用すれば、DBデータ量の増加に合わせてサーバーを継ぎ足していけばサービスを止めることなくサービスの拡大が出来ます。 >或いは国や企業などの組織が自前でクラウド構造のシステムを構築する 上に書いたように、すでに国や自治体でも使っています。 「セルスフォース エコポイント」「セールスフォース 甲府市」で検索してください。 エンドユーザが、消費者であるようなシステムでは、(1)(2)のメリットが大きいので利用が進むでしょう。 金融系などは金融庁の検査が通らなそうなので、利用はまだ先でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • クラウドコンピューティングって、古い概念の焼き直し?

    クラウドコンピューティングって、古い概念の焼き直し? 実は、下記の質問を「ビジネス」のカテゴリーで質問しましたが、その後で「技術者向けコンピュータ」というカテゴリーがあることに気づきました。 重複の質問となりますが、こちらの方がより適切かな、と思い再度質問させて頂きます。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ クラウドコンピューティングって、古い概念の焼き直し? 1.これまでも「(シン)クライアント-サーバ(C/S)構造との違いは?」など同様の疑問が出されていますが、やはり良く分らないので改めて質問させて頂きます。 C/S構造の前の段階で、ホスト-端末の中央集権型構造があり「中央に有る大型コンピュータを末端に接続した多数の入出力装置から、時分割で共同利用するようになった頃に、この中心的なコンピュータを「ホストコンピュータ」(ホスト)、入出力装置を「端末装置」(端末)と称するようになった。この中央集中型の端末は、基本的に単純な入出力を行う機能だけを持ち、その他複雑な処理は全てホストコンピュータで行われる」という説明があります。 インターネットを介してホスト-端末(Web機能を備えた)の中央集権型構造にすれば、即「クラウドコンピューティング」になるように思えます。私の浅い理解では、このように古くからある方式,構造を、Google等の提案に乗っかって、さも新しい概念のように売り込んでいるように感じています。 本当に新しい概念なのか、それとも概念はほぼ同じで細かい技術レベルでの違いだけなのか、を教えていただきたく思います。 2.クラウドコンピューティングの適用領域や対象業務は? 何でもかんでもクラウドに任せればハッピー、みたいな感じですが、どこにあるか分らない(ということは誰が管理しているかも分らない)コンピュータ群に任せるイメージですが、セキュリティ上問題ならないのでしょうか? 例えば、国の基幹業務や、企業の重要な業務に関わるようなシステムで、場所も管理者も分らないシステムに依存するようなことはあり得ないと思いますが。国や企業が、各々自前のクラウドシステムを構築するのなら安全でしょうが・・・でも、そうすると昔からある中央集権型、或いはシンクライアント-サーバー構造と変わらなくなるように思います。 クラウドは、「従来のホスト-端末の構造で、端末の機能をWebだけにしたものであって、セキュリティに余り厳格でない用途には適するが、厳密なセキュリティを要する業務には適しない、或いは国や企業などの組織が自前でクラウド構造のシステムを構築する」という理解でいいでしょうか? よろしくお願いします。

  • クラウドコンピューティングとは何が目新しいのでしょうか

    最近、どこの企業も声高にクラウドクラウドと宣伝していますが、ネットなどで検索すると 「雲(クラウド)の向こう側でコンピュータリソースを気にせずにサービスを受けることができる技術」 などといった記述があります。 これってもう何年も昔から提供されていたことじゃないでしょうか。 GoogleやAmazonがクラウドを売りにしている企業として有名ですが、クラウドコンピューティングが 上記のようなことを指すのであればYahooやマイクロソフトがもう何年も前から提供している 路線探索、株のポートフォリオ、Windows Updateなども クラウドの向こう側のリソースを利用したサービスだと思います。 また、本当にコンピュータのリソースを意識している人なんて今までほとんどいなかったんじゃないでしょうか。 今までで一般人がコンピュータリソースを意識することと言えば ハードディスク容量、ネットワーク帯域、ビデオカードの性能などが主なものですが、 ハードディスク容量はもう何年も前からXXGB月YYY円などといったオンラインストレージサービスが立ち上がっています。 ネットワーク帯域はADSLから光になって非常に増えましたが、 だれもそれをクラウドコンピューティングとは呼びませんでした。 ビデオカードの性能に至ってはクラウドコンピューティングでは何も解決しないですよね。 結局エンドユーザの端末のビデオ性能が悪ければいくらサーバ側で描画の処理をやったとしても、 なめらかに表示できないんですから。 「(GoogleやAmazonも含めた)手詰まり感のあるIT企業が需要拡大を目的として作ったバズワードでしょ」 といってしまえばそれまでなのですが、ほんの一部分でもいいので「これぞクラウド!」って例が あるのであれば教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 中央集権型社会経済システム

    中央集権型社会経済システムってどういうことですか?現代の日本は明治維新以来の中央集権型社会経済システムを再構築することが課題らしいのですが・・。わかりやすく回答できる方お願いいたします。

  • お金や仮想通貨の捨て方

    最近はフリマや仮想通貨など、片手間で意外に儲かっちゃう事って、ありますよね。 そこでふと思ったのですが、想定以上に儲かってしまった場合、税金がかかるので、かからない所まで捨てる事って、できるのでしょうか? あと、なぜ仮想通貨に税金がかかるのでしょうか? 現金で仮想通貨を買ったり、現金化したりするから? 中央集権を否定するシステムの割には、瑕疵がありますよね。 興味がありましたが、そう考えたら、買おうとは思わなくなりました。

  • 地方分権や道州制

    昨今、宮崎県知事や大阪府知事のメディアでの発言等で 「地方分権」や「道州制」の導入が叫ばれています。 意味あいは分からなくも無いのですが、 彼ら(知事等の首長)が言うのは・・ 地方負担金の減額・撤廃を含めた議論・・・ 中央に縛られない地方独自の行政運営・・・ が一番大きい所だと思います。。 アトは・・・・ 個人的な官僚批判。。。(コレは私個人的には賛同なんですが・・) 大体、この国は小学校か中学で習う歴史で言うと 何千年も前から、「中央集権国家」をある種「理想」として来た トコロもあります。 明治の維新も、対外的に「体裁」として民主主義体制を整え、 中身は旧態依然として「天皇」を中心とした中央集権。。 戦後も「復旧」の名の元に中央にばかり権力を集中させた経緯が あると思います。。 そこで質問です。。 1)例え民主党が政権を取っても、この国のシステム(中央集権的な) はホトンド変わらないと思いますが? 変わったとしても、100年以上かけても変わらない因習が、数年で変わるとは思いませんが・・・どうでしょうか?? 2)地方分権と言うなれば・・ 国民の意識自体を変えないとダメですよね~ 3)分権化すると・・・ 繁栄する地方と衰退する地方が、今より格差が広がるような気がしますが。。 以上、何方でもご教授ください。

  • 日本人の防災意識についてお教えください。

    日本人は,防災や防犯の意識が,ともすれば「お上」に頼る傾向になります。どうしても『公助』に傾きます。ところで,伝奇かもしれませんが,その原因が,太閤秀吉による刀狩りに端を発していると聞いたことがあります。近代の中央集権的な社会システムによる影響(依存)なのはわからないではないのですが,この伝承はいかがでしょうか。他に,何かそういう原因があればお教えください。

  • 道州制について

    地方分権導入で 地方自治が進んだ場合. 対外的な圧力に対して 外交において 権力の分散形式をとり 日本国家の首相はそれほど中央集権的な権力を持たない構造に なっていくでしょうか? 首相がガツンと諸外国から何か要求されても 道州の首長が首を縦に振らなければどうしようもないといった 合議制的な状態に

  • 垂直分散型システム

    資格の問題の答えに疑問があるので登校させていただきます。 タイトルの通り垂直分散システムの問題だったのですが。 垂直分散システムは 大型コンピュータと端末からなるネットワークシステム。この際、端末側はホストコンピュータとの通信機能だけを持っており、すべての処理はホストコンピュータ側で行なわれ、その結果が端末に表示される。高い処理能力を持つホストコンピュータに複数の端末がぶら下がるイメージからこのように呼ばれる。(アスキーデジタル用語抜粋)とあるのですが、その問題の答えでは A、一連の処理を複数の階層に分割し、その階層に対応するシステムが分散して処理を行う。 とあります。 しかし、私が選択したのは端末からネットワークを経由して遠隔地のホストコンピューターに接続し、ホスト側で一括したデータ処理を行う。という選択肢で、どちらかというと後者のほうが近い感じがします。 答えが間違っているのでしょうか?それとも単純に私の勘違いでしょうか?よろしくお願いします。

  • 資本主義 vs 社会主義 vs 共産主義

    (A)資本主義  文字通り、あなたの身体、頭脳、精神(魂)が、資本。 (B)社会主義  作られた「社会」という枠の中で虚しい日々。 労働、国の概念が加われば、国家社会主義労働者党=ナチス   日本社会主義労働者党=ナチス日本 (C)共産主義  中央集権の集団的独裁。 奴隷か死を迫られる、恐怖の世界。   どれがいいですか? では、どうぞ。

  • シンクライアントとクラウドコンピュータの違い

    シンクライアントとクラウドコンピュータの違いを教えてください。 シンクライアントとクラウドコンピュータが混合するシステムは存在するのでしょうか。 私の今の理解は、シンクライアントとは「端末(PC)にデータを保存せず、シンクライアント用サーバに全てデータを保存する。」 クラウドコンピュータとは「データセンターを構築して、端末(PC)のデータは全てデータセンターへ保存し、またアプリケーションソフトもデータセンターに置いてあるものを使用する。」 という認識です。 初歩的な質問で申し訳ございませんが、ご回答のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 また、これらの違いが分かる書籍も紹介して頂けると幸甚です。