• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:日本陸軍機は海軍機に比べ、エピソードが少ないと感じます。どんな理由があ)

日本陸軍機と海軍機のエピソードの違い

このQ&Aのポイント
  • 日本陸軍機と海軍機のエピソードには明確な違いがあります。
  • 陸軍機はノモンハン事件や加藤戦闘隊の活躍など限られたエピソードがある一方、海軍機は様々な戦闘での勇敢な活躍が知られています。
  • 陸軍機の戦闘参加回数が少ないことや、戦後の取り上げられ方の差がこの違いを生んでいるのかもしれません。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • tommy0516
  • ベストアンサー率100% (1/1)
回答No.1

こんばんは。 質問への回答ですが、 陸軍が主体となった中国戦線において 強力な敵航空戦力が存在しなかったということが大きな理由だと思います。 航空戦といえばやはり太平洋といった感じが強いです。 太平洋でアメリカの相手をしたのは基本的には海軍でしたから 必然と海軍の逸話が増えるのではないでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (6)

  • tande
  • ベストアンサー率12% (22/179)
回答No.7

>日本陸軍機は海軍機に比べ、エピソードが少ないと感じます。 それは単に知らないだけでしょう。 陸軍航空隊は支那事変からマレー航空戦、ビルマ航空戦や41年と44年のフィリピン航空戦、ラバウル・ニューギニア航空戦、本土防空戦や沖縄戦と活躍しています。 質問者さんは華やかな単体エピソードが好みみたいですので、一○○式重爆のポートダーウィン空襲(多数被弾するも全機帰還)を挙げてもいいでしょう。 エピソードなんて戦いの数だけあるもんです。 どんな事情も何も質問者さんの知識不足というだけに過ぎません。

sumiyoshigawa
質問者

お礼

ここは知らないことを質問するサイトです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • KITAIKKI
  • ベストアンサー率55% (462/838)
回答No.6

 それほど陸軍航空部隊の戦いぶりが海軍のそれより劣っていたとは思えません。  開戦当初の12月7日マレー方面の作戦において陸軍機が不慣れな船団護衛作戦中、太平洋戦争における撃墜第一号を記録しています。  蘭印作戦においてはスマトラのパレンバン空挺部隊降下作戦においても空挺部隊の護衛を務め、この陸軍機がいなければ作戦の成功は望めなかったと、高い評価を受けています。  ほかにも南西方面や南東方面、比島作戦などで部隊そのものが壊滅消耗するほどの戦闘を続けており、これも立派に活躍したと評価すべきものです。  特筆すべきは戦争末期の本土防空作戦です。詳細は省きますがB-29の搭乗員たちをして日本の陸軍機を恐れさせ続けたほどの撃墜数をカウントした活躍は高く評価すべきです。また戦闘機単体にしても、戦後アメリカによって日本軍の戦闘機としては能力的に最優秀であると評価されたのが、陸軍の4式戦闘機だったということも忘れるべきではないでしょう。  ということで、海軍のほうが見た目に派手なところも影響しているのかも知れませんが、太平洋戦争を通じて陸軍機が海軍機より戦闘回数や活躍の場が少なかったということはなかったと思います。

sumiyoshigawa
質問者

お礼

ありがとうございます。 本土防空作戦、大阪の交野で三式戦の残骸が展示されているのをみてきました。陸軍航空隊は本土防空という崇高な任務をおびていたのですね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • eroero1919
  • ベストアンサー率27% (3007/11114)
回答No.5

それはですね、太平洋戦争において米軍と戦っていたのがほとんど日本海軍単独だったからです。実は陸軍航空隊は中国戦線やビルマ戦線あたりを除いて太平洋方面では参加しておりません。 理由は極めてシンプルです。大洋での戦いであった太平洋方面では、海軍航空隊じゃないと飛べなかったんです。は?どういうことかって。 つまりこれといった目標が一切ない海上では陸軍機は航法ができなかったんです。これはウソみたいな本当の話で、1943年頃だったかな、さすがに海軍も単独で米軍とやるのはキツいということで、ある陸軍航空隊が太平洋戦線に投入されることになったのですが、なんとこれが前線基地を目指して飛び立ったら「全機」行方不明になったんです。これじゃダメだ使い物にならんと以降は陸軍航空隊にお声がかかることはありませんでした。 実際問題、目標が一切ない海上での航法というのは陸軍にはノウハウがなかったのです。じゃ、海軍から教わったら良かったじゃないかって?あーた、旧日本軍ときたひにゃ「陸軍と海軍が全力で戦い、余った力で米軍と戦う」と揶揄されたくらいですよ。陸軍と海軍の対立というのはどこの軍隊でもあるんですが、日本軍ほどすごいのもなかなかありません。 ちなみに、アメリカ陸軍航空隊は言うまでもなく太平洋戦線で海軍、海兵隊航空隊と遜色なく活躍しました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • k16399638
  • ベストアンサー率33% (342/1035)
回答No.4

ビルマ航空戦もありますよ。英国と真正面からぶつかっています。また、陸軍の戦闘機は戦後、植民地のコーチシナ、ベトナムに戻ってきたフランス軍が一時期使っていました。 陸軍は大陸に航空機を温存し、本土決戦にそなえていました。南方では戦闘禁止になったりもしています。また、陸海の共同作戦が帝国陸海軍では極めて困難だったこともあるでしょう。 なので、いま一つ目立っていない、という印象があるようですが、本土防空などもやっており、決して遊んでいたわけではありません。 一式について。 一式は「敵戦闘機を攻撃する」というコンセプトなので、機首に武装を集中する方式はデメリットになりません。つまり、狭い範囲に攻撃が集中するからです(F型以降のBf109も同じ)。また、その分一式は防弾しています。特に翼内タンクには厚くゴム皮膜をほどこしており、これで命拾いしたと回想するパイロットは大勢いました。 米軍の敵機レポートの1945年版では、零戦より低空での加速力があるので、ゼロとちがいオスカー(一式のコードネーム)は依然として危険な機体である、とレポートされています。 陸軍は一式で戦闘機相手の軽戦闘機。二式(鍾馗)で、インターセプター的重戦闘機という住み分けを考えていたのです。 ただ、ビンボウのかなしさで、二式のバグ取りが進まない、その結果一式がなんでもやる図式ができてしまったのです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)
回答No.3

大陸打通作戦 なんて、知っている人は、戦争好きくらいなもので、一般人は第二次世界大戦はアメリカと、ちょっとはイギリスと戦ったと思っているくらいだから。 で、中国戦線が陸軍メインで、太平洋戦線が海軍メインだから。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • xiansui
  • ベストアンサー率73% (861/1164)
回答No.2

太平洋戦争開戦時、陸軍機は完全に準備不足だった事があげられます。 機数の面では、ある程度揃えていたものの、海軍が7割以上零戦だったのに対し、陸軍の一式戦隼はおよそ一割しか準備出来ていなかったのです。(残りは旧式の97戦) しかも、一式戦はこの時が初陣だったりします。(零戦は1年以上前から実戦投入されています。) なぜこうなったかというと、日中戦争時に主力として戦っていた為、負担が大きく、新兵器の開発が遅れた為です。(日中戦争時の海軍は脇役にすぎません。) 又、97戦の評価が高すぎて、一時一式戦の開発を中断していたりします。 つまり、陸軍は、ほとんど旧式機で構成されている戦闘機隊を主力に、実戦経験のない新型戦闘機に頼って、航空先進国の欧米の空軍に立ち向かった訳です。 又、物量面の差もあります。ノモンハン事変では、緒戦時を除いて、常にソ連軍は3~5倍の戦闘機を揃えて、陸軍を圧迫していきます。 (この時に、中隊長クラスのパイロットに十数名の戦死者が出ています。) 更に、一式戦には主翼の強度を受け持つ主桁が3本という構造的な大欠陥がある為、主翼に機関銃や機関砲が装着出来ないので、火力が圧倒的に不足します。 (火器の取り付け場所としては機首上面、数も2門に限定されます。) その間にも、どんどん欧米との差は質・量ともに引き離されていき、活躍する事が難しい状態になっていきます。 もし、陸軍がすでに運用実績もあった零戦を採用していれば、まだ活躍の余地はあったんでしょうけど、仲の悪さを知っているだけに、かなわぬ夢でしょうね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 日本陸軍はなぜ海軍より悪役にされるのですか?

    海軍は真珠湾攻撃、ミッドウェー、カダルカナルなど攻勢終末点を越えた無謀な作戦ばかりして戦火を広げ、陸軍はそれに引きずられたそうですが。 また戦闘機の開発、思想では陸軍のほうが進んでいた。 (海軍格闘戦にこだわる。陸軍一撃離脱を取り入れる)

  • 戦闘機や航空基地 : どうして陸軍と海軍でバラバラだった?

    先の大戦における歴史書を読んで気がついたのですが、当時の陸軍と海軍では、それぞれ独自の戦闘機を保有したり、各地に専用の航空基地を構えていましたよね? 調べると、たとえば有名なゼロ戦や紫電改は海軍、隼や飛燕は陸軍の所属になっていました。 シロウトなので教えて頂きたいのですが、もし海軍所属の戦闘機が空母艦載を目的とするなら、折畳み式主翼にするとかの特徴があるかなと思うのですが、海軍所属の全ての戦闘機はそうなっていますか? それと海軍が各地に航空基地を構えたのにはどんな理由があったのでしょうか? 陸軍がまとめて防空の構えをすれば事足りるように感じたのですが ・・・ それと、海軍と陸軍でどうして戦闘機の機種を統一しなかったのでしょうか?  もちろん、戦闘内容が違うので両軍が求める性能を統一するのは難しいのは理解できるのですが、すごく不経済だし合理的ではないように思いました。 たとえばゼロ戦を陸軍も使用するとか、逆に隼を海軍も使用するとか出来なかったのでしょうか? 歴史書を読んでいて、ふと感じたので質問させて頂きました。

  • 日本陸軍の戦闘機

    WEBで日本陸軍戦闘機、隼のページを見たのですが、隼の燃料タンクの防弾装備 はかなりのレベルだったそうですね。 7.7mm機銃、12.8mm機銃の直撃にも耐え、操縦席の背面の装甲はかなり厚いもの だと書いてあります。 実際、隼や飛燕、四式戦、五式戦などは撃墜された数としては海軍の戦闘機を下回る ものだったのでしょうか。 お教えください。

  • 陸軍海軍どちらが金持ちですか?

    こんにちは 旧帝国陸海軍ではどちらが金持ちなのでしょうか? 戦艦12隻空母十数隻の海軍は戦闘機も充実してますが 陸軍は人件費も豊富ですね ご存知でしたらお教えください

  • 日本陸軍の地上攻撃機

    九八式直協偵察機、百式重爆、九九双軽 いろいろいますよね。 でも、旧陸軍が攻撃かけるときは火砲、戦車の支援はあっても 航空支援がいるイメージがない。 戦闘機の制空戦闘と双発機による戦略爆撃の話が多いような。 陸軍航空隊の小型爆撃機、攻撃機の実態は? ちゃんと敵陣地や戦車を攻撃していたんでしょうか? やっていたとして独米ソよりは密度低めですか? 戦局が守勢に回った後は、どうしてたんでしょうか? 特攻はわかりますが、それ以外で。転属?

  • 戦闘機と爆撃機(攻撃機)の違いは??

    太平洋戦争の時代のことですが、 質問1 日本陸軍爆撃機&攻撃機という名の本と、日本海軍戦闘機という本がありました。当時の軍機が一台づつ紹介されているような本なのですが、これをみて疑問に思ったことがあります。 陸軍には戦闘機はないのですか?また、海軍には爆撃機や攻撃機はないのですか?  質問2 あと、ネットで調べましたが戦闘機と爆撃&攻撃機のちがいがいまいちわかりません。教えてください

  • 零戦と1式戦隼の後継機は

    零戦は96艦戦の後継機、1式戦隼は97戦の後継機です。 1)零戦の後継機烈風は実用化されませんでしたが、1式戦のあとは2式戦しょうき(変換できず)、2式複戦屠龍、3式戦飛燕、4式戦疾風、5式戦と多数開発されてます。この違いは何でしょうか? 陸軍と海軍はあまり連絡がよくなく、新機開発の考え方も別だったようですが、他にもありますか。 2)零戦は空母だけでなく、地上基地でも多数使用されました。陸上戦闘機という点では雷電、紫電、紫電改も艦戦ではないですが、後継機と見ていいのでしょうか。特に紫電改は4式戦とならんで日本の最強戦闘機と位置づけられていますが。 3)一方、陸軍機も2式戦、2式複戦は1式戦とは用途が異なるので後継機とはいえなさそうで、3式戦もエンジン不調で、実用的な後継機というと4式戦と5式戦でしょうか。

  • 「回天」についての、横山一郎海軍少将のエピソード

    「回天」についての、横山一郎海軍少将のエピソード 一般に、日本海軍の記録と米軍の記録を照合した「回天の確実な戦果」は、 『大型タンカー1隻撃沈、駆逐艦1隻撃沈、歩兵揚陸艇1隻撃沈』 『輸送船1隻大破、米軍艦船4隻小破』 であるとされます。 大破とは、沈む寸前の大損傷を受けた状態、小破とは、損傷を受けたが自力航行や戦闘行動に差し支えない状態と理解しています。 一方、昭和20年8月18日に、停戦の軍使としてマニラに行った横山一郎海軍少将は、米軍のサザーランド少将から 「回天を積んでいる潜水艦は、洋上に何隻出ているのか。直ちに攻撃中止命令を出してくれ」 と言われたとされます。 回天の実際の戦果が最初に示した程度であれば、米軍が回天をそれほど恐れる理由はないはずで、腑に落ちません。 (1) 回天の脅威 (米軍の被害) が実際はもっと大きかった。 (2) 巷間伝えられる、横山一郎少将のエピソードが誤っている。 のどちらかではないか?と思います。 質問ですが 『横山少将のマニラでのエピソードは、どのような史料に書かれているのか』 です。よろしくお願いします。 ※ 横山少将の回顧録 「海へ帰る―海軍少将横山一郎回顧録」昭和55年 原書房 が出版されていますが、そこに書かれているのでしょうか?

  • 日本帝国陸軍航空隊の戦闘機の型式について教えてください

    海軍航空隊の戦闘機の型式は十の位が機体設計変更を表し、一の位がエンジンの設計変更を表している(例:零戦二一型はエンジンは初期設計のままで、機体設計が変更された零戦)と聞いたのですが、陸軍航空隊の戦闘機は、例えば一式戦闘機(隼)の場合、I型、II型、III型と機体設計とエンジン設計の識別がされていないように思うのですが、当時の陸軍航空隊における型式呼称について、詳しくご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。気になって眠れません(本当は寝てますけど・・・)

  • 2つ質問です。1.日本陸海軍の航空機の搭載20ミリ機銃についておしえて

    2つ質問です。1.日本陸海軍の航空機の搭載20ミリ機銃についておしえてください。 日本陸海軍は仲が悪くて、共同利用や汎用性は一切考えなかった。それで、 海軍初の20ミリ機銃は零戦でスイスのエリコン砲、陸軍初の20ミリ機銃はドイツのマウザー砲だと理解してます。 採用砲が異なっていれば、修理部品や弾薬補充に汎用性がなくなります。アメリカは汎用性に徹していて、航空機は陸海軍ともブローニング砲です。 では、海軍内、陸軍内では統一性はあったのでしょうか。つまり、海軍なら一式陸攻、紫電改にも20ミリ機銃がありますが、エリコン砲ですか。陸軍でも4式戦や4式重爆もマウザー砲ですか。 2.現在の海上自衛隊の護衛艦の搭載砲でも アメリカ製の3インチ砲とイタリア製の76ミリ砲 アメリカ製の5インチ砲とイタリア製の127ミリ砲 と2種類あります。 統一しなかったのでしょうか。

このQ&Aのポイント
  • のし袋に印刷できる方法を教えてください。
  • お使いのパソコンもしくはスマートフォンのOSや接続方法、関連するソフト・アプリ、電話回線の種類について教えてください。
  • この質問はブラザー製品に関するものです。
回答を見る