• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

キャディバックにフードを着けない、って何か意味があるのでしょうか?

  • 質問No.5621282
  • 閲覧数60078
  • ありがとう数46
  • 回答数11

お礼率 97% (951/973)

毎度皆様にはお世話になっております。
素朴な質問ですがお付き合い願います、昨日も寒空の中仲間のコースに行ってきました(笑い)
実は前から気になっていたんですがキャディバックにフードを着けないで来る方を見かけます、バックの荷卸しを見ていると必ずと言って言い位数人はいます、コレって何か意味があるんでしょうか?
普通のキャディバックには必ず(絶対かな?)と言っていいほどフードが着いていると思うんですが何でわざわざ外しているんでしょうか?
それにあのフードって主に移動中などのクラブの保護が目的だと思うんですが着けないとしたら何のメリットがあるんでしょう?
自分のゴルフ仲間も結構大勢いるんですが誰一人そう言う方はおりませんので何故か理解出来ないのです・・・・・

以前に完全なプロ仕様(支給?)のバックの場合フードはオプション(希望に応じて)みたいな事は聞いたんですが・・・

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 25% (665/2600)

私も普段は付けてません。
但し、アイアンカバー(アイアンのヘッドをまとめて入れる袋状のもの)を付けてます。
もちろん、ウッドはヘッドカバーをつけてますしパターもヘッドカバーをつけてます。
私はそれ以上クラブを保護する意味があまりないと思ってます。

理由としては、フードを付けたり外したりが面倒だというのが一番です。
また、大抵のコースでカートに積む時に、フードを半分だけ外して折り返されることが多いので、フードに折り目が付いたりスナップが壊れたり原因になるので嫌いです。完全に外して背袋などに入れて欲しいと思ってます。

もちろん、宅配便や飛行機に預ける場合はフードをつけてトラベルカバーをして預けてます。ちなみにその時はシャフトが動かないようにタオルなどで軽く固定をしています。
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
そうですか・・・面倒、と言うより実用的じゃ無い、と言う事ですかね?
それにそう言われると確かにカートに乗せる時って案外フードって邪魔者扱いされてますよね・・・
なんかくちゃくちゃにされてロープで縛られますから破損なんて事もあり得ますね。
貴重な意見参考になりました。
投稿日時:2010/01/25 14:41

その他の回答 (全10件)

  • 回答No.11

ベストアンサー率 0% (0/1)

私も最初は、ただ上手い人の真似からフード無しにしていました。
逆に、フード無しの必要性について、私の経験から解答させていただきます。

1、クラブの調整
使用頻度が高く、その都度車からバッグを降ろし部屋でクラブの設定を見直します。やり方は個人差あリますが、重量やバランス調整の為に、グリップの抜き差しなど日常茶飯事です。練習場(コースもその延長)、自宅でのフードの開け閉めは、頻度が増えると面倒ですし、ぶら下がっている状態はインテリアとしても適しておりません。

2、クラブの乾燥
スチールシャフトやノーメッキのクラブに湿気は厳禁です。
室内保管前提ですが、空調の聞いた部屋でフードを外し乾燥させてあげればクラブの保護に役立つと思います。

3、室内の練習
すぐにパターやウェッジの練習、アドレスイメージ作りなど取り掛かれます。

大体以上の理由ですが、フードの必要性は搭乗させていただく車に対するマナーと盗難防止ぐらいしか考えられません。ウッドはカバーが付いていますしアイアンはフードを付けていても傷つきます。
参考になりましたでしょうか?
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
貴殿を含む今までの皆様からの回答からするとやはり常に練習している方、頻繁にコースへ行かれている方はその利便性から「フード無し」にしているんでしょうね・・・
ただ面白い事にカッコイイ、と言う理由もありましたからこれはプロなどの影響もあるんでしょうね。

まぁそれなりの技量がある方がそのスタイル(フード無し)をする事は理解出来るようになりましたが腕が伴わない方がするのはなんか滑稽(失礼)な気がしますね。
投稿日時:2010/01/27 16:11
  • 回答No.10

ベストアンサー率 27% (5/18)

私もフード着けない派です。
理由は、
1.その方がかっこいい(と信じてる)から
2.(練習場で)クラブの出し入れが楽だから
の2点かな?
アイアン用のフードは使っています。

これには地域性という原因もあると思います。
私は地方都市在住であり、これまで通算約200ラウンド以上していますが、車以外の手段でゴルフ場に行ったことがありません。また、海外での経験も無く、クラブを宅配便で送ったことが無いので、フードの必要性を感じたことが無かったのでしょうね。
キャディーバッッグを買ったりもらったりしたら、フードはその日に外して押入れ行きです。廃棄するときや誰かにあげるときになって押入れから出してきます。

また、近隣にパブリックコースや河川敷コースなども無く、手引きのカートを使ったこともありません。あのフードが雨の日に役立つということを初めて知りました。これも電動カーに雨よけのカバーが着いているので、これまで必要性を感じませんでした。
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
カッコイイと便利を兼ね備えているんですね・・・

私もキャリアだけは30年以上ありゴルフに行く時は100%クルマですがずっとフードを着けてました・・・
保管時や移動中はフードを着けコースでカートに乗せる時に外すモンだ、と考えておりました・・・
自分の中ではそう言うモンだ、と思い込んでいたのかも知れませんね。
投稿日時:2010/01/26 19:03
  • 回答No.9

ベストアンサー率 33% (1228/3693)

カートに乗せるときのキャデイーさんの処理ですが
ゴルフ場によりいろいろありますね
カバーのファスナーを外して大きなポケットに
カバーをしまいこむ所と
ファスナーを付けたままベルトで縛り付ける所と

5~6年前まではカバーを外す所も結構ありましたが
最近は、カバーが付いたままベルトで固定タイプが
多くなりましたね

一度、錆びたファスナーが付いたバッグで
カバーにファスナーがくっついて取れてしまい
お客さんに謝っているのを見かけました
カバーを付けたままの傾向はこの辺が原因かと....

確かに、セルフラウンドで雨が振る時以外には
カバーの存在を(必要性を)感じませんね
セルフでも、ゴルフ場が透明のビニール製の
より大きなカバーを準備している所もあります
バッグのカバーでは小さくて機能性が悪いです

河川敷の、アップダウンのあるコースでは
セルフ用の手押しカートが倒れて
中のクラブがこぼれるのを度々見ました
カバーがあると良いなと思ったのはこのときです

でも、不精なのでしょうかね、馬鹿なのでしょうかね
買ったままの形でゴルフ場に通っています
あまり気にしないで....

追記まで
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

再度の回答ありがとうございます。
なんとなくですが少しわかってきました。
皆様からの回答をまとめるとアスリートタイプの方々はその実用性、利便性などからフードは不要、とお考えみたいですね・・・
ただ中にはカッコイイ、プロっぽい、と言う見栄?みたいな事で着けないと言う方もいる、と・・・・・
偽アスリート、とでも言いましょうか(笑い)

そう言えばautoroさんが仰る通リ昔(カートが電動になった頃)はキャディさんがバックをカートに乗せる際フードを外し丁寧にたたんでくれた時代がありましたね・・・
今はそう言う手間をかけてくれるゴルフ場も少ないんでしょうね・・・それがフード無しに影響しているのかな?と言う気もします・・・

私も不精モンです、買ったらそのまま使う派ですから(笑い)
投稿日時:2010/01/26 09:33
  • 回答No.8

ベストアンサー率 22% (4371/19577)

 
>大半の方が天候にかかわらずフードを着けていると
地方によって違うのでしょうかネ
私は関西ですが、コースを回ってる人でカバーを付けてる人なんか見たことがありません(雨天を除く)
みんな、カバーを外してカートに載せます。
自宅に置いてる時は埃避け、車に乗せるときはクラブが出てくるのを防ぐ意味で使いますがね....
 
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

再度の回答ありがとうございます。
質問の仕方が悪かったようですがフードを外して、と言うのはあくまでゴルフ場に行く際のスタイルです。
バックの荷卸しを見ていると、って書いてありませんでした?
そりゃ関東でも実際のラウンド中にフードを着けている方はおりませんよ、雨の日は別ですけどね・・・
投稿日時:2010/01/26 08:54
  • 回答No.7

ベストアンサー率 54% (270/498)

そうですね、ボクもキャディバッグを買ったら一番最初にフードをビニールから取り出して広いポケットにしまいます。
使用するのは、手引きカートでラウンド時の雨天時のみです。

ボクの周りのアスリート系は皆同じスタイルですね。
プレイ中に同伴プレイ者のバッグを覗いて、何番が抜き取られているか?をチェックするのが慣例になっている気もしますね^^;

なぜ付けていないのか?理由は…
・プロがつけていないので…
・そのほうがカッコいいから…
・クラブを見せびらかしたい…
・そのほうが実用的だから…
(悪天候時のゴルフはしないから…)
きっと各々でしょうね(^-^)

ちなみにボクの知人で必ずアイアンの上に帽子をかぶせてフードを閉める人がいます。
コレも実用的ではありますよね。

また、キズ防止にはアイアンカバーで覆い、両サイドをキュッと絞って固定しています。
もしかしたら、このアイアンカバーの普及が一つの起点かもしてませんね。
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
なるほど・・・アイアンカバーの普及は言えるかも知れませんね。
全てのクラブにカバーがあれば確かにフードは必要無い、と言う考えも一理ありますね・・・

言われて見れば自分もアイアンカバー着けてるし・・・でもフードも着けてますよ(笑い)
投稿日時:2010/01/26 08:43
  • 回答No.6

ベストアンサー率 22% (4371/19577)

  
フードの目的は雨避けです(傘の代わり)
フードで傷防止は出来ません、フードの中でクラブ同士が当たってます。
 
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
確かに雨避けもあるでしょうね・・・
とすると大半の方が天候にかかわらずフードを着けていると言う事はなんかソッチがおかしくなっちゃいますね。
投稿日時:2010/01/25 21:44
  • 回答No.5

ベストアンサー率 20% (1/5)

私も着けていません。
面倒くさいし、フードを着けても中でガシャガシャいってますから。
それと、ラウンド中にカートで走行中もガシャガシャ傷ついてますから。
それなら、一つずつ独立したアイアンカバーをするほうが良いとおもいます。(キャディーに嫌われますが)
でも、ヘッドに傷が付くのは気持ちの良いものではありません。
プロっぽいと言う自己満足もあるのですが。
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
う~ん・・・どうもこれまで回答頂いた方々の意見を拝見するとやはりフードを着けないと言う方が結構いらっしゃるんですね・・・
しかも面倒くさい事が理由、だと・・・
確かにラウンド中は必要無いモノですが移動中のキズの事や自宅などでの保管時の保護の為にもあった方がいいと思うのですが・・・
プロっぽいと言うのもどうも私には理解出来ないんですよね・・・

ショップなどで売っているバックは殆どと言えるほどフードが着いているけど使う方は邪魔だ、面倒だ、と・・・
それならいっその事メーカーさんは最初から全部オプションにして欲しい方だけに売った方がイイと思うのは私だけですかね?
それとも誰かが流行らした一種のスタイルなんですかね?
投稿日時:2010/01/25 18:27
  • 回答No.3

ベストアンサー率 25% (2858/11130)

これはアメリカの習慣ですね。彼等は道具を大切にしようとする気持ちよりも使い勝手がいい方を選びます。自宅からゴルフ場まで運ぶには車のトランクに入れておくだけ。ゴルフ場についたら、自分で担ぐが自分でカートに乗っけますからフードなんかついていない方がいいのです。日本みたいに宅配便で運ぶなんてことはまずやらないですよね。これをやるときは勿論つけるでしょうが、そんなサービスをやっている運送会社がそもそもありません。送ったらいつゴルフ場に着くか保証が全くないので危なくて使えたものではないのです。

 私の仲間にもアメリカ帰りのプレーヤーが数名いますが、みんな日本流にフードをつけていますがね。たぶん貴方の仲間のプレーヤーは宅配便じゃないときにはこの方が手っ取り早いのでそうしているのでしょう。でもやはりクラブを傷める確率が高いのでマネはしない方がいいでしょうね。
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
なるほど!アメリカはそうなんですか?さすが合理主義のお国柄が出てますね・・・

でも今までに見た方全員がアメリカ帰り、って事はないでしょうからやはり理解に苦しむと言うかマネしたくは無いですね。
投稿日時:2010/01/25 14:31
  • 回答No.2

ベストアンサー率 75% (3/4)

私も付けていませんが、深い意味はなく、そうしています。
使用しているバックはナイキのスタンド付の両肩で背負うリュックタイプのバックです。このタイプは自分で背負ってラウンドする学生アスリート向けと思われ、付属のカバーも非常に薄い簡易的なものです。
この使用者層と言えばラウンド中はもちろん、毎日のように練習する為いちいちカバーはせず使用するために簡易なカバーになっているものと思われます。
私は殆ど練習もしないくせに、アスリートゴルフっぽく見せたい(笑)ために、ファッション的な意味で外したままにしており、そのまま車にも乗せます。宅配便で送る時は付けて送付しています。
重厚なバックでカバーしていない人も練習頻度が多い人なのでは無いでしょうか。
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
確かにスタンド式のバックのフードは簡易型ですよね。
あれはあれで便利だと思いますし以前に小さいタイプをショートコースで使った事もあります。
ただ普通のコースでよく見るのはいかにも高そうなクルマで乗りつけおもむろにフードを着けない重厚なキャディバックをトランクから出すんですよね・・・
スタンド式を使っている方が頻繁に練習する為に常に外しているのは理解出来ますが重厚なバックの方がそうそう練習に行きますかね?
以前にたまたま前の組にそのような方がいて打つトコを見ていたんですが上手いと言うかハッキリ言ってヘボ(チョロ連発)でしたが・・・
非常に派手でいかにも高そうなバックだったんで朝の荷卸し時に見て覚えていたんですけどね・・・
そう言う風にしているとアスリートのように見えるんでしょうか?
何か理解に苦しみますけど・・・
投稿日時:2010/01/25 14:13
  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (1228/3693)

クラブの損傷は気にしない
というちょっとしたプロ気分を
あるいは、ブルジョワ気分を
味わっているのでは?と思います

面倒くさがりやさんでもあるかも

カッコ良いと思っているのでしょうね
理解しがたいですが

私見まで
お礼コメント
11012148

お礼率 97% (951/973)

回答ありがとうございます。
やはり理解に苦しみますよね・・・
カッコイイ?と言うのはどこがカッコイイんでしょうかね・・・
フードをしないと何かプロっぽくなった感じ、と言うかオレは庶民じゃないよ、みたいな気になるんですかね?
私の仲間にも数人の片手シングルさんが居ますが誰もそんな事してませんけどね。
う~ん・・・何かわかりませんね・・・
投稿日時:2010/01/25 13:49
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ