• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コクランのQ検定に対する下位検定は?

  • 質問No.5544857
  • 閲覧数1145
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 0% (0/2)

現在とある2択アンケートの結果に対してコクランのQ検定をかけて有意差を調べています。

行にはアンケートを行った16名を並べ、
列には4つの条件をそれぞれ入れています。

とりあえずこの時点で有意差が出ており、次は4つの条件のうちどこに有意差が出ているかを調べたいのですが、方法が皆目見当つきません。

言葉足らずなのは重々承知なのですが、こういったことに詳しい方がいらっしゃいましたらご教授願えると幸いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
「心理学のためのデータ解析テクニカルブック」(北大路書房)によると、「多重比較については、マクニマーの検定を用いて、ライアン法を適用すればよい」(p.195)とありますので、4つの条件の内2つの条件を選んでマクニマーの検定を繰り返すことになります。ライアン法は検定を繰り返す際に、全体の有意水準を設定した値以下に抑えるための多重比較法の一つです。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ