-PR-
締切済み

SUS316表面に文字を書く方法

  • すぐに回答を!
  • 質問No.58967
  • 閲覧数500
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 50% (6/12)

SUS316L+電解研磨した金属表面に文字を色つきでかける方法をご存じでしたら、教えてください。電気ぺんで書いた文字は遠くから見にくく、水中では非常に見にくいです。どうか良き解決方法を!!内容が十分に伝わらない場合は、補足します。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 40% (8/20)

最初に思ったのが、レーザーマーカー。でも電気ペンとおっしゃられてるから、目立たないとNGなのでしょうね。

ニッケルめっきを部分的にかけてしまうことはできないでしょうか。(Niめっきは付くはずです)

シルク印刷は、シルクスクリーン印刷といっているもので、インクで塗るのと同じと考えて良いでしょう。これがもっとも見易いのでは?

エッチングできるかどうかわかりません。ただ、普通のステンレスでも、広い面を均一にエッチングするのは、非常にむずかしいです。耐食性のあるSUS316Lはかなり厳しいと思います。
参考にならなくてすみません。
補足コメント
tomoko1

お礼率 50% (6/12)

補足しますと、文字を書く場所が、曲面です。
なおかつ、重要な事なのですが、滅菌(121℃、30分)に耐えうること、1~2%の水酸化ナトリウム溶液への浸せきに耐えうること、酢酸溶液への浸せきに耐えうることが必要であります。シルクスクリーン印刷というのは以上の条件に耐えうるものでしょうか?
投稿日時 - 2001-04-04 09:08:44
  • 回答No.5
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/1)

サンドブラストを知っていますか?
サンドブラストとは、圧縮空気で研磨材を吹き付ける方法です。
研磨材とは、通常では砂のようなものです。
マスキングをして文字の部分だけ吹き付ければその部分は白っぽくなります。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 25% (29/115)

当てずっぽうですが、
「水中で見にくい」てことは、1文字300×300mmくらい?
仮にそうだとしたら、そこそこお金がかかってもいい?
そうだとしたら、ショットピーニングで表面処理してから、塗装でどうでしょうか?

はずしてたら、ごめん。
補足コメント
tomoko1

お礼率 50% (6/12)

現在の文字の大きさは、30mm×20mmくらいです。文字の大きさが大きくなれば、「見やすさ」が解決するかもしれませんが、文字を大きくするだけのスペースがあまりとれそうにありません。

また、「ショットピーニング」という処理はどのような方法でしょうか?
投稿日時 - 2001-04-04 09:44:02
  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 22% (4/18)

最近東急ハンズでステンレス製のネームプレートを作りました。材質は聞きません
でしたが、文字の作り方はいくつか方法があります。
1.両面テープの切り文字を貼る。手軽だが剥がれやすい。
2.シルク印刷をする。
3.エッチングで腐食させた部分に色入れをする。
  文字の校正に3日、製作に2週間かかります。金額は大きさによります。

字が大きくなくても構わないなら透明のテプラテープ(幅は24mm字の色は黒か
赤になります)が簡単です。
1.の切り文字屋もタウンページで探せば見つかるかもしれません。
お礼コメント
tomoko1

お礼率 50% (6/12)

ありがとうございます。

1.の両面テープは、はがれやすいのであれば、不可です。残念!!
2.については、「シルク印刷」というものをよく知らないので、教えてください。
3.エッチングするということは、中の金属を腐食させるということでしょうか?SUS316Lは、配管に等によく使われ、腐食しにくいためにできるかどうか不安です。
投稿日時 - 2001-04-02 22:36:51
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 40% (8/20)

シルクは、焼き付け塗装みたいなものですから、強酸には強く無いと思います。(テストした事はありませんが)
j_euroさんの言われた
ショットピーニングとは?・・・・・たぶん、ホーニングとか言われる物だと思いますが、砂粒のような研磨剤を高圧の水と一緒に吹き付けて、少しずつ削って行くものです。表面荒しに良く使っています。SUSの表面に打つと
鏡面部分が白い(シルバー)色に変わります。深さは、
いろいろアルと思いますが、荒らす程度なら10μ程度で
十分でしょう。これを使って文字を打つ場合、マスキングシートにゴム板を巻付けて、文字の形に穴を切り取って固定すれば出来ると思います。曲面がなだらかならば、一回のショットで終わるし、半径が小さければ途中で当てる方向を変えてやればいいでしょう!
 これなら、インクとちがって永久に消えませんから良いかもしれません。
ちなみに、このホーニングで表札を作ったものをみたことがあります。
お礼コメント
tomoko1

お礼率 50% (6/12)

回答ありがとうございます。「シルク印刷」「ショットピーニング」という2つの路線で検討してみれば良いことがよく分かりました。あとは、それぞれの専門家に聞くしかないのでしょう。さらにいい方法があれば情報提供をお願いします。
投稿日時 - 2001-04-09 14:43:52
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ