• 締切済み
  • 困ってます

信用取引の建玉で新日本石油1000株保有していますが統合により、4/1

信用取引の建玉で新日本石油1000株保有していますが統合により、4/1位から社名が変わると聞きました。 心配なのはの建玉でして、上場廃止になるので建玉はなくなるのでしょうか?それともそのまま4/1になればそのまま社名が変わった建玉で継続できるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数82
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.1

もちろんそのままホールドできますよ~ 自己責任でお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

残念ながら一部の証券会社ではお答えのとおりではございませんでした。

関連するQ&A

  • 新日本石油株統合前売却すべきですか

    新日本石油株を1000株持っています。あと少しで統合して上場廃止になりますが,このままもっいても大丈夫でしょうか。株数は1.7倍の株になり,単価も下がるのでしようが,持ち続けていると得するのでしょうか,損するのでしょうか。株初心者です。よろしくお願いいたします。

  • 上場廃止時の信用取引決済について

    東京電力の株を念頭に置いていますが、 一般論として 上場廃止が決定してから1ヶ月間整理ポストで現物のみ売買され、そののち上場廃止となる 流れのようですが、ここで整理ポストに入る前に信用取引をしていた場合 決済はどうなるんでしょうか? 現物株しかやっていない初心者です、ご教示ください 

  • 信用取引規制銘柄

    超初心者です。現物取引の場合について教えてください。  信用取引規制銘柄には 「新規買停止」 「代用掛目規制:0%」  「一般信用新規買停止」  「日々公表銘柄」  「監理ポスト」   「代用掛目規制:0%」   「現引停止」  「貸株注意喚起」 等いろいろあります。 1.こういった信用取引規制銘柄を現物買いした場合 翌日に持ち越してもリスクはないのでしょうか? 「日々公表銘柄」とか「新規買停止」とかいう言葉が怖いのですが。 2.「整理ポスト」入りすると1ヵ月後には上場廃止と聞きます。 5月12日のアドテックに まだ 売り注文59445株と買注文が12210株入っていました。これはどうしてなのでしょうか?  上場廃止日が迫っているのに 何故売買されるのか 初心者としては不思議だと思うのです。よろしくお願いします。

  • 信用取引の用語が分からない

    1、信用取引損益合計、2、建玉決済損、3、信用建玉評価額(評価損益合計)、という、3種があり、それぞれ、金額が違います。 これらは、どう違うのでしょうか?

  • 信用取引の場合の株主は誰

    超初心者質問で恐れ入ります。  信用取引の場合、買建玉を持っている場合、株主はだれになるんでしょうか。  ご回答をよろしくお願いします。

  • FXと信用取引についての違い

    金融の知識をつけようと、少しずつ、勉強し、わからないところはいつもこちらでお世話になっているものです。 (1)タイトル記載のとおり、FXと信用取引の違いは、FXは申し込み証拠金をいれて、為替間の取引を行う。信用取引は、申込金や株を担保に証券会社から株や資金を借りて取引を行う。 両者とも、手元資金以上の取引ができるということでいいのでしょうか? またFXは強制的にロスカットされますが、信用取引の場合は追証をいれれば取り引きは継続されるという理解でよろしいでしょうか? (2)建玉について 買建、売建というのは、証券会社からみたことばなのでしょうか。 個人投資家からみたら逆の使い方になるのでしょうか。 またなぜ信用取引のときに出てくる言葉なのかいまいち、理解できません。決済までに時間差があるからなのでしょうか。 ご教示お願いいたします。

  • 信用取引について

    2週ほど保有している株Aがあります。 株Aを信用取引の担保にして、信用取引で1/12に株Bを買いました。 株Bを1/16あたりに売りたいと思うのですが。 もし、1/13に株Aを売ってしまったらどうなるのでしょうか。 追証とかきます? 1/18に株Aを売った資金が手に入るので、そこまでは担保になってるのかなぁ と思っていますが、これは間違いでしょうか。 もし、追証がくるようでしたら株Aを売ることができるのはいつからになるのでしょう?

  • 信用取引について教えてください

    株式投資を始めて1年ほどですが、信用取引を始め勉強中の者です。 初歩的な質問で恥ずかしいのですが、教えていただきたいことがあります。 現在、信用建玉で100万ほどの含み損を出しています。 まだ損切りはしていないのですが、現金余力が減ってきているような 気がします。もちろん、信用取引ですので、証券会社からお金を借りて株を買っている以上、金利を払わないといけないのは承知していますが、これは毎日随時、現金余力から引かれていくものなのでしょうか? それとも、損切りなどして反対売買で決済した時にまとめて引かれるものなのでしょうか? また、信用取引で建て玉決済で損切りとなるとします。 その場合、現金余力を作ってから、つまり現物銘柄を売却して先に現金を用意してから信用で損切りをしないといけませんよね? 確か、現物株は現金化するのに4営業日、信用は3営業日だったと思いますので、信用取引で損切りするより1日前に現物売却で現金化しておく必要がある、という理解で間違いないでしょうか? ご教示いただければと思います。

  • 超初歩の質問ですが。信用取引で

    【質問1】 信用取引で両建てをすると 例えば 2000円で買い 2010円で空売り出来れば もうここの時点で利益を100%出せる状態と言うことですよね? (普通の相場だったら)→いきなり上場廃止や東証がつぶれるとか突然の大事件が起きない限り このあと 同じ値段で売り・買いをすれば10円分は儲けですよね? 例えば1990円で売り・買いをしても。 【質問2】 手仕舞い(←言葉あってますか?この銘柄の取引を終える時)の時、同じ値段(上の場合1990円)での売り・買い、これは通常簡単に出来ますか? :一度やればすぐにわかるんでしょうが今申し込み中なもんで わかる方お教えください。

  • 信用取引の空売りの反対売買ができなくなる場合はあるのでしょうか?

    信用取引を新たに始めようと思っています。 売りから入りたいと思っていますが、その後買い(反対売買)ができなくなってしまうようなケースはどのようなケースが考えられるのでしょうか? たとえば、1000円で信用売りした株が、その後のその株式会社の不祥事が発生し、株価は1000円未満となったとします。 しかしながら、「不祥事発覚により、信用取引の対象外銘柄になり」、その後の反対売買ができなくなってしまうようなケースはあり得るのでしょうか? 信用売りした株は、必ず反対売買できるのでしょうか? 反対売買できなくなるのは、上場廃止になった場合に限られるのでしょうか? 逆にそれまでなら、反対売買可能なのでしょうか? ご教示ください。

専門家に質問してみよう