• ベストアンサー
  • 困ってます

正弦波のべき乗は,どんな物理現象を指すのか?

正弦波のべき乗は,どんな物理現象を指すのか? こんにちは。 正弦波のべき乗の波形を人工的に作成し,パワースペクトルを求めると,基本周波数とその倍音成分のようなものが出てきました。 単なる数値実験に過ぎませんが,何かこのような振動を生み出すような物理現象が実際にありそうな気がします。 もし,このような波形を実際に観測したという方がいたら,教えてください。 参考までに,正弦波を5乗した波形とその振幅スペクトルを添付します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数3
  • 閲覧数411
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

正弦波がべき乗されるのは、性能の良くないオーディオアンプの音が歪む現象として現われます。 理想的なアンプというのは、入力信号の電圧を正確に何倍かするもので、入力電圧を横軸に、出力電圧を縦軸にしたグラフを描くと、添付図(a)のように一直線になりますが、性能が良くないアンプでは (b) のように曲線になってしまいます。添付図のグラフを入出力特性といいますが、この線の真っ直ぐ具合(直線性)が良いのが良いアンプ、直線性が悪いのが悪いアンプです。入出力特性の直線性が悪いアンプに正弦波状に変化する電圧信号を加えると、出力信号に現れる歪みが多くなります。 入力信号の電圧値を Vin (V)、出力信号の電圧値を Vout (V) とすれば、理想的なアンプでは、Vout = a*Vin で表されます(a は定数)。この場合、出力信号が入力に完全に比例しているので入出力特性は直線です。しかし、理想的でない(現実の)アンプでは、これが    Vout = a*Vin + a2*Vin^2 + a3*Vin^3 + a4*Vin^4+ ・・・ という曲線になります( a2, a3, a4 ・・・は定数)。a2, a3, a4の値を変えればどのような曲線でも表すことができます(曲線を高次の多項式で表すことをテイラー展開といいます)。 このような入出力特性のアンプに、周波数 f (Hz ) の正弦波 Vin = Vm*sin( 2*π*f*t ) を加えると(t は秒)    Vout = a*Vm*sin( 2*π*f*t ) + a2*{ Vm*sin( 2*π*f*t ) }^2 + a3*{ Vm*sin( 2*π*f*t ) }^3 + a4*{ Vm*sin( 2*π*f*t ) } + ・・・ となりますが、これは    Vout = A0 + A1*sin( 2*π*f*t ) + A2*sin( 2*2*π*f*t + φ2 ) + A3*sin( 3*2*π*f*t ) + A4*sin( 4*2*π*f*t + φ4 ) + ・・・ と書き直すことができます。この電圧変化は元の周波数成分 sin( 2*π*f*t ) に、直流 A0 と 2次高調波 A2*sin( 2*2*π*f*t + φ2 ) 、3次高調波 A3*sin(3*2*π*f*t ) などが重畳した歪んだ波を表しています。 添付図の下の波形は、入出力特性が上図の (a) のように Vout = Vin + 0.1*Vin^2 ? 0.3*Vin^3 で表されるときの入力波形と出力波形を示したものです。出力波形 Vout は、DC成分と基本波、2次高調波、3次高調波が合わさったものになっています。この例では正弦波を5乗した波形は出てきませんが、入出力特性が5次式で表されるときは、正弦波を5乗した波形(5次高調波)が出てきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございました。 オペアンプがそのような特性を示すことがあるんですね。 ダイナミクスそのものが正弦波のベキ乗を生み出すような物理現象ってあるのでしょうか? 直感的には,バネの特性が変位に対して非線形だとそのような現象になるのかなと思ってましたが, そのような類いのもので正弦波のベキが生成されるようなものはあるのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

普通の音にはすべて高調波が混ざっています。 楽器の音でいえばその混ざり方の違いが音色です。 人の声の識別もそれで行っています。 高調波が混ざっているということと、べき乗が混ざっているということは同じことです。 これはすでに#1の回答に書かれています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

たとえばsin^2xは倍角公式により sin^2x=(1-cos2x)/2 で、2倍角のcosで表されます。 パワースペクトルを求めると,基本周波数とその倍音成分が出て来るのが当然です。 また sin^3x=(3sinx-sin3x)/4 で3倍角のsinと基本周波数のsinで表されます。 後は公式集を見て一般に正弦波のn乗はsin(nx)等々を用いて表されることを確認してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 ベキ乗で基本周波数とその倍音成分が出てくるのはよく分かりました。

関連するQ&A

  • FFTを使って信号から特定の周波数を抜き去る方法

    FFTを用いてある時系列データから特定の周波数の成分を抜き去ろうと思っていますが、 うまくいかないのでお伺いします。 調べてみると、スペクトルを出すとき、例えば同じ振幅で周波数の異なるの正弦波を 10個入れても全て同じ振幅にならず、振幅の大きさにばらつきが出ていて周波数成 分の成分の推定がうまくいっていないようです。FFTの2乗のデータを小さな周波数区 間で積分してスペクトル密度にしても、先ほどの10個の正弦波の振幅がそろわない のと、周波数推定が悪くなりうまく、引き去れなくなっています。 よくある状況だと思いますが、どういう工夫が必要なのでしょうか。 ちなみに、FFTのルーチンはnumerical recipeとFFTWの二つで試しました。

  • 物理の電気の問題です

    物理の電気の問題です。  実際にある試験に出題された問題です。  (問題)   一定の電荷が蓄えられ、極板間の電位差が V のときの平行平板コンデンサー(面積S、極板間の距離 d )がある。極板間の距離をΔd (Δd <<d )の振幅で正弦振動させた。その結果、極板間の電位差に交流成分が加わった。観測される交流成分の振幅はいくらか。  (解答) Δd × V / d 以上です。   解き方が全く分かりませんでした。   分かる方おられましたら、教えてください。  よろしくお願いします。

  • 正弦波で角周波数 2πf ω(rad/s)の波形図

    等速回転運動する正弦波(sin)で単振動や音波などで、 角周波数(6.28*周波数*変位)を使いますが、 粒子速度の理解には変位(振幅)が見れる正弦波の波形図よりも 1回転を半円に分けた速度図の方が良いのでは?

  • 物理学の波についてです。

    物理が得意な方に質問です。 前に、大学の講義でオシロスコープについての説明を受けたのですが、その際に電圧波形で知られるのこぎり波を正弦波と合成させてオシロスコープでX-Y表示をすると、波形としては正弦波の形になると聞いたのですがそれはなぜなのか。 また、その時の水平(X軸)、垂直(Y軸)それぞれの周波数の関係を、fx=fy/nに同期させると、nの値に応じた個数の波形が観測できるらしいのですがそれはなぜなのか。 以上の点を、具体的な式などを交えて説明していただけると幸いです。

  • 矩形波から正弦波を作る。

    矩形波から正弦波を作る。 矩形波からRLCフィルタを通して正弦波を作っています。 周波数は10KHz程度です。 そこで、矩形波に対する正弦波の振幅を机上で算出しようとしているのですが算出値と実機の測定値が合いません。 算出方法は、RLCフィルタのインピーダンスを求めて減衰率を算出し、矩形波の振幅(Vp-p)値に減衰率を掛けています。 例えば、5Vppの矩形波に減衰率が0.5だったとすると、正弦波は2.5Vppになると考えているのですが、実測値は、2.5Vppよりも若干大きくなってしまいます。 これは何故なのでしょうか? 矩形波には奇数次の高調波が含まれますが、実はこの高調波成分に起因して、単純なインピーダンスによる減衰率計算に誤差が生じているのでしょうか? 理屈が分からず困っています。 正しい算出方法を知りたく、ご教示下さい。

  • 振動について教えて下さい。

    振動について教えて下さい。 加速度センサーで小型モータの振動を測定しています。 その加速度センサーからは正弦波の振幅波形が出ています。それは、-0.018~ +0.018 Gで振動しています。 振動の周波数は1khzです。 この場合、モータの振動幅は何ミリになるでしょうか。

  • 振幅スペクトルと音階の関係

    楽器を演奏する際,A(ラ)の音を440~442Hzとなるよ うに合わせますが,通常,楽器の音は単純な正弦波では ないので,スペクトルのピークが一つでなく,たくさん あると思います. ピークの現れた周波数成分のうち,どの周波数成分が音 階を表しているのかわかりません.振幅スペクトルが最 大となる周波数成分が音階を表すものと単純に思い込ん でましたが,色々調べたところ,どうやらそうでもない ようなので,わからなくなってしまいました. また,チューナはどんな楽器の音でも音程のずれをメー タで表すことが出来ますが,これも不思議です.チュー ナはスペクトル解析を行っているのでしょうか?スペク トル解析とは全く異なるメカニズムで作られているよう な気もしますけど,全く検討がつきません. よろしくお願いします.

  • 数学の裏打ちができる物理とできない物理

    物理学を習うと数学で現象を説明し理解するための論理を組み立てますが、原理とか定理とか法則と呼ばれるものには、数学的に不合理や矛盾のある事例があるようです。それらを探したいと思います。 問(1)から(7)まで教えてください。 (1)数学の論理構造と矛盾する原理定理法則現象をご存知でしたら、教えてください。  たとえば一つ事例をあげましょう。  数学では、すべてのひずみ波をフーリエ積分で記述できることが証明されています。  たとえば、正弦波では振動数と振幅と位相が波動の要素ですが、正弦波でなくとも任意の波動をいくつか線形加算するとひずみ波を構成することができ、そのひずみ波はもう一度フーリエ積分形から正弦波だけの積分形でも記述できるわけです。  そしてひずみ波の振幅は0でないあたいです。常に振幅が0であるなら、存在しない波動という意味から、フーリエ積分の証明に矛盾します。常に振幅が0ならフーリエ積分を証明した意味がないのです。  (2)さてどのような場合の現象に振幅値が0になる現象があるでしょう。想像し教えてください。  一般にひずみ波の振幅値は多様な値をとることでしょう。  (3)その値が特定値をとるとしたらどのような現象があるのでしょう。想像し教えてください。  ところで物理学ではファインマンの経路積分という理論がありますが、このひずみ波の振幅値が常に最少作用の経路積分に一致すると主張しています。  特定値に一致する現象だから(3)に同一のグループに属する現象でしょう。  しかし特定値の振幅のひずみ波ができぬなら、ファインマンの経路積分はフーリエ積分の証明に矛盾します。フーリエ積分は多様な振幅値のひずみ波動せるのに特定値となってしまっては、フーリエ積分の証明と矛盾するのです。  このファインマンの経路積分は最小作用の原理を発想の基礎にしているそうです。 すると最小作用の原理は数学の論理に矛盾していることになります。  (4)最小作用の原理が数学的に不合理な理由を教えてください。  (5)最少作用の原理に従う現象のグループの特徴と、理由を教えてください。  (6)2つめの数学の裏打ちの無い物理の事例は、空洞放射です。空洞放射の現象には座標の中心に同軸の立方格子と同軸の球殻が数学に含まれますが、実際の実験道具には立方格子も球殻も存在しません。物理学は測定値と構造の実条件だけから数式を組み立てる論理が信条です。この物理の基本に空洞放射の式は論理構造が矛盾しています。この矛盾の有無を教えてください。 (7)空洞放射に立方格子と同軸の球殻が表出することは、最小作用の原理と同じ現象グループであるのかないのかご意見を教えてください。

  • 周波数解析について

    ある時系列データをセンサを使って計測し、FFTを行ったのですが、結果の見方など、いくつか疑問があります。 得られた時系列データを見ると、直流成分に比べて交流成分が非常に微小であったとします。 (たとえば大気温度を計測した結果、直流成分は20℃であり、それから±0.01℃変動など) ここで、この変動がどこから由来するものなのか知るためにFFTを行いました。 そこで質問です。 (1)振幅スペクトル(あるいはパワースペクトル)を求めると、直流成分が大きすぎて、交流成分は潰れて表示されてしまうと思うのですが、普通直流成分は除いて表示するものなのでしょうか? (2)実際には綺麗な周期性はない波形であるためFFTを行うとエイリアシングの様な現象が起こると思うのですが、FFTで得られた結果は低周波数領域、高周波数領域どこでも信憑性のある結果なのでしょうか? といいますのも、 (3)パワースペクトル密度の単位は今回ならば[℃^2/Hz]だと思うのですが、表示の仕方が人によってはデシベルであったり無次元であったりするのですがどれが正しいのでしょうか? 長くなりましたが、よろしくお願い致します。

  • 発振回路の『正弦波』出力について

     とても困っているので質問させていただきます。  RC発振回路を作成して低周波正弦波を出力させる、というものなのですが、『なぜ正弦波が出力されるのか』が分かりません。  RC発振回路を載せているいくつかの本やWebサイトに当たった所、発振の振幅条件や発振周波数決定の周波数条件については書かれており理解できたのですが、肝心の『なぜ正弦波出力になるのか』が分かりません。  例えば回路に電源を入れた際の過渡現象などによるゆらぎが、発振に成長すると思うんですが、そのゆらぎがどう変化して正弦波に整えられるのか、その過程が知りたいのです(参考書などではいきなり正弦波グラフが描かれてたりして、それについて全く解答が無い)。  なお、実際には当方は、増幅器にはトランジスタを用いた反転増幅器、位相器にはCRハイパスフィルタ3段で180度位相を変える進相型を用いています。  詳細な式や文献、Webサイト、論文等でも良いですので、教えていただければ幸いです。