• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

防災に対する意識があがったか否かはどのように測定すれば良いでしょうか?

防災に対する意識があがったか否かはどのように測定すれば良いでしょうか? 現在、従業員の防災意識をあげるべく、対策を実施しています。内容は避難訓練や勉強会です。 宜しくお願いします!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数73
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2877/8339)

「防災意識」とは、具体的には「予防」と「防災対策」の実施度です。 実際的には、意識してても、防災では有りませんから。 予防とは、未然に防ぐための努力で、防災対策とは、発生しば場合を想定し、その際に必要な用具などの備えと、非難などの行動に対する備えです。 これらに対する「認知度」と言うことになろうかと思います。 例えば火災に対しては、 <予防> ・火器使用場所(食堂,炊事場の湯沸かし器など)は認識しているか? ・火器使用場所の点検は行っているか? ・喫煙所の運用等に問題は無いか? など。 <防災対策> ・消化器を設置しているか? ・非難用具を設置しているか? ・その所在を把握しているか? ・その使用方法を知っているか? など。 その他の想定される災害(地震,水害,病気(感染症等含む),怪我など)に対して、項目を掲げ、チェックリストを作成し、採点すれば、定量的な数値化は可能と思います。 ただ、マル・バツ形式ですと正確さが劣りますので、記述形式の方が精度は高いと思います。 例えば「消化器の設置場所は知っていますか?」と言う問いに対し、マル・バツで答えるのではなく、「あなたの座席から最も近い消化器と非難用具の設置場所はどこですか?」と言う設問の方が、解答者の認知度,認識度が、正しく把握出来ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 防災訓練に関して

    来月に会社(工場)にて防災訓練(避難訓練)を行います。 前持って、現場従業員に火災等が発生したときの、対応などを 説明しようと思うのですが、何をポイントに説明すればいいのでしょうか。 被災時の初期行動や非常口の説明等・・・何かアドバイスいただければと思います。

  • 防災訓練に関して

    11月に会社(製造工場)にて、防災訓練を行う事になり担当となりました。 今回は避難訓練みたいなものでなく、日常でも役立つようなもので 行いたいなと考えています。(あまり専門的ではなく雑学的なもので) 何をどういう手順でどう計画をしていいのか、全くわかりません。 何かよいアドバイスや専門書(本)を知っている方、またこういう事を行ったという のがありましたら、教えていただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 防災訓練ってしたことありますか??

    こんにちは 私は20代のOLです。 沖縄出身者なのですが 沖縄(本島)ではなかなか地震がおきないためか 学生の頃は火災を想定しての避難訓練は何度か経験しましたが 地震を想定しての防災訓練(?)は 一度も経験したことありません。 それを友人に言うと「え?信じられない」といわれました。 もちろん、防災頭巾も実際みたことがありません。 日本全国、防災訓練ってするんでしょうか? 教えていただきたいと思います。 よろしくお願いします ※今日も、福岡で大きな地震がありましたが、余震など これ以上被害が及ばないことをお祈りします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

極端な話ですが。。 抜き打ちで火災発生を想定した防(消)火・避難訓練を行ってみる。 私は若い頃、海自で艦隊勤務をしておりました。 実際に防火訓練棟に油を撒いて点火し、それを消火するというような実習も受けました。 フネでも色々な訓練がありましたが、一番効果的だったのが予期しない場所で火災が発生したという内容の抜き打ち防火訓練でした。 大体は調理室や居住区、機関室等、火の気があって不思議ではない場所が火元想定でしたが、その時の火元想定は「レーダー機器室」。電子機器(通電中、かつ火災によって電源が切れない想定)相手なので消火に水は使えず、かなり手間取りました。 が、この経験で情況による臨機応変な対応ができるようになりました。 個人個人の意識もさることながら、「訓練のための訓練」を繰り返すことは、結果として「慣れ」を生み予期しない災害に直面した場合に却って危険を増す結果になりかねません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

従業員に対する定期的(1年or半年)にCheck Listに答えてもらいそれのPointの推移で意識向上、弱いところを観測する。 結果としては災害の発生数ということですが、意識だけではないところもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 防災(避難)訓練手順について

    1,000名以上の職場(製作所)で防災(避難)訓練のリーダーを担当することになりました。 地震発生と工場のある部分から出火の想定での避難訓練です。 初めてのことなので手順がまったくわかりません。 スケジュールや注意事項で参考になる事例や書物などありましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 会社の避難訓練や防災訓練

    会社で避難訓練や防災訓練というものが年に何回かあります。内容もきっちりと真面目に訓練です。ただし、始業前なのです。この訓練が終わってからタイムカードに打刻し、勤務開始となるのです。「ご協力お願いします」と会社側は一応いいますが、ほぼ全員参加が義務付けられているようなものです。 これっておかしくないでしょうか?こういった状態で行われているのであれば、業務の一部としてみなされ、時間外手当なり、残業代なり、会社側は支払う義務があるのではないでしょうか。 アドバイスをお願いいたします。

  • 防災管理者としての防災訓練について

    防災管理者としての防災訓練について 消防署に防災管理計画書を提出しました。 内容は消化器の使い方や避難経路の確認等です。 消防署には防災訓練の日時を提出しましたが、 この時に消防署員の方も来るのでしょうか? 正直、15分くらいで終わる予定だったのですが、 もし、消防署員の方も来て見られるようでしたら、もっとちゃんと内容を考えなくてはいけないのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 介護施設での避難訓練の実施する曜日について

    介護施設での避難訓練に関してなんですが、避難訓練の実施日は、介護業界からみると何曜日に実施することが多いですか? 平日が多いのですか? それとも休日が多いのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 会社での避難訓練のやり方

    愛知県にある会社に勤めています。 今度避難訓練をやることになりました。 今まで会社での避難訓練の経験は無く、 初めてやることになります。 会社は2階建てで、従業員数は15名ほどです。 どのようにすべきか、教えていただけませんでしょうか?

  • こんにちは。

    こんにちは。 今年公務員試験を受ける予定の者です。 論文試験があるのですが、下記文章の添削をお願いします。 また、下記評価を頂けるだけでも構いません。 A:問題なし B:可もなく、不可もなく、ただ合格答案。 C:ボーダーぎりぎり D:不合格 カテ違いでした申し訳ありません。 テーマ「○市ができる地震対策について」  今年で、阪神・淡路大震災から15年が経った。また世界各地でも大地震が発生しており、その甚大な被害を目の当たりにして、改めて地震の恐ろしさ、対策の必要性を感じた住民も多いのではないか。今後、直下型地震の発生が予想される○県は、よりいっそうの災害対策が必要である。  ○県の基礎自治体として○市はこれまでに様々な災害対策を行ってきた。定期的な防災訓練の実施、ハザードマップなどによる避難場所の整備、震災復興マニュアルの作成などである。しかし、これまでの対策だけでは十分とはいえずまだまだやるべき課題は多い。  第一に更なるハード面での防災体制を整える必要があるだろう。例えば、現在作成されているハザードマップは、そのほとんどが行政機関の資源(役所、学校、公民館など)で構成されている。今後は民間企業にも協力を仰ぎ、企業の資源も活用していくべきである。道路や公園などの公共空間が少ない○市においては、できる限り多くの避難場所確保することが極めて重要となるからである。また、災害時に倒壊の恐れのある住宅・建築物の耐震改修は、阪神・淡路大震災の犠牲者の約8割が建築物の倒壊による圧死や窒息死であったという事実からも、早急に取り組むべき課題である。しかし、耐震改修については、費用が平均で200万円ほどかかるため、なかなか進んでいないのが現状である。最近は、様々な安価で信頼できる耐震改修工法・装置が企業から提案されている。今後は、そのような工法・装置を活用し、更なる補助金の支援も考慮に入れ、広く普及させていくことが必要だろう。  また、第二に、住民の防災意識をより高めていくことが必要である。相次ぐ災害を見て、防災の大切さを実感しながらも、災害に備えて非難用品をそろえたり、住まいの点検をしたり、避難場所の確認をしたりという基礎的な実践はまだ不十分である。これを是正するためにまず考えられるのが、タイムリーな防災訓練の実施である。世界各地で地震による被害は後を絶たない。これはこれで不幸なことであるが、住民の防災意識が高まるのは事実である。このようなときにこそ、防災訓練をおこなうべきであり、訓練を通じてより高い防犯意識を持った住民は以後意識的に防災対策を行うようになるだろう。また、、ハザードマップを行政のみで作成するのではなく、作成の場に住民を参加させ協同で防災について考えることも有効である。ハザードマップには、避難場所や被害想定地域の情報のみならず、住民の意見を取り入れた災害時に役立つ情報なども載せるべきである。例えば、救助に役立つ工具を使っている工務店や材木店、災害時の初期消火に役立つ銭湯、飲み水を確保するための井戸の場所などである。このように災害対策の話し合いの場に行政のみならず、地域の住民、さらには上述した地元企業の参加を促すことで、地域いったいとなった防災活動が可能になり、一人ひとりの防災意識も高まるであろう。  今後、○市は上述のようにハード面での対策をさらに充実させた上で、住民、地元企業と一体となった防災対策を行っていく必要があるだろう。

  • 避難訓練について

    避難訓練の種類は、不審者、防犯、火災、地震、防災、テロの他に種類は何ですか?全部教えてください。

  • 避難所への避難訓練は必要なのでしょうか?

    自治会長などに聞けば済むことですが、煙たがられると思うのでこちらに失礼します。 私の住む地域では、防災訓練の日に避難訓練と称して1キロほど離れた、 避難所になっている広場まで皆(各戸一人)でぞろぞろと歩きます。 そして、点呼して皆居るか確認します。 しかし、実際、地震などの災害が起こっても、その広場まで皆行くなんて考えられません。 なぜなら ・田舎なので、庭や畑など安全と思われる場所は沢山ある。 ・家族が無事なら、知人と連絡を取ったり片付けたりすると思われる。 ・足の悪い老人などを連れ歩く、または、老人を置いて避難所に行くとは考えにくい。 ・避難所はただの広場なので雨風も凌げず長いも不可能 などです。 避難所への避難訓練はなぜ必要なのでしょうか?

  • ”津波訓練”と言うのはあるのでしょうか?

    初めて投稿させていただきます。 私はこの度の震災の被災地域に住んでいる者です。 宮城県沖地震、8月6日の大洪水、岩手宮城内陸沖地震全て経験しておりますが、この度初めて津波災害を間近で経験する事となってしまいました。 そこで、今まで学校や会社で”避難訓練”や”防災訓練”と称して何度も地震が起きたら安全に退避するという訓練をしてきましたが、何度訓練しても「落ち着いてエレベーターを使用せず、階段を利用し一階まで降りる」と言う事しかしたことがありません。 ただの一度も「津波が来るかもしれないから屋上まで避難して下さい」と言う訓練はしたことがありません。 そこで、特に沿岸地域にお住まいの方で学校や企業などで避難訓練を実施した際に「地震で津波が来るかもしれないから屋上に避難する」と言う訓練をしたことのある方はいらっしゃるでしょうか。 また、そのような訓練方法と言うのは実際あるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 避難訓練の実施報告書は遡及して提出できますでしょうか?

    昨年春から、会社の人事異動により支店の総務に移り、防火管理者になりました。 消防計画や防火管理者の届出をし、避難訓練も年2回実施したのですが、今年も1回目の訓練を実施しようと調べていて、初めて避難訓練の前後にも計画か実施のいずれかの届出が必要と知りました。完全に自分のミスです。 訓練をしたのは間違いないのですが、今さら遡及して管轄消防署へ実施報告を提出できるものでしょうか?何らかのペナルティを課せられるものでしょうか?