• 締切済み
  • 暇なときにでも

消費税法について

気になっていることがあるのですが、 通信販売で商品を注文してから、商品が代金引換えで配達されてきましたが、商品代金だけでなく、宅配の配送料にも消費税がかけられていました。これは消費税法から見て 正しいのでしょうか。たいした金額ではないのでいつも支払っています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数65
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.2
  • HAL007
  • ベストアンサー率29% (1751/5869)

国内の宅配であれば課税されます。海外からの宅配に付いては輸出免税に該当する と思いますので消費税は0%(取られない)取られないはずです。 補足して置きますと、課税されるケースよりもされないケースを考えた方が 判り易いと思います。されないものは以下のものです。  ・土地の売買(不動産屋さんに払う手数料は含まれません)  ・金融取引(預貯金と考えて良いと思います)  ・国境を越えるサービス(国際電話や外国送金手数料など)  ・医療、福祉、教育の一部(具体例がわかりません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 海外の通販を利用する時に参考にします。

関連するQ&A

  • 消費税法について

    現行の消費税法での消費税の税率は4%(×5%)です。 それに地方消費税を「消費税の25%」分併課することになっていますが、 法令データ提供システムによると、未施行の法律では消費税が6.4%(しつこいが8%じゃないよ)ではなく6.3%になっています。 そうすると「消費税等」は現行の法律では6.3*1.25=7.875となり、0.125%分がありません。 これはだれかがナイナイしてしまうのでしょうか?

  • 消費税法

    消費税法第60条第6項で地方公共団体は消費税の納付義務がないとありますが、駐車場使用料や行政財産の使用料や事務室使用料、テナントへの賃借料、自動販売機の設置料も非課税扱いになるのですか?

  • 全経の消費税法又は法人税法3級について

    お世話になります。 簿記3級を去年取りました。 2級を。。。と思ったのですがハードル高いのでとりあえず 他に取得すべきものを考えてたどりついたのが消費税法、法人税法の3級です。 これは全経でしか主催してないらしくまだメジャーではないみたいです。 なので本屋にも参考書が売ってません。 英光社というところでしか販売してないみたいで近場の専門学校でも売ってませんでした。 で、法人税法3級というのを注文したのですが、解説など小さく挿絵も無いしで、文字ばかり・・ぱっと見、「なんか退屈そう・・・」というか独学で出来るのか?みたいな感じがしてしまいます。LECやTACみたいな参考書だと少し入りやすいのですが・・ どなかた勉強された方いらっしゃいますか? ちなみに消費税法の法はまだ注文してないのですが、別本で初心者にも分かるような本を入手し今、読んでます。 消費税の法が簡単でしょうか? 税理士の資格を取る方とは次元が違うし簿記の資格でもないので、周り話せる人が居ません。

  • 回答No.1
  • arai163
  • ベストアンサー率22% (214/970)

消費税は、購入物品だけでなく、運搬費にもかけられます。 消費税は、商品券など特別なものを除いて全てにかかります。 一般的には外税方式で、商品、サービス諸々の代金に税金をかけて代金と消費税を合計して支払うのですが、分かりにくいものととしては、タバコのような内税式で支払う代金の中に既に税金が含まれているものがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 正しい税金を支払っているということで 納得しました。

関連するQ&A

  • 消費税法

    消費税法第28条第一項及び第29条並びに地方税法第72条の82及び第72条の83の規定に基づき、委託契約金額に105分の5を乗じて算出した額と契約書にあるんですが、5%では多すぎるということなんですが、 どうやって消費税額をだしたらいいのかわかりません。 わかりやすく教えてください。 例題でお願いします。

  • 消費税法や法人税法などについて

     日商簿記2級合格後,、 簿記論・財務諸表論を勉強せずに消費税や法人税各法などの合格をめざすことはできるでしょうか。  あるいは、消費税法などは簿記論等について合格レベルに達している・知識習得していることを前提として勉強する必要があるでしょうか。  ちなみに、税理士資格などはめざしておらず、また簿記2級は今年3月(第142回)に合格しました。

  • 税理士の勉強(消費税法)で必要なもの?

    法規集というものが必要になったのですが会計法規集と消費税法に必要な法規集って違うのでしょうか?消費税法規集と言うものがあるのでしょうか? うっているとしたらやはり大きな書店でないとだめですよね?どうかよろしくお願いします。

  • 【消費税法】発注者からの指示により別の人に商品を送

    【消費税法】発注者からの指示により別の人に商品を送る場合の業種判定 こんにちは 食品の製造販売を行っている事業者です。 この度、カタログギフトの販売をしている会社Aから次のような仕事が舞い込みました。 (1)当社の商品をA社の販売しているカタログギフトに載せる。 (2)注文者からA社に対し、当社の商品の注文があったらA社は当社に注文をする。 (3)当社は直接注文者に商品を送る (4)注文者は、A社に対し代金を支払う。 (5)A社は当社に代金を支払う。 (4)と(5)の差額がA社の儲けになるんでしょうが、その金額は当社には明示されてません。(まあ、カタログを見れば、うちの請求額との差額でわかりますが^^) 当社は消費税簡易課税適用の事業者で、普段の販売は製造業の第3種に該当しますが、 この場合も第3種でよいのでしょうか? それともサービス業などに当たるのでしょうか。 ちなみに、軽減税率を調べたところこれは飲食の提供にあたらず10%だそうです。。。。 お詳しい方お教えいただければ幸いです。

  • 消費税法上における「事業」とは

    消費税法上における「事業」について 消費税の課税要件に「国内において事業者が事業として~」とあります。 そこで、その「事業」の定義を(国税庁のHPで)調べたら、 「同種の行為を反復、継続かつ独立して遂行すること」とあります。 しかし。これでは例えば 企業が固定資産を売却したときなどは、課税対象外になってしまいませんか? (固定資産の売却は 反復、継続的ではないですし…) 分かる方、是非ご教授ください。 宜しくお願いします。

  • 消費税法の別表第三のある意義?

    「マンションの建替えの円滑化等に関する法律」の第44条において「税法上の特例」があります 同条2項において「消費税法の別表第三に掲げる法人とみなす」とあります 消費税法の別表第三は(第三条、第六十条関係)に当たります 国税庁 意見 消費税法の別表第三にあたり同法3条にあたり消費税は非課税である 地方税務署 意見 第3条 主語が「人格のない社団等」 なので公益法人は人格があるので当てはまらない 第3条 「この法律(第十二条の二及び別表第三を除く。)の規定を適用する。」      これは別表第三のうち人格のない社団等に対するものである でした・・・ 疑問-1)別表第三の中に「人格のない社団等」はあるのか? 疑問-2)別表第三のある意味は?上記疑問のためだけなら・・意味ないのではないか? 疑問-3)初述の法で 消費税は払う必要があるのか?(国税と税務署が意見が違う) よろしくお願いいたします

  • 税理士試験消費税法についてです

    今年初めて税理士試験消費税法を勉強し始めた者です。一応、受験予備校の通信を受講しています。 簿記や財表を勉強する場合は、会計法規集を用意して関連する注解などが出てきた場合、法規集で確認するのは受験生の常識な訳ですが、消費税法を勉強する場合も、みんな通達集を買っているのでしょうか。 それから、財表の『財務会計』(広瀬義義州著)に当たるような消費税法の基本書(又は学校のテキストの他に用意していたほうが良い本)は何でしょう。

  • 消費税法改正について

    個人申告者対象でご質問いたします。今回の消費税法改正により平成15年度課税売上が1000万円(税込)を超える事により消費税の納税義務が発生(平成17年度申告より)するようになったと思うのですが、そこで質問したいと思います。例えばその個人経営者は飲食業と不動産業の二つを営んでいるとします。飲食業のほうでは年間税込900万円を売り上げますが、不動産のほうでは非課税(家賃など)で200万円売り上げます。そういった場合は合算して1100万円になるので課税事業者になってしまうのか?もしくわ不動産のほうが200万円売上があるが、非課税の為、飲食業の方だけの900万円なので免税業者になるのか?そういった質問なのですが、どちらか教えていただけないでしょうか?お願い致します。

  • 消費税法 初歩的な質問です!

    簿記・財表を合格して、はじめて税法を勉強する者です。 消費税法を1月から開始(速修コース)TACのweb講座です。 授業はまだですが今から理論の暗記に取り掛かっている状態です。 質問1 やはり理論マスターの42題を全部覚えるのが普通ですか?(全部で100ページ) 質問2 暗記するときどこまで省略していいかわかりません。困ってます。 (例)「国内において行うものであること」→「国内で行う」でもOK?    「貸付けが行われる時において」→「~において」を省略して良い?    「役務の提供を含むものとする」→「含む」だけでOK? 「べた書き」というのは、一字一句正確に暗記して書くということですか? 初めてなので少し神経質になっています。 消費税は70点以上が実質的な合格ラインなので ちょっとしたことで減点されないか気にしています。 ちなみに財務諸表論は、作文しまくりで合格できましたが あれは範囲が広すぎるからそれでよかったのだと思います。 消費税法はどうでしょうか?どこまで省略できるでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 消費税法 郵便局の切手販売に対する課税について

    切手の譲渡は消費税は非課税だそうですね。 ただ切手には、80円を例に挙げると3円80銭くらい消費税分含まれているということですね。ということは郵便局の消費税申告においては消費税分を切って代金に上乗せして販売しているにもかかわらず切手の消費税は課税標準に入ってないということですか? 切手を売り切っただけでは売り上げではなく預かり金か何かでストックされているのでしょうか。 で郵便物を預かりサービスを提供した分だけ消費税が課税されるのでしょうか?この点詳しい方教えてください。