• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

袋地の建替えの際の囲繞地側の権利と義務についてお願いします

建築基準法42条但し書きの新しい判例が19年にあり 袋地の建替の建築許可に関し囲繞地所有者の許可がなくてもよくなったというよう話が裏の袋地の持ち主からあり、私の許可がなくても戸建てを建てられると言ってきましたが、本当でしょうか? 私の土地は前の所有者が分筆した結果裏に対し囲繞地です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1462
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

#2です。 >袋地の持ち主は私の同意がなくても建築許可がおりるように、但し書きが変わったと申しております。 建法42条には、2項に但し書があるだけで、その他にはありませんし、この条文は改正されていません。 建法43条は、平成16年に一部改正がありましたが、但し書が改正されたのは、もっと以前の事です。 袋地の所有者は、42条2項道路に認定された建築基準法上の道路と囲堯地通行権の通路を勘違いしているのでしょう。 あなたは、役所に行って、当該通路の扱いを調べる必要があるでしょう。 仮に、当該通路が42条2項道路に認定されていたとしたら、行政処分不服申立てを行使する事に成ります。 その場合は、弁護士さんに相談ですよ! 以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速ありがとうございます こちらも明日、都市整備課課長とアポがとれましたので そのときに(42条2項道路に認定)に関し詳しく聞いてまいります

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

2代目cyoi-obakaです。 建法42条と囲堯地通行権は、全くリンクする物ではありません。 #1さんも申してますが、そのような判例は平成19年には、私の認知する範囲では存在していません。 もしかすると、建法43条のただし書(接道要件)ではないですか? どちらにしても、囲堯地通行権と袋地の建替とは、権利と同意・許可の違いがありますので、袋地の方が、何を根拠に申しているのか?を正確に事実確認をする事ですね。 仮に、建法43条のただし書を申しているのだとしたら、これは確認申請上の行政手続と建築審査会の同意と建築主事の許可の事です。 通常、袋地(接道無し)の場合は、上記の同意や許可には、囲堯地所有者の建替え同意が条件の一つとして考慮されるのが、一般的ですがね! 以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速ありがとうございます、 袋地の持ち主は私の同意がなくても建築許可がおりるように 但し書きが変わったと申しております、さらに 許可がおりて建物がたった以上その建物がある間はずっと道として使用する上、今までの木造文化住宅にはなかった車庫をつくり 車庫付の戸建て賃貸にするため車の出入りにも使用すると申しております。 私としては建替えをかってにするのは良いとしても その後現在2台分駐車スペースがあり、勝手口の出入り口でもある この土地は建蔽率にも利用できるため、土地の売買や等価交換などせずに現状維持でいたいのですが 相手側かえあみれば無理なのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1
  • nine999
  • ベストアンサー率44% (512/1140)

http://www.century21.jp/info/glossary/category06/009.html 囲繞地通行権の解説 判例データベースでは検索できませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 袋地所有者が囲繞地通行を主張する相手方

    袋地所有者が袋地所有者所有の土地建物から囲繞地通行権で隣地囲繞地 (増員約40センチメートル、家屋あり)の通路を通行して公道に至って います。 当該囲繞地は借地で土地所有者と建物所有者が異なります。 この場合、袋地所有者が調停や訴訟を申立する場合の相手方は、 囲繞地の土地所有者になるのか囲繞地上の建物の所有者になるのか、 またはその両方になるのかお教え下さい。

  • 囲繞地と袋地、接道義務と建て替えに際してのトラブル

    A地(Aの住んでいる土地)はB地(他人B様所有)を通らないと出入りが出来ません、A地はいわゆる袋地になりB地は囲繞地になります。元々A地/B地は現在B地所有者B様の父が所有していた土地で、A地は40年以上前にAの祖父が、当時の所有者(B様の父)より購入した土地です、購入の際、B地の庭部分幅3Mを通って良いという内容の証書を作り、現在もその書面は当方の手元に残っております。内容的には図面も添付してあり、無条件にB地庭部分3M幅区域を通って良いという内容です。 築40年以上の家ですから老朽化が進み、現在Aが立て直しを考えまして建築申請をしたところ、現在B地の所有者であるB様が、書面をかわしていた庭部分3M幅を超えて増築をしてしまい、袋地であるA地に家があるにもかかわらず、現状の庭通路部分は一番狭い幅で、幅1.7M強しか残っておりません、勿論A地の立て直しは2M幅以上の接する道路が無いため建築許可が下りません。 ゆえに、AはB家を最低2M幅を維持出来るよう修復する方法を提案致しましたがなかなか了解して頂けません、勿論費用はA家負担です。 ちなみに現在A地は当時土地を購入した故祖父夫婦である、Aの祖母の土地です、祖母は健在で現在もA地にAと3世代で暮らしております。 このままでは永遠にA家は立て直しが出来ないのでしょうか?(増改築は考えておりません。) 長々とすみませんが非常に困っております、どなたか法的に詳しい方等、アドバイス頂けませんでしょうか?宜しくお願い致します。

  • 囲繞地について

    囲繞地通行権について教えてください。 公道に面する30坪程度の土地に昔から建物が建っています。その土地の裏にある囲繞地を駐車場(約10坪)として15年前に取得しました。 公道からは自己の建物があるのでその土地に当然進入できません。 その自己の土地に隣接する空き地(元々農地でしたが、現在は空き地)の所有者にその一部を自己の駐車場の進入路として譲ってくれないか頼みましたが、断られました。 ただご近所のよしみで、書面に交わすことなく自己負担で舗装し、無償で15年間、使用しています。 その土地の所有者が亡くなり、相続を受けた人物がその土地を売却することになりました。 相続を受けた人物は当時の経緯をほとんど知りません。 新たにこの土地を買い受ける人物は土地の一部使用を一切認めない前提でお聞きします。 この場合、囲繞地通行権が主張できるでしょうか? もしくはその他(通行地役権等)の通行に関する権利が主張できるでしょうか?

  • 袋地の建築の適法性

    隣家は袋地で、持ち分の無い幅3.5メートルの私道(建築基準法の道路ではない)にのみ接しています。その隣家が3階建てマンションを計画しているようなのですが、これは囲繞地通行権があるとして建て替えするということなのでしょうか。袋地でも建て替え可能なのでしょうか。

  • 囲繞地通行権と水道管(給水管)の埋設

    囲繞地通行権が認められた囲繞地内での袋地所有者に対する水道管(給水管)の埋設について教えてください。 A土地は袋地でB土地はAの囲繞地であり、元々はABは一筆の土地でありました。 A袋地所有者はB囲繞地所有者から通行を認められ、A袋地所有者・関係者の通行のためにB囲繞地内に通路状の土地が設けられています。B土地の通行に当たってはB土地所有者から無償で通行を認められています。 今回、A袋地所有者はA土地内に住宅新築を計画し、当該住宅で水道を使用するためにB囲繞地内の通路状土地の地下に水道管(給水管)を埋設することになりました。 この計画をB土地所有者に話したところ、B土地所有者から「水道管を私の土地内に埋設するのであれば水道管の占用部分の地代を払って欲しい。」と請求されました。 このような場合に、水道管の埋設は囲繞地通行権の範囲外となると解し、土地賃借料を払わなければなりませんか?

  • 代替わりしても袋地の利用を続けることはできますか

    袋地を耕作に利用しています。もともとは、相続のために1筆の土地が囲繞地と袋地に分割された際に生じた譲りうけたものです。囲繞地の方はその後売却され今の所有者は親戚ではなくなっていますが、それまでの慣例を引き継いだ形で、無償で通行し続けています。私の息子の代に替っても、今までと同じように通行できますか?

  • 囲繞地通行権が認められるかご判断願います

    建築基準法上接道を認められている公道への官地があります。 約2m20cmのため車の通行には厳しいのですが、建て替えの際も認められています。 官地にはまた別の所有者の土地が並行してあり、今までは一体で通路として利用できましたが、この度官地との境にフェンスが立てられることになりましたため、車の通行が困難になりました。 この場合この土地は袋地と認められ、別の隣地への囲繞地通行権を得ることはできますか? その隣地とは、この土地と元は一体の土地でこちらは分筆された側です。 こちらの土地の所有者は何度か変わっており、分筆直後から隣との境界にはこちら側に塀が立っております。 分筆時から現在の官地側を通行に利用していました。

  • 囲繞地通行権について

    民法第210条で認められているいわゆる「囲繞地通行権」の範囲について教えてください。 袋地の住人が囲繞地を通行できることはわかりますが、それ以外の袋地に係る関係者として通行できる者はいますでしょうか? 袋地に係る関係者とは、例えば、「水道・電気メーターの検針員」、「郵便・新聞等の配達員」、「し尿の汲み取り作業員や浄化槽の清掃点検員」、「ガスや灯油の納入配達員」、「袋地にある建物や各種設備の修繕・点検員」、「袋地住人の友達、親族など」、「袋地住人に関する売掛金や負債金の徴収員」などです。これらの関係者でも通行できる者とできない者があればそれも教えてください。 また、囲繞地の所有者が「袋地の住人の通行は認めるが、あなた達水道事業は水を供給して儲けているのだから、その水道メーター検針員は、通行料を払わなければ通行は認めない。」と水道事業体に請求してきた場合に、袋地の水道検針員に対する囲繞地通行権が認められないとの判断であっても、解決に当たっては、袋地の住人(水道の使用者)が囲繞地の所有者と交渉して解決すべき(通行料が必要と判断された場合でも、その負担は袋地で水道を使用している者の負担)と考えますがいかがでしょうか?

  • 囲繞地所有者の私道通行権の継続

    囲繞地所有者の隣人が家を建て替えたとき、親父の代に「無償」での私道通行権を「口約束」で認めてもらい建築許可を得たそうです(隣人の話で書類等の証拠無し)。市役所で聞いた話では、図面さえあれば通行許可を得た旨の確認は全くしないとか(囲繞地だから当然?)。 親父が死亡し この私道を私が相続しました。 生前、口約束の件は全く聞いておりませんでした。 このような場合、囲繞地所有者の「無償」通行権は自動的に引き継がれるのでしょうか。   掃除をし 暑い盛りに草刈りをし、固定資産税を自分で払いながら 無償で隣人の通行を許しているのが、ばかばかしいのです。 所有者が変わったので、せめて上記費用相当分でも有償化する形で、隣人に私道通行権を認める再契約を要求するのは法的に不可能でしょうか? ←口約束でも約束だからダメ? しかし所有者が変わったときの事までは約束してないと思われる。 法的に要求可能でも、有償再契約に応じない場合、現在2m巾x40m長の通路ですが、例えば1m巾に狭めてしまう様なことは可能でしょうか? こうすると庭が40平米広がるメリットが生じます。 囲繞地所有者の通行権を否定出来ないことは分かっております。また、建基法等の指定は全く有りません。 以上、ばかばしさ気分を晴らす為に、良い方法アドバイスよろしくお願い致します。

  • 囲繞地通行権について

    よろしくお願いいたします。 ==状況== 土地2筆をAB、各々の所有者をabと表記します。 A=いわゆる袋地 B=複数有るAの囲繞地のうちのひとつ。私はbです。最近購入しました。 aはBのかつての所有者zからAを購入した。zは故人。 zはaに対して、購入時の説明の一環としてBの通行権を保証。 ↑この約束を根拠に、aの住居はBを通路とすることを前提とした構造(塀がB隣接部しか開口していない)になっている。 現在、aはBを通路として使用。未来永劫の通行権を主張している。 Aを囲む他の囲繞地は広い有料駐車場が二つあり、bとしてはこのいずれかを通路にしてもらいたいと考えている。 AとBは元々2筆だったのか、分筆したものかは未調査。 ==質問== 1.「ABが元々1筆の土地であり、これを分筆したもがABであるならば、aはBを無償で通行する民法上の権利がある。」と理解しているがこれは正しいでしょうか。 2.「ABが元々2筆の土地である場合、aはbに対して通行権を主張できるが、これに対し、bは、『Bの他に通路として相応しい囲繞地がある』と反論し、aのB通行権 について争っても良い。」と理解しているがこれは正しいでしょうか。 3.AがAB一体だった土地から分筆されたものか否かを調べるには、法務局にいってどのような謄本の取り方をしたらよいのでしょうか。 以上よろしくお願いいたします。