• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バッティングにおける左腕の使い方

  • 質問No.55669
  • 閲覧数1240
  • ありがとう数1
  • 回答数1
 私は右打者ですが、金足農業高卒でクリーンアップをつとめていた人に打撃の秘訣を聞いたところ<左腕の使い方次第ででホームランを量産できるようになった>と聞きました。居酒屋のバイトでちょっと話せただけだったので、一体どのように使うのかが聞けなかったのです。
 今の私の認識では、左手にミットをはめてボールをつかむ感じがよいという本を見ました。しかし、いまいち手打ちになってホームランどころではありません。教えてやってもいいという方があれば是非ご指導ねがいたいと思います。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 36% (14/38)

こんにちは!
指導できるほどの者ではありませんが、過去野球経験者として、ご参考程度に意見させていただきます。

まず、金足農業高の方のアドバイスですが、これはご本人の場合のパワーアップの手段なので、すべての人が「左腕の使い方」次第でパワーアップできるということではないと思います。(人それぞれ、体格・構え・癖・タイミングのとり方等が違うわけですから・・・)

腕の使い方だけでいえば(僕の場合ですが・・)、右利きの場合、どちらかといえば、パワーアップには左腕よりも『右腕の使い方』の方が大事ではないかと思います。左腕は「操作」、右腕は「押し出す」という感じですか。
他にも「テイクバック時のグリップの位置」「腰の回転」「インパクトの瞬間の力の入れ方」「インパクト時の重心と頭の位置」等、たくさん要素がありすぎて言葉だけで説明するのは、難しいです。
helplessさんの打撃ホームを見たわけでないので、なんともいえませんが、仮に基本的なホームができている前提であれば、『右腕の使い方』と上に書いた要素を上手にマスターすれば、飛距離は上がるはずです。

私の経験では、腕は「回転といっしょにくっついてくる」という感じ(これが基本)で、これができてから他の要素です。腕を意識するよりも『腰』を意識する形からはじめた方が良いです。(私は、これで飛距離アップしました。余計な力をいれなくなります。特に硬球の場合は、反発力だけで結構飛びます。)
手打ちになっているということは、意識が腕にありすぎて余計な力が入って、かえって飛距離がでなくなります。
理想的な打ち方は、ジャイアンツの高橋由選手。彼は、決して腕力・パワーがあるわけでなく、回転とタイミングで打っている典型です。
バッティングは、「感覚」を覚えることが大事ですから、良い指導者のもと、しっかりと基本を身につけてください。頑張ってください。
お礼コメント
noname#22448
 ご回答頂き有難うございます。<まずは基本>全くそのとおりですね。DoDosukoさんの言われるとおり<バッティングにはたくさんの要素>があるなか、やはり一番大事なのは<腰>というのに反論はありません。
 ただ、もう少し「左」にかんして「カベ」的なことが知りたいと思うのです。
 しかし、貴重なアドバイスには感謝しております。
投稿日時:2001/03/26 22:16
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ